Create issue ticket

考えれる38県の原因 mage 2

  • 出生前バーター症候群

    羊水過多および一過性の出生前バーター症候群の発症に、変異遺伝子 MAGED2 が関連していることが明らかにされた。 MAGED2 は、悪性黒色腫関連抗原D2MAGE-D2)をコードし、X染色体に位置していた。[carenet.com] MAGED2 変異が,早産を伴う X 連鎖性羊水過多と,重症であるが一過性の出生前バーター症候群を引き起こすことを示した.MAGE-D2 は,胎児の腎臓での塩類再吸収,羊水の恒常性,妊娠の維持に重要である.(フローニンゲン大学ほかから研究助成を受けた.)[nejm.jp] 結果を踏まえて著者は、「MAGE-D2は胎児の腎臓での塩類再吸収、羊水の恒常性、妊娠の維持に重要であることが判明した」とまとめている。[carenet.com]

  • アンドロブラストーマ

    MAGEおよびMAGE A3、もしくは ・MAGEおよびMUC1、もしくは ・MAGEおよびHer /neu、もしくは ・MAGEおよびNY ESO 1、もしくは ・MAGEおよびCEA、もしくは ・MAGEおよびSurvivin、もしくは ・MAGEおよびMAGE C1、もしくは ・MAGE[biosciencedbc.jp] ・WT1,MAGEおよびCEA、もしくは ・WT1,MAGEおよびSurvivin、もしくは ・WT1,MAGEおよびMAGE C1、もしくは ・WT1,MAGEおよびMAGE、もしくは ・MAGE,5T4およびMAGE A3、もしくは ・MAGE,5T4およびMUC1、もしくは ・MAGE[biosciencedbc.jp] MAGE A3およびMAGE C1、もしくは ・WT1,MAGE,5T4,MAGE A3およびMAGE、もしくは ・MAGE,5T4,MAGE A3,MUC1およびHer /neu、もしくは ・MAGE,5T4,MAGE A3,MUC1およびNY ESO 1、もしくは ・MAGE,5T4,MAGE A3,MUC1[biosciencedbc.jp]

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    カリクレイン 4、Ki67、KIAA005、KIAA005/m、KK LC 1、K Ras/m、LAGE A1、LDLR FUT、MAGE A1、MAGEMAGE A3、MAGE A4、MAGE A6、MAGE A9、MAGE A10、MAGE A1MAGE B1、MAGEMAGE B3、MAGE B4、MAGE B5[biosciencedbc.jp] LTC4S、LYL1、XCL1、LYZ、M344、MA50、MAA、MADH4、MAFD、MAFD1、MAGEMAGE A1、MAGE A10、MAGE A1MAGEMAGE A3、MAGE A4、MAGE A6、MAGE A9、MAGEB1、MAGE B10、MAGE B16、MAGE B17、MAGEMAGE B3[biosciencedbc.jp] MAGE B6、MAGE B10、MAGE B16、MAGE B17、MAGE C1、MAGEMAGE C3、MAGE D1、MAGEMAGE D4、MAGE E1、MAGEMAGE F1、MAGE H1、MAGEL、乳グロビンA、MART 1/メランA、MART 2、MART 2/m、基質タンパク質22、MC1R[biosciencedbc.jp]

  • バーター病

    羊水過多および一過性の出生前バーター症候群の発症に、変異遺伝子 MAGED2 が関連していることが明らかにされた。 MAGED2 は、悪性黒色腫関連抗原D2MAGE-D2)をコードし、X染色体に位置していた。[carenet.com] 結果を踏まえて著者は、「MAGE-D2は胎児の腎臓での塩類再吸収、羊水の恒常性、妊娠の維持に重要であることが判明した」とまとめている。[carenet.com] 全例で MAGED2 変異を同定 一過性の出生前バーター症候群がみられた新生児13例について、解析の結果、全例で MAGED2 変異が同定された。 MAGED2 は、悪性黒色腫関連抗原D2MAGE-D2)をコードし、X染色体に位置していた。 また、特発性羊水過多を呈した2つの家系で、異なる2つの MAGED2 変異を同定した。[carenet.com]

  • ベツレムミオパチー

    カリクレイン 4、Ki67、KIAA005、KIAA005/m、KK LC 1、K Ras/m、LAGE A1、LDLR FUT、MAGE A1、MAGEMAGE A3、MAGE A4、MAGE A6、MAGE A9、MAGE A10、MAGE A1MAGE B1、MAGEMAGE B3、MAGE B4、MAGE B5[biosciencedbc.jp] LTC4S、LYL1、XCL1、LYZ、M344、MA50、MAA、MADH4、MAFD、MAFD1、MAGEMAGE A1、MAGE A10、MAGE A1MAGEMAGE A3、MAGE A4、MAGE A6、MAGE A9、MAGEB1、MAGE B10、MAGE B16、MAGE B17、MAGEMAGE B3[biosciencedbc.jp] MAGE B6、MAGE B10、MAGE B16、MAGE B17、MAGE C1、MAGEMAGE C3、MAGE D1、MAGEMAGE D4、MAGE E1、MAGEMAGE F1、MAGE H1、MAGEL、乳グロビンA、MART 1/メランA、MART 2、MART 2/m、基質タンパク質22、MC1R[biosciencedbc.jp]

