Create issue ticket

考えれる102県の原因 ivig

結果を表示する: English

  • ニューロパチー

    IVIGはPE療法に比べ患者様の負担が少なく、いつでもどこでも治療を開始することができ、また小児に対しても治療が可能なため、最近では、CIDPに対してIVIGを第一選択されている治療法です。 IVIGを行っても十分な症状の改善を認めない場合、あるいは一旦、神経症状が改善した後に再び増悪する場合では、再度IVIGを行います。[ketsukyo.or.jp] 治療としてIVIgのみ有効とされています。 (疾患・用語編) 免疫性ニューロパチー の一覧へ戻る[neurology-jp.org] IVIg療法は効果が副腎皮質ステロイドより早くに認められる反面、治療後の再発率が高いことが報告されています。なおIVIg治療で治療効果が認められない患者さんには副腎皮質ステロイド療法や血漿交換療法など別の治療法を試みることがあります。[nanbyou.or.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    IVIg療法は効果が副腎皮質ステロイドより早くに認められる反面、治療後の再発率が高いことが報告されています。なおIVIg治療で治療効果が認められない患者さんには副腎皮質ステロイド療法や血漿交換療法など別の治療法を試みることがあります。[nanbyou.or.jp] 本疾患の一つのタイプとして多巣性運動ニューロパチー(MMN)がありますが、この疾患はA、C、Dは一般に無効で、IVIg療法が有効な例があります。 IVIg治療を行っても十分な症状の改善を認めない場合、あるいは一旦、神経症状が改善した後に再び増悪する場合では、再度IVIg治療を行います。[sakaiisi.com] 本登録時までに副腎皮質ステロイドによる治療を12週間、並びに経静脈的免疫グロブリン療法(IVIg)開始後8週間を経ても、十分な改善が認められなかった難治性の患者、もしくは副腎皮質ステロイド及びIVIgのいずれも実施又は継続が困難な患者 4.[rctportal.niph.go.jp]

  • 血小板減少症

    最も頻度の高い急性ITPでは免疫抑制剤としてステロイド、免疫グロブリン(IVIG)、難治例にはリツキサンなどが用いられます。脾摘が適応になる場合があるほか、ピロリ除菌が奏功する例もあります。最近では慢性ITPにトロンボポエチン受容体作動薬であるレボレード(内服薬)、ロミプレート(皮下注射薬)が保険適応になっています。[tokushukai.or.jp]

  • 多発性神経炎

    IVIg療法は効果が副腎皮質ステロイドより早くに認められる反面、治療後の再発率が高いことが報告されています。なおIVIg治療で治療効果が認められない患者さんには副腎皮質ステロイド療法や血漿交換療法など別の治療法を試みることがあります。[nanbyou.or.jp] Q.どんな治療がありますか 第一選択となる治療は、 免疫グロブリン大量静注療法(IVIg)、副腎皮質ステロイド薬、血液浄化療法 です。多くの患者がこれらの治療のいずれかに反応しますが、どの治療によく反応するかは病型や病態によって異なります。[cidp-sgj.org] 治療内容の解析では、IVIg単独(24.6%)または他の治療法との併用療法(58.0%)が選択されており、副腎皮質ステロイド療法の単独治療は13.6%であった。このことから、本邦ではIVIg療法がCIDPにおける治療の第一選択となっていると言える。[nanbyou.or.jp]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    IVIg療法は効果が副腎皮質ステロイドより早くに認められる反面、治療後の再発率が高いことが報告されています。なおIVIg治療で治療効果が認められない患者さんには副腎皮質ステロイド療法や血漿交換療法など別の治療法を試みることがあります。[nanbyou.or.jp] 献血ベニロン -Iの適応拡大(視神経炎) ステロイド剤が効果不十分な視神経炎(ON)に対する治療薬として、静注用免疫グロブリン製剤(IVIg)である献血ベニロン -Iの適応拡大に取り組む。[kmbiologics.com] Q.どんな治療がありますか 第一選択となる治療は、 免疫グロブリン大量静注療法(IVIg)、副腎皮質ステロイド薬、血液浄化療法 です。多くの患者がこれらの治療のいずれかに反応しますが、どの治療によく反応するかは病型や病態によって異なります。[cidp-sgj.org]

