Create issue ticket

考えれる1,244県の原因 n 2

結果を表示する: English

  • 肺癌

    またはT1bまたはT1c N2 M0 T2a N2 M0 T2b N2 M0 T3 N1 M0 T4 N0 M0 T4 N1 M0 ⅢB期 T1aまたはT1bまたはT1c N3 M0 T2a N3 M0 T2b N3 M0 T3 N2 M0 T4 N2 M0 ⅢC期 T3 N3 M0 T4 N3 M0 ⅣA期 Any T Any N M1a[med.oita-u.ac.jp] の転移) N0 遠隔転移なし T1a-T2b N1 遠隔転移なし ⅢA期 T4(充実成分径 7cmもしくは腫瘍の横隔膜・縦隔・心臓・大血管・気管 等に浸潤、同側の異なった肺葉内への転移) N0 遠隔転移なし T3-T4 N1 遠隔転移なし T1a-T2b N2 遠隔転移なし ⅢB期 T3-T4 N2 遠隔転移なし T1a-T2b N3 遠隔転移[kindai-geka.jp] 病状分類 潜伏癌 TX N0 M0 0期 Tis N0 M0 IA1期 T1miまたはT1a N0 M0 IA2期 T1b N0 M0 IA3期 T1c N0 M0 IB期 T2a N0 M0 ⅡA期 T2b N0 M0 ⅡB期 T1aまたはT1bまたはT1c N1 M0 T2a N1 M0 T2b N1 M0 T3 N0 M0 ⅢA期 T1a[med.oita-u.ac.jp]

  • インフルエンザ

    現在、原因になるウイルスには3種類(A/H3N2、A/H1N1、B型)があり、この3種類のウイルスの形や性質が年々少しずつ変わるので、感染の予防が難しい病気です。日本の子どもは脳炎や脳症をおこしやすいので、毎年犠牲者が多く出ています。感染力も強く、子どもが家に持ち込んで、赤ちゃんや高齢者にうつすこともよくあります。[know-vpd.jp] H3N2ウイルス特異的IgA抗体産生は、CAM併用により、タミフル単独時の10倍近く亢進した。 CAM併用によるIgA抗体産生の亢進は、タミフル使用例だけでなく、リレンザ使用例においても認められた。また、タミフル、リレンザにより血液中のIgG抗体産生も抑制されたが、CAMを併用すると抑制が解除され、抗体産生が促進された。[medical.nikkeibp.co.jp] その後、昭和32(1957)年には「アジアインフルエンザ(A(H2N2)亜型)」が、昭和43(1968)年には「香港インフルエンザ(A(H3N2)亜型)」が、そして最近では平成21(2009)年に「インフルエンザ(H1N1)2009」が世界的な大流行を起こしています。 インフルエンザを予防する有効な方法としては、以下が挙げられます。[mhlw.go.jp]

  • 肺扁平上皮癌

    病期分類 潜在がん TX N0 M0 0期 Tis N0 M0 IA期 T1a N0 M0 T1b N0 M0 IB期 T2a N0 M0 IIA期 T2b N0 M0 T1a N1 M0 T1b N1 M0 T2a N1 M0 IIB期 T2b N1 M0 T3 N0 M0 IIIA期 T1a N2 M0 T1b N2 M0 T2a N2[jikei.ac.jp] M0 T2b N2 M0 T3 N1 M0 T3 N2 M0 T4 N0 M0 T4 N1 M0 IIIB期 T1a N3 M0 T1b N3 M0 T2a N3 M0 T2b N3 M0 T3 N3 M0 T4 N2 M0 T4 N3 M0 IV期 全ての T 全ての N M1a 全ての T 全ての N M1b 0.非小細胞肺がんの治療[jikei.ac.jp] 参考) 第6版と第7版の病期(TNM分類) (6版 T/M) 7版 T/M N0 N1 N2 N3 T1 ( 2cm) T1a IA IIA IIIA IIIB T1 ( 2cm-3cm) T1b IA IIA IIIA IIIB T2 ( 5cm) T2a IB IIA IIIA IIIB T2 ( 5cmー7cm) T2b IIA IIB[jikei.ac.jp]

  • 風邪

    A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09 A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2) B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統) B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)(引用: 国立感染症研究所 ) 今季[tenki.jp]

