Create issue ticket

考えれる22県の原因 P波 欠如, 狭いQRS複合体

  • 心房細動

    第Ⅲ相国際共同試験(RE-LY 試験※)において、プラザキサ 150mg 2回/日は、ワルファリンと比べて有意な脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制、110mg 2回/日は、ワルファリンと同程度の脳卒中/全身性塞栓症の発症抑制が認められました 第Ⅲ相国際共同試験(RE-LY 試験※)で、臨床上特に深刻となる頭蓋内出血については、プラザキサ 150mg 2回/日、110mg 2回/日の2用量とも、ワルファリンと比べて有意に発現を抑制しました 本邦で承認された用法・用量は、通常用量150mg(プラザキサ カプセル75mg 2カプセル) 2回/日、必要に応じ110mg(プラザキサ カプセル110mg[…][prtimes.jp]

  • 心房粗動

    心臓の病気について 心房粗動 大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 奥山 裕司 1.始めに 心房粗動は、弁膜症や心筋症といった心房に負荷がかかるような心臓病がある場合や、高血圧のため心肥大がある場合などにおこりやすい不整脈です。いろいろと検査してもこれと言って異常の無い場合もあります。心房は1分間に240以上の回数で興奮(収縮)していますが、心室に伝わる割合が様々であり症状も多様です。 心房粗動では心房の中に血栓ができて、それが剥がれて流れて行き、脳梗塞を発生することがあるため、少なくともずっと心房粗動が続いているような場合には血栓の予防薬を服用する方が良いです。 2.心房粗動とは[…][new.jhrs.or.jp]

  • 高カリウム血症

    抄録 持続血液濾過透析(CHDF)中にメシル酸ナファモスタット(NM)による高カリウム血症を生じた慢性腎不全症例を経験した.症例は68歳の男性.肺水腫のため緊急入院し処置中に心停止を起こした.すぐに蘇生し人工呼吸下にNM30mg・hr -1 を用いたCHDFを行った.入院時の血清K は4.7mEq・l -1 であったが,CHDF開始20時間後から急速に上昇し最高6.5mEq・l -1[…][doi.org]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 心房停止

    運動もしていないのに脈が急に速くなったり、遅くなったり、一瞬飛んだようになったり――。こんな症状があれば「不整脈」かもしれない。多くは命に関わるものではないが、重症化すれば突然死や脳梗塞のリスクを高めるものもある。異常は感じていなくても、年に一度は心電図検査を受けて早期発見を心掛けたい。 正常な心臓は安静時に1分間に60 100回拍動している。規則正しい拍動を生み出しているのは、心臓の上部にある「洞房結節」という部分から出る電気刺激だ。この刺激で心房や心室などの心臓の各部位がタイミングよく収縮し、全身に血液を送り出している。[…][style.nikkei.com]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 後壁心筋梗塞

    徐脈の診断では、まずPとQRSの関係に注目する。 ① Pを認めるがレートが少なければ洞徐脈(洞不全症候群) ② P欠如していれば洞停止または洞房ブロック(洞不全症候群) ③ Pは正常に認めるもののQRS波が追随していけなければ房室ブロック 本例ではP波がまったく認められず、洞停止の状態である。[med.hirosaki-u.ac.jp]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 心ブロック

    心房細動:「心電図上P欠如し細動(f波)が認められる。すなわち心房の各部分の無秩序な電気的興奮により、心房全体としての収縮を失った状態である。」[sisoken.la.coocan.jp] 心房粗動:「心電図上P欠如し、基線が鋸歯状となり、振幅と波形は規則的で粗動波F波と呼ばれる。心房細動と異なり、心房は 規則正しく 瀕回に興奮し収縮する。」[sisoken.la.coocan.jp]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 急性広範型肺血栓塞栓症

    徐脈の診断では、まずPとQRSの関係に注目する。 ① Pを認めるがレートが少なければ洞徐脈(洞不全症候群) ② P欠如していれば洞停止または洞房ブロック(洞不全症候群) ③ Pは正常に認めるもののQRS波が追随していけなければ房室ブロック 本例ではP波がまったく認められず、洞停止の状態である。[med.hirosaki-u.ac.jp]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 第三度房室ブロック

    徐脈の診断では、まずPとQRSの関係に注目する。 ① Pを認めるがレートが少なければ洞徐脈(洞不全症候群) ② P欠如していれば洞停止または洞房ブロック(洞不全症候群) ③ Pは正常に認めるもののQRS波が追随していけなければ房室ブロック 本例ではP波がまったく認められず、洞停止の状態である。[med.hirosaki-u.ac.jp]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 発作性心室頻拍

    徐脈の診断では、まずPとQRSの関係に注目する。 ① Pを認めるがレートが少なければ洞徐脈(洞不全症候群) ② P欠如していれば洞停止または洞房ブロック(洞不全症候群) ③ Pは正常に認めるもののQRS波が追随していけなければ房室ブロック 本例ではP波がまったく認められず、洞停止の状態である。[med.hirosaki-u.ac.jp]

    不足: 狭いQRS複合体
  • 洞徐脈

    徐脈の診断では、まずPとQRSの関係に注目する。 ① Pを認めるがレートが少なければ洞徐脈(洞不全症候群) ② P欠如していれば洞停止または洞房ブロック(洞不全症候群) ③ Pは正常に認めるもののQRS波が追随していけなければ房室ブロック 本例ではP波がまったく認められず、洞停止の状態である。[med.hirosaki-u.ac.jp]

    不足: 狭いQRS複合体

さらなる症状