  • Weissenbacher-Zweymuller症候群

    カリクレイン 4、Ki67、KIAA005、KIAA005/m、KK LC 1、K Ras/m、LAGE A1、LDLR FUT、MAGE A1、MAGEMAGE A3、MAGE A4、MAGE A6、MAGE A9、MAGE A10、MAGE A1MAGE B1、MAGEMAGE B3、MAGE B4、MAGE B5[biosciencedbc.jp] LTC4S、LYL1、XCL1、LYZ、M344、MA50、MAA、MADH4、MAFD、MAFD1、MAGEMAGE A1、MAGE A10、MAGE A1MAGEMAGE A3、MAGE A4、MAGE A6、MAGE A9、MAGEB1、MAGE B10、MAGE B16、MAGE B17、MAGEMAGE B3[biosciencedbc.jp] MAGE B6、MAGE B10、MAGE B16、MAGE B17、MAGE C1、MAGEMAGE C3、MAGE D1、MAGEMAGE D4、MAGE E1、MAGEMAGE F1、MAGE H1、MAGEL、乳グロビンA、MART 1/メランA、MART 2、MART 2/m、基質タンパク質22、MC1R[biosciencedbc.jp]

  • 胸部異形成症を窒息させる

    /m、ETV6/AML、TEL/Aml1、Dekcain、LDLR/FUT、Pml RARα、TEL/AMLI;精巣癌(CT)抗原、特にNY ESO I、MAGE系統の一部(MAGE A1、MAGEMAGE A3、MAGE A4、MAGE A6、MAGE 10、MAGE)、BAGE、DAM 6、DAM 10、GAGE系統の一部[biosciencedbc.jp] しているT細胞の認識する癌関連抗原、特に、サイクリン依存型キナーゼ4(CDK4)、p15Ink4b、p53、AFP、β カテニン、カスパーゼ8、p53、p21Ras突然変異株、Bcr abl融合生成物、MUM I、MUM 2、MUM 3、ELF2M、HSP70 2M、HST 2、KIAA0205、RAGE、ミオシン/m、707 AP、CDC[biosciencedbc.jp] する抗体又は結合断片を使用でき、特にサイクリン依存性キナーゼ4(CDK4)、p15Ink4b、p53、AFP、β カテニン、カスパーゼ8、p53、p21Ras突然変異体、Bcr abl融合生成物、MUM I、MUM 2、MUM 3、ELF2M、HSP70 2M、HST 2、KIAA0205、RAGE、myosin/m、707 AP、CDC[biosciencedbc.jp]

  • ヘルマンスキー・パドラック症候群 7型

    MAGE-B17, MAGE-BMAGE-B3, MAGE-B4, MAGE-B5, MAGE-B6, MAGE-C1, MAGE-CMAGE-C3, MAGE-D1, MAGE-DMAGE-D4, MAGE-E1, MAGE-EMAGE-F1,MAGE-H1, MAGEL, MGB1, MGB2, MAN2A1,[ekouhou.net] LTC4S, LYL1, XCL1, LYZ, M344, MA50, MAA, MADH4, MAFD, MAFD1, MAGEMAGE-A1, MAGE-A10, MAGE-A1MAGE-AMAGE-A3, MAGE-A4, MAGE-A6, MAGE-A9, MAGEB1, MAGE-B10, MAGE-B16,[ekouhou.net] 、HAST-、hTERT(またはhTRT)、iCE、IGF-1R、IL-R、IL-5、KIAA005、LAGE、LDLR/FUT、MAGE、MART-1/melan-A、MART-/Ski、MC1R、ミオシン/m、MUC1、MUM-1、-2、-3、NA88-A、PAP、プロテイナーゼ-3、p190 minor bcr-abl、Pml[ekouhou.net]

  • グレーベ症候群

    カリクレイン 4、Ki67、KIAA005、KIAA005/m、KK LC 1、K Ras/m、LAGE A1、LDLR FUT、MAGE A1、MAGEMAGE A3、MAGE A4、MAGE A6、MAGE A9、MAGE A10、MAGE A1MAGE B1、MAGEMAGE B3、MAGE B4、MAGE B5[biosciencedbc.jp] LTC4S、LYL1、XCL1、LYZ、M344、MA50、MAA、MADH4、MAFD、MAFD1、MAGEMAGE A1、MAGE A10、MAGE A1MAGEMAGE A3、MAGE A4、MAGE A6、MAGE A9、MAGEB1、MAGE B10、MAGE B16、MAGE B17、MAGEMAGE B3[biosciencedbc.jp] MAGE B6、MAGE B10、MAGE B16、MAGE B17、MAGE C1、MAGEMAGE C3、MAGE D1、MAGEMAGE D4、MAGE E1、MAGEMAGE F1、MAGE H1、MAGEL、乳グロビンA、MART 1/メランA、MART 2、MART 2/m、基質タンパク質22、MC1R[biosciencedbc.jp]

  • ミオアデニル酸デアミナーゼ欠乏症

    MAGE B17, MAGEMAGE B3, MAGE B4, MAGE B5, MAGE B6, MAGE C1, MAGEMAGE C3, MAGE D1, MAGEMAGE D4, MAGE E1, MAGEMAGE F1,MAGE H1, MAGEL, MGB1, MGB2, MAN2A1,[patentswamp.jp] LTC4S, LYL1, XCL1, LYZ, M344, MA50, MAA, MADH4, MAFD, MAFD1, MAGEMAGE A1, MAGE A10, MAGE A1MAGEMAGE A3, MAGE A4, MAGE A6, MAGE A9, MAGEB1, MAGE B10, MAGE B16,[patentswamp.jp] 、HAST 、hTERT(またはhTRT)、iCE、IGF 1R、IL R、IL 5、KIAA005、LAGE、LDLR/FUT、MAGE、MART 1/melan A、MART /Ski、MC1R、ミオシン/m、MUC1、MUM 1、 2、 3、NA88 A、PAP、プロテイナーゼ 3、p190 minor bcr abl、Pml[patentswamp.jp]

さらなる症状