Create issue ticket

考えれる69県の原因 musk

結果を表示する: English

  • 先天性筋無力症候群

    臨床補助診断としては、重症筋無力症において認められる抗体(抗アセチルコリン受容体抗体・抗MuSK抗体・抗LRP4抗体)が陰性であることに加えて、反復神経刺激による異常な複合筋活動電位の減衰が必要条件である。 重症度分類 機能的評価:Barthel Index 85点以下を対象とする。[nanbyou.or.jp] しかしながら,抗MuSK抗体は,抗AChR抗体を有する患者と孤立性の眼筋型筋無力症の患者ではほとんどみられない。[msdmanuals.com] MuSKの機能が神経筋接合部の後シナプス部位の形成に不可欠であることを考えると、この研究成果は、運動神経由来のAgrinと筋内在のDok-7によるMuSKの強い活性化がNMJの形成に必須であることを意味している。[tmd.ac.jp]

  • 胸腺摘除術

    Musk抗体 AchoR抗体陰性の症例で、筋特異的チロシンキナーゼに対する自己抗体である「抗Musk抗体」陽性の症例。抗Musk抗体陽性のMGの特徴は20〜60歳の女性に好発し、眼症状、球症状、顔面筋脱力が著明でクリーゼになりやすい。コリンエステラーゼ阻害薬は無効なことがあり、胸腺摘除術の効果も少ないと言われている。[ja.wikipedia.org] こうした、自分の体内で自分の身体に対して作られてしまう自己抗体は、重症筋無力症のなかでは抗アセチルコリン受容体抗体が最も多く全体の85%程度、次に筋特異的受容体型チロシンキナーゼ(MuSK)でこれが全体の数%と考えられています。残りの数%はどちらも陰性です。なぜこれらの抗体が体内で作られてしまうのかは今も良くわかっていません。[byouin.metro.tokyo.jp] 自己抗体の標的として最も頻度の高いのがアセチルコリン受容体で全体の85%程度、次に筋 特異的 受容体型チロシンキナーゼ(MuSK)で全体の数%と考えられています。残りの数%(全体の10%未満)の患者では、どちらも陽性になりません。自己免疫疾患としての標的分子が約90%の患者で明らかになったことになります。[nanbyou.or.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    これまで,MuSK抗体測定の御依頼,ありがとうございました。 平成25年11月1日から,SRLなどの民間の検査会社で保険点数1000点で行えるようになりました。 今後は,そちらをご活用戴けますと幸いです。 今後は,AChR抗体陰性MuSK抗体陰性の場合にLrp4抗体などの新たな自己抗体を当研究室では測定して行きます。[med.nagasaki-u.ac.jp] 診断のための検査として,眼瞼の易疲労性試験,アイスパック試験,エドロホニウム試験,反復刺激誘発筋電図検査,単線維筋電図検査,血清抗アセチルコリン受容体(acetylcho-line receptor:AChR)抗体・抗筋特異的 チロシン キナーゼ(muscle-specific tyrosine kinase:MuSK)抗体の測定がある.[primary-care.sysmex.co.jp] 1)アセチルコリン受容体(AChR)抗体 2)筋特異的受容体型チロシンキナーゼ(MuSK)抗体 3.生理学的所見 以下の検査のいずれかにより神経筋接合部障害を示す生理学的所見があること。[nanbyou.or.jp]

  • 眼咽頭型筋ジストロフィー

    ALG14, ALG2, BIN1, CCDC78, CFL2, CHAT, CHRNA1, CHRNB1, CHRND, CHRNE, CHRNG, CNTN1, COLQ, DHPR, DNM2, DOK7, DPAGT1, GFPT1, HSPG2, KBTBD13, KLHL40, LAMB2, LRP4, MEGF10, MTM1, MUSK[ncnp.go.jp]

