Create issue ticket

考えれる2,560県の原因 n 2

結果を表示する: Deutsch

  • インフルエンザ

    H3N2ウイルス特異的IgA抗体産生は、CAM併用により、タミフル単独時の10倍近く亢進した。 CAM併用によるIgA抗体産生の亢進は、タミフル使用例だけでなく、リレンザ使用例においても認められた。また、タミフル、リレンザにより血液中のIgG抗体産生も抑制されたが、CAMを併用すると抑制が解除され、抗体産生が促進された。[medical.nikkeibp.co.jp] 今回の研究では、インフルエンザウイルスの代表として季節性インフルエンザウイルスA型2種類〔A/New Caledonia/20/99(H1N1)およびA/Wyoming/3/03 (H3N2) 〕とB型1種類(B/Shanghai/361/02 )および鳥インフルエンザウイルス2種類〔A/Turkey/Ontario/7732/66(H5N9[morinaga.co.jp] 現在、原因になるウイルスには3種類(A/H3N2、A/H1N1、B型)があり、この3種類のウイルスの形や性質が年々少しずつ変わるので、感染の予防が難しい病気です。日本の子どもは脳炎や脳症をおこしやすいので、毎年犠牲者が多く出ています。感染力も強く、子どもが家に持ち込んで、赤ちゃんや高齢者にうつすこともよくあります。[know-vpd.jp]

  • 風邪

    A/Singapore(シンガポール)/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09 A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2) B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統) B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)(引用: 国立感染症研究所 ) 今季[tenki.jp]

  • 尿路疾患

    N13 閉塞性尿路疾患及び逆流性尿路疾患 分類ID 分類表記 ICD10-1 ICD10-2 交換コード 区分 コメント 1 N13.0 尿管腎盂移行部閉塞を伴う水腎症 (2) 2 N13.1 尿管狭窄を伴う水腎症,他に分類されないもの (1) 3 N13.2 腎結石性及び尿管結石性閉塞を伴う水腎症 (2) 4 N13.3 その他及び詳細不明[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 急性胃腸炎

    しかし、DS-1-like遺伝子構成のEquine-like G3ロタウイルス株はVP7がウマロタウイルスに類似し、VP4がP[8]またはP[6]で、DS-1-like遺伝子型構成 (I2-R2-C2-M2-A2-N2-T2-E2-H2)を有しており、従来のヒト型ロタウイルスと遺伝学的に大きく異なっていました。[kobe-u.ac.jp] 下痢便の電解質組成は、 a:5 50、K:35 60、Cl:20 40、HCO3:30 45であ るので、5%グル500ml KCl20mEq メイロン20mlを基本とするが、 血管痛が見られる場合はソリタT3 アスパラK1Aなどを使用する。[nms.co.jp] N Engl J Med 2004; 350:38. ※ドクターズマガジン2014年2月号に掲載するためにご執筆いただいたものです。[medi-gate.jp]

  • インフルエンザB型ウィルス感染

    このA(H1N1)型ウイルスの流行は1957年を境に一旦収束しましたが、それに代わりA(H2N2)型ウイルスが流行しました。A(H2N2)型ウイルスは1968年に流行が収束しましが、近年は「ソ連かぜ」と呼ばれるA(H1N1)型、「香港かぜ」と呼ばれるA(H3N2)型、B型の3種類のウイルスが流行しています。[yoshida-pharm.com] A型インフルエンザも細かく分類され、この中で人間がかかるとわかっているものは、H1N1(ソ連かぜや2009型)、H2N2(アジアかぜ)、H3N2(香港かぜ)の3種類があります。現在流行しているのはH1N1(2009)型やH3N2香港かぜです。またB型も流行することがあります。[pref.tottori.lg.jp] 例えば、鳥インフルエンザには、鳥インフルエンザA亜型(H5N1)およびA亜型(H9N2)のウイルス、また、ブタ・インフルエンザにはブタ・インフルエンザA亜型(H1N1)およびA亜型(H3N2)ウイルスが挙げられます。[forth.go.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    結果および考察 261検体について遺伝子検出を行った結果,5検体(1.9%)から hMPV のF蛋白遺伝子を検出したが,そのうちN蛋白遺伝子も検出できたのは2例のみで,残りの3例は検出できなかった.LLC-MK2細胞およびVeroE6細胞から hMPV は分離されなかった(表2).[eiken.pref.kanagawa.jp] Prim Care Respir J 17(2): 79-89, 2008. 4)Rosenfeld RM, Andes D, Bhattacharyya N, Cheung D, Eisenberg S, Ganiats TG, et al.[hhk.jp] 1.sCD14-ST sCD14-ST(別名:プレセプシン(presepsin))は可溶性CD14の分子種の一つであり、非還元条件下SDS-PAGEにおいて分子量13 kDaに泳動されることを特徴とし、CD14の端部を保持しているものである。[patents.google.com]

