Create issue ticket

考えれる545県の原因 lh

結果を表示する: English

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    月経異常がある 多嚢胞性卵巣のエコー所見 血中男性ホルモンが高値、または、LHが高値かつFSHが正常なお、卵巣内に複数に卵胞が観察される状態は正常な排卵が行われている女性でもしばしば見られ、月経異常やホルモン異常を伴っていない単なる卵巣の多嚢胞所見であれば、疾患とは扱わない。[ja.wikipedia.org] (インスリン抵抗性) ですからPCOSの方は、生理中の血液検査で脳から出るゴナトロピン(LHとFSHのこと)をはかるとLHがFSH(卵胞刺激ホルモン)より高くなるという特徴があります。また、血中の男性ホルモンの値も軽く上昇していることがあります。[kasaoka-clinic.jp] がやや高値で LH-RHテスト にて LH が過剰反応となり、男性ホルモンが高くなる。[ivf-asada.jp]

  • 性腺機能低下症

    病因 原発性性腺機能低下症には,卵胞刺激ホルモン(FSH)および黄体形成ホルモン(LH)に対する精巣の反応不全が関与する。原発性性腺機能低下症により テストステロン 産生が障害されると,FSHおよびLHの産生を阻害する テストステロン の働きが不十分となり,結果としてFSHおよびLH濃度が上昇する。[msdmanuals.com] ゴナドトロピンにはFSH、LHの2つがあり、視床下部ホルモンのGnRHによって分泌が調節されます。ゴナドトロピンは男子の睾丸(こうがん:精巣)、女子の卵巣を刺激します。 男子ではFSHはおもに精子の形成、LHは男性ホルモンのテストステロンの産生を刺激します。女子ではFSHは卵胞の成熟をうながし、LHは排卵、黄体形成を促進します。[medical.jiji.com] 診断基準 ① ゴナドトロピン(FSH、LH)が高値でない ②テストステロンは低値である との記載があります。 具体的な基準値はありませんが一般的にはおおよそ FSH 1mIU/ml未満, LH 1mIU/ml未満, テストステロン 1ng/ml 未満とされています。[ameblo.jp]

  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 3

    血清LHおよびFSH濃度は拍動性であるが,検査は役立ちうる。GnRH分泌が増加し血清LHがFSHに対して不均衡に上昇すると,思春期が始まる。思春期早期では,早朝の値が望ましい。血清LH値は思春期前で通常0.3mIU/mL未満であり,思春期後半から成人期にかけて2 12mIU/mLの範囲となる。[msdmanuals.com] 病因 原発性性腺機能低下症には,卵胞刺激ホルモン(FSH)および黄体形成ホルモン(LH)に対する精巣の反応不全が関与する。原発性性腺機能低下症により テストステロン 産生が障害されると,FSHおよびLHの産生を阻害する テストステロン の働きが不十分となり,結果としてFSHおよびLH濃度が上昇する。[msdmanuals.com] 18歳男性. 8歳時,全身色素沈着. 10歳時発熱,嘔吐,全身倦怠感出現し, Addison病と診断.平成3年,二次性徴遅延にて入院.全身皮膚色素沈着を認め,性毛なく,陰茎,睾丸は小(Tanner stage 1).血中cortisol低値,血中ACH1著明高値,血中testosteroneは低値で, hCG負荷にて上昇し, LHRH負荷時LH[jstage.jst.go.jp]

  • 高アルドステロン症

    下垂体機能低下症脳下垂体前葉ホルモンであるACTH、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、成長ホルモン(GH)、黄体形成ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、プロラクチンの一つ以上の分泌が低下した状態である。ACTHのみの欠損をACTH単独欠損症と呼ぶ。[ja.wikipedia.org]

  • 更年期障害

    視床下部というところからゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)放出ホルモン (GnRH)というホルモンが分泌されて脳の下垂体を刺激すると、下垂体からゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)である卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体 形成ホルモン(LH)が分泌されます。FSHとLHが働いて、主に卵巣から女性ホルモンが分泌されます。[hospital.iwata.shizuoka.jp] すると、脳の視床下部がエストロゲンを多く分泌させる性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)を分泌し、これが脳下垂体から性腺刺激ホルモン(FSH・LH)を分泌させます。[daiichisankyo-hc.co.jp] 卵巣が十分にはたらいている状態では、卵巣から脳へエストロゲンの信号が送られ、その信号を受けた脳は、卵の発育を促す卵胞刺激ホルモン(FSH)や排卵を促す黄体刺激ホルモン(LH)の信号を卵巣へ送るという、卵巣と脳の間でホルモンのキャッチボールがおこなわれています。[eonet.jp]

