Create issue ticket

考えれる3県の原因 NK細胞細胞傷害性減少

  • 伝染性単核球症

    この インターロイキン-18、インターロイキン-12はTリンパ球(細胞傷害)、NK細胞を更に 活性化、増殖させることとなります。[med.osaka-cu.ac.jp] 臨床症状、検査値異常として発熱、血球減少、播種 性血管内凝固症候群、臓器障害、高トリグリセリド血症、フェリチン上昇、可溶性IL-2受 容体上昇、活性化された細胞による浸潤のため肝脾種、中枢神経症状が出現します。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 薬物性特有の肝炎

    上述の通り,リツキシマブによる免疫不全は液性免疫低下がメインであり,軽度の好中球減少細胞免疫低下も起こり得ることを説明しました。HBVによる感染が成立すると,NK細胞や細胞傷害性T細胞(cytotoxic T lymphocytes;CTLs)によりウイルスは抑制されます 5) 。これは細胞性免疫がメインですね。[igaku-shoin.co.jp]

  • バース症候群

    この インターロイキン-18、インターロイキン-12はTリンパ球(細胞傷害)、NK細胞を更に 活性化、増殖させることとなります。[med.osaka-cu.ac.jp] 臨床症状、検査値異常として発熱、血球減少、播種 性血管内凝固症候群、臓器障害、高トリグリセリド血症、フェリチン上昇、可溶性IL-2受 容体上昇、活性化された細胞による浸潤のため肝脾種、中枢神経症状が出現します。[med.osaka-cu.ac.jp]

さらなる症状