Create issue ticket

考えれる3,659県の原因 m

結果を表示する: English

  • 大腸菌

    長さ2 4μm,幅0.4 0.7μm。周在性の鞭毛をもち,運動性を有する。ヒトを含む動物の腸管とくに大腸内を生息の場所とするが,糞便に汚染された外界にも広く存在する。この点で,大腸菌の存否の検査は,糞便による汚染の有無の指標とされており,水質検査などに用いられる。[kotobank.jp] 大きさは通常短軸0.4-0.7μm、長軸2.0-4.0μmだが、長軸が短くなり球形に近いものもいる。 細菌の代表としてモデル生物の一つとなっており、各種の研究で材料とされるほか、遺伝子を組み込んで化学物質の生産にも利用される(下図)。 大腸菌はそれぞれの特徴によって「株」と呼ばれる群に分類することができる(動物でいう品種のような分類)。[ja.wikipedia.org] 一方でボラギノールM軟膏に含まれるグリチルレチン酸は、生薬由来の成分で炎症を和らげて痔の症状の緩和を助けます。 作用の大きさに関しては、抗炎症作用や組織の修復作用も、強力ポステリザン軟膏の方が強く示します。その分、強力ポステリザン軟膏では副作用に注意する必要があります。[kusuri-jouhou.com]

  • 頸動脈狭窄症

    高知赤十字病院の基準ではMRIのDWIでMCAの1/3以上の病変が認められること、MCAがM1ないしM2レベルで閉塞していること、JCSⅡ-30以上の意識障害が6時間以上持続することが除外基準である。[ja.wikipedia.org] […] micro-emboliは粉砕されやすく、50μm以下になると毛細血管のすり抜けが生じるため画像上把握ができなことが多い。主幹動脈の低灌流が加わるとwash outが生じにくくなり血行力学的な因子が相乗的に作用する。これをwashout theoryという。[ja.wikipedia.org]

  • 胸部大動脈瘤

    […] f σT・mは大動脈基部における牽引力(mは境界で曲面に接する単位ベクトル)である。これを有限要素離散化してdを求め、応力場σを求める。本方式では弾性など物性にかかわる一切の情報が不要である。 S. Sugitaらによると、血圧上昇に伴う大動脈瘤壁スティフネス上昇の指標である硬さ降伏パラメータ τP が破裂圧力と有意に相関した。[ja.wikipedia.org] 式0202において式0203に示すように膜応力場を疑似変位ベクトル場dに対する平面ひずみで表わし,境界における力σ T ・をインタラクティブ解析条件設定部0102より与えられた牽引力fで置き換えることにより本発明において解くべき式0204を得る。 ここでは,曲面の境界においてその境界線に直交する外向き単位接ベクトルである。[google.com]

  • 多発性骨髄腫

    図2 多発性骨髄腫の症状 *1 過粘稠度症候群:血液中のMタンパクが大量に増加することにより、血液の粘性が高くなり、血液の循環が悪化する状態。 *2 アミロイドーシス:Mタンパクの一部がさまざまな組織に沈着して、臓器機能を低下させる状態。 *3 圧迫骨折:脊椎(せきつい)の強度が弱まり加重によって押しつぶされること。[ganjoho.jp] M, Sano S, Abe M.[tokushima-u.ac.jp] 骨髄腫細胞は骨髄の中で増加し、異物を攻撃する能力がなく、役に立たない抗体(これをMタンパクと呼びます)をつくり続けます。これらの骨髄腫細胞やMタンパクが、さまざまな症状を引き起こします。 多発性骨髄腫と関連する疾患について 2.症状 多発性骨髄腫は、「骨髄腫細胞」が主に骨髄でふえ続け、体にいろいろな症状があらわれる病気です。[ganjoho.jp]

  • シュードモナス属

    Gennari, M, and Dragotto, F (Apr 1992).[ja.wikipedia.org] Huertas MJ; Luque-Almagro VM; Martínez-Luque M; Blasco, R.; Moreno-Vivián, C.; Castillo, F.; Roldán, M.-D. (2006).[ja.wikipedia.org] M.; Dekkers, Linda C.; Lugtenberg, Ben J. J. (2000).[ja.wikipedia.org]