  • 思春期早発症

    表2:LH-RHアナログ治療による効果[jspe.umin.jp] 腫瘍が原因である場合や特殊なタイプの思春期早発症では,その治療を優先します.最も多いタイプの特発性中枢性思春期早発症では,LH-RHアナログという薬剤を使用します.通常は4週間に1回,医療機関で注射します.LH-RHアナログの投与により,下垂体からのLH,FSHの分泌が抑制され,精巣からのテストステロン,卵巣からのエストロゲンの分泌が減少します[zousantsushin.jp] 特発性の場合は年齢に不相応な性成熟を抑制し、成人身長が低くなることの防止のために、LH/FSH分泌を抑制するための薬を4週ごとに1回皮下に注射します。 【思春期遅発症とは】 男児では14歳までに精巣容量の増大がない場合、女児の場合は13歳までに胸の膨らみが出現しない場合をいいます。[sakuragaokashonika.com]

  • 臭覚障害を伴わないX 連鎖低ゴナドトロピン性性機能低下症

    原因は嗅神経の発生とその神経の軸索伸長の異常により、それに伴って移動する性腺刺激ホルモン放出ホルモン分泌神経細胞(LH-RH分泌神経細胞)が視床下部に移動できないために性発育が胎生期から進まず性腺機能低下症と嗅覚欠損を伴う疾患です。原因は遺伝子異常や発生と分化の異常などがあります。」[kallmannsyndrome.jp]

  • 卵巣嚢胞

    牛では濃厚飼料を多給する畜舎や、乳量の多い乳牛、肥育牛で多発し、直接の原因としてFSHの分泌過剰、LHの分泌低下によるものとされていたが、近年ではFSH、LH双方の分泌機能低下が原因として指摘され始めている。直径25mm以上の卵胞が存在すれば本病と考えてよい。黄体嚢腫、嚢腫様黄体、顆粒膜細胞腫との鑑別が必要。治療にはhCGの投与を行う。[ja.wikipedia.org] --------------------- 通常、排卵には脳にある下垂体から分泌されるLH(黄体ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)という2つのホルモンが関わっています。PCOSではこのバランスが崩れて、LHばかりが過剰分泌されることによって、排卵がうまく行われなくなります。[shimane-u-obgyn.jp] ですからPCOSの方は、生理中の血液検査で脳から出るゴナトロピン(LHとFSHのこと)をはかるとLHがFSH(卵胞刺激ホルモン)より高くなるという特徴があります。また、血中の男性ホルモンの値も軽く上昇していることがあります。 治療法 PCOSの排卵障害は年齢とともに進み、月経周期はどんどん長くなっていく傾向にあります。[marianna-u.ac.jp]

  • 前立腺癌

    男性ホルモンを低下させる方法として、定期的に薬(LH-RHアナログ)を注射する方法と、精巣を摘出する方法があり、これで大部分の男性ホルモンがなくなります。もう一つは内服薬で男性ホルモンの働きを抑える方法があります。内服薬は数種類あり、それぞれに特徴があります。[square.umin.ac.jp] ホルモン療法 は、本邦では、LH-RHアナログを中心とした 内分泌療法が主体を占めていると考えます(1ないし3ヶ月に一回皮下注射)。 一方、医療経済的観点から今後は、 除睾術 も見直される可能性があります。[med.nihon-u.ac.jp] 図)男性ホルモンの生合成 LH-RHアナログとアンタゴニスト LH-RHアナログはLH-RHの類似構造をもち強力なLH-RH作用があるため一過性に性腺刺激作用が現れ、アンドロゲンが急激に上昇しますが持続投与により下垂体細胞のLH-RHの受容体は消失し、結果的にLHの分泌は抑制され精巣の萎縮、アンドロゲンの分泌を減少させます(これをダウン・レギュレーション[kanazawa-med.ac.jp]

  • 内分泌機能不全

    視床下部 から分泌されるLH-RHは、下垂体にある受容体に結合してLHを分泌させ、男性ホルモン( テストステロン )の分泌を促します。 LH-RHアゴニストは、LH-RHに似た構造の薬剤であり、LH-RHが受容体に結合するのを阻害します。[zenritsusen.jp] 視床下部から分泌されるホルモンによって下垂体前葉ホルモンの分泌がコントロールされているのですが、ACTHは副腎を刺激してコルチゾールを、TSHは甲状腺を刺激して甲状腺ホルモン(T3, T4)を、GHは肝臓でIGF-I産生を、LHは男性では精巣を刺激してテストステロンを、LH, FSHは女性では卵巣を刺激してエストロジェンを、末梢ホルモンとして[todai-jinnai.com] 前葉は6種類のホルモン[副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、成長ホルモン(GH)、黄体化ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、プロラクチン]を、後葉は抗利尿ホルモン(バゾプレシン、ADH)とオキシトシン(OT)を分泌します。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状