Create issue ticket

考えれる1,439県の原因 kernig, xii, 卵形の胸椎・腰椎の椎体

  • 髄膜炎

    項部硬直、Kernig 徴候、Brudzinski 徴候などの髄膜刺激症状が見られるが同じく新生児や乳児などではこれらが明らかではないことも多い。[pref.tottori.lg.jp] 項部硬直、Kernig徴候、Brudzinski徴候などの髄膜刺激症状が見られることがあるが、新生児や乳児などではこれらの臨床症状が明らかではないことが多い。 細菌性髄膜炎とは (国立感染所研究所) ※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。 対象感染症一覧へ[pref.okayama.jp] 首を動かしにくくなる硬直(項部硬直)、大腿筋が動かしにくくなる硬直(Kernig徴候)、首を屈曲すると股関節と膝関節の屈曲が誘発される(Brudzinski徴候)などの症状が見られることがあります。 細菌性髄膜炎では、病原体に合わせた抗菌薬療法が行われます。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]

    不足: xii 卵形の胸椎・腰椎の椎体
  • 内分泌機能不全

    Prander-Willi症候群[内分泌症候群(第2版)II,p229参照] 12 Russell-Silver症候群 小崎健次郎 436 13 Noonan症候群[内分泌症候群(第2版)II,p505参照] 14 Williams症候群 近藤 郁子 440 15 家族性低身長 田中 敏章 444 16 胎児性アルコール症候群(FAS) 鈴木 健二 447 XII[nippon-rinsho.co.jp]

    不足: kernig 卵形の胸椎・腰椎の椎体
  • 副神経麻痺

    このビデオは、頭蓋神経 VII XII (表 1) の体系的な検討を示します。[jove.com] 考えられる疾患,鑑別に必要な検査 小脳症状 診察の方法 手回内・回外試験 指鼻指試験 踵膝試験 膝打ち試験 Stewart-Holmes反跳現象の診察 Pendulousness 体幹運動失調の診察 構音障害 その他 診断プロセスからみる小脳症状の診察 病巣部位 考えられる疾患,鑑別に必要な検査 髄膜刺激症状 診察の方法 項部硬直の診察 Kernig[m-book.co.jp] (眼輪筋),口輪筋の動きを確認します (5)聴力(VIII 神経) 聴力(会話の声,指こすり,音叉など)を確認し,Weberテスト,Rinneテストを実施します (6)舌咽,迷走神経(IX,X 神経) 開口位で軟口蓋,咽頭後壁の動きを確認します (7)副神経(XI神経) 胸鎖乳突筋,僧帽筋における筋力の左右差を確認します (8)舌下神経(XII[igaku-shoin.co.jp]

    不足: 卵形の胸椎・腰椎の椎体
  • その他および未特定の連鎖球菌による新生児の敗血症

    XII.肝中心静脈閉鎖症を伴う免疫不全症 診断方法: A.主要臨床症状 1.肝中心静脈閉鎖 2.肝脾腫 3.反復する呼吸器感染 4.血小板減少 B.重要な検査所見 1.記憶T細胞の低下 2.記憶B細胞の低下 3.画像検査にて肝中心静脈閉鎖の所見 4.確定診断として、細胞核に発現する SP110 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp] 髄膜刺激症状として項部硬直やKernig 徴候などがあるが、新生児・乳児・幼児では必ずしも明瞭ではない。そのような場合、大泉門の膨隆がみられることも多く、診断の助けとなる。 一般血液生化学検査では、核の左方移動を伴う白血球数増多がみられ、CRP 値は高度の上昇を示す。[niid.go.jp]

    不足: 卵形の胸椎・腰椎の椎体
  • 無菌性髄膜炎

    項部硬直、Kernig 徴候、Brudzinski 徴候などの髄膜刺激症状が見られるが同じく新生児や乳児などではこれらが明らかではないことも多い。[pref.tottori.lg.jp] 項部硬直、Kernig徴候、Brudzinski徴候などの髄膜刺激症状が見られるが同じく新生児や乳児などではこれらが明らかではないことも多い。[mhlw.go.jp] 髄膜刺激症状としては、項部硬直、Kernig(ケルニッヒ)徴候などがあります。 乳幼児など年齢が低い場合は、易刺激性、不機嫌が目立ち、特異的な症状を示さないことも多くみられます。 治療 原因病原体がウイルスの場合は通常対症療法になります。ウイルス以外が原因の場合には、病原体特異的治療をします。[kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp]

