Create issue ticket

考えれる7県の原因 NK細胞活性障害

  • ベンゾジアゼピン系過剰摂取

    物理的ストレス群では、ナチュラルキラー(NK)細胞活性の低下あるいは消失、ACTH (adrenocorticotropic hormone) 濃度の上昇、および胃潰瘍や胃粘膜障害が発生した。一方、情動ストレス群ではNK細胞活性が軽度に上昇し、胃の病変やACTH濃度の上昇が物理的ストレス群より軽微であった。[srf.or.jp]

  • 肝不全

    類洞には常在性 マクロファージ であるクッパー細胞やT、B、DC、NKなど免疫細胞が、肝細胞柵と類洞内皮細胞の間には、ビタミンAを貯蔵し、肝障害時に活性化されて過剰の コラーゲン 線維を産生する肝星細胞が存在。肝臓は高い再生能力を有す。2/3まで切除しても48時間をピークとして再生、1週間ほどで元の大きさに戻る。[jsth.org]

  • クロニジン中毒

    物理的ストレス群では、ナチュラルキラー(NK)細胞活性の低下あるいは消失、ACTH (adrenocorticotropic hormone) 濃度の上昇、および胃潰瘍や胃粘膜障害が発生した。一方、情動ストレス群ではNK細胞活性が軽度に上昇し、胃の病変やACTH濃度の上昇が物理的ストレス群より軽微であった。[srf.or.jp]

  • 全身性シュワルツマン反応

    免疫調節作用 グリチルリチン酸は、in vitroの実験系において、(1)T細胞活性化調節作用 [14] 、(2)インターフェロン-γ誘起作用 [15] 、(3)NK細胞活性化作用 [16] 、(4)胸腺外Tリンパ球分化増強作用 [17] 等の作用が示されている。[kegg.jp] 実験的肝細胞障害抑制作用 グリチルリチン酸はラットの初代培養肝細胞を用いたin vitroの実験系で、四塩化炭素による肝細胞障害を抑制することが示されている [18] 。[kegg.jp]

  • 新生児グレーブス病

    質問3:またMHC-1は腫瘍細胞を破壊する性質を持つNK細胞のレセプター(killer-cell inhibitory receptor : KIR)に結合し、NK細胞細胞障害活性を抑制する。と調べることができたのですが、この抑制が起こる目的が理解できません。[med.kindai.ac.jp] 生体としてはNK細胞の細胞障害性を用いてウイルスに感染した細胞を除去するほうがよいと思うのですが。違うのでしょうか。[med.kindai.ac.jp]

  • プレドニムスチン

    なお、細胞障害活性は、上記のように、本発明で用いられるCAPRIN-1に対する抗体、リンパ球(NK細胞を含む集団)細胞及びクロミウム51を取り込ませた2 10 3 個の各癌細胞株を混合して4時間培養し、培養後培地に放出されたクロミウム51の量を測定して、以下の計算式により算出した癌細胞株に対する細胞障害活性を示した結果である。[patents.google.com] 式:細胞障害活性(%) CAPRIN-1に対する抗体及びリンパ球(NK細胞を含む集団)細胞を加えた際の標的細胞からのクロミウム51遊離量 1N塩酸を加えた標的細胞からのクロミウム51遊離量 100 [実施例7] マウス生体内における抗CAPRIN-1モノクローナル抗体の抗腫瘍効果 次に、実施例4で得た、ヒト-マウスキメラモノクローナル抗体#[patents.google.com] 培養後、障害を受けた腫瘍細胞から放出される培養上清中のクロミウム51の量を測定し、抗CAPRIN-1抗体による癌細胞に対する細胞障害活性を算出した。陰性コントロールにはアイソタイプコントロール抗体を添加したものを用いた。[patents.google.com]

  • デスオキシコルチコステロン酢酸エステル

    T細胞解析[MHC(HLA)テトラマー] 5 Bリンパ球表面免疫グロブリン 6 リンパ球サブセット検査 7 ナチュラルキラー(NK)細胞 8 TdT活性 9 フローサイトメトリーのtwocolor分析法による赤血球検査 10 CD34陽性細胞定量 26.感染症検査 26-A.ウイルス感染症検査 1 A型肝炎ウイルス抗体 2 B型肝炎ウイルス[nankodo.co.jp] (INSR-Ab) 51 抗糸球体基底膜抗体(抗GBM抗体) 52 Donath-Landsteiner試験 53 寒冷凝集反応(CA) 54 抗GM1IgG抗体 55 抗GQ1b IgG抗体 25.細胞性免疫検査 1 T細胞B細胞比率 2 リンパ球幼若化検査 3 薬剤によるリンパ球幼若化検査:リンパ球刺激試験(DLST) 4 抗原特異的細胞障害[nankodo.co.jp]

さらなる症状