  • インフルエンザB型ウィルス感染

    1度目は1918年『H1N1亜型』でいわゆる『スペインかぜ』、2度目は1957年『H2N2亜型』でいわゆる『アジアかぜ』、3度目は1968年『H3N2亜型』でいわゆる『香港かぜ』と呼ばれるものです。いずれも鳥から由来したウイルスによるもので、『香港かぜ』は50年たった今でも季節性インフルエンザウイルスとして主流の一つとなっています。[emira-t.jp] 毎年流行するインフルエンザには、亜型H1N1型(HAがH1、NAがN1)、亜型H32型(HAがH3、NAがN2)などがあり、それぞれ「Aソ連型」や「A香港型」といわれています。[seirogan.co.jp] 人の間で流行をおこした、あるいは現在も流行している亜型はH1N1(ソ連型)、H2N2(アジア型)およびH3N2(香港型)であり、最近H1N2という亜型の流行も報告されている。[kotobank.jp]

  • 急性胃腸炎

    下痢便の電解質組成は、 a:5 50、K:35 60、Cl:20 40、HCO3:30 45であ るので、5%グル500ml KCl20mEq メイロン20mlを基本とするが、 血管痛が見られる場合はソリタT3 アスパラK1Aなどを使用する。[nms.co.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    A型株 A/シンガポール/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09 A型株 A/シンガポール/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2) B型株 B/プーケット/3073/2013(山形系統) B型株 B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統) インフルエンザワクチン[pro.saraya.com] ※ あり 99.99 ※ N.T Not testde. [pro.saraya.com] Micromun GmbH., Greifswald (Germany) ) 2.うがい うがいは、繊毛運動のようなのど本来が持つ防御機能を高めるとともに、物理的な洗浄効果や、さらにうがい薬を使えば殺菌作用によって口腔やのどを清潔にします。その結果「口腔」を介する感染対策の抑制が期待できます。[pro.saraya.com]

  • 尋常性ざ瘡

    健常志願者20名における予知パッチテストでは, ウォッシンゲジェルが皮膚刺激指数7.5, スポッツローションDが17.5, スポッツローションN2.5であった。光パッチテストでは, 光による影響はないものと思われた。[doi.org]

  • 急性膀胱炎

    なお、アミトリプチリン()、インドメタシン( 6)、オキシブチニン( 5)およびモルヒネ( 11)は、使用直前に、5%DMSOおよび%Tween80(ナカライテスク株式会社)を含む生理食塩水に溶解させて使用した。[patents.google.com] 具体的には、粘膜透過性を評価するために、前記(1)の作製方法において、H 未投与( 6)、あるいは前記H (1.5v/v%)投与後3時間、1日目および7日目のマウス(それぞれ 6、4および10)について、カテーテルを用いて、滅菌生理食塩水に溶解させた5%エバンスブルー(ナカライテスク株式会社)0.05mLを膀胱内[patents.google.com] 具体的には、前記実施例(1)の作製方法において、生理食塩水投与後1日目および7日目のマウス(それぞれ 7および1)、あるいはH (1.5v/v%)投与後1日目および7日目のマウス(それぞれ 6および15)について、イソフルラン麻酔下で、カテーテルを用いて、50μLの生理食塩水を膀胱内に注入した。[patents.google.com]

  • 急性呼吸器感染症

    A型インフルエンザウイルスゲノム転写・複製阻害物質の大規模スクリーニングを可能とするvRNA安定発現細胞株の樹立、マンタジン耐性A/H3N2インフルエンザウイルス高頻度発生の確認、耐性株におけるM2・HA遺伝子変異連動による耐性株伝播率向上の可能性など、インフルエンザ対策への足がかりが得られた。[research-er.jp] 【 IV-5-2)-(2) 呼吸器感染ウイルス を参照】 TOPへ戻る (7)鳥インフルエンザ(H7N9)(二類) 病原体 : 鳥インフルエンザウイルス(avian influenza virus、Genus Influenzavirus A H7N9)-オルトミクソウイルス科A型インフルエンザウイルス属、RNA型ウイルス、エンベロープを有[yoshida-pharm.com] する 感染対策 : 標準予防策、接触予防策、飛沫予防策、空気予防策 消毒法 : エンベロープを有するウイルスを対象とする方法 H7N9型の鳥インフルエンザによるヒトの感染例は2013年2月に中国で初めて確認され 255) 、同年4月にかけて相次いで症例が報告されたものの、以降は散発的な発生に落ち着いついていたが、2013年から2014年にかけた[yoshida-pharm.com]

さらなる症状