Create issue ticket

考えれる52県の原因 nod2

結果を表示する: Français

  • クローン病

    欧米では、クローン病のかかりやすさは特にNod2 (IBD1) の機能欠損多型やHLAの多型により強く影響を受けるが、日本人ではNod2との関わりは明確ではない。近年、日本人クローン病とTNFSF15 (TL1A) というサイトカインの遺伝子との関連が報告された。[ja.wikipedia.org] また最近海外でNOD2という遺伝子の配列の違い(遺伝子多型)がクローン病の発症と関係があることが報告されましたが、クローン病全体の中で20%程度の患者さんのみであること、また日本人を含めたアジア人では遺伝子多型がないことがわかってきており、遺伝的以外の要因も病気の原因に関与しているものと考えられます。 ページの先頭へ[tmd.ac.jp] 「遺伝因子」ではNOD2という遺伝子多型(遺伝子の配列がことなる)が見つかりましたが、アジア人ではこの遺伝子多型を認めておらず、他の遺伝子多型などが考えられています。他の遺伝子としてATG16L1などが発見されています。「環境因子」では腸内細菌の関与や動物性脂肪の多い食事、清潔すぎる環境などが挙げられています。[keio-med.jp]

  • 黄色ブドウ球菌

    ., 5, 467 ( 2014 ). .ペプチドグリカンはほ乳動物ではnucleotide binding oligomerization domain(NOD)分子に,細菌リポプロテインの脂質修飾部位はTLR-2/1,TLR-2/6ヘテロ受容体に認識される( 図2 図2 黄色ブドウ球菌表層の主なPAMPsと宿主応答 ).ペプチドグリカン[katosei.jsbba.or.jp]

  • ヒルシュスプルング病 D型-短指症候群

    NOD2 の多型が欧米の約 50% の患者で認められる。日本人では疾患との相関を示す NOD2 多型は見出されず、感受性遺伝子の種類や対立遺伝子の頻度に人種差が存在すると考えられる。NOD2 多型により NF-κB の活性化およびサイトカインの分泌が阻害される ...[kegg.jp] […] hsa04140 Regulation of autophagy NOD2 [HSA: 64127 ] [KO: K10165 ] SLC22A4 (polymorphism) [HSA: 6583 ] [KO: K08202 ] SLC22A5 (polymorphism) [HSA: 6584 ] [KO: K08202 ] TNFSF15[kegg.jp] 免疫系疾患 hsa04621 NOD-like receptor signaling pathway hsa04060 Cytokine-cytokine receptor interaction hsa04630 Jak-STAT signaling pathway hsa05321 Inflammatory bowel disease[kegg.jp]

  • 小児クローン病

    欧米では、クローン病のかかりやすさは特に Nod2 (IBD1) の機能欠損多型やHLAの多型により強く影響を受けるが、日本人ではNod2との関わりは明確ではない。近年、日本人クローン病とTNFSF15 (TL1A) という サイトカイン の遺伝子との関連が報告された。[ja.wikipedia.org] 2001年に報告されたNOD2遺伝子の異常は、欧米では10-20%のクローン病患者さんにみられるとされていますが、日本人ではこの異常は認められませんでした。日本では遺伝性疾患でないものの、クローン病患者さんの家族は、そうでない人と比較してクローン病を発病しやすいことが知られています。[nanbyou.or.jp]

  • 炎症性腸疾患

    また最近海外でNOD2という遺伝子の配列の違い(遺伝子多型)がクローン病の発症と関係があることが報告されましたが、クローン病全体の中で20%程度の患者さんのみであること、また日本人を含めたアジア人では遺伝子多型がないことがわかってきており、遺伝的以外の要因も病気の原因に関与しているものと考えられます。 ページの先頭へ[tmd.ac.jp]

