Create issue ticket

考えれる607県の原因 nk

結果を表示する: English

  • 非ホジキンリンパ腫

    細胞性白血病 NK-Cell Large Granular Lymphocyte Leukemia (NK-LGL) 分類不能末梢性T細胞リンパ腫 Unspecified periferal T-Cell lymphoma 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫 Angioimmunoblastic T-Cell Lymphoma 血管中心性リンパ[ja.wikipedia.org] 非ホジキンリンパ腫の分類 リンパ球はB細胞(Bリンパ球)、T細胞(Tリンパ球)、NK(ナチュラルキラー)細胞に分類されます。 非ホジキンリンパ腫では、“がん”化しているリンパ球の種類によってB細胞リンパ腫、T細胞リンパ腫、NK細胞腫瘍に病型分類することもできます。 進行のスピードや症状の激しさにより3つのタイプに分けられます。[takeda.co.jp] 非ホジキンリンパ腫は「B細胞腫瘍」と「T/NK細胞腫瘍」に大別され、B細胞リンパ腫が悪性リンパ腫の7割(後者はNHLの25%)を占める。びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)は、NHLの約30 45%を占め、限局期はNHL全体の7 15%を、節外性MALTリンパ腫は9%を占める。[clinicalsup.jp]

  • リンパ腫

    非ホジキンリンパ腫は、がんになっている細胞の特徴(B細胞性・T細胞性・NK細胞性のどれかとその成熟度)や染色体検査や遺伝子検査などの結果を基にさらに細かく分類されます。[ganjoho.jp] 非ホジキンリンパ腫は、B細胞ががん化するか、T細胞あるいはNK細胞ががん化するかによって大きく2つに分類される。前者をB細胞性腫瘍と言い、後者をT/NK細胞性腫瘍と言う。 リンパ球の腫瘍としては急性リンパ性白血病 (ALL)、慢性リンパ性白血病 (CLL)、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫を始め各種ある。[ja.wikipedia.org] リンパ球はB細胞、T細胞、NK細胞と呼ばれる細胞から構成されています。腫瘍化した細胞によって、B細胞性リンパ腫、T細胞性リンパ腫、NK細胞性リンパ腫に分類されます。各々のリンパ腫は、病理組織学的に、または臨床的に、さらに細分化されています。悪性リンパ腫では、通常全身のリンパ節が腫れてきます。[ohta-hp.or.jp]

  • 種痘様水疱症様リンパ腫

    本症は、原因不明の光線過敏症とみなされてきた種痘様水疱症でしたが,大部分の症例でEB ウイルス感染T細胞とNK/T 細胞の増加がみられ、皮膚Tリンパ腫の一種とみなされています。 日光露光部である手背や顔面を中心に、中心臍窩や壊死を伴う丘疹や水疱が多発します。[shinagawaseasideclinic.com] さらにこの蚊唾液腺抗原刺激を受けたCD4 T細胞とNK細胞とを混合培養すると、NK細胞中に潜伏していたEBVが再活性化し、ウイルス増殖が引き起こされることが判明した。次に、このin vitroの研究においてみられた現象が、実際の生体内においてもみられるのかどうかについて検討した。[kaken.nii.ac.jp] これまでの研究でEBV感染T/NK細胞がNOGマウスに生着し増殖するためには非感染CD4 T細胞の存在が必須であることが明らかとなった。非感染CD4 細胞を標的とした感染TおよびNK細胞制御の可能性が示されている。[myschedule.jp]

  • 伝染性単核球症

    このうちリンパ球にはT細胞、B細胞、NK細胞などがあり、B細胞は病原微生物や異物を中和する抗体と呼ばれる物質をつくることで、それらの排除に関わっています。T細胞には、他の白血球の働きをコントロールするヘルパーT細胞や、ウイルスに感染した細胞やがん細胞を排除する細胞障害性T細胞などがあります。[asahi.com] 合併症 種痘様水疱症、血球貪食症候群、節外性NK/T細胞リンパ腫・鼻型、アグレッシブNK細胞性白血病。 治療法 長期予後は総じて不良であり、急性転化したものは治療抵抗性である。早期の造血幹細胞移植を勧める専門家もいるが、コンセンサスは得られていない。[med.nagoya-u.ac.jp] この インターロイキン-18、インターロイキン-12はTリンパ球(細胞傷害性)、NK細胞を更に 活性化、増殖させることとなります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 原発性縦隔大B細胞リンパ腫

    DLBCL) 5.びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の特殊病型 A.CD5陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(CD5-positive DLBCL) B.原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫(PMBL) C.中枢神経系原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(PCNSL) 6.Burkitt リンパ腫(BL) 7.末梢性T細胞リンパ腫(PTCL) 8.節外性NK[medbooks.or.jp] 2018年3月発行) 特集 節外性リンパ腫診療の進歩 [冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465] 特集 節外性リンパ腫診療の進歩 原発性中枢神経リンパ腫の病態と治療 眼内リンパ腫の診断と治療 東京医科大学・眼科学 臼井嘉彦…292 唾液腺リンパ腫の病態 金沢医科大学・血液免疫内科学 正木康史…298 節外性NK[kahyo.com] リンパ腫治療各論 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の初回治療 再発・治療抵抗性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫 血管内大細胞型B細胞リンパ腫 濾胞性リンパ腫 MALTリンパ腫 脾リンパ腫 原発性マクログロブリン血症・リンパ形質細胞リンパ腫 マントル細胞リンパ腫 バーキットリンパ腫 末梢性T細胞リンパ腫 節外性NK[molcom.jp]

