Create issue ticket

考えれる3,418県の原因 l

結果を表示する: English

  • 低ナトリウム血症

    インダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l[joi.jlc.jst.go.jp] 細胞外液や有効循環血漿量や血圧が低下した時は、細胞外液を維持するため腎臓はナトリウムを再吸収しようとするので腎臓が適切に働いていれば、尿中ナトリウム濃度は10 (mEq/L)位と低値になっているはずである。 ナトリウム欠乏の場合は塩化ナトリウムを補充する。[ja.wikipedia.org] ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa, Kの尿中への排泄増加,ならびにADH分泌促進,および嘔気,嘔吐による摂取量低下が考えられた.インダパミドはサイアザイド系利尿薬同様の電解質異常が出現しうる.近年脳梗塞二次予防効果[joi.jlc.jst.go.jp]

  • 高カリウム血症

    抄録 マンニトールが原因と考えられた高カリウム血症の2例を経験した.2例はいずれも高齢で脳動脈瘤のクリッピング術の術中,マンニトール500ml投与後に起こり,症例1はカリウム値が6.27mEq•l -1 ,症例2は6.20mEq•l -1 まで上昇した.2症例の高カリウム血症の原因は,著明な代謝性アシドーシスがなかったことより,マンニトール[doi.org] から急速に上昇し最高6.5mEq・l -1 に達した.この高カリウム血症はNMをヘパリンに変更することで改善した.NMによる高カリウム血症の発生機序は尿へのカリウム排泄の抑制とされる.本症例は無尿の慢性腎不全のためこの機序による高カリウム血症ではない.NMが腎以外に作用して高カリウム血症を生じたと考えられた.[doi.org] 執筆者: James L.[msdmanuals.com]

  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB12血液レベルが,200pg/mL(145pmo/L)を下回る場合にビタミンB12欠乏症を示す。欠乏の主要原因は3つに分類される。[ja.wikipedia.org] 治療終了から1カ月後の検査結果 RBC:432万/μL,Hb:13.7g/dL,MCV:91.9f L,MCH:31.7pg,PLT:21.0万/μL ビタミンB12欠乏の17例: 検査結果 過去1年間に貧血を認めず(Hb正常)かつ,ビタミンB12が高度に低下した症例(180pg/mL以下)は17例。その中央値を表1に示します。[city.kagoshima.med.or.jp] Penninx BW, Guralnik JM, Ferrucci L, Fried LP, Allen RH, Stabler SP.[lpi.oregonstate.edu]

  • メタボリックシンドローム

    腹囲をCRPに置換した提案(2006年) 改訂NCEP-ATPIIIの腹囲をCRP0.65 mg/L以上に置換したもの。 「自覚症状の緩和」ではなく、合併症予防に目標がおかれ、動脈硬化の発生・進展防止が治療目標となり、脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に食事療法による摂取カロリーの適正化と、脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となる。[ja.wikipedia.org]

  • イレウス

    十分な血清カリウム値(4mEq/L超[4mmol/L超 ])の維持は特に重要である。 1週間を超えて 持続するイレウスは,おそらく機械的腸閉塞が原因であり,開腹を考慮すべきである。 ときに大腸イレウスは大腸内視鏡検査による減圧で治癒することがあり,まれに盲腸吻合術が必要である。[msdmanuals.com]

  • 血小板減少症

    血小板低下の 程度も軽度から中等度で軽く、その2/3は血小板数が13-15万/μである。診断のための血小板数の定まった 値はないが、通常8万/μをきったところでさらなる検査をすることを検討する。 血小板数が5万/μではGT とは考えにくい。[sk-blood.com] APTT 25.1 sec ALT 19 U/l Fibrinogen 573 mg/dl LDH 132 U/l Na 137 mEq/l K 4 mEq/l CEA 288.0 ng/ml Cl 100 mEq/l CA19-9 1 U/ml CRP 18.44 mg/ml 腹部造影CT所見:上行結腸に腫瘍を疑う陰影とともに,その背側に[jstage.jst.go.jp] ショック時の血小板は5.7万/μL、直近の採血データは29.3万/μLであり著しく減少していた。この時回路内凝固は認められなかった。 同日状態が安定したところで抗凝固剤をヘパリンからフサンに変更し、部位をカテーテルからシャント血管に変更して血液透析実施したところショック症状は認めなかった。[min-iren.gr.jp]

  • 胸水

    漏出液(漏出性胸水):比重1.015以下、タンパク量3g/dl以下、LDH200u/L以下、糖60mg/dl以下、白血球1000/mm3以下 滲出液(滲出性胸水):比重1.018以上、タンパク量3g/dl以上、LDH200u/L以上ライト(Light)の診断基準として、 胸水のタンパク量/血清のタンパク量が0.5を超える 胸水LDH/血清LDH[ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    不足HCO 3(mEq/L) 体重(Kg) 0.2 (24-測定HCO 3) 不足HCO 3(mEq/L) 体重(Kg) 0.2 B.Eから計算され、まず半分量を投与しpHをみながら追加していく。メイロンで行う場合は単位換算が必要である。7%メイロン20mLでは17mEq/Lであり、8.4%メイロン20mLでは20mEq/Lで計算する。[ja.wikipedia.org] 執筆者: James L.[msdmanuals.com] 嘔吐がおこりHClが体内から失われると、細胞外液が減少し、脈拍の増加などの臨床所見がみられるにもかかわらず、尿中Na濃度は20mEq/L以上である。通常は有効循環血液量が減少すると尿中Na濃度は10mEq/L未満となるのだが、嘔吐ではこのような反応がマスクされる。[ja.wikipedia.org]

  • 強迫性障害

    Am J Psychiatry : 2008, 165(3);293-6 [PubMed:18316423] [WorldCat.org] [DOI] W K Goodman, L H Price, S A Rasmussen, C Mazure, R L Fleischmann, C L Hill, G R Heninger, D S Charney[bsd.neuroinf.jp] 、Essentials of Psychiatric Diagnosis, Revised Edition: Responding to the Challenge of DSM-5 , The Guilford Press, 2013.L・サルズマン(著)成田善弘、笠原嘉(訳)『強迫パーソナリティ 新装版』みすず書房、1998年(原著1973[ja.wikipedia.org] J Affect Disord 80; 155-162, 2004. 33)Pigott TA, L'Heureux F, Dubbert B et al. Obsessive compulsive disorder: comorbid conditions.[mhlw.go.jp]

  • 胸部大動脈瘤

    同様に1002は境界の辺ごとに牽引力より定まる辺等価節点力F をbに重ね合わせる方法を示したものである。J(,a,i)は辺内の節点aのi番目の自由度が全自由度で構成されるベクトルの何番目に対応するかを示すインデックスである。[google.com] 0701において作成する剛性行列Kと等価節点力ベクトルbは,0801に示すように各要素eおよび境界における辺に対して作成される要素剛性行列K e と要素等価節点力P e および辺等価節点力F を重ね合わせることにより作成する。[google.com] 図13の1300は,境界の各辺における辺等価節点力F の計算法を示したものである。1303は,辺上での疑似変位ベクトル場dおよび辺形状の補間法を示したものである。1302は辺等価節点力F I の各成分の計算式であり,fは0503で与えられる牽引力である。[google.com]

さらなる症状