Create issue ticket

考えれる28県の原因 pes cavus

結果を表示する: English

  • 凹足

    . : Pressure characteristics in painful pes cavus feet resulting from Charcot-Marie-Tooth disease. Gait Posture. 2008 Nov; 28(4):545-51.[jspt.japanpt.or.jp] 凹足(pes cavus)に足の底屈と内反が伴うと槌状足趾変形(hammer toes)となる [1] [2] 。 易疲労性のため長時間運動をすると筋痙攣が起こることもある。また筋肉量の減少で手足が冷えやすいと訴える。本態性振戦に類似する振戦を伴うこともある。振戦は30代半ばまでに気がつくことが多く、40%ほどの患者で認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 運動失調を伴う幼少期の良性発作性強直性眼球上転

    DYT12ジストニア、急性発症ジストニア・パーキンソニズム(RDP) /小児交互性片麻痺(alternating hemiplegia of childhood:AHC)/小脳失調症深部反射消失凹足視神経萎縮感覚神経障害性聴覚障害(cerebellar ataxia, areflexia, pes cavus, optic atropy,[nanbyou.or.jp]

  • 夜間ミオクローヌス症候群

    DYT12ジストニア、急性発症ジストニア・パーキンソニズム(RDP) /小児交互性片麻痺(alternating hemiplegia of childhood:AHC)/小脳失調症深部反射消失凹足視神経萎縮感覚神経障害性聴覚障害(cerebellar ataxia, areflexia, pes cavus, optic atropy,[nanbyou.or.jp]

  • 幼児の神経軸索ジストロフィー 

    凹足(pes cavus)に足の底屈と内反が伴うと槌状足趾変形(hammer toes)となる [1] [2] 。 易疲労性のため長時間運動をすると筋痙攣が起こることもある。また筋肉量の減少で手足が冷えやすいと訴える。本態性振戦に類似する振戦を伴うこともある。振戦は30代半ばまでに気がつくことが多く、40%ほどの患者で認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    DYT12ジストニア、急性発症ジストニア・パーキンソニズム(RDP) /小児交互性片麻痺(alternating hemiplegia of childhood:AHC)/小脳失調症深部反射消失凹足視神経萎縮感覚神経障害性聴覚障害(cerebellar ataxia, areflexia, pes cavus, optic atropy,[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 55型

    DYT12ジストニア、急性発症ジストニア・パーキンソニズム(RDP) /小児交互性片麻痺(alternating hemiplegia of childhood:AHC)/小脳失調症深部反射消失凹足視神経萎縮感覚神経障害性聴覚障害(cerebellar ataxia, areflexia, pes cavus, optic atropy,[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 48型

    DYT12ジストニア、急性発症ジストニア・パーキンソニズム(RDP) /小児交互性片麻痺(alternating hemiplegia of childhood:AHC)/小脳失調症深部反射消失凹足視神経萎縮感覚神経障害性聴覚障害(cerebellar ataxia, areflexia, pes cavus, optic atropy,[nanbyou.or.jp]

  • ペリツェウス・メルツバッヘル病

    凹足(pes cavus)に足の底屈と内反が伴うと槌状足趾変形(hammer toes)となる [1] [2] 。 易疲労性のため長時間運動をすると筋痙攣が起こることもある。また筋肉量の減少で手足が冷えやすいと訴える。本態性振戦に類似する振戦を伴うこともある。振戦は30代半ばまでに気がつくことが多く、40%ほどの患者で認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性運動感覚性神経障害

    凹足(pes cavus)に足の底屈と内反が伴うと槌状足趾変形(hammer toes)となる [1] [2] 。 易疲労性のため長時間運動をすると筋痙攣が起こることもある。また筋肉量の減少で手足が冷えやすいと訴える。本態性振戦に類似する振戦を伴うこともある。振戦は30代半ばまでに気がつくことが多く、40%ほどの患者で認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 一過性新生児膿疱性メラニン沈着症

    DYT12ジストニア、急性発症ジストニア・パーキンソニズム(RDP) /小児交互性片麻痺(alternating hemiplegia of childhood:AHC)/小脳失調症深部反射消失凹足視神経萎縮感覚神経障害性聴覚障害(cerebellar ataxia, areflexia, pes cavus, optic atropy,[nanbyou.or.jp]

さらなる症状