Create issue ticket

考えれる14県の原因 khk

結果を表示する: English

  • 果糖

    次にこの経路を追求し、果糖の代謝のほとんどは小腸の細胞で行われており、最初小腸に存在するケトヘキソキナーゼ(Khk)によりリン酸化されて下流の経路に流れることを明らかにしている。実際Khkをノックアウトすると、果糖はそのまま門脈を通って肝臓に行く。すなわち、小腸は果糖が直接肝臓に行くのを防御する働きがある。[aasj.jp] 次にこの代謝経路を追跡し、果糖の代謝のほとんどは小腸の細胞で行われており、最初小腸に存在するケトヘキソキナーゼ(Khk)という酵素によりリンが添加され下流の経路へと流れることを明らかにしている。Khkをノックアウトすると、期待どおり果糖はそのまま血中に入り門脈を通って肝臓に行く。[news.yahoo.co.jp]

  • 副甲状腺癌

    試験の内容 試験薬剤名 KHK7580 疾患名 副甲状腺癌及び副甲状腺摘出術不能又は術後再発の原発性副甲状腺機能亢進症における高カルシウム血症 薬効群名 他に分類されない代謝性医薬品 用法 経口投与 試験の目的 副甲状腺癌及び副甲状腺摘出術不能又は術後再発の原発性副甲状腺機能亢進症における高カルシウム血症患者を対象にKHK7580を最大24[rctportal.niph.go.jp] 協和発酵キリン株式会社は10月30日、副甲状腺がんおよび副甲状腺摘出術不能または術後再発の原発性副甲状腺機能亢進症における高カルシウム血症を対象とした「KHK7580」(一般名:エボカルセト)の第3相臨床試験を開始したと発表した。[m3.com] 対象疾患 試験実施者 協和発酵キリン株式会社 試験の種類 介入試験(薬剤) 試験の概要 副甲状腺癌及び副甲状腺摘出術不能又は術後再発の原発性副甲状腺機能亢進症における高カルシウム血症患者を対象にKHK7580を最大24週間経口投与したときの有効性を検討する。[rctportal.niph.go.jp]

  • 末梢性T細胞リンパ腫

    承認 … この記事を読む プレスリリース「リツキシマブBS点滴静注100mg、500mg『KHK』の国内販売開始のお知らせ」 2018年1月18日 お知らせ 医療情報のお知らせ 未承認薬等の情報 2018年1月17日に協和発酵キリン株式会社よりプレスリリース「リツキシマブBS点滴静注100mg、500mg『KHK』の国内販売開始のお知らせ」[group-nexus.jp]

  • 成長ホルモン分泌不全

    E230 EL8F 25 特発性下垂体機能低下症 E230 SRN9 26 汎下垂体機能低下症 E230 R0A1 27 複合下垂体ホルモン欠損症 E230 FQGE 28 薬物誘発性下垂体機能低下症 E231 SGG3 29 下垂体性尿崩症 E232 F3NF 30 家族性中枢性尿崩症 E232 QAPC 31 完全型中枢性尿崩症 E232 KHK2[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 先天性アンチトロンビン欠乏症2型

    第I/II相 (韓国) KHK4563未承認慢性閉塞性肺疾患(COPD)第III相 KRN23未承認主要性骨軟化症/表皮母斑症候群 第II相 (米国)自社 KHK2898未承認悪性腫瘍 第I/II相 (英国)抗CD98完全ヒト抗体 KHK6640未承認アルツハイマー病第I/II相第I/II相 (欧州)イムナス・ファーマから導入 KW-3357[jpma.or.jp] 未承認悪性腫瘍 第I/II相 (米国)Cephalon社(現TEVA社)から導入、(TEVA社と共同開発) KHK2898未承認悪性腫瘍 第I/II相 (シンガポール)自社 KHK4827未承認乾癬第III相 Kirin-Amgenから導入 内科Cinacalcet Hydrochloride既承認二次性副甲状腺機能亢進症 ※海外開発について[jpma.or.jp] (皮膚T細胞リンパ腫))自社 内科 消化器科ARQ 197未承認肝細胞癌第III相 導入(米国ArQule) BIW-8962未承認悪性腫瘍 第I/II相 (韓国)自社 KRN951未承認悪性腫瘍第I/II相 自社 KW-3357未承認汎発性血管内凝固症候群、先天性アンチトロンビン欠乏に基づく血栓形成傾向承認 (欧州)日本血液機構が販売 KHK4563[jpma.or.jp]

  • T 細胞リンパ芽球性リンパ腫

    承認 … この記事を読む プレスリリース「リツキシマブBS点滴静注100mg、500mg『KHK』の国内販売開始のお知らせ」 2018年1月18日 お知らせ 医療情報のお知らせ 未承認薬等の情報 2018年1月17日に協和発酵キリン株式会社よりプレスリリース「リツキシマブBS点滴静注100mg、500mg『KHK』の国内販売開始のお知らせ」[group-nexus.jp]

  • 過剰腎臓

    糖尿病性腎臓病ではKHK-CとKHK-Aが相反する役割をしている 研究グループは今回の研究で、糖尿病性腎臓病におけるKHK-AおよびKHK-Cそれぞれの役割を解析。[dm-rg.net] 過剰なフルクトース代謝がATPの枯渇、炎症、酸化ストレスを引き起こす フルクトースは主にフルクトース代謝酵素であるケトヘキソキナーゼ(KHK)で代謝され、KHKには「KHK-C」と「KHK-A」の2種類があり、ともに腎臓では近位尿細管のみにある。[dm-rg.net] 一方で、野生型マウスと比較してKHK-A単独が欠損したマウスでは、フルクトース摂取により、誘導される肥満・脂肪肝がより悪化することを報告しており、KHK-AおよびKHK-Cが異なった役割を担っていることが示唆されていた。[dm-rg.net]

  • 特発性膜性腎症

    果糖は主にフルクトキナーゼ(KHK)により代謝され、そのKHKには2種のアイソフォーム、KHK—C・KHK—Aが同定されています。KHK—Cは主に腎・肝・小腸に、KHK—Aはユビキタスに発現しています。[med.nagoya-u.ac]

  • ウォルコット・ラリソン症候群

    ITGB3、ITGB4、ITIH1、ITM2B、IV、IVD、JAG1、JAK3、JBS、JBTS1、JMS、JPD、KAL1、KAL2、KALI、KLK2、KLK4、KCNA1、KCNE2、KCNE1、KCNH2、KCNJ1、KCNJ2、KCNJ1、KCNQ2、KCNQ3、KCNQ4、KCNQ1、KCS、KERA、KFM、KFS、KFSD、KHK[biosciencedbc.jp]

  • びまん性胃癌

    Adjuvant Study(パルボシクリブの術後補助療法に関する共同研究):ホルモン受容体陽性(HR )/ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)陰性の早期乳がんに対するパルボシクリブと標準的な術後補助内分泌療法の併用と標準的な術後補助内分泌療法単独を比較する無作為化第3相試験 ― 2912 乳がん 第Ⅱ相 中村 力也 進行・再発乳癌患者を対象としたKHK2375[pref.chiba.lg.jp]

さらなる症状