Create issue ticket

考えれる9,123県の原因 m

結果を表示する: Română

  • 急性胃腸炎

    は、同日昼過ぎ、Aを再びY病院小児科に連れて行き、M医師の診察を受けた。M医師は、Aの発熱は急性胃腸炎を伴う急性咽頭炎によるものと診断して薬剤の処方をし、Xらに様子を見るよう指示したが、Xらは納得しなかったため、H医師に応援を依頼した。[medsafe.net] そんな中、スタッフMが「病院行ったら、胃腸炎でした・・・」と。 「私も今、発症したみたいだよ」と心の中でつぶやきつつ「了解。ゆっくり休め!」と自分も吐き気に襲われながら返信。 ピーク時は水さえも受け付けず、水分取ると嘔吐。[room-next.com] 排泄物・吐瀉物の周囲1 2mには大量のウイルスが飛散していると考える必要がある。床・流し台に吐いてしまった場合などは、手早く処理する必要がある。 重要なのは、「ノロウイルス・ロタウイルスなどに対して、アルコール消毒は効果がない」という事実である。[fdoc.jp]

  • 上気道感染症

    2011年01月01日発行 内科 部長 山本 和利 M-eye No.12 急性上気道炎、インフルエンザ 気温が冷え込み、空気が乾燥する冬は”風邪“と”インフルエンザ”の季節となります。 感染に備えて正しい知識と予防の習慣を身につけましょう。 【急性上気道炎】 いわゆる「風邪症候群」とは、急性上気道炎を指します。[ccmc.seikei-kai.or.jp] ,Hadam M.et al.:Measles virus infection causes transient depletion of activated T cells peripheral circulation.[www2.nms.ac.jp]

  • 虫刺症

    T630 RC2A 5 海ヘビ毒 T630 UNRD 6 トカゲ毒 T631 SME8 7 サソリ毒 T632 BKRH 8 クモ毒 T633 P2P3 9 チャドクガ皮膚炎 T634 G88E 10 ムカデ咬創 T634 K8P2 11 昆虫毒 T634 GULC 12 刺虫アレルギー T634 REMP 13 刺虫症 T634 D64M[dis.h.u-tokyo.ac.jp] ., Z Allg Med 70: 843-846, 1994 6) Jensenius M, et al ., Trans R Soc Trop Med Hyg 99(9): 708-711, 2005 聖路加国際病院 中野敏明 衛藤 光 同内科感染症科 横田恭子 古川恵一 国立感染症研究所ウイルス第一部 安藤秀二 坂田明子 今月の表紙へ[idsc.nih.go.jp] GJVN 18 蜂刺症 T634 SHRM 19 イソギンチャク毒 T636 BJJJ 20 クラゲ毒 T636 HA7F 21 ヒトデ毒 T636 BFKE 22 甲殻動物毒 T636 HLRD 23 顔面昆虫螫 T639 VDCN 24 胸部昆虫螫 T639 QUV1 25 頚部虫刺症 T639 R2QB 26 前額部虫刺症 T639 M1TA[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • レンサ球菌感染

    A群溶血性レンサ球菌のほとんどは細胞表層に蛋白抗原としてM蛋白とT蛋白を有しており、これらの抗原性により、さらに型別分類されます。M蛋白には100以上の血清型が、T蛋白には約50の血清型が知られています。[kansensho.jp] ・レンサ球菌細胞壁の蛋白と心臓組織とに共通抗原があるため、自己免疫的に心筋、心内膜、心臓 弁などの組織障害が起きるものと考えられている。 T型別 感染症発生動向調査病原体定点及び菌株収集事業による県内10医療機関等から収集されたA群溶血性レンサ球菌のT型別(平成16年1月から平成21年12月)は下表のとおりである。[kansen.pref.saga.jp] 執筆者: Larry M. Bush, MD, Affiliate Professor of Clinical Biomedical Sciences, Charles E.[msdmanuals.com]

