Create issue ticket

考えれる11県の原因 mpz

結果を表示する: English

  • ニューロパチー

    20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2CMT2はCMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2はCMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org]

  • 尺骨神経絞扼

    20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2はCMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org]

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    MPZ、PMP22、Cx32及びP2は、シュワン細胞のための好ましいミスフォールドタンパク質である。PLP、MBP、MAGは、オリゴデンドロサイトのための好ましいミスフォールドタンパク質である。 0137 ある特定の実施形態において、脱髄障害は、シャルコー・マリー・トゥース(C MT )病からなる群から選択される。[astamuse.com] 、CC1、 ミエリン塩基性タンパク質 (MBP)、 セラミド ガラクトシルトランスフェラーゼ ( CG T)、 ミエリン 関連 糖タンパク質 (MAG)、ミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク質(MOG)、オリゴデンドロサイトミエリン糖タンパク質(OMG)、 環状ヌクレオチド ・ ホスホジエステラーゼ (CNP)、ミエリンタンパク質ゼロ(MPZ[astamuse.com]

  • 幼児の神経軸索ジストロフィー 

    20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2はCMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org]

  • 後天性アミロイド筋症

    20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2はCMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2CMT2はCMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org]

  • 有毒性多発神経障害

    20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2はCMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性進行性多発性神経障害

    20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2はCMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org]

  • 典型的な常染色体優性視神経萎縮症

    20%ほどがCMT1BでありMPZなどの遺伝子変異でおこる。 CMT2 CMT2はCMT1より遅い時期に発症することが多い。しかし臨床的にはCMT1と区別するのは困難であり末梢神経伝導速度検査で区別する。 CMT3 乳児期または幼児期に発症する。原因がCMT1の原因でもあるPMP22、MPZ、ERG2の点変異である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状