Create issue ticket

考えれる3,321県の原因 k

結果を表示する: English

  • 高カリウム血症

    の受動輸送あるいはNa-K ATPaseの機能異常と関係があるものと思われた.ジギタリス剤服用の患者の血清カリウム値には注意する必要がある.[doi.org] 一般に、健康(高血圧の予防)のためにはNa(塩分)は控えめ、K(カリウム)は沢山とるのが良く、Kが多い生野菜やくだものの摂取が勧められています。バナナはKを多く含み「バナナ健康法」が流行りましたよね。「腎臓」にとってもKは良い作用をしますので、Kの多い「すいか」は腎臓に良いと昔から言われてきました。[nho-kumamoto.jp] 抄録 持続血液濾過透析(CHDF)中にメシル酸ナファモスタット(NM)による高カリウム血症を生じた慢性腎不全症例を経験した.症例は68歳の男性.肺水腫のため緊急入院し処置中に心停止を起こした.すぐに蘇生し人工呼吸下にNM30mg・hr -1 を用いたCHDFを行った.入院時の血清K は4.7mEq・l -1 であったが,CHDF開始20時間後[doi.org]

  • 低ナトリウム血症

    いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa, Kの尿中への排泄増加,ならびにADH分泌促進,および嘔気,嘔吐による摂取量低下が考えられた.インダパミドはサイアザイド系利尿薬同様[joi.jlc.jst.go.jp] 抄録 サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.[joi.jlc.jst.go.jp]

  • 関節炎

    再発例や長期治療れkではメソトレキセートやTNF阻害薬が検討される。 血清反応陰性関節炎 変形性関節症 多発性関節炎 関節痛 関節リウマチ - 自己免疫疾患のひとつ。 感染性関節炎(化膿性関節炎) - 細菌感染が原因。 結核性関節炎 - 結核菌が原因。 乾癬性関節炎(関節症性乾癬) - 乾癬の一病型。[ja.wikipedia.org]

  • シュードモナス属

    -J.; Lavigne, R.; Mattheus, W.; Chibeu, A.; Hertveldt, K.; Mast, J.; Robben, J.; Volckaert, G. (2006).[ja.wikipedia.org] Nojiri H; Maeda K; Sekiguchi H; Urata, Masaaki; Shintani, Masaki; Yoshida, Takako; Habe, Hiroshi; Omori, Toshio (2002).[ja.wikipedia.org] P.; Hertveldt, K.; Ceyssens, P. J.; Briers, Y.; Dumont, D.; Roucourt, B.; Krylov, V. N.; Mesyanzhinov, V. V.; Robben, J.; Volckaert, G. (2006).[ja.wikipedia.org]

  • 骨粗鬆症

    また、ビタミンDやビタミンK、骨の構成分であるたんぱく質の摂取も必要です。骨粗鬆症予防のためのそれぞれの1日あたりの摂取目標量は、ビタミンDが400 800IU(10 20μg)、ビタミンKが250 300μg、たんぱく質は女性が50g、男性が60gです。[nyusankin.or.jp] 食事療法 骨粗しょう症の治療や予防に必要な栄養素は、骨の主成分であるカルシウムやたんぱく質、および骨のリモデリング*に必要なビタミンD・Kなどです。 カルシウムは食品として1日700 800mg、ビタミンDは1日400 800IU、ビタミンKは1日250 300μgを摂ることが勧められています。[akira-naika.com] 食事指導 カルシウムを食品から700 800mg(サプリメント、カルシウム薬を使用する場合には注意が必要である)(グレードB)、ビタミンD 400 800IU(10 20μg)(グレードB)、ビタミンK 250 300μg(グレードB)の摂取が推奨される。 運動指導 一般的に衝撃荷重運動や抵抗加重運動は骨密度に有効性がある(グレードA)。[jpof.or.jp]

  • 胸部大動脈瘤

    さらに図11の1101は,1002と同様に番目の拘束条件式より行ベクトルC を作成する方法を示したものである。ここでは,拘束条件番号についてのループ処理1103の中で,さらに辺lについてのループ処理1102を実行する。[google.com] 同様に,0702において作成する拘束条件行列Cは,0802に示すように各拘束条件に対応する行ベクトルC から構成され,行ベクトルC は境界に 剛性行列と等価節点力ベクトルbに対して,拘束条件式Cd 0で表わされる制約条件に対してラグランジュ未定乗数法を適用することにより0803で表わす連立一次方程式を得る。[google.com] 0701において作成する剛性行列と等価節点力ベクトルbは,0801に示すように各要素eおよび境界における辺lに対して作成される要素剛性行列 e と要素等価節点力P e および辺等価節点力F l を重ね合わせることにより作成する。[google.com]

