Create issue ticket

考えれる11県の原因 nog

結果を表示する: English

  • パリスターホール症候群

    尖頭多合指症候群/ パリスター・ホール症候群 3 B3GALTL ピータース・プラス症候群 2 MYCN ファインゴールド症候群 2 PTCH ゴーリン・ゴルツ症候群 2 CPS1 カルバミルリン酸合成酵素欠損症 1 EXT1 遺伝性多発性骨軟骨腫 1 HOXD13 多合指趾症 1 KIF22 関節弛緩を伴う脊椎骨端骨幹端異形成症2型 1 NOG[pref.saitama.lg.jp]

  • 原発性骨髄線維症

    そのためには、NOGマウスという先天的に免疫不全状態にあるマウスにヒトの末梢血幹細胞を輸注し生着させたヒト造血幹細胞導入NOGマウスを作成する必要があります。 そこで、当科においてこれまで採取保存した末梢血幹細胞のうち、不幸にして患者さんが亡くなられたなどの理由で、今後使用する見込みがなく破棄される予定の細胞を用いたいと考えています。[ndmc.ac.jp] 防衛医科大学校病院血液内科 連絡先:埼玉県所沢市並木3-2 TEL 04-2995-1617 分担研究者の氏名:佐藤 謙・小林 彩香・渡邉 純一・山村 武史・大澤 有紀子 診療科:防衛医科大学校病院血液内科 連絡先:埼玉県所沢市並木3-2 TEL 04-2995-1617 「トロンボポエチン受容体作動薬により骨髄線維化を誘導したヒト造血幹細胞導入NOG[ndmc.ac.jp]

  • 家族性骨髄線維症

    そのためには、NOGマウスという先天的に免疫不全状態にあるマウスにヒトの末梢血幹細胞を輸注し生着させたヒト造血幹細胞導入NOGマウスを作成する必要があります。 そこで、当科においてこれまで採取保存した末梢血幹細胞のうち、不幸にして患者さんが亡くなられたなどの理由で、今後使用する見込みがなく破棄される予定の細胞を用いたいと考えています。[ndmc.ac.jp] 防衛医科大学校病院血液内科 連絡先:埼玉県所沢市並木3-2 TEL 04-2995-1617 分担研究者の氏名:佐藤 謙・小林 彩香・渡邉 純一・山村 武史・大澤 有紀子 診療科:防衛医科大学校病院血液内科 連絡先:埼玉県所沢市並木3-2 TEL 04-2995-1617 「トロンボポエチン受容体作動薬により骨髄線維化を誘導したヒト造血幹細胞導入NOG[ndmc.ac.jp]

  • 先天性好中球減少症

    そこで、NOGマウス(注3)というヒトの細胞を 受け入れやすいマウスを使って、正 常なヒトiPS細胞由来の骨格筋を NOGマウスに移植する実験も(京 大医学部附属病院の)小児科と一 緒に行っています。 また、ファンコニ貧血の患者さん からもiPS細胞を作る予定です。 ファンコニ貧血は、血液をうまく作れ ない病気です。[cira.kyoto-u.ac.jp] 注3: NOGマウスとは、重度複合免疫不全マウスの1系統で、マウス体内 で多様なヒト細胞が分化・増殖できる。 戸口田淳也副所長インタビュー 学内連携を活用して研究の加速化を図る 戸口田教授は、CiRA増殖分化機構研究部門長を務めると同時に、京都大学再生医科学研究所(以下、再生研) の教授として活躍しています。[cira.kyoto-u.ac.jp]

  • 慢性骨髄単球性白血病

    そのためには、NOGマウスという先天的に免疫不全状態にあるマウスにヒトの末梢血幹細胞を輸注し生着させたヒト造血幹細胞導入NOGマウスを作成する必要があります。 そこで、当科においてこれまで採取保存した末梢血幹細胞のうち、不幸にして患者さんが亡くなられたなどの理由で、今後使用する見込みがなく破棄される予定の細胞を用いたいと考えています。[ndmc.ac.jp] 防衛医科大学校病院血液内科 連絡先:埼玉県所沢市並木3-2 TEL 04-2995-1617 分担研究者の氏名:佐藤 謙・小林 彩香・渡邉 純一・山村 武史・大澤 有紀子 診療科:防衛医科大学校病院血液内科 連絡先:埼玉県所沢市並木3-2 TEL 04-2995-1617 「トロンボポエチン受容体作動薬により骨髄線維化を誘導したヒト造血幹細胞導入NOG[ndmc.ac.jp]

  • シトルリン血症

    最近、ヒトの造血幹細胞が生着可能な免疫不全マウス(NOGマウス)を使って、ヒト白血病の発癌機序を解明する研究を開始しました。また、EBウイルス関連で発症する蚊アレルギー、リンパ腫などの背景に存在する免疫異常、EBウイルスとの因果関係やクローナルな増殖機構の解析を進めています。[hosp.tohoku.ac.jp]

  • 先天性単純ヘルペス

    そこで我々は、ヒト臍帯血幹細胞を移植し免疫系を再構築したNOGマウス(ヒト化マウス)にEBVを接種し、EBV感染モデルを作製することを試みた。これまでに、以下のような結果が得られている。[nrichd.ncchd.go.jp] 近年伊藤らにより開発されたNOD/scid/γc-/-(NOG)マウスでは、ヒト造血幹細胞を移植すると、EBVの主な標的となるB細胞をはじめ、T細胞、NK細胞、マクロファージ、樹状細胞などヒト免疫系の大部分が再構築される。[nrichd.ncchd.go.jp] CAEBV患者さんの末梢血単核細胞から種々の細胞分画を単離して移植する実験、或いは様々な細胞分画を除いてから移植する実験を行った結果、EBV感染T及びNK細胞のNOGマウスでの増殖には、感染細胞とは別にCD4 細胞の存在が必要であることが示された。[nrichd.ncchd.go.jp]

  • 化学性結膜炎

    免疫不全動物として、ヌードマウス、ヌードラット、SCIDマウス、NOD SCIDマウス及びNOGマウス等の経験を有しています。[medience.co.jp]

  • ロイス・ディーツ症候群 2型

    尖頭多合指症候群/ パリスター・ホール症候群 3 B3GALTL ピータース・プラス症候群 2 MYCN ファインゴールド症候群 2 PTCH ゴーリン・ゴルツ症候群 2 CPS1 カルバミルリン酸合成酵素欠損症 1 EXT1 遺伝性多発性骨軟骨腫 1 HOXD13 多合指趾症 1 KIF22 関節弛緩を伴う脊椎骨端骨幹端異形成症2型 1 NOG[pref.saitama.lg.jp]

  • 神経管欠損、X連鎖

    最近、ヒトの造血幹細胞が生着可能な免疫不全マウス(NOGマウス)を使って、ヒト白血病の発癌機序を解明する研究を開始しました。また、EBウイルス関連で発症する蚊アレルギー、リンパ腫などの背景に存在する免疫異常、EBウイルスとの因果関係やクローナルな増殖機構の解析を進めています。[hosp.tohoku.ac.jp]

さらなる症状