  • S状結腸炎

    また最近海外でNOD2という遺伝子の配列の違い(遺伝子多型)がクローン病の発症と関係があることが報告されましたが、クローン病全体の中で20%程度の患者さんのみであること、また日本人を含めたアジア人では遺伝子多型がないことがわかってきており、遺伝的以外の要因も病気の原因に関与しているものと考えられます。 ページの先頭へ[tmd.ac.jp]

  • 家族性地中海熱

    近年の研究により、原因遺伝子 (TNFRSF1A, MEFV, CIAS1, NLRP12, MVK, CD2BP1 (PSTPIP1), NOD2 (CARD15), LPIN2, IL10RA, IL10RB, IL1RN) が明らかになり、病態の理解が進み、診断法が確立されてきている。また、病態に応じた新しい治療法も開発されている。[blogs.yahoo.co.jp] 若年発症サルコイドーシス/Blau症候群は,NOD2遺伝子変異により起こります.多くは5歳未満に発症し,皮疹,関節炎,ブドウ膜炎が3主徴です.関節炎は多関節型が少関節型より多く,比較的痛みは少なく,関節の嚢腫状腫脹を特徴とします.組織学的には非乾酪性類上皮細胞肉芽腫を示します.成人型サルコイドーシスと異なり肺門部リンパ節腫脹は稀です.発熱を[zousantsushin.jp]

  • 腸狭窄

    2001年に報告されたNOD2遺伝子の異常は、欧米では10-20%のクローン病患者さんにみられるとされていますが、日本人ではこの異常は認められませんでした。日本では遺伝性疾患でないものの、クローン病患者さんの家族は、そうでない人と比較してクローン病を発病しやすいことが知られています。[nanbyou.or.jp] 「遺伝因子」ではNOD2という遺伝子多型(遺伝子の配列がことなる)が見つかりましたが、アジア人ではこの遺伝子多型を認めておらず、他の遺伝子多型などが考えられています。他の遺伝子としてATG16L1などが発見されています。「環境因子」では腸内細菌の関与や動物性脂肪の多い食事、清潔すぎる環境などが挙げられています。[keio-med.jp]

  • シュニッツラー症候群

    サルコイドーシスのうち、4歳以下で発症する若年性サルコイドーシス(early-onset sarcoidosis;EOS)には特徴的な表現型があることが知られており(両側肺門リンパ節腫脹をきたさず皮膚症状で初発し、その後に関節腫脹、ぶどう膜炎を発症する)、家族性サルコイドーシス(Blau 症候群)と共通した遺伝子変異(NOD2変異)を有する[theidaten.jp] ①Cryopyrin-associated periodic syndrome (CAPS) に対する細胞分子生物学的手法を用いた診療基盤技術の開発、②日本人特有の病態を呈する高IgD症候群に向けた新規診療基盤の確立、③家族性地中海熱の病態解明と治療指針の確立、④TNF受容体関連周期性症候群 (TRAPS) の病態の解明と診断基準作成に関する研究、⑤NOD2[aid.kazusa.or.jp] サルコイドーシスのうち、4歳以下で発症する若年性サルコイドーシス(early-onset sarcoidosis;EOS)には特徴的な表現型があることが知られており(両側肺門リンパ節腫脹をきたさず皮膚症状で初発し、その後に関節腫脹、ぶどう膜炎を発症する)、家族性サルコイドーシス(Blau症候群)と共通した遺伝子変異(NOD2変異)を有する。[theidaten.jp]

  • 中程度に区別された胸腺神経内分泌癌

    […] hsa04140 Regulation of autophagy (IBD1) NOD2 (polymorphism) [HSA: 64127 ] [KO: K10165 ] (IBD10) ATG16L1 (polymorphism) [HSA: 55054 ] [KO: K17890 ] (IBD13) ABCB1 (polymorphism[kegg.jp] 免疫系疾患 hsa04612 NOD-like receptor signaling pathway hsa04060 Cytokine-cytokine receptor interaction hsa04630 Jak-STAT signaling pathway hsa05321 Inflammatory bowel disease[kegg.jp]

さらなる症状