Create issue ticket

考えれる322県の原因 p53

結果を表示する: English

  • 妊娠

    平成21年度厚生労働科学研究費補助金厚生労働科学特別研究事業「HTLV-Iの母子感染予防に関する研究」(主任研究者:齋藤滋国立大学法人富山大学大学院医学研究部教授)報告書 全文( PDF :3,078KB)、 表紙 P16( PDF :552KB)、 P17 P38( PDF :797KB)、 P39 P52( PDF :622KB)、 P53[mhlw.go.jp] P62( PDF :233KB)、 P63 P72( PDF :348KB)、 P73 P84( PDF :411KB)、 P85 P89( PDF :108KB) ATLに関しての普及啓発用ポスター「ATL どんな病気?」[mhlw.go.jp]

  • ミトコンドリア DNA欠乏症候群

    R2サブユニットのうち RRM2B がコードしているものはp53によって誘導され、非増殖性の細胞において正常なDNA修復とミトコンドリアDNA合成を行うために必要である。R2サブユニットのもう1種類は分裂細胞でしか発現しない。[ja.wikipedia.org]

  • 過食

    日経ヘルス 2011・11 p50-53[fuanclinic.com]

  • リー・フラウメニ症候群

    p53遺伝子の生殖細胞レベルでの変異が約半数の家系に認められ、これらの家系では発症前遺伝子診断が可能となります。変異のほとんどがミスセンス突然変異で、75%がエキソン5 8に存在します。 p53遺伝子とは p53遺伝子とは、以下のようなものがあります。 p53遺伝子とは、癌抑制遺伝子です。癌の50%以上で、変異がみられます。[oisha.livedoor.biz] 原因遺伝子: p53 重複がん 乳癌、急性白血病、脳腫瘍、副腎皮質腫瘍 皮膚癌 ・ 遺伝性黒色腫 原因遺伝子: p16 重複がん 膵癌 泌尿器癌 ・ ウィルムス腫瘍 (腎芽腫) 原因遺伝子: WT1 重複がん 横紋筋肉腫 ・ 遺伝性乳頭状腎細胞癌 原因遺伝子: c-Met 重複がん 胃癌、結腸癌、食道癌、非小細胞肺癌 脳腫瘍 ・ フォン・ヒッベル[urashio.exblog.jp] […] p16 膵がん 泌尿器がん ウィルムス腫瘍(腎芽腫) WT-1 (※がん遺伝子) 遺伝性乳頭状腎細胞がん C-MET (※がん遺伝子) 脳腫瘍 フォン・ヒッペル-リンドウ症候群 VHL 網膜血管腫、小脳・延髄・脊髄の血管芽細胞腫、腎・膵・肝・副腎等ののう胞・腫瘍 眼のがん 網膜芽細胞腫 RB 骨肉腫、肉腫 骨軟部肉腫 リー・フラウメニ症候群 p53[carnamed.jp]

  • 日光角化症

    Jonasonらの報告によると、白人の露出部の皮膚には、p53遺伝子変異を持つ角化細胞60 3000個が集簇した集落(p53変異クローン)が、平均40個/cm2も認められるんだそうな。[bihadahime.com] このDNA損傷の一部が修復されずに徐々に蓄積すると、癌抑制遺伝子p53や、癌遺伝子bcl-2、rasの変異等の紫外線特異的な遺伝子変異(UV signature mutation)が生じます。これらの遺伝子変異は、当たり前だけど、一見まともそうに見える皮膚にも起こっています。[bihadahime.com] 唯、以前にも癌化の遺伝子変異( 美容通信2011年11月号 )( 美容通信2011年12月号 )については特集したけど、p53の変異のみで癌化する訳ではないんです。癌化する為には、幾つもの不幸な出来事が重なり合って、まあこれをセカンド・ヒットって言うんですが、崖から突き落とす様な遺伝子変異が必要不可欠なんです。[bihadahime.com]

  • ポリープ

    図に示すように、正常の細胞から腺腫が発生し、さらにがんへと発育進展していくのにAPC遺伝子、K-ras遺伝子、P53遺伝子などの異常が関与しています。これは、大腸がんの他段階発がん説といわれています。その他に腺腫を経ないで正常の細胞からがんが発生する場合もあります(これをデ・ノボがん説といいます)。[takano-hospital.jp] デノボがんの場合は、この中でK-rasというがを促進する遺伝子の異常を飛び越えて、いきなりp53などの遺伝子に異常が起るのではないかと言われています。(図4) 大腸がんはポリープだけから発生するものではないこと、そして意外にデノボがんは多いのではないか、と最近は言われています。[jps21.jp]

  • 便秘

    -82 大村節子、栄養指導による慢性便秘患者の栄養素摂取量変化 栄養学雑誌 Vol.53 (1995) No.3 P199-207 糞 宿便(滞留便) 下痢 瀉下薬 整腸薬 細田誠弥、生活習慣と排便異常 順天堂医学 Vol.50 (2004) No.4 p.330-337 平塚秀雄、IV女性と便秘 日本大腸肛門病学会雑誌 Vol.43 (1990[ja.wikipedia.org] Proceedings of PAMD Institute of Nakamura Gakuen University 5 (2012): 49-54, ISSN 1882-9384 穂苅量太、三浦総一郎、機能性下痢や機能性便秘へのアプローチ―診断特にIBSとの鑑別,一般的治療法― 日本内科学会雑誌 Vol.102 (2013) No.1 p.77[ja.wikipedia.org]

  • 歯周病

    その他 歯周病の重症度別分類策定WG最終報告書 特定非営利活動法人日本歯周病学会ぺリオドンタルメディシン委員会 ジャーナル フリー 2011 年 53 巻 3 号 p. 197-200[doi.org]

  • 性腺機能低下症

    120:病弱名無しさん 11/01/07 11:53:24 lqgMDxL1P 俺も注射しだしてからしばらくは更年期障害的なもの(ほてりとか動悸とか) に悩まされて、今でもなんやかんやで体調崩して入院することがよくあるけど、 何とか大学通ってるよ。 注射後の体調悪化は成長が止まると収まるから、もうちょっと頑張るんだ。[yomi.tokyo]

  • リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸癌)

    TP53 遺伝子(p53 遺伝子)については「 細胞ががん化する仕組み-4.がん抑制遺伝子 」もご参照ください。 5)網膜芽細胞腫 およそ出生児15,000 20,000人あたりに1人発症するがんで、子どもの網膜(眼球の内側の壁)にできます。[ganjoho.jp] 正常細胞では癌抑制遺伝子がヘテロ接合体を形成することで癌化は抑制されており,主に染色体の欠損または遺伝子欠失によるLOHが癌化に重要な働きをする. 18番染色体長腕(18q21),17番染色体短腕(17p)には,それぞれ癌抑制遺伝子 DCC (deleted in colorectal carcinoma), P53 が単離され,18qや17p[primary-care.sysmex.co.jp] 原因となるのは「TP53p53ともいう)」と呼ばれるがん抑制遺伝子です。脳腫瘍、乳がん、肉腫、副腎皮質腫瘍、白血病など多くのがんが多発するほか、胃がん、大腸がん、肺がんも発症する頻度が高いといわれています。 リー・フラウメニ症候群の場合、30歳までに50%、60歳までに90%以上の人が、がんを発症します。[ganchiryo.com]

さらなる症状