  • 筋炎

    転院第3病日から免疫グロブリン(IVIG) 400 mg/kg/日を5日間投与したが、低酸素血症が進行し、CO2ナルコーシスとなりQMGスコアも26点まで悪化したため、第9病日から単純血漿交換(1回血漿処理量2,330 mL、5%アルブミン製剤で置換)を計5回施行した。[imic.or.jp] ステロイドで病勢が抑えきれないときには、他の免疫抑制剤を併用して内服したり、免疫グロブリンの大量点滴療法(IVIg)などを行ったりします。 ただし、封入体筋炎ではこれらの治療は効きにくいことが知られています。 病勢が落ち着いたのちは、リハビリを継続的に行うことが重要です。[hospital.japanpost.jp] 表 新しい多発性筋炎モデルに対する免疫グロブリン大量静注療法(IVIG) ヒトの多発性筋炎に有効とされているIVIGは、このモデルの筋炎も軽快させます。 このように非常によくできたモデルであることがわかったため、今後、多発性筋炎や皮膚筋炎の病気の仕組みの解明や新しい治療法の開発に役立つものと考えて研究を続けています。[tmd.ac.jp]

  • 川崎病

    概要 川崎病(KD)は年間約10,000から12,000人の小児に発症し、その内約16%で、標準治療である初回超大量ガンマグロブリン(2g/kg/回)静注療法(IVIG)に不応である。このIVIG不応KDの約25%に冠動脈拡大・瘤(CAL)が合併する。[nanbyou.or.jp] 治療法 エビデンスレベル Class-Grade 投与経路 薬 価 リスク IVIG投与 保険適応 III - B 点滴静注 数万円 ・複数回の投与 過粘稠症候群 ・未知の感染症(血液製剤であるため) ・30-50%が解熱しない ステロイドパルス: メチルプレドニゾロン Ib - B 点滴静注 数千円 ・高血圧、血栓症 ・漸減時の再燃 ・病日[chiba-crc.jp] 急性期治療 免疫グロブリン超大量(IVIG)単回投与は, 現時点で最も信頼できる抗炎症療法であり、約80%の症例で解熱が得られます。一方、10 20%の割合でIVIG不応例が存在します。このIVIG不応例では、IVIG反応例と比べて、約7倍もの高率で冠動脈障害を合併します。[tokushukai.or.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    内科的治療としては、交換輸血、カクテル療法(抗酸化剤、鉄キレート剤)、免疫グロブリン(IVIG)治療を有効とする報告があります。不応例は肝移植の適応になります。また、妊婦に対して妊娠14週以降にIVIGを継続的に投与することで発症を予防できたとする報告もあります。 図1 GALDの発症機序[tokushukai.or.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    Q.どんな治療がありますか 第一選択となる治療は、 免疫グロブリン大量静注療法(IVIg)、副腎皮質ステロイド薬、血液浄化療法 です。多くの患者がこれらの治療のいずれかに反応しますが、どの治療によく反応するかは病型や病態によって異なります。[cidp-sgj.org] 免疫グロブリン静脈内投与療法(IVIG) 点滴製剤を5日間連続して静脈注射する治療法で、初期のアレルギー反応を除けば副作用がありますが、比較的安全な治療法とされています。 血漿浄化療法 血液中の血漿成分に含まれると推定される病気の原因物質を分離、除去したのちに体内に戻す治療法です。[itamikenkiyu.jimdo.com] 多くの場合、症状が治まった寛解期にも再燃・再発を防ぐために、IVIgを定期的に反復投与したり、副腎皮質ステロイド薬を内服したりする維持療法を行います。これらの標準的な治療法で効果が薄い場合には、 免疫抑制剤 や 生物学的製剤 の使用が検討されることがあります。[cidp-sgj.org]

  • 皮膚筋炎

    ステロイドで病勢が抑えきれないときには、他の免疫抑制剤を併用して内服したり、免疫グロブリンの大量点滴療法(IVIg)などを行ったりします。 ただし、封入体筋炎ではこれらの治療は効きにくいことが知られています。 病勢が落ち着いたのちは、リハビリを継続的に行うことが重要です。[hospital.japanpost.jp] 免疫グロブリン静脈注射療法(intravenous immunoglobulin; IVIg)も行われている。 死亡原因としては悪性腫瘍や肺炎、感染症が多く、これらを合併した場合は生命予後が非常に悪い。悪性腫瘍を合併しなければ予後はよく、5年生存率は90%、10年生存率は80%である。[ja.wikipedia.org] 表 新しい多発性筋炎モデルに対する免疫グロブリン大量静注療法(IVIG) ヒトの多発性筋炎に有効とされているIVIGは、このモデルの筋炎も軽快させます。 このように非常によくできたモデルであることがわかったため、今後、多発性筋炎や皮膚筋炎の病気の仕組みの解明や新しい治療法の開発に役立つものと考えて研究を続けています。[tmd.ac.jp]

さらなる症状