Create issue ticket

考えれる2県の原因 mg sup 2 sup

  • トポテカン

    卵巣癌の治療成績向上のためには,新規抗癌剤や分子標的薬の開発が急務であり,新たな臨床試験の立案や積極的な参加が必要である.プラチナ抵抗性再発卵巣癌を対象とした多施設共同研究としてはJGOG3018(第III相;リポソーム化ドキソルビシン50mg/m sup 2 /sup vs 40mg/m sup 2 /sup )やJCOG0503(第II[jsog-k.jp]

  • 膵臓がん

    に投与) ゲムシタビン・ナブパクリタキセル静脈内投与(以下、G-nP治療;4週間を1サイクルとして1、8、15日目に1,000 mg/m sup{2} ゲムシタビン 125 mg/m sup{2} ナブパクリタキセルを繰り返し投与) ・最大1年間の継続投与 【安全性】 ・1x10 sup{7} TCID 50 /mLまでの容量範囲で、用量制限毒性[ir.takara-bio.co.jp] C-REV用量の検討を目的とした安全性および有効性評価 【被験者背景】 6例(日本人切除不能進行膵がん患者)が登録・投与され、そのうち2例がステージIII、4例がステージIVであった 【用法用量】 ・C-REV腫瘍内投与(1x10 sup{6} もしくは1x10 sup{7} TCID 50 /mL (注4) を最大2mL超音波内視鏡ガイド下で2週毎[ir.takara-bio.co.jp]

さらなる症状