Create issue ticket

考えれる372県の原因 p73

結果を表示する: English

  • 妊娠

    P62( PDF :233KB)、 P63 P72( PDF :348KB)、 P73 P84( PDF :411KB)、 P85 P89( PDF :108KB) ATLに関しての普及啓発用ポスター「ATL どんな病気?」[mhlw.go.jp] 平成21年度厚生労働科学研究費補助金厚生労働科学特別研究事業「HTLV-Iの母子感染予防に関する研究」(主任研究者:齋藤滋国立大学法人富山大学大学院医学研究部教授)報告書 全文( PDF :3,078KB)、 表紙 P16( PDF :552KB)、 P17 P38( PDF :797KB)、 P39 P52( PDF :622KB)、 P53[mhlw.go.jp]

  • 尿路疾患

    下村弘治「 尿路結石 」『生物試料分析学会誌』第32巻第3号、published: June 30 2009. 「 尿路結石症の臨床統計 」『日本泌尿器科學會雑誌』1982年 73巻 11号 p.1395-1401, doi : 10.5980/jpnjurol1928.73.11_1395 清水徹、今西努、加藤大「 原著2痛風患者における[ja.wikipedia.org] 腎結石の有病率 」『痛風と核酸代謝』 2007年 31巻 2号 p.143-149, doi : 10.6032/gnam1999.31.2_143 Hollingsworth JM1, et al.[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンD欠乏症

    (PubMed) 73. Gombart AF, Luong QT, Koeffler HP. Vitamin D compounds: activity against microbes and cancer. Anticancer Res. 2006;26(4A):2531-2542. (PubMed) 74.[lpi.oregonstate.edu] Raimondi S, Johansson H, Maisonneuve P, Gandini S. Review and meta-analysis on vitamin D receptor polymorphisms and cancer risk. Carcinogenesis. 2009;30(7):1170-1180.[lpi.oregonstate.edu]

  • 起立性低血圧

    本当に明日から使える漢方薬―7時間速習入門コース p73-106 ISBN 9784880027067 高山 真、菊地章子 (2017). “低血圧症における漢方治療のエビデンス”. 日本医事新報 4875 : 34. 関連項目 [ 編集 ] 起立性調節障害 10代の小児(特に女子)に好発する疾患。[ja.wikipedia.org]

  • 持続勃起症

    石川博通、丸茂健、小塙清 『男性不妊を治す 不妊の原因は女性だけではない』 新星出版社 1997年6月 ISBN 978-4405096820 ジェームス・H・ギルバー 『Dr.ギルバーの泌尿器ガイド』1993年6月 三一書房 ISBN 978-4380930102 p.73 - p.74 日野原重明、井村裕夫、2008、『看護のための最新医学講座[ja.wikipedia.org]

  • 尿道炎

    (0042.jp2) viii) 血中から / p71 (0042.jp2) ix) 性交相手老(Sexual Partner)から / p72 (0043.jp2) 3) 一般論 / p73 (0043.jp2) i) 感染 / p73 (0043.jp2) ii) 症状 / p74 (0044.jp2) iii) 検出法 / p75[dl.ndl.go.jp] 0041.jp2) ii) 尿道分泌物から / p69 (0041.jp2) iii) 包皮嚢から / p70 (0042.jp2) iv) 前立腺分泌液から / p70 (0042.jp2) v) 精液中から / p70 (0042.jp2) vi) 睾丸,睾上体,精嚢腺から / p71 (0042.jp2) vii) 腎[盂]から / p71[dl.ndl.go.jp]

  • レイノー病

    (参照:『強皮症のすべてがわかる本』、P.47、55-57、70-71、73-74、144、『心筋症を識る・診る・治す』文光堂、2007、P.64、81)[jpma-nanbyou.com] (参照:『強皮症のすべてがわかる本』P.43、67、73、141) 強皮症特有の検査 1.免疫学的検査 全身性強皮症は自己免疫疾患の一種です。健康な人の血液には自己抗体はほとんど存在しません。自己抗体の中でも細胞の「核」という部分に対する抗体を「抗核抗体」と呼び、全身性強皮症は90%以上が陽性となります。[jpma-nanbyou.com]

  • つわり

    0.41 4.82 3.07 P .000 § P .001 † P .267 P .742 変化量 –1.76 2.31 –1.19 2.73 — — u 1308.5 P .232 嘔吐体験 ベースライン 0.82 1.76 65 0.71 1.52 z –0.434 z –0.594 u 1425.5 u 1405.5 2週間後 0.93[jstage.jst.go.jp] .497 P .339 変化量 0.61 2.38 –0.25 1.85 — — t 2.141 P .035* 受動性 ベースライン 44 12.09 3.44 67 12.73 3.87 t 4.128 t 0.038 t 0.890 t 1.073 2週間後 13.55 3.56 12.75 4.23 P .000 § P .970[jstage.jst.go.jp] .426 変化量 6.72 7.07 –0.32 7.79 — — t 4.775 P .000 § 自己概念 ベースライン 44 30.86 5.87 67 32.84 4.73 t 3.583 t 1.126 t 1.866 t 0.182 2週間後 32.66 5.12 32.48 5.14 P .001 † P .264 P .066[jstage.jst.go.jp]

  • 前大脳動脈梗塞

    【結果】退院時mRSと有意な相関を示した項目は,年齢(r 0.56,p 0.01),入院前mRS(r 0.39,p 0.05),NIHSS(r 0.59,p 0.01),合併症の有無(r 0.83,p 0.01),精神症状の有無(r 0.49,p 0.05),離床開始期間(r 0.73p 0.01)であった。[jstage.jst.go.jp]

  • 肺扁平上皮癌

    7%( 65Gy),p 0.0415 ・5年無転移率: 73%( 65Gy)vs. 60%( 65Gy),p 0.0119 ・65Gy以上の照射で有意に改善。 ・平均生存期間、局所制御率では有意差なし。 1日の照射回数での検討 ・5年領域制御率: 86%(1日2回照射)vs. 63%(1回照射)p 0.02有意に改善。[jastro.or.jp] 年局所領域制御率: stage I 51%、stage II 38%、stage III 29%(p 0.0004) ・5年無転移率: stage I 81%、stage II 60%、stage III 65%(p 0.0811) 線量65Gy以上vs.65Gy以下での検討 ・5年疾患特異的生存率: 23%( 65Gy)vs. 19%( 65Gy),p[jastro.or.jp]

さらなる症状