Create issue ticket

考えれる112県の原因 NK細胞減少

  • 伝染性単核球症

    この インターロイキン-18、インターロイキン-12はTリンパ球(細胞傷害性)、NK細胞を更に 活性化、増殖させることとなります。[med.osaka-cu.ac.jp] 症状 EBVの感染したTもしくはNK細胞の臓器浸潤と活性化による高サイトカイン血症による症状をきたす。発熱、リンパ節腫脹、肝脾腫、発疹、貧血、血小板減少、下痢、下血、ぶどう膜炎、冠動脈瘤。 合併症 多臓器不全、脾機能亢進症、血球貪食症候群、悪性リンパ腫、白血病、DIC、消化管潰瘍/穿孔、間質性肺炎、心筋炎、種痘様水疱症、蚊刺過敏症。[med.nagoya-u.ac.jp] リンパ球増加は診断基準にも含まれており、特徴的な所見であるが、一部に白血球減少を認める場合もある。異型リンパ球は、Bリンパ球増殖に対しておこった CD4 陽性細胞や、NK 細胞から産生されたサイトカインにより、CD8 陽性cytotoxic T lymphocyte (CTL)が活性化したものであるといわれている。[niid.go.jp]

  • 深在性嚢胞性大腸炎

    細胞リンパ腫 5 ホジキンリンパ腫 2 多発性骨髄腫 10 骨髄線維症 2 血液疾患 輸血による鉄過剰症 15 骨髄移植 15 血小板減少性紫斑病 10 播種性血管内凝固症候群 10 先天性血栓性疾患 3 再生不良性貧血 5 発作性夜間血色素尿症 3 先天性凝固因子欠乏症 3 TOPに戻る 腫瘍外科 上部・下部消化管 食道がん 5 15 胃[mh.nagasaki-u.ac.jp] 血液腫瘍 急性リンパ性白血病 5 慢性リンパ性白血病 2 急性骨髄性白血病 15 慢性骨髄性白血病 5 骨髄異形成症候群 10 悪性リンパ腫 85 非ホジキンリンパ腫 80 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 30 低悪性度B細胞性リンパ腫 15 マントル細胞リンパ腫 5 再発又は難治性ろ胞性リンパ腫 5 成人T細胞白血病リンパ腫 15 末梢性T/NK[mh.nagasaki-u.ac.jp]

  • IgE型骨髄腫

    2.大症状(皮膚、粘膜所見) 1)網状色素沈着 2)爪の萎縮 3)口腔粘膜白斑症 3.小症状(その他の身体所見) 1)頭髪の消失、白髪 2)歯牙の異常 3)肺病変 4)低身長、発達遅延 5)肝障害 6)食道狭窄 7)悪性腫瘍 8)小頭症 9)小脳失調 10)骨粗鬆症 B.重要な検査所見 1.T細胞数の減少 2.B細胞数の減少 3.NK細胞[nanbyou.or.jp] 2.CD8陽性細胞減少 3.リンパ球細胞表面MHC class Iの発現が欠損又は低下 4.NK細胞活性化が低下 5.既知の責任遺伝子は TAP1 、 TAP2 、 TAPBP TAP1 、 TAP2 、 TAPBP 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp] 3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞数は正常 2.B細胞数は減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • 膨張性白内障

    系統名 (NZW BXSB)F1/Slc※旧 Slc(NZW BXSB)F1 由来 NZW/NSlc BXSB/MpJ-Yaa のF1 特性 血小板減少症モデル 系統名 C57BL/6HamSlc-bg/bg 由来 浜松医科大学 特性 NK細胞活性低下 系統名 WBB6F1/Kit-Kitw/Kitw-v/Slc※旧 Slc:WBB6F1-[shimizu-ls.co.jp]

  • 足白癬

    ・健康な成人112名 (試験群56名、平均25.4 5.7歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、熟成ニンニク抽出物2.56 g/日を90日間摂取させたところ、45日目におけるガンマデルタT細胞NK細胞の活性が増加し、試験期間中のかぜやインフルエンザの症状や罹患日数の減少が認められたが、罹患率に影響は認められなかった[hfnet.nibiohn.go.jp]

