Create issue ticket

考えれる312県の原因 nk2 5

  • 上気道感染症

    3か月前 今日 健康用語関心度ランキング 1位 コルチゾール 2位 短鎖脂肪酸 3位 NK細胞 4位 糖代謝異常 5位 プロバイオティクス 6位 プレバイオティクス 7位 抗原・抗体 8位 上気道感染症(かぜ症候群) 9位 ブリストル便性状スケール(BSスコア) 10位 インスリン抵抗性[institute.yakult.co.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    3か月前 今日 健康用語関心度ランキング 1位 コルチゾール 2位 短鎖脂肪酸 3位 NK細胞 4位 糖代謝異常 5位 プロバイオティクス 6位 プレバイオティクス 7位 抗原・抗体 8位 上気道感染症(かぜ症候群) 9位 ブリストル便性状スケール(BSスコア) 10位 インスリン抵抗性[institute.yakult.co.jp]

  • 限局性Pagetoid Reticulosis

    鼻ならびに鼻型NK/T細胞リンパ腫、Nasal and nasal typeNK/T cell lymphoma ( 図5a , 図5b , 図5c , 図5d ) (CD2 、CD3-、CD5 /-、CD7 /-、TCRαβ-、CD4-、CD8-、CD16 /-、CD56 、CD57 /-、TCR G)、前駆NK細胞性 ( 図6a , 図[cir.ncc.go.jp] NK細胞性白血病、NK cell leukemia ( 図4a , 図4b , 図4c ) (CD2 、CD3-、CD5-、CD7-、TCRαβ-、CD4-、CD8 /-、CD16 、CD56 /-、CD57 /-、TCR G) 大顆粒リンパ球性白血病T細胞およびNK細胞性のうちNK細胞性の、多くは攻撃型aggressivetypeで日本をはじめ[cir.ncc.go.jp] 末梢T細胞ならびにNK細胞腫瘍 T細胞前リンパ球性白血病、T-cell prolymphocytic leukemia (CD7 、 CD2 、 CD3 、CD5 、 CD4 8- [65%]、CD4 8 [21%]、CD4-8 [rare]、 TCR R) 小リンパ球からなるが、B細胞性より核小体がより著明で、核不規則性も目立ち、細胞質もより[cir.ncc.go.jp]

  • 変性疾患

    これに対し、NK-19及びNK3のAchE阻害活性は弱く、NK-19及びNK3ではμg/mlの濃度でのみで有意な活性の低下が認められた。一方、NK7ではμg/mlまでの濃度でほとんどAchE阻害活性を示さなかった。[patents.google.com] 一方、NK-4は00ng/mlの濃度で、傷害抑制率が1%と最高になったのに対して、NK-19、NK-3、NK-100、NK-557では細胞保護効果の低下が認められ、これらの化合物の細胞傷害抑制作用には至適濃度が存在することが確認され、NK-19、NK3、NK-100、NK7の至適濃度は、NK-4より低いことが判明した[patents.google.com] また、NK-4を0μg/kg・体重、NK-4を00μg/kg・体重、NK34を00μg/kg・体重、NK6を0μg/kg・体重、NK6を00μg/kg・体重、及び、NK-19を500μg/kg・体重投与マウスでは、アミロイドβフラグメントのみを投与マウスに比べて、受動的回避試験で有意の改善が認められた。[patents.google.com]

  • ジレウトン

    5 リポキシゲナーゼ活性化蛋白質(FLAP)阻害剤としては、190914(AM 103)、19091(AM 803)が挙げられる。NK1/拮抗剤としては、DNK 333が挙げられる。[biosciencedbc.jp] リポキシゲナーゼ阻害剤、 リポキシゲナーゼ活性化蛋白質(FLAP)阻害剤、NK1/拮抗剤、IL 4/IL 13拮抗剤、抗IgE抗体あるいはTNFα阻害剤のいずれかと併用が可能である。[biosciencedbc.jp] リポキシゲナーゼ阻害剤、 リポキシゲナーゼ活性化蛋白質(FLAP)阻害剤、NK1/拮抗剤、IL 4/IL 13拮抗剤、抗IgE抗体あるいはTNFα阻害剤のいずれかと組み合わせることを特徴とする医薬に関する。[biosciencedbc.jp]

