Create issue ticket

考えれる3,268県の原因 l

結果を表示する: English

  • 低ナトリウム血症

    細胞外液や有効循環血漿量や血圧が低下した時は、細胞外液を維持するため腎臓はナトリウムを再吸収しようとするので腎臓が適切に働いていれば、尿中ナトリウム濃度は10 (mEq/L)位と低値になっているはずである。 ナトリウム欠乏の場合は塩化ナトリウムを補充する。[ja.wikipedia.org] インダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l[joi.jlc.jst.go.jp] 低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。[ja.wikipedia.org]

  • メタボリックシンドローム

    腹囲をCRPに置換した提案(2006年) 改訂NCEP-ATPIIIの腹囲をCRP0.65 mg/L以上に置換したもの。 「自覚症状の緩和」ではなく、合併症予防に目標がおかれ、動脈硬化の発生・進展防止が治療目標となり、脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に食事療法による摂取カロリーの適正化と、脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となる。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム血症

    抄録 マンニトールが原因と考えられた高カリウム血症の2例を経験した.2例はいずれも高齢で脳動脈瘤のクリッピング術の術中,マンニトール500ml投与後に起こり,症例1はカリウム値が6.27mEq•l -1 ,症例2は6.20mEq•l -1 まで上昇した.2症例の高カリウム血症の原因は,著明な代謝性アシドーシスがなかったことより,マンニトール[doi.org] から急速に上昇し最高6.5mEq・l -1 に達した.この高カリウム血症はNMをヘパリンに変更することで改善した.NMによる高カリウム血症の発生機序は尿へのカリウム排泄の抑制とされる.本症例は無尿の慢性腎不全のためこの機序による高カリウム血症ではない.NMが腎以外に作用して高カリウム血症を生じたと考えられた.[doi.org] 執筆者: James L.[msdmanuals.com]

  • イレウス

    十分な血清カリウム値(4mEq/L超[4mmol/L超 ])の維持は特に重要である。 1週間を超えて 持続するイレウスは,おそらく機械的腸閉塞が原因であり,開腹を考慮すべきである。 ときに大腸イレウスは大腸内視鏡検査による減圧で治癒することがあり,まれに盲腸吻合術が必要である。[msdmanuals.com]

  • 血小板減少症

    血小板低下の 程度も軽度から中等度で軽く、その2/3は血小板数が13-15万/μである。診断のための血小板数の定まった 値はないが、通常8万/μをきったところでさらなる検査をすることを検討する。 血小板数が5万/μではGT とは考えにくい。[sk-blood.com] APTT 25.1 sec ALT 19 U/l Fibrinogen 573 mg/dl LDH 132 U/l Na 137 mEq/l K 4 mEq/l CEA 288.0 ng/ml Cl 100 mEq/l CA19-9 1 U/ml CRP 18.44 mg/ml 腹部造影CT所見:上行結腸に腫瘍を疑う陰影とともに,その背側に[jstage.jst.go.jp] ショック時の血小板は5.7万/μL、直近の採血データは29.3万/μLであり著しく減少していた。この時回路内凝固は認められなかった。 同日状態が安定したところで抗凝固剤をヘパリンからフサンに変更し、部位をカテーテルからシャント血管に変更して血液透析実施したところショック症状は認めなかった。[min-iren.gr.jp]

  • アシドーシス

    不足HCO 3(mEq/L) 体重(Kg) 0.2 (24-測定HCO 3) 不足HCO 3(mEq/L) 体重(Kg) 0.2 B.Eから計算され、まず半分量を投与しpHをみながら追加していく。メイロンで行う場合は単位換算が必要である。7%メイロン20mLでは17mEq/Lであり、8.4%メイロン20mLでは20mEq/Lで計算する。[ja.wikipedia.org] 執筆者: James L.[msdmanuals.com] 7%メイロン20mLでは17mEq/Lであり、8.4%メイロン20mLでは20mEq/Lで計算する。一過性にPaCO 2 が上昇するため、十分な換気が確保された状態で行う。[ja.wikipedia.org]

  • 強迫性障害

    Am J Psychiatry : 2008, 165(3);293-6 [PubMed:18316423] [WorldCat.org] [DOI] W K Goodman, L H Price, S A Rasmussen, C Mazure, R L Fleischmann, C L Hill, G R Heninger, D S Charney[bsd.neuroinf.jp] 、Essentials of Psychiatric Diagnosis, Revised Edition: Responding to the Challenge of DSM-5 , The Guilford Press, 2013.L・サルズマン(著)成田善弘、笠原嘉(訳)『強迫パーソナリティ 新装版』みすず書房、1998年(原著1973[ja.wikipedia.org] J Affect Disord 80; 155-162, 2004. 33)Pigott TA, L'Heureux F, Dubbert B et al. Obsessive compulsive disorder: comorbid conditions.[mhlw.go.jp]

  • 胸水

    漏出液(漏出性胸水):比重1.015以下、タンパク量3g/dl以下、LDH200u/L以下、糖60mg/dl以下、白血球1000/mm3以下 滲出液(滲出性胸水):比重1.018以上、タンパク量3g/dl以上、LDH200u/L以上ライト(Light)の診断基準として、 胸水のタンパク量/血清のタンパク量が0.5を超える 胸水LDH/血清LDH[ja.wikipedia.org]

  • アデノウイルス感染症

    プールを介しての流行に対してはプールの塩素濃度を適正(遊離残留塩素濃度が0.4mg/l以上、1.0mg/l以下)に維持することが対策となる。 感染症法における取り扱い 咽頭結膜熱は5類感染症定点把握疾患に定められており、全国約3,000カ所の小児科定点医療機関から毎週報告がなされている。報告のための基準は以下の通りとなっている。[niid.go.jp]

  • 急性胃腸炎

    白血球数は翌日44,800/μl,5日目10,200/μlと軽快,腹痛,下痢も改善し経口摂取可能となった。便培養,血液培養検査は異常なかった。NAPスコアは入院中148と低値であったが2カ月後は278と正常化し慢性骨髄性白血病は否定された。異常な白血球増加の原因は炎症による反応性と考えられた。[jstage.jst.go.jp] 2)使用ORSは低張液(Na 60mEq/l, ブドウ糖74〜111mEq/l)。 3)ORSによる脱水補正は急速に(3〜4時間)で行う。 4)食事の再開は早く行い、固形食を含む正常食とする。 5)治療乳は不要。 6)希釈乳は不要。 7)母乳栄養児では母乳を続ける。 8)治療中の水分喪失はORSで補正する。[tsudashonika.com] 水分だけでなく塩分の喪失もあるため、Na濃度が40mEq/L以上必要です。 激しい水様下痢では50-60mEq/L程度の塩分喪失があります。 薬局で販売しているOS-1(50),アクアライトORS(35) 処方薬のソリタT顆粒2号(60)などがお薦めです。 また、飲めればスープや味噌汁なども与えて良いです。[ohisama.cute.coocan.jp]

さらなる症状