  • クレブシエラ属

    オキシトカ 肺炎桿菌 K. pneumoniae クラブシエラ属 ( Klebsiella Trevisan)は土壌や水中に生息する グラム陰性 通性嫌気性桿菌で真正細菌の一属。属名はドイツの病理学者 エドヴィン・クレープス に因む。 運動性はなく莢膜を有する。GC比は53から58で体温付近で最も増殖する。[ja.wikipedia.org] 病態生理 本菌にはエンドトキシンや外毒素など多くの病原性因子が知られている.また,本菌には多量の莢膜多糖体を産生する株が多く,このためコロニーはムコイド型を呈する.莢膜は好中球による貪食に抵抗し,マウス感染実験における本菌の50%致死量は10 cfu/mouse以下になる.K1,K2などの莢膜型が重要とされる.[kotobank.jp] D, Johnson RC, Segre JA, Chen K, Kolls JK, Elinav E, Morita H, Xavier RJ, Hattori M, Honda K.[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 高アルドステロン症

    本症はNa 、K 、BP が典型像である。これを踏まえて各種バリエーションを見ると見通しが良い。 高Na血症: Aldの鉱質コルチコイド作用によって血中Na濃度 低K血症 : Na の代わりにK BP : Na 血漿浸透圧 循環血漿量 BP 。[ja.wikipedia.org] 以下、アルドステロン(aldosterone)をAld、血圧(blood pressure)をBP、ナトリウム(ラテン語、ドイツ語: Natrium)をNa、カリウム(ラテン語・ドイツ語: Kalium)をK、上昇を 、低下を 、因果関係を(原因) (結果)、血漿アルドステロン濃度 (plasma aldosterone concentration[ja.wikipedia.org]

  • 低カリウム血症

    細胞膜のNa/Kポンプの働きで、Kを細胞の中に、Naを細胞外に輸送しています。 KとNaは対抗するように存在しています。 この働きはインスリンにより、血糖(血中グルコース)と一緒にKも細胞内に取り込むように作用します。 つまりインスリンは、血清Kを下げるように作用します。逆にインスリンが欠乏すると、高カリウム血症になります。[chugokuh.johas.go.jp] 軽度 (K 3.0-3.5mEq/L)特段の症状は現れない事が多い。若干血圧の上昇や不整脈を引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org] 病的な低カリウム血症で生じる生理的レベル以下の細胞外K 濃度([K ] o)では、ヒト心筋細胞の静止膜電位は脱分極して約-50mVにまでなることがあるのに対して、ラットおよびマウス心筋細胞は過分極になる。このことはK に関するネルンストの式と合致する。[cosmobio.co.jp]

  • アシドーシス

    具体的には,(1)ATP依存性3Na /2K 交換ポンプの停止とATP依存性H /K ポンプによる細胞内から細胞外へのK 移動による高カリウム血症,(2)心筋では活動電位の低下,β受容体減少に伴うカテコラミン不応性(文献1),Ca2 の感受性低下に伴う収縮力低下(文献2),(3)解糖系酵素の活性低下による糖代謝阻害から高血糖,(4)アデニル[jmedj.co.jp] 代謝性アルカローシスの原因としては ① 塩基の投与 … 重炭酸ナトリウム投与、輸血(クエン酸塩)、胃薬・下剤 ② 塩基の再吸収亢進 …体液量の減少、低K血症 ③ 塩基の分泌低下 …Cl-欠乏、腎機能低下 ④ 腎以外からの酸の喪失 …低K血症による細胞内へのH のシフト、嘔吐、胃液ドレナージによる胃酸HClの喪失 ⑤ 酸の排泄過剰 …利尿薬、[guides.lib.kyushu-u.ac.jp] このような状態では低カリウム血症にもかかわらず、尿中K濃度が比較的高い(10mEq/L以下ならば低値、こういったときは下剤の乱用も考える)のが特徴である。尿中Cl濃度が高ければ利尿薬乱用の可能性が高まる。しかしそうでなければ、かなり稀ではあるがバーター症候群の可能性がある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状