  • 急性気管支炎

    日本人妻が扶養費要求か [4月23日 8:39] ハリウッド J・ビーバー年ぶり歌声 音楽祭にサプライズ登場 [4月23日 6:04] ハリウッド プリンスさん2億ドル遺産問題あと10年は未解決?[nikkansports.com] 吉岡里帆「監督はドS」玉森裕太が撮影中に鼻血 [4月16日 20:04] ジャニーズ 戸塚祥太「自分の中に新しい命」舞台で覚醒の予感 [4月15日 14:43] 記事一覧 ハリウッド プリンスさん回顧録出版へ 希少な未公開写真も [ 記事へ ] ハリウッド プリンスさん回顧録出版へ 希少な未公開写真も [4月24日 6:18] ハリウッド ・ケイジ[nikkansports.com]

  • ウイルス性上気道感染症

    A型株 A/シンガポール/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09 A型株 A/シンガポール/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2) B型株 B/プーケット/3073/2013(山形系統) B型株 B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統) インフルエンザワクチン[pro.saraya.com] Cochrane Database Syst Rev. 2005 Jul 20;(3): CD000247. 2 Fahey T, Stocks N, Thomas T. Systematic review of the treatment of upper respiratory tract infection.[igaku-shoin.co.jp] Prim Care Respir J 17(2): 79-89, 2008. 4)Rosenfeld RM, Andes D, Bhattacharyya N, Cheung D, Eisenberg S, Ganiats TG, et al.[hhk.jp]

  • 上気道感染症

    Cochrane Database Syst Rev. 2005 Jul 20;(3): CD000247. 2 Fahey T, Stocks N, Thomas T. Systematic review of the treatment of upper respiratory tract infection.[igaku-shoin.co.jp] Prim Care Respir J 17(2): 79-89, 2008. 4)Rosenfeld RM, Andes D, Bhattacharyya N, Cheung D, Eisenberg S, Ganiats TG, et al.[hhk.jp] 回勉強会 担当:山崎享子 疫学からみたエビデンス 秋本崇之、扇原淳『臨床スポーツ医学11月号(Vol.19 N0.11 2002)』1283-1287 高強度のトレーニングにより上気道感染症にかかりやすくなるという認識の一方で、運動が健康に有益であるということも広く知られている。[waseda.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    J Hum Lact. 2013;29(2):163-170. (PubMed) 32. Wharton B, Bishop N. Rickets. Lancet. 2003;362(9393):1389-1400. (PubMed) 33. Chen TC, Chimeh F, Lu Z, et al.[lpi.oregonstate.edu] Gastroenterology 1978;74:900-2. [ PubMed abstract(英語サイト) ] Gough H, Goggin T, Bissessar A, Baker M, Crowley M, Callaghan N.[ejim.ncgg.go.jp] Ann N Y Acad Sci. 1999;889:107-119. (PubMed) 76. Gandini S, Boniol M, Haukka J, et al.[lpi.oregonstate.edu]

さらなる症状