Create issue ticket

考えれる9県の原因 klf1

結果を表示する: English

  • 遺伝性球状赤血球症

    そのほかに亜型とされるものがあり、 KLF1 異常と GATA1 異常を有する例が報告されている。 3.症状 (1)慢性の貧血症状:蒼白、哺乳力の低下など
(2)黄疸
(3)体重増加不良 4.治療法 従来、赤血球輸血療法、脾摘などが行われてきたが、未だに一定の治療方針は示されていない。造血幹細胞移植が行われることもある。[nanbyou.or.jp]

  • 後天性球状赤血球症

    そのほかに亜型とされるものがあり、 KLF1 異常と GATA1 異常を有する例が報告されている。 3.症状 (1)慢性の貧血症状:蒼白、哺乳力の低下など
(2)黄疸
(3)体重増加不良 4.治療法 従来、赤血球輸血療法、脾摘などが行われてきたが、未だに一定の治療方針は示されていない。造血幹細胞移植が行われることもある。[nanbyou.or.jp]

  • 赤血球無形成

    そのほかに亜型とされるものがあり、 KLF1 異常と GATA1 異常を有する例が報告されている。 3.症状 (1)慢性の貧血症状:蒼白、哺乳力の低下など
(2)黄疸
(3)体重増加不良 4.治療法 従来、赤血球輸血療法、脾摘などが行われてきたが、未だに一定の治療方針は示されていない。造血幹細胞移植が行われることもある。[nanbyou.or.jp]

  • モルフェア

    さらにこのUPRの活性化によりKC分化関連遺伝子C/EBPβ、KLF4、ABCA12がATF4あるいはXBP1-S経由で誘導されることを世界に先駆けて明らかにした( J Invest Dermatol 129, 2126-2135, 2009)。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • ピルビン酸キナーゼ欠乏

    そのほかに亜型とされるものがあり、 KLF1 異常と GATA1 異常を有する例が報告されている。 3.症状 (1)慢性の貧血症状:蒼白、哺乳力の低下など
(2)黄疸
(3)体重増加不良 4.治療法 従来、赤血球輸血療法、脾摘などが行われてきたが、未だに一定の治療方針は示されていない。造血幹細胞移植が行われることもある。[nanbyou.or.jp]

  • クーゲルベルグ・ウェランダー病

    「分化多能性因子」としては、多くの因子が報告されており、特に限定しないが、例えば、Octファミリー(例えば、Oct3/4)、Soxファミリー(例えば、Sox2、Sox、Sox3、Sox5及びSox7など)、Klfファミリー(例えば、Klf4、Klf2など)、Mycファミリー(例えば、c-Myc、N-Myc、L-Mycなど)、Nanog[patents.google.com]

  • ヘモグロビンE-サラセミア

    Invest. 120:2345 54(2010)およびMunozら, Nucleic Acids Res. 39(2):729 743(20)。 [00122]成体組織におけるβ グロビン発現の活性化は、そのプロモーターにおけるCACCCボックスでのKLF の結合に依存する。[biosciencedbc.jp] […] δ グロビンプロモーターは、損なわれていない(intact)CACCCボックスを欠き、KLF は結合せず、そして発現は2%のβ グロビンに限定される。[biosciencedbc.jp] 例えば損なわれていないCACCCボックスを導入することによって、β グロビンプロモーターを再現するδ プロモーターの突然変異によって、KLF 結合が可能になり、そしてδ グロビン発現の療法的に有効な増加が生じる。 [00123]これらの態様の特定の側面内で、非欠失HPFH γ グロビンプロモーター突然変異を生成してもよい。[biosciencedbc.jp]

  • 先天性赤血球異形成貧血 4型

    そのほかに亜型とされるものがあり、 KLF1 異常と GATA1 異常を有する例が報告されている。 3.症状 (1)慢性の貧血症状:蒼白、哺乳力の低下など
(2)黄疸
(3)体重増加不良 4.治療法 従来、赤血球輸血療法、脾摘などが行われてきたが、未だに一定の治療方針は示されていない。造血幹細胞移植が行われることもある。[nanbyou.or.jp]

  • グリセロールキナーゼ不足

    17-075 In vivo imagingを用いた糖・脂質代謝に重要な KLF15遺伝子発現制御機構の解明 武内 謙憲 (筑波大学・助教) 1,000 17-076 臨床応用へ向けたヒト肝細胞の次世代直接誘導法の開発 武田 行正 (京都府立医科大学・助教) 1,000 17-077 癌と組織再生における炎症の働きに関する研究 谷口 浩二[suzukenzaidan.or.jp] 02-030 脂肪細胞における新規転写因子 Kruppel - like factor 15 ( KLF15 ) の機能解析と生理的意義の解明 阪上 浩 (神戸大・医員) 1,000 02-031 生活習慣病患者(肥満、糖尿病)における SNP (-塩基変異)を基にした生活習慣改善支援システムを用いるオーダーメイドな生活指導の確立に向けての[suzukenzaidan.or.jp] じた生活習慣病治療へのアプローチ 清水 辰徳 (秋田大学・医員) 1,000 17-073 小胞型グルタミン酸トランスポーターを標的とした新規シグナル伝達制御システムの探索 樹下 成信 (岡山大学・助教) 1,000 17-074 加齢・慢性疾患で併発する個体機能低下メカニズムの理解と制御 髙島 誠司 (信州大学・テニュアトラック助教) 1,000[suzukenzaidan.or.jp]

さらなる症状