Create issue ticket

考えれる202県の原因 mycn

結果を表示する: Română

  • 神経芽細胞腫

    解説対象の論文 脳・神経腫瘍 その他の治療法 Oncotarget. 2018 Apr 17;9(29):20323-20338 MYCNMYCN増幅性の神経芽細胞腫においてp53の直接的な協調因子として作用する 原題 MYCN acts as a direct co-regulator of p53 in MYCN amplified[ciworks.m3.com] 現在までに、神経芽腫への関与が考えられる二つの遺伝子、転写因子MYCNと受容体チロシンキナーゼALKが明らかになっています。 MYCNは特に古くから神経芽腫への関わりが研究されており、20-30%の症例で見られるMYCN遺伝子の増幅は、現状では確実な予後不良因子となっています。[med.nagoya-u.ac.jp] 欧米ではMYCN増幅のない乳児期の病期4症例や、MYCN増幅のない年長児の病期3症例が含まれます。 我が国では、MYCN増幅のない乳児期の病期4症例は、術前に3クール、二期的手術後に6クールの化学療法を行い、5年無病生存が80%前後と良好な成績を示しています。 当科は、JNBSGでの中間リスク群の主任研究者を務めています。[f.kpu-m.ac.jp]

  • Shox関連の短い身長

    本疾患は、MYCN 遺伝子の変異によって起こり、常染色体優性形式で遺伝する。最近、FGLDS のような骨格異常があるが MYCN 遺伝子変異のない患者が MIR17HG 遺伝子欠損を持つことが発見された。これらの患者は消化器の閉鎖症以外の FGLDS の症状が見られ、ファインゴールド症候群 2 ...[kegg.jp] 先天奇形 (FGLDS1) MYCN [HSA: 4613 ] [KO: K09109 ] (FGLDS2) MIR17HG [HSA: 407975 ] H00511 短肋骨多指症候群 短肋骨多指症候群 (SRPS) は最も頻繁にみられる常染色体劣性遺伝の骨軟骨異形成で、細胞質ダイニン遺伝子DYNC2H1の変異が原因となる。[kegg.jp]

  • 神経節芽細胞腫

    現在までに、神経芽腫への関与が考えられる二つの遺伝子、転写因子MYCNと受容体チロシンキナーゼALKが明らかになっています。 MYCNは特に古くから神経芽腫への関わりが研究されており、20-30%の症例で見られるMYCN遺伝子の増幅は、現状では確実な予後不良因子となっています。[med.nagoya-u.ac.jp] 中間リスク群 MYCN遺伝子の増幅はないが、腫瘍の50%未満しか取り除くことができなかった病期Ⅱの症例 ・淞黴€患児が18ヶ月未満で、かつMYCN遺伝子の増幅がない、病期Ⅲの症例 MYCN遺伝子の増幅がなく、予後良好な病理学的所見を有する、18ヶ月以上の患児における病期Ⅲの症例 MYCN遺伝子の増幅がない、12ヶ月未満の患児における病期Ⅳの[childrenscancers.org] 欧米ではMYCN増幅のない乳児期の病期4症例や、MYCN増幅のない年長児の病期3症例が含まれます。 我が国では、MYCN増幅のない乳児期の病期4症例は、術前に3クール、二期的手術後に6クールの化学療法を行い、5年無病生存が80%前後と良好な成績を示しています。 当科は、JNBSGでの中間リスク群の主任研究者を務めています。[f.kpu-m.ac.jp]

  • 神経細胞腫

    タイトルは「Selective gene dependencies in MYCN-amplified neuroblastoma include the core transcriptional regulatory circuitry (MYCN増幅型神経芽腫が選択的に増殖に必要な分子のなかには転写調節回路の核になる転写因子がふくまれている[aasj.jp] 現在までに、神経芽腫への関与が考えられる二つの遺伝子、転写因子MYCNと受容体チロシンキナーゼALKが明らかになっています。 MYCNは特に古くから神経芽腫への関わりが研究されており、20-30%の症例で見られるMYCN遺伝子の増幅は、現状では確実な予後不良因子となっています。[med.nagoya-u.ac.jp] 中間リスク群 MYCN遺伝子の増幅はないが、腫瘍の50%未満しか取り除くことができなかった病期Ⅱの症例 ・淞黴€患児が18ヶ月未満で、かつMYCN遺伝子の増幅がない、病期Ⅲの症例 MYCN遺伝子の増幅がなく、予後良好な病理学的所見を有する、18ヶ月以上の患児における病期Ⅲの症例 MYCN遺伝子の増幅がない、12ヶ月未満の患児における病期Ⅳの[childrenscancers.org]