  • 結節外鼻腔NK-T細胞リンパ腫

    鼻ならびに鼻型NK/T細胞リンパ腫、Nasal and nasal typeNK/T cell lymphoma ( 図5a , 図5b , 図5c , 図5d ) (CD2 、CD3-、CD5 /-、CD7 /-、TCRαβ-、CD4-、CD8-、CD16 /-、CD56 、CD57 /-、TCR G)、前駆NK細胞性 ( 図6a , 図[cir.ncc.go.jp] キャッスルマン病,TAFRO症候群,IgG4関連疾患 3 胚中心進展性異形成 4 炎症性偽腫瘍 5 Rosai―Dorfman病 6 リンパ腫様胃症/NK細胞腸症 B 反応性病変 1 皮膚病性リンパ節症 2 薬剤性リンパ節症 3 組織球性壊死性リンパ節炎(菊池病) 4 木村病 5 川崎病 C 感染症 1 細菌・真菌性ならびに原虫性リンパ節疾患[molcom.jp] Ann Oncol. 2010 ; 21(5) : 1032-40.(3iiA) 2) Yamaguchi M, et al.[jshem.or.jp]

  • リンパ球減少性無ガンマグロブリン血症 - 短肢小人症症候群

    .CD8陽性細胞が減少 3.リンパ球細胞表面MHC class Iの発現が欠損又は低下 4.NK細胞活性化が低下 .既知の責任遺伝子は TAP1 、 TAP2 、 TAPBP TAP1 、 TAP2 、 TAPBP 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp] FHL2 FHL5では、それぞれの原因遺伝子の変異が認められれば、確定診断される。また、それぞれの蛋白発現解析によるスクリーニングが可能である。NK細胞活性や細胞傷害性T細胞の機能は一般に低下する。[nanbyou.or.jp] 巨大顆粒(ミエロペルオキシダーゼや酸フォスファターゼが陽性) NK細胞活性の低下 3.細胞傷害性T細胞の機能障害 4.[nanbyou.or.jp]

  • CD3ゼータによるT-B +重症複合免疫不全

    .CD8陽性細胞が減少 3.リンパ球細胞表面MHC class Iの発現が欠損又は低下 4.NK細胞活性化が低下 .既知の責任遺伝子は TAP1 、 TAP2 、 TAPBP TAP1 、 TAP2 、 TAPBP 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp] FHL2 FHL5では、それぞれの原因遺伝子の変異が認められれば、確定診断される。また、それぞれの蛋白発現解析によるスクリーニングが可能である。NK細胞活性や細胞傷害性T細胞の機能は一般に低下する。[nanbyou.or.jp] 巨大顆粒(ミエロペルオキシダーゼや酸フォスファターゼが陽性) NK細胞活性の低下 3.細胞傷害性T細胞の機能障害 4.[nanbyou.or.jp]

  • 非定型HSD 10疾患

    再発又は難治性ろ胞性リンパ腫 5 成人T細胞白血病リンパ腫 15 末梢性T/NK細胞リンパ腫 5 ホジキンリンパ腫 2 多発性骨髄腫 10 骨髄線維症 2 血液疾患 輸血による鉄過剰症 15 骨髄移植 15 血小板減少性紫斑病 10 播種性血管内凝固症候群 10 先天性血栓性疾患 3 再生不良性貧血 5 発作性夜間血色素尿症 3 先天性凝固因子欠乏症[mh.nagasaki-u.ac.jp] 5 症候性後天性サイトメガロウイルス感染症 5 TOPに戻る 血液内科 血液腫瘍 急性リンパ性白血病 5 慢性リンパ性白血病 2 急性骨髄性白血病 15 慢性骨髄性白血病 5 骨髄異形成症候群 10 悪性リンパ腫 85 非ホジキンリンパ腫 80 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 30 低悪性度B細胞性リンパ腫 15 マントル細胞リンパ腫 5[mh.nagasaki-u.ac.jp]

  • 新生児同種免疫好中球減少症

    HTLV-1と疫学 3.発症機構 4.臨床症状と病態 .検査所見 6.診断 7.病型分類 8.治療 26 NK細胞白血病 1.NK細胞とは NK細胞腫瘍とは 3.aggressive NK-cell leukemia/lymphoma(アグレッシブNK細胞白血病/リンパ腫) 4.Chronic NK lymphocytosis(慢性NK[nagaishoten.co.jp] ATL以外のT細胞リンパ腫 11 8 14 15 12 慢性活動性EBV感染症 2 2 NK細胞リンパ腫 4 2 1 4 4 ホジキンリンパ腫 7 7 7 10 8 症候性多発性骨髄腫 24 19 28 34 22 amyloidosis, POEMS 6 1 3 2 5 骨髄異形成症候群 21 18 24 21 25 低リスク群 10 7[chuo.kcho.jp] 細胞増多症) .aggressive NK-cell leukemia/lymphomaとchronic NK lymphocytosisの鑑別 27 骨髄増殖性疾患群 1.真性赤血球増加症(PV) .本態性血小板血症(PV) 3.慢性特発性骨髄線維症(CIMF) 4.慢性好酸球性白血病(CEL)/好酸球増加症候群(HES) 5.慢性好中球性白血病[nagaishoten.co.jp]

さらなる症状