Create issue ticket

考えれる47県の原因 NK細胞活性障害

  • 伝染性単核球症

    この インターロイキン-18、インターロイキン-12はTリンパ球(細胞傷害性)、NK細胞を更に 活性化、増殖させることとなります。[med.osaka-cu.ac.jp] 臨床症状、検査値異常として発熱、血球減少、播種 性血管内凝固症候群、臓器障害、高トリグリセリド血症、フェリチン上昇、可溶性IL-2受 容体上昇、活性化された細胞による浸潤のため肝脾種、中枢神経症状が出現します。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • IgE型骨髄腫

    細胞活性の低下 3.細胞傷害性T細胞の機能障害 4.[nanbyou.or.jp] Chédiak-Higashi)症候群 【診断方法】 A.症状 1.皮膚、毛髪、眼における部分的白子症 2.一般化膿菌に対する易感染性 3.知能障害、痙攣、小脳失調、末梢神経障害等の神経系の異常(ただし、幼少期には目立たず、進行性) 4.出血傾向 5.血球貪食症候群の合併 B.検査所見 1.白血球内の巨大顆粒(ミエロペルオキシダーゼや酸フォスファターゼが陽性) 2.NK[nanbyou.or.jp]

  • ベンゾジアゼピン系過剰摂取

    物理的ストレス群では、ナチュラルキラー(NK)細胞活性の低下あるいは消失、ACTH (adrenocorticotropic hormone) 濃度の上昇、および胃潰瘍や胃粘膜障害が発生した。一方、情動ストレス群ではNK細胞活性が軽度に上昇し、胃の病変やACTH濃度の上昇が物理的ストレス群より軽微であった。[srf.or.jp]

  • プラマー ヴィンソン症候群

    免疫機能の低下 鉄が欠乏すると、循環Tリンパ球の濃度が低下し、マイトジェン(引用者注:分裂促進物質)応答が概して障害される。ナチュラルキラー(Natural killer[NK])細胞活性も低下する。鉄が欠乏している動物では、インターロイキン‐1の産生が減少し、インターロイキン‐2の産生量が抑制されることが報告されている。[sgmbibouroku.net]

  • 家族性血球貪食性リンパ組織球症

    それを引き起こす原因として、細胞障害性Tリンパ球(cytotoxic T lymphocyte:CTL)やNK細胞細胞障害活性(cytolytic activity)低下が考えられている。 CD8陽性T細胞は抗原刺激(ウイルス感染)により活性化されてCTLとなり、NK細胞とともにウィルス感染などに対する免疫応答の中心を担う。[emeneki.com] 細胞の細胞障害活性にかかわる分子の異常が同定されており,これらの分子は CTL を中心とした免疫応答の調節にも重要な役割を果たしていることが明らかになっている.FHL と二次性 HLH を臨床の場で区別することは容易ではないが,急性期の治療を行いながら蛋白発現解析などによるクリーニング検査で迅速に診断を確定する必要がある.[ishiyaku.co.jp] また、これらの疾患では、細胞障害性T細胞NK細胞の細胞障害活性の低下が認められ、標的細胞に対するアポトーシス誘導活性(activation-induced cell death)が低下している。[tfcnst.s500.xrea.com]

  • 肝不全

    類洞には常在性 マクロファージ であるクッパー細胞やT、B、DC、NKなど免疫細胞が、肝細胞柵と類洞内皮細胞の間には、ビタミンAを貯蔵し、肝障害時に活性化されて過剰の コラーゲン 線維を産生する肝星細胞が存在。肝臓は高い再生能力を有す。2/3まで切除しても48時間をピークとして再生、1週間ほどで元の大きさに戻る。[jsth.org]

  • 原発性免疫不全症

    細胞活性の低下 3.細胞傷害性T細胞の機能障害 4.[nanbyou.or.jp] Chédiak-Higashi)症候群 【診断方法】 A.症状 1.皮膚、毛髪、眼における部分的白子症 2.一般化膿菌に対する易感染性 3.知能障害、痙攣、小脳失調、末梢神経障害等の神経系の異常(ただし、幼少期には目立たず、進行性) 4.出血傾向 5.血球貪食症候群の合併 B.検査所見 1.白血球内の巨大顆粒(ミエロペルオキシダーゼや酸フォスファターゼが陽性) 2.NK[nanbyou.or.jp]

  • 多発性骨髄腫

    ・ボルテゾミブ(ベルケイド) 副作用: 末梢神経障害、間質性肺炎、帯状疱疹、Plt低下 ・カーフィルゾミブ(カイプロリス) 副作用: 倦怠感、貧血、血小板減少 ・イクサゾミブ(ニンラーロ) 副作用: 血小板減少、皮疹、下痢・吐き気 ②免疫調整剤 血管新生因子(VEGF) 、炎症性サイトカイン(TNFα・IL-6 )、NK細胞・細胞障害性T細胞[med.oita-u.ac.jp] 活性化します。[med.oita-u.ac.jp]

  • 先天性好中球減少症

    細胞障害活性低下 Gricelli syndrome type 2 RAB27A AR 部分白皮症, 血小板減少, T/B/NK細胞機能異常 MAPBPIP変異に伴う先天性好中球減少症 MAPBPIP AR 部分白皮症, 低身長, IgM低下 4) 免疫異常に合併する好中球減少症 高IgM症候群(HIGM1, HIGM3) CD40L/CD40[emeneki.com] Dyskeratosis congenita DKC XR 爪脆弱化, 網目状皮膚色素沈着, 白斑症, 骨髄低形成 3) 顆粒球輸送障害 Hermansly-Pudlak syndrome type 2 AP3B1 AR 部分白皮症, 低身長, 血小板機能異常 Chediak-Higashi症候群 LYST AR 部分白皮症, 走化能異常, NK[emeneki.com]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    細胞活性の低下 3.細胞傷害性T細胞の機能障害 4.[nanbyou.or.jp] Chédiak-Higashi)症候群 【診断方法】 A.症状 1.皮膚、毛髪、眼における部分的白子症 2.一般化膿菌に対する易感染性 3.知能障害、痙攣、小脳失調、末梢神経障害等の神経系の異常(ただし、幼少期には目立たず、進行性) 4.出血傾向 5.血球貪食症候群の合併 B.検査所見 1.白血球内の巨大顆粒(ミエロペルオキシダーゼや酸フォスファターゼが陽性) 2.NK[nanbyou.or.jp]

さらなる症状