  • パリスターホール症候群

    遺伝性多発性骨軟骨腫 4 FBN1 幸福顔貌骨異形成症I/先端短肢異形成症 4 RSK2 コッフィン・ローリー症候群 4 SMAD4 ミーレ症候群 4 EDA 減汗性外胚葉異形成症 3 EFNB1 頭蓋・前額・鼻症候群 3 GLI3 グレイグ尖頭多合指症候群/ パリスター・ホール症候群 3 B3GALTL ピータース・プラス症候群 2 MYCN[pref.saitama.lg.jp]

  • 多発性骨端異形成症1型

    本疾患は、MYCN 遺伝子の変異によって起こり、常染色体優性形式で遺伝する。最近、FGLDS のような骨格異常があるが MYCN 遺伝子変異のない患者が MIR17HG 遺伝子欠損を持つことが発見された。これらの患者は消化器の閉鎖症以外の FGLDS の症状が見られ、ファインゴールド症候群 2 ...[kegg.jp] 先天奇形 (FGLDS1) MYCN [HSA: 4613 ] [KO: K09109 ] (FGLDS2) MIR17HG [HSA: 407975 ] H00511 短肋骨多指症候群 短肋骨多指症候群 (SRPS) は最も頻繁にみられる常染色体劣性遺伝の骨軟骨異形成で、細胞質ダイニン遺伝子DYNC2H1の変異が原因となる。[kegg.jp]

  • 内臓リーシュマニア症

    とつながろう: ネイチャーの人気コンテンツ がんにおけるヒストン変異の解析 細菌内膜からのリポ多糖の移動 量子プロセッサーの誤り軽減 柔粘性結晶を用いる冷却技術 組織球性新生物におけるMEK阻害 T細胞寛容におけるNR4A1の役割 NR4A欠損T細胞は腫瘍負荷を軽減する ヒストンのセロトニン化 ストレスホルモンが転移を促進する BRCA1はMYCN[natureasia.com]

  • 倍数性

    とつながろう: ネイチャーの人気コンテンツ がんにおけるヒストン変異の解析 細菌内膜からのリポ多糖の移動 量子プロセッサーの誤り軽減 柔粘性結晶を用いる冷却技術 組織球性新生物におけるMEK阻害 T細胞寛容におけるNR4A1の役割 NR4A欠損T細胞は腫瘍負荷を軽減する ヒストンのセロトニン化 ストレスホルモンが転移を促進する BRCA1はMYCN[natureasia.com]

  • 髄芽腫

    とつながろう: ネイチャーの人気コンテンツ がんにおけるヒストン変異の解析 細菌内膜からのリポ多糖の移動 量子プロセッサーの誤り軽減 柔粘性結晶を用いる冷却技術 組織球性新生物におけるMEK阻害 T細胞寛容におけるNR4A1の役割 NR4A欠損T細胞は腫瘍負荷を軽減する ヒストンのセロトニン化 ストレスホルモンが転移を促進する BRCA1はMYCN[natureasia.com] 最近の研究によりヒトグループ3髄芽腫の約17%および5%がそれぞれMYCとMYCN増幅型であるとされ [3] 、遺伝子組換えマウスを用いた研究で MYC や MYCN がグループ3髄芽腫の形成に重要であることが示されている [28] [29] [30] [31] 。[bsd.neuroinf.jp] 主な遺伝子変異は PTCH1 、 SMO 、 SUFU 、 GLI2 あるいは MYCN などで高頻度に観察される [11] [12] 。[bsd.neuroinf.jp]

  • 胸部神経芽細胞腫

    MYCN増幅検査 :腫瘍または骨髄細胞で MYCN の量を調べる基礎研究。 MYCN は細胞の成長に重要です。 MYCN の量が多くなる(遺伝子コピー数が10を超える)ことを MYCN 増幅と呼びます。 MYCN 増幅がみられる神経芽腫は体内で転移を起こしやすく、治療が効く可能性は低くなります。[cancerinfo.tri-kobe.org] 腫瘍に MYCN 増幅がみられるかどうか。 腫瘍の ALK 遺伝子に特定の変化があるかどうか。 この腫瘍は、これらの要因を基準にして、生物学的に予後良好型と予後不良型に分類されます。予後良好型と判定されるということは、回復の可能性がより高いということを意味します。[cancerinfo.tri-kobe.org]

さらなる症状