Create issue ticket

考えれる26県の原因 NK細胞数減少または正常

  • IgE型骨髄腫

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • 重症複合免疫不全症

    検査成績 T細胞数の減少,リンパ球増殖反応の低下,免疫グロブリンの低値を認める.γc鎖,JAK3の遺伝子異常ではT細胞NK細胞が欠損し,B細胞正常だが,RAG1/2の異常ではT細胞とB細胞減少するがNK細胞正常である.IL-7Rαの異常ではT細胞のみ欠損する.[kotobank.jp] 3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp] 免疫機能 リンパ球減少といった,ADA欠損SCIDにおける実験データレベルの顕著な特徴は出生時に存在する.通常,血中総リンパ球が500/μL(新生児の正常値は2000 5000)を下回る. 全てのリンパ系統(T,B,NK細胞)の著しい減少がフローサイトメトリーによって実証される.[grj.umin.jp]

  • 原発性免疫不全症

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • 単クローン性ガンマグロブリン血症

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • 中程度に区別された胸腺神経内分泌癌

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

  • Hoyeraal-Hreidarsson症候群

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状