Create issue ticket

考えれる49県の原因 klf1

結果を表示する: English

  • 糖尿病

    通常の状態では、WWP1KLF15にユビキチンを結合させることにより分解を促し、KLF15の量を低く保っていますが、血糖値が上昇すると、WWP1の量が少なくなり、その結果、KLF15のユビキチンの結合が少なくなりKLF15の分解が抑制されることを、小川教授らは発見しました(図2)。[nips.ac.jp] 研究の内容 小川教授らは、マウスを実験的に糖尿病にすると筋肉量の減少に伴って、転写因子(注)であるKLF15というタンパクの量が筋肉で増えることを発見しました。筋肉だけで、KLF15を無くしたマウスを作ったところ、このマウスは糖尿病になっても筋肉量が減らないことがわかりました(図)。[nips.ac.jp] WWP1の働きを強めるような薬、あるいはKLF15の働きを弱めるような薬を開発できれば、筋肉減少の画期的な治療薬となる可能性があります。 用語解説 (注)転写因子:遺伝子の発現を制御する働きを持つタンパク。KLF15の場合は、筋の分解や筋萎縮を起こす遺伝子の発現を増加させることにより、筋肉の減少を促します。[nips.ac.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    赤血球系転写因子KLF1を発現させたiPS細胞は赤血球分化を促進させるが、赤芽球以外の造血細胞系列のMixtureが重要であったという著者らの先行研究の結果より、本研究ではマクロファージにおける転写因子KLF1の意義に着目した。[rh.med.tohoku.ac.jp] KLF1発現iPS細胞由来のマクロファージをヒト臍帯血CD34陽性細胞およびiPS細胞由来の赤芽球分化系とともに共培養を行うと、脱核赤血球の数の有意な増加が見られた。同赤血球分化促進作用は、さらにトランスウェルを用いた実験でも一部維持される事実より、赤芽球とマクロファージの直接の接触以外に分泌因子の関与も示唆された。[rh.med.tohoku.ac.jp]

  • 家族性前立腺癌

    人 rs10899221:OR、1.40(95%CI、1.16-1.69; P 0.002) rs72944738:OR、1.46(95%CI、1.16-1.69; P 0.003) KLF6 ( OMIM ) 10p15 Narla et al.(2005) 非血縁の294家系に属する散発性前立腺がんの米国人男性1,253人と家族性前立腺[cancerinfo.tri-kobe.org] KLF6.[cancerinfo.tri-kobe.org] [PUBMED Abstract] Hebbring SJ, Fredriksson H, White KA, et al.: Role of the Nijmegen breakage syndrome 1 gene in familial and sporadic prostate cancer.[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 遺伝性平滑筋腫症と腎細胞癌

    【集合写真】 2018.02 平田悠先生が第32回日本糖尿病・肥満動物学会で若手研究奨励賞を受賞 2018年2月23日 第32回日本糖尿病・肥満動物学会で平田悠先生が「高血糖はWWP1/KLF15経路を介して筋萎縮を促進する」の演題で若手研究奨励賞を受賞しました。[med.kobe-u.ac.jp] 2017.12 平田悠先生生が第29回分子糖尿病学シンポジウム若手研究奨励賞を受賞 2017年12月2日 第29回分子糖尿病学シンポジウムにおいて、平田悠先生が「高血糖はWWP1/KLF15経路を介して筋萎縮を促進する」の演題で、第29回分子糖尿病学シンポジウム若手研究奨励賞を受賞しました。[med.kobe-u.ac.jp] 2018.04 平田悠先生が第55回日本臨床分子医学会学術集会で学術奨励賞(YIA)を受賞 2018年4月13-14日、第55回日本臨床分子医学会学術集会で平田悠先生が「ユビキチンリガーゼWWP1KLF15の発現調節を通じ糖尿病性筋萎縮を制御する」の演題で第21回学術奨励賞(YIA)を受賞されました。[med.kobe-u.ac.jp]

  • 遺伝性球状赤血球症

    そのほかに亜型とされるものがあり、 KLF1 異常と GATA1 異常を有する例が報告されている。 3.症状 (1)慢性の貧血症状:蒼白、哺乳力の低下など
(2)黄疸
(3)体重増加不良 4.治療法 従来、赤血球輸血療法、脾摘などが行われてきたが、未だに一定の治療方針は示されていない。造血幹細胞移植が行われることもある。[nanbyou.or.jp]

  • 上皮性卵巣癌

    […] as a novelepithelial to mesenchymal transition inducer via direct activation of TWIST1 in endometrioid endometrial cancer 2014 著者名/発表者名 Dong P, Kaneuchi M, Xiong Y, Cao L[kaken.nii.ac.jp] していることが明らかになった.これらのマイクロRNAの発現状況を検討することにより,卵巣癌をはじめとする婦人科癌の早期発見,治療の個別化に寄与できる可能性が示唆された. 2014 実績報告書 研究成果報告書 ( PDF ) 2013 実施状況報告書 2012 実施状況報告書 2011 実施状況報告書 [雑誌論文] Identification of KLF17[kaken.nii.ac.jp]

  • 髄膜腫

    この遺伝子がハイジャックされることで,髄膜の発生に関わる WNT6 and ZIC1 / ZIC4 の制御異常が生じます。既知の NF2, SMARCB1, TRAF7, KLF4, AKT1, PIK3CA, SMO に加えて, AKT3, PIK3R1, PRKAR1A, SUFU にも変異が認められるとの報告です。[plaza.umin.ac.jp] 2) 散発性の髄膜腫でこれまで観察されてきた AKT1, KLF4, TRAF7, SMO 遺伝子変異は、放射線誘発髄膜腫では観察されなかった。 3) NF2 遺伝子の変異頻度に関しては、放射線誘発髄膜腫 (6%) の方が散発性の髄膜腫 (23%) よりも低かった。[jrrs.org]

  • 進行性ミオクローヌス性てんかん 3型

    染色体異常 CHRNA7 [HSA: 1139 ] [KO: K048 09 ] KLF13 [HSA: 51621 ] [KO: K09208 ] TRPM1 [HSA: 4308 ] [KO: K04976 ] FAN1 [HSA: 22909 ] [KO: K15363 ] H02014 毛細血管拡張性運動失調様症候群 毛細血管拡張性運動失調様症候群[kegg.jp]

  • fibrolamellar 型肝細胞癌

    腫瘍の組織像はFL-HCC患者の肝内腫瘍に類似しており、多能性幹細胞マーカーOCT4、KLF4、胆管マーカーSOX9、CK19、肝細胞マーカーHepPar-1、膵分化マーカーPDX1を発現していた。 図2.FL-HCC PDX由来ヒト腫瘍細胞の培養系の確立 A.[hepato.umin.jp] 次にFACSや免疫染色でFL-HCC PDX由来ヒト腫瘍細胞のphenotypeを調べたところ、CD13、CD24、CD44など癌幹細胞や正常幹細胞に高発現する分子の発現が高く、またOCT4、KLF4等の多能性幹細胞マーカー、BMI1、SHH等の幹細胞self-renewalマーカー、SOX17、SOX9等の内胚葉系幹細胞マーカーのみならず[hepato.umin.jp]

  • X連鎖知的障害 - 精神病 - 巨精巣症候群

    染色体異常 CHRNA7 [HSA: 1139 ] [KO: K04809 ] KLF13 [HSA: 51621 ] [KO: K09208 ] TRPM1 [HSA: 4308 ] [KO: K04976 ] FAN1 [HSA: 22909 ] [KO: K15363 ] H01878 Al-Raqad 症候群 Al-Raqad 症候群[kegg.jp]

さらなる症状