Create issue ticket

考えれる6県の原因 p67 phox

結果を表示する: English

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    NADPHオキシダーゼを構成するgp91-phoxp22-phoxp47-phoxp67-phox、rac2遺伝子異常による病型が存在する。約2/3はX連鎖のgp91-phox欠損によるが、その他は常染色体劣性遺伝形式である。[pidj.rcai.riken.jp] […] gp91-、p22-、p47-、p67-phoxの各蛋白の欠損ならびに遺伝子異常によって病型診断がなされる。 予後:軽症例では成人にまで生存するが、アスペルギルス感染が致死的となる。 治療:ST合剤の予防内服は効果がある。IFN-γの投与も一部では有効である。根治的治療としては造血幹細胞移植が必要である。 免疫不全症候群情報TOPへ戻る[pidj.rcai.riken.jp]

  • X 連鎖無ガンマグロブリン血症

    NADPHオキシダーゼを構成するgp91-phoxp22-phoxp47-phoxp67-phox、rac2遺伝子異常による病型が存在する。約2/3はX連鎖のgp91-phox欠損によるが、その他は常染色体劣性遺伝形式である。[pidj.rcai.riken.jp] […] gp91-、p22-、p47-、p67-phoxの各蛋白の欠損ならびに遺伝子異常によって病型診断がなされる。 予後:軽症例では成人にまで生存するが、アスペルギルス感染が致死的となる。 治療:ST合剤の予防内服は効果がある。IFN-γの投与も一部では有効である。根治的治療としては造血幹細胞移植が必要である。 免疫不全症候群情報TOPへ戻る[pidj.rcai.riken.jp]

  • 小児慢性肉芽腫症

    この酵素はgp91-phox, p22-phox膜蛋白とp47-, p67-phox, Rac1/2とp40 -phox細胞質蛋白から構成されていることが明らかになった (c) 。 表1 : 日本における原発性免疫不全症候群の種類と発生頻度慢性肉芽腫症が最も多い疾患の一つとなっている。[med.miyazaki-u.ac.jp] 少し詳しくなりますが、この酵素(NADPHオキシダ―ゼ)は膜蛋白であるチトクローム b558(gp91-phoxp22-phoxからなる)と3つの細胞質蛋白(p47-, p67-phoxとRac p21) から構成されています。gp91-phox蛋白はX染色体上コードされており、X連鎖性劣性遺伝形式 を示します。[med.miyazaki-u.ac.jp]

  • 慢性肉芽腫症

    この酵素はgp91-phox, p22-phox膜蛋白とp47-, p67-phox, Rac1/2とp40 -phox細胞質蛋白から構成されていることが明らかになった (c) 。 表1 : 日本における原発性免疫不全症候群の種類と発生頻度慢性肉芽腫症が最も多い疾患の一つとなっている。[med.miyazaki-u.ac.jp] 少し詳しくなりますが、この酵素(NADPHオキシダ―ゼ)は膜蛋白であるチトクローム b558(gp91-phoxp22-phoxからなる)と3つの細胞質蛋白(p47-, p67-phoxとRac p21) から構成されています。gp91-phox蛋白はX染色体上コードされており、X連鎖性劣性遺伝形式 を示します。[med.miyazaki-u.ac.jp]

  • 常染色体劣性骨髄増殖性疾患

    この酵素はgp91-phox, p22-phox膜蛋白とp47-, p67-phox, Rac1/2とp40 -phox細胞質蛋白から構成されていることが明らかになった (c) 。 表1 : 日本における原発性免疫不全症候群の種類と発生頻度慢性肉芽腫症が最も多い疾患の一つとなっている。[med.miyazaki-u.ac.jp] 少し詳しくなりますが、この酵素(NADPHオキシダ―ゼ)は膜蛋白であるチトクローム b558(gp91-phoxp22-phoxからなる)と3つの細胞質蛋白(p47-, p67-phoxとRac p21) から構成されています。gp91-phox蛋白はX染色体上コードされており、X連鎖性劣性遺伝形式 を示します。[med.miyazaki-u.ac.jp]

  • X連鎖還元体筋障害

    NADPHオキシダーゼを構成するgp91-phoxp22-phoxp47-phoxp67-phox、rac2遺伝子異常による病型が存在する。約2/3はX連鎖のgp91-phox欠損によるが、その他は常染色体劣性遺伝形式である。[pidj.rcai.riken.jp] […] gp91-、p22-、p47-、p67-phoxの各蛋白の欠損ならびに遺伝子異常によって病型診断がなされる。 予後:軽症例では成人にまで生存するが、アスペルギルス感染が致死的となる。 治療:ST合剤の予防内服は効果がある。IFN-γの投与も一部では有効である。根治的治療としては造血幹細胞移植が必要である。 免疫不全症候群情報TOPへ戻る[pidj.rcai.riken.jp]

さらなる症状