  • インフルエンザ

    ・参照;3M TM Fit Test Apparatus FT-10, FT-20 and FT-30-- Introduction フィットテストの手技は前述の米国労働安全衛生局が定めている。ここでは定性的なフィットテストの要点を示す(写真2)。[medical.nikkeibp.co.jp] お茶、ジュース、スープなど何でも結構です 周囲の人へうつさないように配慮することも忘れずに 【 咳エチケット】 咳・くしゃみの際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から1m以上離れましょう。 使用後のティッシュはフタ付きゴミ箱に捨て、手を洗いましょう。 マスクを着用し、感染拡大の防止に努めましょう。[pref.kyoto.jp] マスクがない時は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。 鼻汁・痰などを含んだティッシュは、すぐにゴミ箱に捨てましょう。 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。[pref.ehime.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    得られたF(ab’)2を濃縮後、10炭酸緩衝液(pH9.5)で透析した。 次に、中根らの方法(J.Histochem.Cytochem.,22,1084,1974)に従い、1mgのペルオキシダーゼ(東洋紡)を蒸留水に溶解し、蒸留水で溶解した100の過ヨウ素酸を添加し25 で15分間反応した。[patents.google.com] (1)Morimoto K, Suzuki M, Ishifuji T, Yaegashi M, Asoh N, Hamashige N, et al.[tm.nagasaki-u.ac.jp] ., Fouchier R.A.M. et al.[eiken.pref.kanagawa.jp]

  • 尿路感染症

    (注1)Stamey法:尿と前立腺マッサージによる分泌物の検査 WBC 10個/HPF、細菌数 103/l(グラム陽性菌、104/ml) 尿路結核 結核菌による慢性肉芽腫性の特異性感染症の結核は、1970年代後半から著しく減少、最近は横這い傾向である。[home.hiroshima-u.ac.jp] まずは膿尿,細菌尿の定義(表1)を見直すところから始めたい.尿1m 3 中に白血球が10個以上認められる状態が膿尿である.膿尿がない場合は,発熱の原因が尿路以外にあると考えてもよい(ただし尿管が完全に閉塞している場合を除く).細菌尿は尿の定量培養で得られたコロニー数(colony-forming units:cfu)で定義される.ただし,この[igaku-shoin.co.jp]

  • 咽頭炎

    血清型別: A群溶血レンサ球菌の表面にある代表的なタンパクに、MタンパクとTタンパクがあります。100以上の種類が知られるMタンパクは症状を起こす原因(病原因子)として知られていますが、検査が比較的困難です。一方、Tタンパクは病原因子とは考えられていませんが、検査が比較的簡単であることから多くの施設で行われています。[eiken.pref.kanagawa.jp] A群溶血性レンサ球菌のほとんどは細胞表層に蛋白抗原としてM 蛋白とT 蛋白を有しており、これらの抗原性により、さらに型別分類される。M蛋白には100以上の型が、T蛋白には約5 0 の型が知られている。[niid.go.jp] A群溶血性レンサ球菌のほとんどは細胞表層に蛋白抗原としてM蛋白とT蛋白を有しており、これらの抗原性により、さらに型別分類されます。M蛋白には100以上の血清型が、T蛋白には約50の血清型が知られています。[kansensho.jp]

  • 日焼け

    富士山で説明をしていますが、 標高が1,000m程度で既に地上の10%も紫外線が強くなります 。これが2,000mだと20%、3,000mだと30%もアップ。さらに、雪が残っているような場所だと照り返しでもっと紫外線が強くなります。山は、日焼け要因の宝庫なんです! めんどくさがらずに対策を![yamahack.com] Gorham, ED; Garland, CF; Garland, FC; Grant, WB; Mohr, SB; Lipkin, M; Newmark, HL; Giovannucci, E et al. (2007).[ja.wikipedia.org] Garland, CF; Garland, FC; Gorham, ED; Lipkin, M; Newmark, H; Mohr, SB; Holick, MF (2006). “The role of vitamin D in cancer prevention” .[ja.wikipedia.org]

  • 副鼻腔炎

    コラム担当:SS *このコラムの一部は、以下の研究成果として発表しています* Sugiura S, Yasue M, Uchida Y, Teranishi M, Sone M, Suzuki H, Nakashima T, Otsuka R, Ando F, Shimokata H.[ncgg.go.jp] Biomed Res Int 2018 Jun 12:4096845. doi: 10.1155/2018/4096845 Yasue M, Sugiura S, Uchida Y, Otake H, Teranishi M, Sakurai T, Toba K, Shimokata H, Ando F, Otsuka R, Nakashima[ncgg.go.jp]

さらなる症状