Create issue ticket

考えれる86県の原因 lar

  • 悪性カルチノイド症候群

    124221円/キット 劇薬 , 処方箋医薬品 サンドスタチンLAR筋注用キット20mg Sandostatin LAR kit for i.m.injection ノバルティスファーマ 2499403G2028 220203円/キット 劇薬 , 処方箋医薬品 サンドスタチンLAR筋注用キット30mg Sandostatin LAR kit[kegg.jp] 短時間作用性 オクトレオチド 皮下注と月1回のLAR オクトレオチド を比較した1件の研究では、転移性疾患の診断時からの生存期間中央値の延長が報告され(143ヵ月 vs 229ヵ月でLAR製剤が支持された)、LAR製剤で治療された患者の死亡リスクは66%低かった。[cancerinfo.tri-kobe.org] 【特集/肝胆膵診療のNew Horizon】膵神経内分泌腫瘍.保険収載されたエベロリムス、スニチニブ、オクトレオチドLAR を如何に使うか? 肝胆膵. 2014; 69(6);1220-1227 工藤 篤、有井滋樹.特集/肝胆膵疾患の「予後」の変遷 II 膵疾患 6.膵内分泌腫瘍の予後.[tmd.ac.jp]

  • カルチノイド腫瘍

    短時間作用性 オクトレオチド 皮下注と月1回のLAR オクトレオチド を比較した1件の研究では、転移性疾患の診断時からの生存期間中央値の延長が報告され(143ヵ月 vs 229ヵ月でLAR製剤が支持された)、LAR製剤で治療された患者の死亡リスクは66%低かった。[cancerinfo.tri-kobe.org] [ 1 ] デポ製剤には、長時間作用性で反復投与可能な(LAR) オクトレオチド および徐放性デポ製剤のlanreotideがある。[cancerinfo.tri-kobe.org] [PUBMED Abstract] Anthony LB, Kang Y, Shyr Y, et al.: Malignant carcinoid syndrome: survival in the octreotide LAR era.[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • VIP産生腫瘍

    (ノバルティスファーマ) サンドスタチンLAR筋注用キット10mg 124221円/キット 乳酸・グリコール酸共重合体(11:9)グルコースエステル D-マンニトール( D00062 ) カルメロースナトリウム( D01544 ) ポリオキシエチレン(160)ポリオキシプロピレン(30)グリコール( D06502 ) 下記疾患に伴う諸症状[kegg.jp] あるオクトレオチドLARの臨床研究では,MEN1患者でも同等の効果が得られた.著者らはNETを有するMEN1患者に対して,悪性化と身体状況の悪化のリスクを低減するために,早期のソマトスタチン誘導体治療を提唱している[Ramundoら2014].[grj.umin.jp] VIP産生腫瘍、カルチノイド症候群の特徴を示すカルチノイド腫瘍、ガストリン産生腫瘍) 下記疾患における成長ホルモン、ソマトメジン-C分泌過剰状態及び諸症状の改善 先端巨大症・下垂体性巨人症(外科的処置、他剤による治療で効果が不十分な場合又は施行が困難な場合) 進行・再発癌患者の緩和医療における消化管閉塞に伴う消化器症状の改善 サンドスタチンLAR[kegg.jp]

  • 急性副鼻腔炎

    Local allergic rhinitis (LAR)では、全身的(採血や皮内テスト結果)アトピー反応が陰性ですが、鼻腔洗浄液中の特異的IgE産生や抗原誘発試験で陽性でアレルギー性鼻炎症状を呈することがあることを知っておくことが大切です。治療はもちろんアレルギー性鼻炎の治療です。[hanamizu.jp]

  • 甲状腺腫

    これまでは毎日自宅で自分で注射をする必要がありましたが、最近は、月に1回の注射で同様の効きめを期待できる薬剤(サンドスタチンLAR)もあります。 治療が奏功すると、高血圧や糖尿病に改善がみられます。また、自覚症状もはっきりと改善します。顔や手足の症状も改善しますが、すでに骨に変化がおこっている部位については完全には良くなりません。[toranomon.gr.jp]

  • 内分泌機能不全

    これまでは毎日自宅で自分で注射をする必要がありましたが、最近は、月に1回の注射で同様の効きめを期待できる薬剤(サンドスタチンLAR)もあります。 治療が奏功すると、高血圧や糖尿病に改善がみられます。また、自覚症状もはっきりと改善します。顔や手足の症状も改善しますが、すでに骨に変化がおこっている部位については完全には良くなりません。[toranomon.gr.jp]

  • 慢性副鼻腔炎

    Local allergic rhinitis (LAR)では、全身的(採血や皮内テスト結果)アトピー反応が陰性ですが、鼻腔洗浄液中の特異的IgE産生や抗原誘発試験で陽性でアレルギー性鼻炎症状を呈することがあることを知っておくことが大切です。治療はもちろんアレルギー性鼻炎の治療です。[hanamizu.jp]

  • 肝転移

    第III相ランダム化比較試験であるPROMID試験にてオクトレオチドLAR(long acting release formulation)とプラセボが比較され、無増悪期間中央値14.3か月 vs. 6.0か月と有意にオクトレオチドLARが優れていた。 オクトレオチドLARは徐効製剤であり、治療域に達するまで10‐14日間必要とする。[medical.nikkeibp.co.jp] オクトレオチドLAR エベロリムスとオクトレオチドLAR プラセボが比較された。増悪生存期間中央値16.4か月 vs. 11.3か月とエベロリムス併用群で良好であったが、ハザード比0.77(95 % CI 0.59-1.00)と統計学的有意差は示されなかった[ 20 ]。[medical.nikkeibp.co.jp] (2)mTOR阻害剤 everolimus 10mg 1日1回 連日[ 19 ] オクトレオチドLARの治療歴を問わず、進行膵内分泌腫瘍で増悪を認めた患者で第III相ランダム化比較試験であるRADIANT-3試験が行われた。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • G細胞洞過形成

    短時間作用性 オクトレオチド 皮下注と月1回のLAR オクトレオチド を比較した1件の研究では、転移性疾患の診断時からの生存期間中央値の延長が報告され(143ヵ月 vs 229ヵ月でLAR製剤が支持された)、LAR製剤で治療された患者の死亡リスクは66%低かった。[cancerinfo.tri-kobe.org] [ 1 ] デポ製剤には、長時間作用性で反復投与可能な(LAR) オクトレオチド および徐放性デポ製剤のlanreotideがある。[cancerinfo.tri-kobe.org] [PUBMED Abstract] Anthony LB, Kang Y, Shyr Y, et al.: Malignant carcinoid syndrome: survival in the octreotide LAR era.[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 橋本甲状腺炎

    これまでは毎日自宅で自分で注射をする必要がありましたが、最近は、月に1回の注射で同様の効きめを期待できる薬剤(サンドスタチンLAR)もあります。 治療が奏功すると、高血圧や糖尿病に改善がみられます。また、自覚症状もはっきりと改善します。顔や手足の症状も改善しますが、すでに骨に変化がおこっている部位については完全には良くなりません。[toranomon.gr.jp]

さらなる症状