  • 原発性免疫不全症

    2.大症状(皮膚、粘膜所見) 1)網状色素沈着 2)爪の萎縮 3)口腔粘膜白斑症 3.小症状(その他の身体所見) 1)頭髪の消失、白髪 2)歯牙の異常 3)肺病変 4)低身長、発達遅延 5)肝障害 6)食道狭窄 7)悪性腫瘍 8)小頭症 9)小脳失調 10)骨粗鬆症 B.重要な検査所見 1.T細胞数の減少 2.B細胞数の減少 3.NK細胞[nanbyou.or.jp] 2.CD8陽性細胞減少 3.リンパ球細胞表面MHC class Iの発現が欠損又は低下 4.NK細胞活性化が低下 5.既知の責任遺伝子は TAP1 、 TAP2 、 TAPBP TAP1 、 TAP2 、 TAPBP 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp] 3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞数は正常 2.B細胞数は減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    2.大症状(皮膚、粘膜所見) 1)網状色素沈着 2)爪の萎縮 3)口腔粘膜白斑症 3.小症状(その他の身体所見) 1)頭髪の消失、白髪 2)歯牙の異常 3)肺病変 4)低身長、発達遅延 5)肝障害 6)食道狭窄 7)悪性腫瘍 8)小頭症 9)小脳失調 10)骨粗鬆症 B.重要な検査所見 1.T細胞数の減少 2.B細胞数の減少 3.NK細胞[nanbyou.or.jp] 7)PLCγ2欠損症 PLCγ2はB細胞,NK細胞,マスト細胞でのシグナル伝達において重要な分子である。PLCγ2をコードする遺伝子の片アリル変異により,IgM,IgAの低下,NK細胞減少,記憶B細胞の減少が認められることが明らかになった。[myschedule.jp] 2.CD8陽性細胞減少 3.リンパ球細胞表面MHC class Iの発現が欠損又は低下 4.NK細胞活性化が低下 5.既知の責任遺伝子は TAP1 、 TAP2 、 TAPBP TAP1 、 TAP2 、 TAPBP 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp]

  • プラマー ヴィンソン症候群

    ナチュラルキラー(Natural killer[NK])細胞の活性も低下する。鉄が欠乏している動物では、インターロイキン‐1の産生が減少し、インターロイキン‐2の産生量が抑制されることが報告されている。[sgmbibouroku.net] " "発熱した田中が感じてエロくてリンさんも狂った ①IL-1 発熱②IL-2 T細胞NK細胞の分化③IL-3 幹細胞の分化④IL-4 IgE産生⑤IL-5 リンパ球、好酸球の分化⑥CRP産生" "凛、士郎、一成 上から①リンパ②神経③一般④生殖器" "彼はデンマで簡単にビンビン ①寒冷凝集素②伝染性単核球症③マイコプラズマ④寒冷凝集素症[quizlet.com] 罪を訴える 微小妄想①貧困妄想②心気妄想③罪業妄想" "国試の試験結果落第せん 紅斑 丘疹 小水疱 膿疱 湿潤 結痂 落屑 苔癬化" "ハンサム弁護士が高安を弁護中 ①びまん性汎細気管支炎 B54②高安病(大動脈炎症候群) B52" "屈伸ストレッチするマッチョに降参 ①Cushing②AMI③ストレス④麻疹⑤ツツガムシ⑥腸チフス⑦好酸球減少[quizlet.com]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    2.大症状(皮膚、粘膜所見) 1)網状色素沈着 2)爪の萎縮 3)口腔粘膜白斑症 3.小症状(その他の身体所見) 1)頭髪の消失、白髪 2)歯牙の異常 3)肺病変 4)低身長、発達遅延 5)肝障害 6)食道狭窄 7)悪性腫瘍 8)小頭症 9)小脳失調 10)骨粗鬆症 B.重要な検査所見 1.T細胞数の減少 2.B細胞数の減少 3.NK細胞[nanbyou.or.jp] 2.CD8陽性細胞減少 3.リンパ球細胞表面MHC class Iの発現が欠損又は低下 4.NK細胞活性化が低下 5.既知の責任遺伝子は TAP1 、 TAP2 、 TAPBP TAP1 、 TAP2 、 TAPBP 遺伝子解析で遺伝子異常を確認し、確定診断を行う。[nanbyou.or.jp] 3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞数は正常 2.B細胞数は減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • 感染症による貧血

    、末梢神経障害などがある x) エロツズマブ療法 骨髄腫細胞NKリンパ球(免疫作用にかかわるリンパ球)に発現しているSLAMF7という物質に結合する抗体医薬で、免疫作用を高めて骨髄腫細胞を減らす効果があります レナリドミド、デキサメタゾンと併用する注射薬です 副作用にインフュージョン・リアクション(注射時反応)があり、予防薬が必要です[ymghp.jp] カーフィルゾミブ療法 新しいプロテアソーム阻害薬のひとつ レナリドミド、デキサメタゾンと併用する注射薬です(レナリドミドは用いないこともある) 副作用に心障害、間質性肺炎、血球減少、末梢神経障害などがある ix) イキサゾミブ療法 新しいプロテアソーム阻害薬のひとつ レナリドミド、デキサメタゾンと併用する週1回の内服薬です 副作用に下痢、血球減少[ymghp.jp]

さらなる症状

類似した症状