Create issue ticket

考えれる7県の原因 khk

結果を表示する: Italiano

  • 果糖

    次にこの経路を追求し、果糖の代謝のほとんどは小腸の細胞で行われており、最初小腸に存在するケトヘキソキナーゼ(Khk)によりリン酸化されて下流の経路に流れることを明らかにしている。実際Khkをノックアウトすると、果糖はそのまま門脈を通って肝臓に行く。すなわち、小腸は果糖が直接肝臓に行くのを防御する働きがある。[aasj.jp] 次にこの代謝経路を追跡し、果糖の代謝のほとんどは小腸の細胞で行われており、最初小腸に存在するケトヘキソキナーゼ(Khk)という酵素によりリンが添加され下流の経路へと流れることを明らかにしている。Khkをノックアウトすると、期待どおり果糖はそのまま血中に入り門脈を通って肝臓に行く。[news.yahoo.co.jp]

  • フルクトース代謝障害

    糖尿病性腎臓病ではKHK-CとKHK-Aが相反する役割をしている 研究グループは今回の研究で、糖尿病性腎臓病におけるKHK-AおよびKHK-Cそれぞれの役割を解析。[dm-rg.net] 過剰なフルクトース代謝がATPの枯渇、炎症、酸化ストレスを引き起こす フルクトースは主にフルクトース代謝酵素であるケトヘキソキナーゼ(KHK)で代謝され、KHKには「KHK-C」と「KHK-A」の2種類があり、ともに腎臓では近位尿細管のみにある。[dm-rg.net] 一方で、野生型マウスと比較してKHK-A単独が欠損したマウスでは、フルクトース摂取により、誘導される肥満・脂肪肝がより悪化することを報告しており、KHK-AおよびKHK-Cが異なった役割を担っていることが示唆されていた。[dm-rg.net]

  • 下垂体ホルモン欠乏症6

    E230 EL8F 25 特発性下垂体機能低下症 E230 SRN9 26 汎下垂体機能低下症 E230 R0A1 27 複合下垂体ホルモン欠損症 E230 FQGE 28 薬物誘発性下垂体機能低下症 E231 SGG3 29 下垂体性尿崩症 E232 F3NF 30 家族性中枢性尿崩症 E232 QAPC 31 完全型中枢性尿崩症 E232 KHK2[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • カルマン症候群

    E230 EL8F 25 特発性下垂体機能低下症 E230 SRN9 26 汎下垂体機能低下症 E230 R0A1 27 複合下垂体ホルモン欠損症 E230 FQGE 28 薬物誘発性下垂体機能低下症 E231 SGG3 29 下垂体性尿崩症 E232 F3NF 30 家族性中枢性尿崩症 E232 QAPC 31 完全型中枢性尿崩症 E232 KHK2[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • Weissenbacher-Zweymuller症候群

    ITGB3、ITGB4、ITIH1、ITM2B、IV、IVD、JAG1、JAK3、JBS、JBTS1、JMS、JPD、KAL1、KAL2、KALI、KLK2、KLK4、KCNA1、KCNE2、KCNE1、KCNH2、KCNJ1、KCNJ2、KCNJ1、KCNQ2、KCNQ3、KCNQ4、KCNQ1、KCS、KERA、KFM、KFS、KFSD、KHK[biosciencedbc.jp]

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    ITGB3、ITGB4、ITIH1、ITM2B、IV、IVD、JAG1、JAK3、JBS、JBTS1、JMS、JPD、KAL1、KAL2、KALI、KLK2、KLK4、KCNA1、KCNE2、KCNE1、KCNH2、KCNJ1、KCNJ2、KCNJ1、KCNQ2、KCNQ3、KCNQ4、KCNQ1、KCS、KERA、KFM、KFS、KFSD、KHK[biosciencedbc.jp]

  • ベツレムミオパチー

    ITGB3、ITGB4、ITIH1、ITM2B、IV、IVD、JAG1、JAK3、JBS、JBTS1、JMS、JPD、KAL1、KAL2、KALI、KLK2、KLK4、KCNA1、KCNE2、KCNE1、KCNH2、KCNJ1、KCNJ2、KCNJ1、KCNQ2、KCNQ3、KCNQ4、KCNQ1、KCS、KERA、KFM、KFS、KFSD、KHK[biosciencedbc.jp]

さらなる症状