Create issue ticket

考えれる107県の原因 PaO2 の減少, 下肢の片側性浮腫

  • 再発肺塞栓症

    ・全死亡(15試験,2,057例) 血栓溶解療法群の死亡率は2.3%で,対照群3.9%にくらべ,抑制された(OR 0.59,95%CI 0.36-0.96, p 0.03,I 2 0%)。 しかし,高リスク肺塞栓症患者の試験を除外すると有意差は消失した(OR 0.64;0.35-1.17)。 高リスク患者を含む解析:OR 0.48;0.2-1.15。 中等度リスク患者のみの解析:OR 0.42;0.17-1.03。 ・肺塞栓症関連死(13試験,1,776例) 血栓溶解療法群の肺塞栓症関連死は0.6%で,対照群3.0%にくらべ抑制された(OR 0.29;0.14-0.60, p 0.001,I 2 0%)。 ・死亡[…][att.ebm-library.jp]

  • 肥満

    肥満指数(BMI)と死亡リスク 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本人のBMIと死亡リスク[…][epi.ncc.go.jp]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 病的肥満

    UMIN試験ID UMIN000034601 最終情報更新日: 2018年12月2日 公開日:2018年12月1日 登録・組み入れ開始日:2018年12月11日 糖尿病を伴う病的肥満症に対する 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術 十二指腸空腸 バイパス術の安全性と有効性の検証 基本情報 試験簡略名 スリーブ状胃切除術 十二指腸空腸バイパスの有用性 試験進捗状況 募集前 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 糖尿病を伴う病的肥満患者 評価 主要アウトカム評価 術後30日間における、JCOG 術後合併症規準(Clavien-Dindo 分類)GradeⅢ以上の合併症発生割合 副次アウトカム評価 試験デザイン[…][rctportal.niph.go.jp]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 無気肺

    無気肺(むきはい、英: atelectasis)は、気管支異物、腫瘍による閉塞、肺や主気管支などの呼吸器外科手術に伴う合併症として発症する呼吸器疾患。 気管支の内部に外科的処置による出血により進入した血液や、気管・気管支内にある線毛が機能しないことにより貯留した痰、誤嚥した異物、気道を閉塞する腫瘍などが原因となり、それよりも末梢の肺に空気が入っていないため、肺の一部が虚脱した状態にある。 放置しておくと肺炎なども引き起こすため、早期の治療が必要となってくる。痰による場合、強い咳嗽によって排痰などを促していくようにするが、排出できない場合には吸引を行い強制的に排出する。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • RSウイルス感染症

    発生状況 平成29年度(2017/18シーズン)の流行状況 2017年は例年よりも早く流行が始まり、8月から患者が増加し始め、9月にピークとなりました。ピーク時には定点当り6人を超え、過去10年間で最大の流行となりました。全国的にも、今シーズンは過去10年間で最大の流行になっています。 発生推移グラフ なお、平成28年度(2016/2017シーズン)の島根県内の流行状況は、9月以降患者数が急増し、10月下旬(第43週)には流行のピークを迎えました(定点当りの患者報告数が4.3人)。[…][www1.pref.shimane.lg.jp]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • うっ血性心不全

    発表日:2016年12月14日 うっ血性心不全患者で摂食嚥下障害併存を予測する -認知機能と栄養状態検査で摂食嚥下障害の早期発見へ- 【研究概要】 東北大学大学院医学系研究科内部障害学分野の大学院生横田 純一(よこたじゅんいち)、小川 佳子(おがわ よしこ)元助教(現 帝京大学)、上月 正博(こうづき まさひろ)教授らのグループは、認知機能障害と低栄養状態が、入院時のうっ血性心不全急性増悪患者における摂食嚥下障害(注1)併存の予測因子であることを科学的に実証しました。[…][nikkei.com]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 深部静脈血栓症

    DVTになりやすいリスク因子 長時間同一体位での座位や臥床 四肢の麻痺や固定をしている 静脈内カテーテルを留置している 術後や集中治療による絶対安静の状態 大腿骨骨折の手術前後 血栓ができやすい素因がある(血液) 以前にDVTを発症したことがある 止血剤や女性ホルモン薬を服用している など 下肢DVTの症状 浮腫:ほとんどが片側のみで圧迫浮腫[kango-oshigoto.jp]

    不足: PaO2 の減少
  • 心筋梗塞

    心筋梗塞(しんきんこうそく、英: myocardial infarction)は、虚血性心疾患の一つ。心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を供給している冠動脈に閉塞や狭窄などが起きて血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態。通常は急性に起こる「急性心筋梗塞(AMI)」のことを指す。心臓麻痺・心臓発作(英: heart attack)とも呼ばれる。 心筋が虚血状態に陥っても壊死にまで至らない前段階を狭心症といい、狭心症から急性心筋梗塞までの一連の病態を総称して急性冠症候群(acute coronary syndrome, ACS)という概念が提唱されている。 急性心筋梗塞[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 急性心筋梗塞

    Q 最近「急性心筋梗塞」とよく耳にしますが、具体的にどのような病気ですか? 心臓は主に全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。この心臓自体へと血液を流すための心臓の動脈 冠動脈が突然詰まる(閉塞してしまう)病気です。 Q 寒い季節は急性心筋梗塞が起こりやすくなるというのは本当ですか? 季節によってそれほど極端な差はありませんが、夏よりも20%ほど冬に多く発症するとの報告があります。やはり気温変化の影響が大きく、血圧や身体活動度の低下、ひいてはコレステロールや中性脂肪の値が、季節によって大きく変動するとされています。また、高齢者ほど寒冷期の影響を受けやすいともいわれています。[…][hospital.pref.ibaraki.jp]

    不足: 下肢の片側性浮腫

さらなる症状