Create issue ticket

考えれる1,345県の原因 p22

結果を表示する: English

  • たこつぼ型心筋症

    症例報告 熱傷治療中にたこつぼ型心筋症を発症した1例 ジャーナル フリー 2017 年 8 巻 1 号 p. 22-26[jstage.jst.go.jp] Nat Clin Pract Cardivasc Med 2008;5:22-29 a b c 吉川勉、 たこつぼ型心筋症 日本内科学会雑誌 Vol.103 (2014) No.2 p.309-315, doi : 10.2169/naika.103.309 CARDIAC PRACTICE 22(3): 227-232.[ja.wikipedia.org] 大郷真理子、中川達裕、斎藤拓也 ほか、 熱傷治療中にたこつぼ型心筋症を発症した1例 創傷 Vol.8 (2017) No.1 p.22-26, doi : 10.11310/jsswc.8.22 a b c Christian Templin C. , et al.[ja.wikipedia.org]

  • ノーウォーク ウイルス感染

    また、我々のグループは、NoV非構造タンパク質の一種p22(3A-like protein)の機能解析の結果、p22が細胞の蛋白質の小胞輸送システムを乱し、細胞にダメージを与えことを示した 8, 9) 。これらの発見もまた、非構造タンパク質領域を標的とした遺伝子型分類がNoVの病原性発現機構の研究に有用であることを示唆している。[niid.go.jp] また、我々のグループは、NoV非構造タンパク質の一種p22(3A-like protein)の機能解析の結果、p22が細胞の蛋白質の小胞輸送システムを乱し、細胞にダメージを与えことを示した 11,12) 。これらの発見もまた、非構造タンパク質領域を標的とした遺伝子型分類がNoVの病原性発現機構の研究に有用であることを示唆している。[niid.go.jp] [5] p48 細胞由来のプロテアーゼによってさらに2つに分断され、p22と共に複製複合体の形成に関わる NTPase p22 VPg ウイルスゲノムの5'末端に結合するタンパク質で、 5'キャップ (m 7 GTP)の代わりに翻訳開始複合体の形成に関わる Pro プロテアーゼでORF1翻訳産物を分断するのに必要 Pol RNA依存性RNA[ja.wikipedia.org]

  • 口腔カンジダ症

    出典 [ 編集 ] 中川ら p.8 a b 前田 pp.22-23 今日の皮膚疾患 治療指針 第3版 28章 p603 医学書院 a b c d 前田 p.20 terai et al.[ja.wikipedia.org] 前田 p.22 中川ら p.49,57 中川ら pp.49-56 中川ら p.57 中川ら p.31 清浦 関連項目 [ 編集 ] 皮膚カンジダ症 / カンジダ症 ( カンジダ ) 感染症 / 性感染症 口腔細菌学 / 細菌学 / 真菌学 ( 真菌 ) 口腔病理学 / 病理学 口腔外科学 / 外科学 歯科医師 / 医師 / 感染症専門医 [ja.wikipedia.org]

  • 上気道感染症

    ビタミンD補給により、全ての参加者の急性呼吸器感染証のリスクを減らした(調整オッズ比0.88、95%信頼区間0.81-0.96、P値 【開催日】 2017年3月22日(水) 投稿日:2017年3月23日 カテゴリー: 臓器別の問題[hcfm.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    NADPHオキシダーゼを構成するgp91-phox、p22-phox、p47-phox、p67-phox、rac2遺伝子異常による病型が存在する。約2/3はX連鎖のgp91-phox欠損によるが、その他は常染色体劣性遺伝形式である。[med.u-toyama.ac.jp] […] gp91-、p22-、p47-、p67-phoxの各蛋白の欠損ならびに遺伝子異常によって病型診断がなされる。 予後:軽症例では成人にまで生存するが、アスペルギルス感染が致死的となる。 治療:ST合剤の予防内服は効果がある。IFN-γの投与も一部では有効である。根治的治療としては造血幹細胞移植が必要である。 免疫不全症候群情報TOPへ戻る[pidj.rcai.riken.jp] […] gp91phox 、 22phox 、 p47phox 、 p67phox 、 p40phox の異常により活性酸素産生能が低下することもある。[nanbyou.or.jp]

  • 顎関節炎

    咀嚼筋痛障害 K076 S4QG 23 咀嚼筋腱・腱膜過形成症 K076 P685 24 痙攣性開口障害 K076 MT9N[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 筋性開口障害 K076 MKUJ 15 習慣性顎関節亜脱臼 K076 M195 16 習慣性顎関節脱臼 K076 H2TG 17 陳旧性顎関節脱臼 K076 JG3N 18 非復位性顎関節円板障害 K076 TPFQ 19 復位性顎関節円板障害 K076 U527 20 変形性顎関節症 K076 MF7S 21 慢性顎関節炎 K076 MGRR 22[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 過敏症

    Toxicol Rev. 2003;22(4):247-61. 羽白誠, 「化学物質過敏症はこころが関係している 」, Vis Dermatol (6)2:188-190 Andiné P, Rönnbäck L, Järvholm B.[ja.wikipedia.org]

  • 鉄欠乏症

    Nutrition 1993;9:418-22.[ PubMed abstract(英語サイト) ] Whittaker P. Iron and zinc interactions in humans.[ejim.ncgg.go.jp]

  • アトピー

    その結果、8つのゲノム領域2q12( IL1RL1 / IL18R1 / IL18RAP )、3p21.33( GLB1 )、3q13.2( CCDC80 )、6p21.3(MHC領域)、7p22( CARD11 )、10q21.2( ZNF365 )、11p15.4( OR10A3 / NLRP10 )、20q13( CYP24A1 [riken.jp] その結果、これまでに世界で行われたアトピー性皮膚炎のGWASにより発見された7つのゲノム領域の関連の再現性を確認し、新たに8つのゲノム領域2q12( IL1RL1 / IL18R1 / IL18RAP )、3p21.33( GLB1 )、3q13.2( CCDC80 )、6p21.3(MHC領域)、7p22( CARD11 )、10q21.2[riken.jp] 7p22:この領域は、CARMA1というタンパク質に翻訳される CARD11 遺伝子を含みます。CARMA1は、T細胞受容体やB細胞受容体を介したT細胞の活性化、およびT細胞の分化とTh2サイトカイン産生に重要な役割を果たします。 10q21.2:この領域は、 EGR2 遺伝子を含みます。[riken.jp]

  • シュードモナス属

    P. agarici は、垂れた 鰓 のような外見の変化を栽培キノコに与える [22] 。 P. tomato は多様な病原型を持ち、様々な植物に感染する。 トマト に感染して果実を実らないようにする病原型のほか、それぞれ、 キュウリ 、 セロリ 、 キンギョソウ 、 パッションフルーツ などに感染する病原型が存在する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状