  • 末梢性T細胞リンパ腫

    注7.末梢性T細胞リンパ腫-非特定型(PTCL-NOS) 末梢性T/NK細胞リンパ腫のリンパ節性(ときに節外性)のものに、分類できない末梢性T/NK細胞リンパ腫があり、これらが末梢性T/NK細胞リンパ腫-非特定的として、除外診断により分類されています。末梢性T/NK細胞リンパ腫の中で最も頻度が高く、約30%を占めます。[kyowa-kirin.co.jp] 第2部では、血液病理学で世界的に著名な日本の先生が「T/NK細胞性リンパ腫のWHO分類」をテーマに講演しました。 WHOによるリンパ腫の分類は2016年に改訂されました。大まかには「成熟B細胞腫瘍」「成熟T/NK細胞腫瘍」「ホジキンリンパ腫」などに分けられています。この「成熟T/NK細胞腫瘍」にPTCLが含まれます。[mundipharma.co.jp] PTCLは成熟したT細胞およびナチュラルキラー(NK)細胞を起源とし、リンパ系腫瘍細胞による多彩な臓器浸潤を特徴とする多様な疾患群*1です。日本では、年間発症例は約2000例*2と推計されており、中悪性度リンパ腫の10-15%を占める*1とされています。[prtimes.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    これらのインターロイキンのうちT細胞の発生にIL-7が、NK細胞の発生にIL-15が重要な役割を果たしていることがわかってきました。また、B細胞の抗体産生にはIL-4とIL-21が深く関わっていると考えられています。 X-SCID患者ではリンパ球数が少ないことが多く、特にT細胞、NK細胞は血液中にほとんど認められません。[emeneki.com] JAK3欠損症 B細胞機能不全、T細胞、NK細胞欠損。責任遺伝子は第19染色体。常染色体劣性遺伝。 RAG欠損症 T,B細胞欠損、NK細胞は存在する。責任遺伝子は第11染色体上にあり、 常染色体劣性遺伝。[ja.wikipedia.org] NK細胞活性や細胞傷害性T細胞の機能は一般に低下する。[nanbyou.or.jp]

  • びまん性リンパ腫

    非ホジキンリンパ腫の分類 リンパ球はB細胞(Bリンパ球)、T細胞(Tリンパ球)、NK(ナチュラルキラー)細胞に分類されます。 非ホジキンリンパ腫では、“がん”化しているリンパ球の種類によってB細胞リンパ腫、T細胞リンパ腫、NK細胞腫瘍に病型分類することもできます。 進行のスピードや症状の激しさにより3つのタイプに分けられます。[takeda.co.jp] リンパ球にはT細胞、 B細胞 、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)があり、それぞれT細胞リンパ腫、 B細胞 リンパ腫、NK細胞リンパ腫があります。 B細胞 リンパ腫は低悪性度リンパ腫です。 MALTリンパ腫: B細胞 リンパ腫の1つで低悪性度です。唾液腺、甲状腺、消化管などの粘膜に関連するリンパ組織に発生します。[onaka-kenko.com] また、中等度悪性群の代表的なものとしてはマントル細胞リンパ腫(MCL)、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)、末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)、NK/T細胞リンパ腫が、高悪性度群の代表的なものとしてはバーキットリンパ腫(BL)や成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)が挙げられます。[osaka-med.jrc.or.jp]

  • B 細胞リンパ腫

    ホジキンリンパ腫,未分化大細胞リンパ腫,NK/T細胞,EBV関連B細胞リンパ腫などで発現 (Inaguma S et al. Am J Surg Pathol 2016) (Chen BJ et al.[kuhp.kyoto-u.ac.jp] リンパ球にはT細胞、 B細胞 、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)があり、それぞれT細胞リンパ腫、 B細胞 リンパ腫、NK細胞リンパ腫があります。 B細胞 リンパ腫は低悪性度リンパ腫です。 MALTリンパ腫: B細胞 リンパ腫の1つで低悪性度です。唾液腺、甲状腺、消化管などの粘膜に関連するリンパ組織に発生します。[onaka-kenko.com] 限局期の節外性NK/T細胞リンパ腫、鼻型に対しては、同時化学放射線療法が標準的治療法に位置づけられています。 悪性リンパ腫の治療後の問題点 悪性リンパ腫治療後の問題点として、二次がん、不妊症、心臓や肺を含む臓器障害、糖尿病などの生活習慣病、骨粗鬆症などの晩期合併症が知られています。[ncc.go.jp]

  • 重症複合免疫不全症

    これらのインターロイキンのうちT細胞の発生にIL-7が、NK細胞の発生にIL-15が重要な役割を果たしていることがわかってきました。また、B細胞の抗体産生にはIL-4とIL-21が深く関わっていると考えられています。 X-SCID患者ではリンパ球数が少ないことが多く、特にT細胞、NK細胞は血液中にほとんど認められません。[emeneki.com] 免疫細胞は主に好中球やT細胞、B細胞、NK細胞といったリンパ球に分類されます。この病気の場合、T細胞やNK細胞といった複数のリンパ球(複合)が何らかの原因でうまくはたらくことができません。そのため、簡単に細菌やウイルスなどの病原菌に感染し体中に炎症が起きやすくなります。[medicalnote.jp] 検査成績 T細胞数の減少,リンパ球増殖反応の低下,免疫グロブリンの低値を認める.γc鎖,JAK3の遺伝子異常ではT細胞とNK細胞が欠損し,B細胞数は正常だが,RAG1/2の異常ではT細胞とB細胞が減少するがNK細胞数は正常である.IL-7Rαの異常ではT細胞のみ欠損する.[kotobank.jp]

さらなる症状