  • 化膿レンサ球菌

    菌体抗原(M蛋白質)と生体組織の免疫的交差反応、或は菌体抗原と抗体複合物の生体内沈着により免疫反応によると考えられる疾患である。 リウマチ熱 - 咽頭感染後2-3週間後に発症する(紅斑、舞踏病は約6カ月後)、皮下結節、発疹、関節炎、心筋炎、不随意運動が主要症状。原因としては菌体抗原(M蛋白質)と心筋組織の免疫的交差反応などの説がある。[ja.wikipedia.org] 100種類を超えるM血清型のなかでも, M1型とM3型に属するグループには組織侵襲性の高い菌株が, 近年, 多いことが報告されている。そこで, S. pyogenes の組織侵襲に関与する分子について, S. pyogenes ゲノムデータベースを活用して, 新規の機能性タンパク質を同定し, その解析を試みた。[jstage.jst.go.jp] Mタンパク質の菌株ごとの抗原性の違いが、化膿レンサ球菌の血清型別に関与する。 C5aペプチダーゼ 表面のタンパク質の一種で、補体成分のC5aを分解して補体による排除機構から逃れる役割を持つ。[ja.wikipedia.org]

  • 強迫性障害

    J Nerv Ment Dis 186; 401-406, 1988. 12)Tadai T, Nakamura M, Okazaki S et al.[mhlw.go.jp] Genet. : 2005, 136B(1);92-7 [PubMed:15892140] [WorldCat.org] [DOI] 20.0 20.1 M A Grados, M A Riddle, J F Samuels, K Y Liang, R Hoehn-Saric, O J Bienvenu, J T Walkup, D Song[bsd.neuroinf.jp] American Psychiatric Association, Washington, DC. 191-205,2002. 22)Rosario-Campos MC, Leckman JF, Curi M, et al.[mhlw.go.jp]

  • IgE型骨髄腫

    M蛋白血症」というのは、 血清中に M蛋白 が認められる病気の総称です。 症状には、骨痛(特に腰痛)や貧血、全身倦怠、息切れ、めまいなどがあります。 ”M蛋白”とは M蛋白とは、 均一な分子構造を持つ 免疫グロブリン (抗体)のことです。[guides.lib.kyushu-u.ac.jp] 回答 多発性骨髄腫の臨床症状は骨痛、貧血、腎障害、易感染性などで、これらの症状を手がかりに他のM蛋白血症を示す病態と鑑別しながら検査を進めます。 M蛋白血症の検査では、血清や尿の蛋白分画でM蛋白を検出し、免疫電気泳動によるM蛋白の種類の同定、血清免疫グロブリン定量を行います。[crc-group.co.jp] ・原発性マクログロブリン血症…増加するM蛋白はIgMです。 ・H鎖病…まれな病気で、増殖するM蛋白はH鎖(γ、α、μ)です。 良性 ・リンパ系腫瘍によって増殖する場合 ・感染症、膠原病、癌、肝硬変などによって増殖する場合[guides.lib.kyushu-u.ac.jp]

  • 過食

    ‘Anorexia nervosa and bulimia: how to help’、M. Duker/R.[rcpsych.ac.uk] 自分の身長と体重のバランスを知りましょう (計算式1)身長(m) 身長(m) 22 あなたの身長に対しての標準体重(kg) (計算式2)自分の体重(kg) 標準体重(kg) 100 標準体重に対してのあなたの体重の割合(%) 【例:身長160cm、体重50kgの人の場合】 身長160cmの人の標準体重は、 1.6 1.6 22 56.32kg[byouin.metro.tokyo.jp] 症状 身体症状としては、正常下限を下回るやせがあり、成人ではBMI(注)が15kg/m 2 未満になると最重度と診断されます。やせているのに活発に活動することが多くみられますが、やせに伴い次第に筋力低下や疲れやすさを感じるようになります。[edportal.jp]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    IgM型MGUS患者では、血清遊離軽鎖比(κ/λ比)の異常および血清M蛋白量高値(1.5g/dL以上)の2つのリスク因子がある場合、20年時の進行リスクが55%であった。リスク因子が1つの場合は41%、どちらのリスク因子もない場合は19%であった。[carenet.com] その場合は、蛋白電気泳動でM蛋白を確認する。 International Myeloma Working Group(IMWG)の診断基準(2014年改訂)( 図表 )を用いて診断する。 M蛋白の種類により、非IgM型MGUS、IgM型MGUS、軽鎖型MGUSに分類する。[clinicalsup.jp] 3つの予後不良因子( ①IgG型以外のMGUS、②血清M蛋白量が1.5 g/dl以上、③FLC比が0.26未満もしくは1.65より大きい)を用いると、形質細胞腫瘍および類縁疾患へ進行するリスクを層別化できる。 M蛋白以外の免疫グロブリンに低下は、進行のリスク因子となる。[clinicalsup.jp]

さらなる症状