Create issue ticket

考えれる36県の原因 lar

  • 内分泌機能不全

    これまでは毎日自宅で自分で注射をする必要がありましたが、最近は、月に1回の注射で同様の効きめを期待できる薬剤(サンドスタチンLAR)もあります。 治療が奏功すると、高血圧や糖尿病に改善がみられます。また、自覚症状もはっきりと改善します。顔や手足の症状も改善しますが、すでに骨に変化がおこっている部位については完全には良くなりません。[toranomon.gr.jp]

  • 急性副鼻腔炎

    Local allergic rhinitis (LAR)では、全身的(採血や皮内テスト結果)アトピー反応が陰性ですが、鼻腔洗浄液中の特異的IgE産生や抗原誘発試験で陽性でアレルギー性鼻炎症状を呈することがあることを知っておくことが大切です。治療はもちろんアレルギー性鼻炎の治療です。[hanamizu.jp]

  • 甲状腺腫

    これまでは毎日自宅で自分で注射をする必要がありましたが、最近は、月に1回の注射で同様の効きめを期待できる薬剤(サンドスタチンLAR)もあります。 治療が奏功すると、高血圧や糖尿病に改善がみられます。また、自覚症状もはっきりと改善します。顔や手足の症状も改善しますが、すでに骨に変化がおこっている部位については完全には良くなりません。[toranomon.gr.jp]

  • 慢性副鼻腔炎

    Local allergic rhinitis (LAR)では、全身的(採血や皮内テスト結果)アトピー反応が陰性ですが、鼻腔洗浄液中の特異的IgE産生や抗原誘発試験で陽性でアレルギー性鼻炎症状を呈することがあることを知っておくことが大切です。治療はもちろんアレルギー性鼻炎の治療です。[hanamizu.jp]

  • VIP産生腫瘍

    また、消化管ホルモン産生腫瘍を対象とした市販後の使用成績調査では、総症例33例中3例(9.1%)に副作用が認められた(専用分散液(アンプル)のサンドスタチンLAR筋注用の再審査終了時までの集計)。 副作用の発現頻度は、専用分散液(アンプル)のサンドスタチンLAR筋注用の承認時までの国内臨床試験及び使用成績調査の結果を合わせて算出した。[medical.nikkeibp.co.jp] なお、下痢、腹痛及び嘔気等の消化器症状は、その多くが本剤投与後1カ月以内に認められたものであった(専用分散液(アンプル)のサンドスタチンLAR筋注用の承認時までの集計)。[medical.nikkeibp.co.jp] (過量投与) 海外において、悪性腫瘍患者に本剤90mgを4週毎に2回、90mgを2週毎に4回又は90mgを1週毎に6回投与した臨床試験で、副作用として消化管障害(下痢、腹痛等)及び注射部位反応(注射部位疼痛、注射部位炎症等)が認められたが、重篤なものはなかった(専用分散液(アンプル)のサンドスタチンLAR筋注用のデータ)。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    TSH産生腫瘍は手術摘出や放射腺療法(時にサンドスタチンLAR注射)を、また甲状腺ホルモン不応症は大部分の例では治療不要ですが、症状が強い例にはβ1ーブロッカーを用います。 甲状腺機能低下症には甲状腺ホルモンの補充を行います。[hanew-cl.com]

  • 巨人症

    UMIN試験ID UMIN000014500 最終情報更新日: 2019年1月10日 公開日:2014年7月7日 登録・組み入れ開始日:2014年3月24日 基本情報 試験簡略名 オクトレオチドLAR治療における投与量の増減が先端巨大症・下垂体性巨人症患者の内分泌学的効果・臨床症状に与える影響についての検討 試験進捗状況 試験中止 試験実施地域[rctportal.niph.go.jp]

  • 糖尿病性ケトアシドーシス

    著者(発表者) 間中勝則ほか 所属施設名 東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科 表題(演題) GH産生下垂体腺腫術後残存に対してオクトレオチドLAR導入後にDKAを発症した1例 雑誌名(学会名) 第16回 日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 プログラム・抄録集 115 (2015) 第16回 日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 (2015.9.25[imic.or.jp]

  • 橋本甲状腺炎

    これまでは毎日自宅で自分で注射をする必要がありましたが、最近は、月に1回の注射で同様の効きめを期待できる薬剤(サンドスタチンLAR)もあります。 治療が奏功すると、高血圧や糖尿病に改善がみられます。また、自覚症状もはっきりと改善します。顔や手足の症状も改善しますが、すでに骨に変化がおこっている部位については完全には良くなりません。[toranomon.gr.jp]

  • 膵腫瘍

    しかし2011年5 月 オクトレオチド (商品名 サンドスタチンLAR)、2011年12月 エベロリムス (商品名 アフィニトール)、2012年8月 スニチニブ (商品名 スーテント)が治療薬として相次いで保険適応となりました。[www-user.yokohama-cu.ac.jp]

さらなる症状