Create issue ticket

考えれる7,663県の原因 m2

  • 急性胃腸炎

    しかし、DS-1-like遺伝子構成のEquine-like G3ロタウイルス株はVP7がウマロタウイルスに類似し、VP4がP[8]またはP[6]で、DS-1-like遺伝子型構成 (I2-R2-C2-M2-A2-N2-T2-E2-H2)を有しており、従来のヒト型ロタウイルスと遺伝学的に大きく異なっていました。[kobe-u.ac.jp] 実際、感染者の排泄物・吐瀉物からはウイルスが飛散しており、周囲1 2mに舞う。 2.ロタウイルス 乳幼児が感染することが多く、保育園・幼稚園での集団感染が問題になることもある。主な感染経路は、糞口感染になる。「感染者がトイレのあとにきちんと手を洗わずドアノブを触り、別の誰かが同じドアノブを触った手で口に触れる」といった経路で感染する。[fdoc.jp] (吐物中心に半径2M) ②拭き取り後、250倍(水500m塩素系漂白剤(ハイター等)2ml)に薄めた塩素系 漂白剤で浸すように床を拭き取り、その後、水拭きしましょう。 ③全てをビニール袋に入れ、口をしばって捨てる。[hanshink-kodomoqq.jp]

  • 虫刺症

    20 クラゲ毒 T636 HA7F 21 ヒトデ毒 T636 BFKE 22 甲殻動物毒 T636 HLRD 23 顔面昆虫螫 T639 VDCN 24 胸部昆虫螫 T639 QUV1 25 頚部虫刺症 T639 R2QB 26 前額部虫刺症 T639 M1TA[dis.h.u-tokyo.ac.jp] ハブ咬傷 T630 HR0D 2 ヘビ毒 T630 E6HE 3 ヘビ咬傷 T630 F8SR 4 マムシ咬傷 T630 RC2A 5 海ヘビ毒 T630 UNRD 6 トカゲ毒 T631 SME8 7 サソリ毒 T632 BKRH 8 クモ毒 T633 P2P3 9 チャドクガ皮膚炎 T634 G88E 10 ムカデ咬創 T634 K8P2[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 11 昆虫毒 T634 GULC 12 刺虫アレルギー T634 REMP 13 刺虫症 T634 D64M 14 四肢虫刺症 T634 AUEL 15 節足動物毒 T634 B953 16 体幹虫刺症 T634 S6CK 17 虫刺性皮膚炎 T634 GJVN 18 蜂刺症 T634 SHRM 19 イソギンチャク毒 T636 BJJJ[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    .,,1084,1974)に従い、1mgのペルオキシダーゼ(東洋紡)を蒸留水に溶解し、蒸留水で溶解した100の過ヨウ素酸を添加し5 で15分間反応した。反応終了後1.5%エチレングリコールを添加し5 で0分間反応後1酢酸緩衝液(pH4.4)に対して透析した。[patents.google.com] ., Fouchier R.A.M. et al.[eiken.pref.kanagawa.jp] 回収した未吸着画分を濃縮し、含まれているF(ab’)とFabを分離する為、ゲル濾過(Superdex75、GEヘルスケア)により精製した。得られたF(ab’)を濃縮後、10炭酸緩衝液(pH9.5)で透析した。[patents.google.com]

  • インフルエンザ

    体長が250cmもあるんだから、もちろんそんなことはムリで単なる憧れに終わったのですが、その憧れの鳥を間近に見ることができる場所がある。ダチョウの研究は世界的にもあまり進められていなかったので、うまくいけばダチョウの行動観察で論文も書けるかもしれない。そんなふうに思うと、いても立ってもいられない。[s-park.wao.ne.jp]

  • レンサ球菌感染

    直径2μm以下の球状または楕円状のグラム陽性 球菌 で,通性嫌気性であるが,嫌気性の強いものもある。中等大の球菌がじゅず状に長い連鎖を形成するのでこの名がある。 20以上の菌種が知られ,自然界では水や牛乳などに存在し,健常人の口腔,気管,腸管,腟などからも検出される。[kotobank.jp] また、くしゃみや咳の飛沫は前方へ2m程度飛ぶといわれています。例えば映画館などで咳をしている人がいた場合、その人の前の席を選ぶことはやめておきましょう。もちろん2m以上離れた席を選ぶことも忘れずに。 変異を続けるインフルエンザウイルスの脅威 パンデミックとして一番有名なのが、1918 19年に世界中で流行したスペイン風邪です。[healthcare.omron.co.jp] 今回の3症例より検出された菌はいずれもA群溶血性レンサ球菌( Streptococcus pyogenes )T22 型、 発赤毒素 speB C であり、 症例1およびM22型、 症例3はM型別不能であった。[idsc.nih.go.jp]