    不足: xii 卵形の胸椎・腰椎の椎体
  • 第xii因子欠乏症

    因子のみ低下していることが判明し血液凝固第XII因子欠乏症と診断した.手術は局所麻酔による大伏在静脈高位結紮術,不全穿通枝結紮・離断,静脈瘤切除を行い,術後合併症なく経過した.第XII因子欠乏症では,APTTが著明に延長しているにもかかわらず出血傾向を示すことがないとされている.むしろ,血栓傾向のリスクファクターとなる可能性が指摘され心筋梗塞[js-phlebology.org] 生化学的検査 薬物分析検査 内分泌学的検査 免疫血清学的検査 腫瘍関連検査 血液学的検査 一般検査 微生物学的検査 病理学的検査 遺伝子関連検査 その他 凝固第XII因子 coagulation facter XII 分類 血液学的検査 - 凝固・線溶系検査 検査コード 2004-000000 JLAC10 2B430-0000-022-311[falco.co.jp] すなわちF.XIIとプレカリクレインとでは、相互活性化作用をもつため、反応が爆発的に進行する。 F.XIIが低値を示す病態は、下記の通りである。F.XIIの欠乏症は極めてまれである。臨床症状は出血症状を示さず、むしろ血栓形成傾向がある。F.XIIはプラスミンの活性に関与するため、F.XIIの欠乏は線溶低下を引き起こすと推論されている。[data.medience.co.jp]

    不足: kernig 卵形の胸椎・腰椎の椎体
  • 髄膜刺激症状

    のスクリーニング検査【いまさら聞けない看護技術】 最終更新日:2013年5月29日 目的 髄膜刺激症状のスクリーニング検査が安全に行われるよう介助する 方法 項部硬直 患者を仰臥位にさせて状態で、介助にて頭を前方へ屈曲させる ブルジンスキー(Brudzinski)徴候 患者を仰臥位にさせて状態で、介助にて頭を前方へ屈曲させる ケルニッヒ(Kernig[nurse-happylife.com] 髄膜刺激症状 meningeal irritation symptome 髄膜の急性・亜急性炎症ないし刺激状態に際してみられるもので、 頭痛 項部強直 ケルニッヒ症候Kernig sign (患者の下肢を伸ばしたまま体幹に近づけると、痛みのため顔をしかめ反射的に下肢が 膝関節で屈折 する現象をいう。[asahi-net.or.jp] “The diagnostic accuracy of Kernig's sign, Brudzinski's sign, and nuchal rigidity in adults with suspected meningitis” (full text).[ja.wikipedia.org]

    不足: xii 卵形の胸椎・腰椎の椎体
  • Black Widow Spider Bite

    University of Hawaii Press (Honolulu). 190 xii pp. illus. ( publisher's listing ) Honolulu Star-Bulletin. 06 November 2008. Creepy critter caught in grapes .[ja.wikipedia.org]

    不足: kernig 卵形の胸椎・腰椎の椎体
  • 真菌性動脈瘤

    多発性筋炎・皮膚筋炎/全身性強皮症/シェーグレン症候群/ANCA関連血管炎/リウマチ性多発筋痛症/成人スティル病/IgG4関連疾患 XI.皮膚科疾患 アトピー性皮膚炎/蕁麻疹/足白癬/接触皮膚炎(かぶれ)/皮膚瘙痒症/熱傷/薬疹/褥瘡/下肢静脈瘤・下肢潰瘍/単純ヘルペス・帯状疱疹/丹毒・蜂窩織炎/痤瘡(にきび)/円形脱毛症/男性型脱毛症/疥癬 XII[kameda-hi.co.jp] 膜下腔とくも膜下槽(脳槽) 4.脳脊髄液(CSF) 2 感染症に関連する症候群 1.Argyll Robertson徴候 2.Brudzin【  ski徴候 3.大脳鎌症候群 4.Fisher症候群 5.Froin徴候(Froin症候群) 6.Gradenigo症候群 7.Guillain-Barr【e  症候群 8.Hunt症候群 9.Kernig[m-book.co.jp] 25 大動脈瘤閉塞症 安田慶秀 395 26 動脈硬化性穿孔 折口信人 399 27 特発性大動脈破裂 安藤太三 403 28 嚢胞性中膜壊死 今北正美 405 29 梅毒性大動脈炎 安田慶秀 408 30 腹部限局型大動脈解離 飯野美佐子 411 31 脈なし病,高安動脈炎 清水昭彦 415 32 リウマチ性大動脈炎 中村浩士 417 XII[nippon-rinsho.co.jp]

    不足: 卵形の胸椎・腰椎の椎体
  • Angiostrongylus Costaricensis

    臨床症状 2〜35日(平均16日)の潜伏期の後発症し、患者は微熱から中等度の発熱、激しい頭痛、 Brudzinski徴候、項部硬直、悪心、嘔吐、Kernig徴候、脳神経麻痺などを示し、さらに筋力の著しい低下、知覚異常、四肢の疼痛などを示すこ ともある。[niid.go.jp]

    不足: xii 卵形の胸椎・腰椎の椎体