  • 神経循環無力症

    病院として病原性が認められている抗体には、「アセチルコリン受容体抗体(AchR抗体)」と「筋特異的受容体型チロシンキナーゼ抗体(MuSK抗体)」があります。そのほかにも色々な抗体の存在が研究されています。 重症筋無力症は遺伝するのか? 重症筋無力症は自己免疫性疾患であり、遺伝しません。[medicalnote.jp] 状態) 嚥下・咀嚼障害(飲みこむことや噛むことがうまくできない状態) 頸部・四肢筋力低下 呼吸障害 加えて、これらの症状が筋の連続使用で増強すること(易疲労性)や日内変動(一日のなかで時間とともに変動すること)があるかどうか b) 自己抗体の検査では「アセチルコリン受容体抗体(AchR抗体)」または「筋特異的受容体型チロシンキナーゼ抗体(MuSK[medicalnote.jp]

  • 脱髄疾患

    患者さんの血中から抗アセチルコリン受容体(抗AChR)抗体、あるいは抗筋特異的受容体型チロシンキナーゼ(抗MuSK)抗体が検出されます。治療は胸腺腫があれば外科的に摘出します。抗コリンエステラーゼ剤や副腎皮質ホルモン(プレドニン)の投与、血漿交換、免疫グロブリン療法などを行います。[takamatsu-municipal-hospital.jp]

  • 眼筋障害

    自己抗体の標的として最も頻度の高いのがアセチルコリン受容体で全体の85%程度、次に筋 特異的 受容体型チロシンキナーゼ(MuSK)で全体の数%と考えられています。残りの数%(全体の10%未満)の患者では、どちらも陽性になりません。自己免疫疾患としての標的分子が約90%の患者で明らかになったことになります。[nanbyou.or.jp] この病気はどういう経過をたどるのですか 特異的な病気のマーカーである自己抗体(アセチルコリン受容体抗体、MuSK抗体)の測定が多くの施設で可能になり(検査会社に委託)、早期診断・早期治療が行われるようになったため 予後 は比較的良好です。約半数の患者は、発症後に日常生活や仕事の上で支障のない生活を送ることができます。[nanbyou.or.jp]

  • 先天性筋ジストロフィー 1C型

    ALG14, ALG2, BIN1, CCDC78, CFL2, CHAT, CHRNA1, CHRNB1, CHRND, CHRNE, CHRNG, CNTN1, COLQ, DHPR, DNM2, DOK7, DPAGT1, GFPT1, HSPG2, KBTBD13, KLHL40, LAMB2, LRP4, MEGF10, MTM1, MUSK[ncnp.go.jp]

  • 脊髄の脱髄

    患者さんの血中から抗アセチルコリン受容体(抗AChR)抗体、あるいは抗筋特異的受容体型チロシンキナーゼ(抗MuSK)抗体が検出されます。治療は胸腺腫があれば外科的に摘出します。抗コリンエステラーゼ剤や副腎皮質ホルモン(プレドニン)の投与、血漿交換、免疫グロブリン療法などを行います。[takamatsu-municipal-hospital.jp]

  • 横断性脊髄炎

    患者さんの血中から抗アセチルコリン受容体(抗AChR)抗体、あるいは抗筋特異的受容体型チロシンキナーゼ(抗MuSK)抗体が検出されます。治療は胸腺腫があれば外科的に摘出します。抗コリンエステラーゼ剤や副腎皮質ホルモン(プレドニン)の投与、血漿交換、免疫グロブリン療法などを行います。[takamatsu-municipal-hospital.jp] パーキンソン症候群/パーキンソン病治療薬開発の歴史-2つの偶然/パーキンソン病のリハビリテーション/ジル ド ラ トゥレット病/口舌ジスキネジア/胸椎黄色靱帯骨化症/急性の“ふらつき”では急性ウイルス性小脳炎を,癌治療中には抗癌剤の副作用を考える/低カリウム性筋症/まれではあるが,あれこれの対麻痺について/視神経脊髄炎の問題/フィッシャー症候群/抗MuSK[igaku-shoin.co.jp]

さらなる症状