  • 日焼け

    富士山で説明をしていますが、 標高が1,000m程度で既に地上の10%も紫外線が強くなります 。これが2,000mだと20%、3,000mだと30%もアップ。さらに、雪が残っているような場所だと照り返しでもっと紫外線が強くなります。山は、日焼け要因の宝庫なんです! めんどくさがらずに対策を![yamahack.com] Garland, CF; Garland, FC; Gorham, ED; Lipkin, M; Newmark, H; Mohr, SB; Holick, MF (2006). “The role of vitamin D in cancer prevention” .[ja.wikipedia.org] American journal of public health 96 (2): 252–61. doi : 10.2105/AJPH.2004.045260 . PMC : 1470481 . PMID 16380576 . “Vitamin D 'can lower cancer risk'” .[ja.wikipedia.org]

  • 耳管開放症

    錠剤(100mg)1錠中の組成 リマプロスト アルファデクス 0.167 g(式(I)で示される化合物として5μg)デキストラン40 1.167 gデキストリン 8.67 g乳糖 84.3 gトウモロコシデンプン 5.0 g軽質無水ケイ酸 0.gステアリン酸 0.50 mg計 100 mg リマプロスト類は、耳管開放症の予防[biosciencedbc.jp] デキストリンを26g、乳糖を252.9g、トウモロコシデンプンを15g、軽質無水ケイ酸を0.6g、およびステアリン酸を1.5g混合し、ロータリー式打錠機を用いて、打錠圧800kg/cm2で打錠および60 、0.1キロパスカル以下、2時間の条件にて乾燥することにより1錠(100mg、6.5mmφ)当り上記式(I)で示される化合物を5μg含有する錠剤000[biosciencedbc.jp]

  • 認知症

    (注2)Uchiyama M, Mayer G, Meier-Ewert K: Effect of Vitamin B12 on circadian body temperature. Jpn. J. Pshchiat. Neurol. 48, 504-505, 1994.[mext.go.jp] J Am Geriatr Soc 50 (10): 1751–2. PMID 12366640 .[ja.wikipedia.org] (注11)内山真、尾崎茂、白川修一郎、概日リズム睡眠障害.神経精神薬理 18(2)、79-87、1996. (注12)大川匡子:リズム障害と睡眠異常.Medical Science Digest 32(2)、21-25、2006.[mext.go.jp]

  • 骨粗鬆症

    2)Howard GM, Nguyen TV, Harris M, Kelly PJ, Eisman JA.[riken.jp] 30〜45分 3回/週 15ヵ月 143) II さまざまなジャンプからなる サーキットトレーニング 10分 3回/週 7ヵ月 144) II ジャンピング 25回 45cm 高さの台 5回/週 12週 145) II 縄跳び 10分 3回/週 7ヵ月 146) II サーキット式ジャンピング 高強度 10分 3回/週 20ヵ月(学年で2[minds.jcqhc.or.jp] ) 147) II 縄跳び(50回), 台からのジャンプ(40cm高さ,30回), 腕立て伏せでの移動(3.5m) 3回/週 9ヵ月 148) II ハンドボール 1年以上 (3.9 0.4) 149) III 陸上競技 5年 脱 150) III ジョギング,テニス,フットボール, ラグビー,バスケットボール 1時間以上/日 151) IV[minds.jcqhc.or.jp]

  • 内分泌機能不全

    American Journal of Medical Sciences 290(2):77–88, 1985; Dittmar M, Kahaly GJ: Polyglandular autoimmune syndromes: immunogenetics and long-term follow-up.[msdmanuals.com] 【研究目的】 臨床遺伝子診断・臨床像解析(遺伝子型-表現型相関解析など)、新規責任遺伝子の探索 【解析方法】 次世代シークエンサーを用いた既知責任遺伝子( AR、SRD5A2、NR5A1、MAMLD1 など)の網羅的解析 必要に応じてエクソーム解析 【連絡先】 深見 真紀 fukami-m (a) ncchd.go.jp (aをアットマーク[nrichd.ncchd.go.jp] American Journal of Medicine 77(1):107–116, 1984; Leshin M: Polyglandular autoimmune syndromes.[msdmanuals.com]

さらなる症状