Create issue ticket

考えれる757県の原因 oct

結果を表示する: English

  • 緑内障

    緑内障の眼のデータ比較(最初のデータと7か月後、10か月後のものを比較、両眼) 右眼 左眼 特に近視が強い人の眼の場合は、普通のOCT検査では異常がでやすいために、本当は緑内障ではないにもかかわらず、緑内障であると診断されてしまうことがあるのですが、遠谷眼科のOCT(日本のNIDEK社製造 光干渉断層計RS-3000 Advance)では、[entani.com] 光干渉断層計と 無散瞳眼底カメラ OCTでは、視野が欠けていない段階の緑内障(前視野緑内障)を発見することもできます。[tomihisa-eye.jp] 当院でもOCTを導入して、緑内障の早期診断や症状進行の把握・経過観察をより的確にできるようになりました。 TOPCON 3D OCT-2000 眼科3次元眼底像撮影装置 視神経乳頭 緑内障に関係する視神経乳頭。OCTでは、視神経乳頭陥凹の程度と視神経繊維層の厚みを測定します。 視神経線維層が薄い箇所は、視野が欠損する可能性があります。[smile-eye.com]

  • 翼状片

    Blue on Yellow perimetry HRT (Heidelberg Retina Tomograph) 視神経乳頭解析装置 GDx 視神経線維層厚測定装置 SLO OCT (Optical Coherence Tomograph) 光干渉断層計を用いて網膜の断層撮影をすることができる。[ja.wikipedia.org] 前眼部を撮影するOCTも発売されている。 Hess-Lancasterテスト 眼位の程度を自覚的に検査し、麻痺筋の同定を行う。 超音波 A-mode 主に眼軸測定に用いる。 B-mode 眼底が見えない場合に硝子体、網膜の状態を見る。球後の疾患にも使用可能。 IOLマスター 光学的に眼軸長を測定するもの。[ja.wikipedia.org]

  • 網膜色素変性症

    B・網膜断層像(OCT像) OCTによって、網膜色素変性症に合併する事が多いといわれている、嚢胞様黄斑浮腫や網膜前膜などの黄斑部病変の精密な診断が早期に正確に行うことができる。 田淵 それぞれ、患者さん自身の負担はどのようなものでしょうか。痛みのある検査なのでしょうか。[tsukazaki-hp.jp] OCT検査 OCT(光干渉断層計)という器械で眼底の断面像を詳しく調べる方法です。短時間で行え、患者さんに負担がかからないことから近年普及してきました。視力に重要な黄斑の変化をみるのに適しています。[skk-net.com] OCT検査 OCT(光干渉断層計)という器械で眼底の断面像を詳しく調べる方法です。短時間で行え、患者さんに負担がかからないことから近年普及してきました。視力に重要な黄斑の変化をみるのに適しています。 治療目的は病気の進行を遅らせること 強い光を避ける この病気は遺伝子が関係しているので、今のところ根本的な治療法はありません。[dm-net.co.jp]

  • 黄斑変性症

    OCTでは網膜の連続性が失われているのが分かります。 糖尿病網膜症 糖尿病網膜症では網膜に出血が見られますが、黄斑部に病変が及ぶと視力が低下します。この時黄斑部は黄斑浮腫という状態になっていることが多く、OCTでは網膜が腫れて厚くなっているのが分かります。 OCT検査は、専用の台にあごを乗せて撮影します。[fukunaga-eye.com] ハイデルベルグスペクトラリスHRA OCT 今まで加齢黄斑変性症(AMD)は「不治の病」でした。手術やPDT(光線力学療法)など、様々な治療が試みられましたが結果は十分とは言い難く、治療の難しい難病でした。しかし近年、OCT(三次元眼底画像解析装置)の登場により、加齢黄斑変性症のごく初期でも診断が出来るようになりました。[okaganka.com] 検 査  眼底検査で黄斑出血や黄斑浮腫を認めた場合 ① OCT ② フルオレセイン蛍光眼底造影検査 ③ インドシアニングリーン蛍光眼底造影検査 を行います。 当院では ①OCT と ②フルオレセイン蛍光眼底造影検査 を実施しております。[masaoka-ganka.gr.jp]

  • 低眼圧緑内障

    緑内障の眼のデータ比較(最初のデータと7か月後、10か月後のものを比較、両眼) 右眼 左眼 特に近視が強い人の眼の場合は、普通のOCT検査では異常がでやすいために、本当は緑内障ではないにもかかわらず、緑内障であると診断されてしまうことがあるのですが、遠谷眼科のOCT(日本のNIDEK社製造 光干渉断層計RS-3000 Advance)では、[entani.com] 当院でもOCTを導入して、緑内障の早期診断や症状進行の把握・経過観察をより的確にできるようになりました。 TOPCON 3D OCT-2000 眼科3次元眼底像撮影装置 視神経乳頭 緑内障に関係する視神経乳頭。OCTでは、視神経乳頭陥凹の程度と視神経繊維層の厚みを測定します。 視神経線維層が薄い箇所は、視野が欠損する可能性があります。[smile-eye.com] 光干渉断層計と 無散瞳眼底カメラ OCTでは、視野が欠けていない段階の緑内障(前視野緑内障)を発見することもできます。[tomihisa-eye.jp]

  • ヌーナン症候群

    Pediatrics. 2010 Oct;126(4):746-59. 治験情報の検索 情報提供者 研究班名 先天異常症候群領域の指定難病等のQOLの向上を目指す包括的研究班 研究班名簿 研究班名簿 情報更新日 令和元年6月[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体優性裂孔原性網膜剥離

    主要医療設備 眼底・前眼部光干渉断層計、光線力学的療法レーザー装置、マルチカラーレーザー光凝固装置、白内障手術装置、硝子体手術装置など、県下随一の最先端機器をラインアップ 詳しい情報を見る 主要医療設備一覧 ハイデルベルクOCT(スペクトラリス)、トプコン3次元眼底OCTOCTアンギオグラフィー(Optovue)、ハイデルベルクレチナアンギオグラフ[kobe.eye.center.kcho.jp] 術当日から円孔の状態が確認できるまで毎日OCT撮影を行った。結果:OCT撮影可能な日数は全体で平均1.97日,球面群で1.94日,非球面群で2.00日,0日群で1.71日,1日群で2.29日であり,各群間に有意差はなかった。結論:黄斑円孔術後のOCT撮影は術後早期から可能であった。[webview.isho.jp] 網膜疾患の治療 当院では早期発見に有効な検査機器OCT(光干渉断層計)を導入しております。 これら網膜疾患の検査のために、当院は 光干渉断層計(Optical Coherence Tomography) を導入しております。 OCTは網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、緑内障など様々な疾患の早期発見と詳細な経過観察を可能にします。[chuoh-eye-clinic.com]

  • 網膜中心静脈閉塞症

    蛍光造影眼底検査(FAG)による検査 造影剤の漏出、無還流領域を確認 OCTによる網膜の断層撮影 黄斑部の浮腫の有無を確認 最近では、これまで主流だったレーザー治療に変わり、抗VEGF薬を硝子体内に注射をする治療が主流になってきています。[okazaki-eye.jp] 検査・診断 眼底写真、光干渉断層計(OCT)、フルオレセイン蛍光造影にて診断します。 治療 (1)出血後初期・・・出血後初期は、①つまった血管を再開させるための点滴と②黄斑部の浮腫を吸収させる点滴をします。同時に出血や浮腫を早く引かせる多目的でレーザー治療を行います。ただし、レーザーは黄斑部にあてることはできません。[hayashi.or.jp] 術前の視力は0.07で、OCT * にて嚢胞様黄斑浮腫がみられます。レーザー光凝固術により視力は0.6に回復し、OCTでも黄斑浮腫が消失したことがわかります。 *OCT: 光干渉断層計という画像診断の方法。網膜の状態を断層像(輪切りにした状態)ではっきりと確認でき、黄斑浮腫の有無や治療効果の判定に役立ちます。[skk-net.com]

  • 中心窩網膜分離

    弱視と紛らわしい症例 実は器質的疾患の場合がある 一見眼底は正常 OCT、ERGが重要 OCT 黄斑部の水平・垂直、詳しく水平だけでも RNFL、EZ マップ(GCC) 1.常染色体視神経萎縮(ADOA) RNFLはほとんどない、GCC パネルD-15:トリタン トリタンは1本でも出れば異常 乳頭のvariationは多い ごくゆっくり進行[sugimoto-ganka.com] また、OCTにより強度近視眼底では黄斑部病変を伴う頻度が高いことが分かっております。近視性中心窩分離症は黄斑円孔型、中心窩剥離型、網膜分離型とOCTで臨床的に分類されます。黄斑円孔型、中心窩分離型では多くの場合は手術適応となります。[nihon-u.ac.jp] OCTでは,中心窩に外顆粒層らしき低反射層を認めるものの陥凹の形成がない.というか,内層組織が残っている.[med.teikyo-u.ac.jp]

  • 網膜静脈分枝閉塞症

    OCT像でも黄斑浮腫は消失した。[eye-c.jp] [ BRVO(網膜静脈分枝閉塞症)による黄斑浮腫] A, ツカザキ病院では3種類の網膜断層像(OCT像)撮影装置 ( 3D-OCT2000、DRI-OCT-1、スペクトラリス)を用いて症状に応じて治療にあたります。[tsukazaki-hp.jp] 当科は先代の吉村教授時代から、眼底イメージングの手法を精力的に取り入れてきたため、最新鋭のOCTOCT angiography、また、広角蛍光眼底造影装置にとどまらず、さらに、天体観測に用いられる補償光学技術を応用した次世代の光イメージング器機を開発・所有しています(キヤノンとの共同研究)。[ophthalmol.kuhp.kyoto-u.ac.jp]

さらなる症状