Create issue ticket

考えれる213県の原因 ivig

結果を表示する: English

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    IVIg療法は効果が副腎皮質ステロイドより早くに認められる反面、治療後の再発率が高いことが報告されています。なおIVIg治療で治療効果が認められない患者さんには副腎皮質ステロイド療法や血漿交換療法など別の治療法を試みることがあります。[nanbyou.or.jp] 24例のIVIg群と、21例の静脈内メチルプレドニゾロン群に対し試験を行い、静脈内メチルプレドニゾロン群では11例(52%)、IVIg群では3例(13%)で治療を中止した。[medister.info] 本疾患の一つのタイプとして多巣性運動ニューロパチー(MMN)がありますが、この疾患はA、C、Dは一般に無効で、IVIg療法が有効な例があります。 IVIg治療を行っても十分な症状の改善を認めない場合、あるいは一旦、神経症状が改善した後に再び増悪する場合では、再度IVIg治療を行います。[sakaiisi.com]

  • ニューロパチー

    IVIGはPE療法に比べ患者様の負担が少なく、いつでもどこでも治療を開始することができ、また小児に対しても治療が可能なため、最近では、CIDPに対してIVIGを第一選択されている治療法です。 IVIGを行っても十分な症状の改善を認めない場合、あるいは一旦、神経症状が改善した後に再び増悪する場合では、再度IVIGを行います。[ketsukyo.or.jp] IVIg療法は効果が副腎皮質ステロイドより早くに認められる反面、治療後の再発率が高いことが報告されています。なおIVIg治療で治療効果が認められない患者さんには副腎皮質ステロイド療法や血漿交換療法など別の治療法を試みることがあります。[nanbyou.or.jp] 治療としてIVIgのみ有効とされています。 (疾患・用語編) 免疫性ニューロパチー の一覧へ戻る[neurology-jp.org]

  • 筋炎

    早期のIVIGの使用が、6ヶ月後の筋力を優位に改善した。 【考察】 これまでの報告からも壊死性筋炎は亜急性な経過、著名な筋力低下、近位筋優位の筋力低下、CK高値が特徴的である。 但し、1年以上の慢性な経過の報告もいくつかある。 緩徐発症の場合は筋ジストロフィー様のこともあり、鑑別を有する 遠位筋まで侵されることもよくある。[showa-u-rheum.com] 転院第3病日から免疫グロブリン(IVIG) 400 mg/kg/日を5日間投与したが、低酸素血症が進行し、CO2ナルコーシスとなりQMGスコアも26点まで悪化したため、第9病日から単純血漿交換(1回血漿処理量2,330 mL、5%アルブミン製剤で置換)を計5回施行した。[imic.or.jp] 間質性肺炎合併時や,ステロイドだけでは再燃する例では,タクロリムス(プログラフ ),シクロホスファミド(エンドキサン )といった免疫抑制剤や,大量免疫グロブリン療法(IVIg)を組み合わせて治療します。急速に進行する間質性肺炎に対しては,アフェレシス療法(血漿交換,PMX-DHP)を行うことがあります。[aichi-med-u.ac.jp]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    IVIg療法は効果が副腎皮質ステロイドより早くに認められる反面、治療後の再発率が高いことが報告されています。なおIVIg治療で治療効果が認められない患者さんには副腎皮質ステロイド療法や血漿交換療法など別の治療法を試みることがあります。[nanbyou.or.jp] [多巣性運動ニューロパチー/Multifocal Motor Neuropathy] 難病情報センターのページ (一般の方向け ) 確立している治療法は、現時点ではIVIg(免疫グロブリン大量療法)のみで、あとはシクロスポリンがIVIgの間隔を長くするとされているくらいです。[mixi.jp] 後天性の慢性脱髄性末梢神経疾患である.診断は臨床症状や電気生理学的検査をもとに総合的に行われ,神経伝導検査における末梢運動神経での伝導ブロックは診断の大きな手がかりとなるが,明確な伝導ブロックを認めない症例も報告されている.そのような例では,とくに筋萎縮性側索硬化症(ALS)との鑑別が重要となる.治療の第一選択は免疫グロブリン大量静注療法(IVIg[pieronline.jp]

  • 多発性神経炎

    IVIg療法は効果が副腎皮質ステロイドより早くに認められる反面、治療後の再発率が高いことが報告されています。なおIVIg治療で治療効果が認められない患者さんには副腎皮質ステロイド療法や血漿交換療法など別の治療法を試みることがあります。[nanbyou.or.jp] 治療内容の解析では、IVIg単独(24.6%)または他の治療法との併用療法(58.0%)が選択されており、副腎皮質ステロイド療法の単独治療は13.6%であった。このことから、本邦ではIVIg療法がCIDPにおける治療の第一選択となっていると言える。[nanbyou.or.jp] また本疾患の亜型とされる多巣性運動ニューロパチー(MMN)には副腎皮質ステロイドや血漿交換療法は無効と考えられていますが、唯一IVIg療法は有効とされています。 通常は1クールでの治療で比較的早期(数週間程度)に効果が認められますが、再発をきたした際には再度IVIg療法を行います。[nanbyou.or.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    の予防・症状軽減効果と安全性を評価するための多施設共同・単群・非盲検試験 目的 主要目的 母体に対するガンマグロブリン大量静注療法(胎内IVIG療法)による児の新生児ヘモクロマトーシスの予防・症状軽減効果を評価する 副次的目的 母体に対するガンマグロブリン大量静注療法(胎内IVIG療法)の安全性を評価する 試験デザイン 試験デザイン 多施設共同[rctportal.niph.go.jp] 内科的治療としては、交換輸血、カクテル療法(抗酸化剤、鉄キレート剤)、免疫グロブリン(IVIG)治療を有効とする報告があります。不応例は肝移植の適応になります。また、妊婦に対して妊娠14週以降にIVIGを継続的に投与することで発症を予防できたとする報告もあります。 図1 GALDの発症機序[tokushukai.or.jp] JMACCT試験ID JMA-IIA00353 最終情報更新日: 2018年8月8日 登録日:2018年06月06日 試験名 正式試験名 新生児ヘモクロマトーシスに対する胎内ガンマグロブリン大量静注療法の臨床試験 簡略標題 NH001 試験概要 概要 母体に対するガンマグロブリン大量静注療法(胎内IVIG療法)による児の新生児ヘモクロマトーシス[rctportal.niph.go.jp]

  • 血小板減少症

    最も頻度の高い急性ITPでは免疫抑制剤としてステロイド、免疫グロブリン(IVIG)、難治例にはリツキサンなどが用いられます。脾摘が適応になる場合があるほか、ピロリ除菌が奏功する例もあります。最近では慢性ITPにトロンボポエチン受容体作動薬であるレボレード(内服薬)、ロミプレート(皮下注射薬)が保険適応になっています。[tokushukai.or.jp]

  • 多発性筋炎

    筋肉内の炎症の鎮静化,筋肉量・筋力の回復であり,ステロイドが第一選択薬であるが,初期から免疫抑制薬(アザチオプリン,メトトレキサート,タクロリムス,シクロスポリン)を併用することが多くなっている 筋炎再燃時には,ステロイド増量(0.5 1mg/kg/日),免疫抑制薬(アザチオプリン,メトトレキサートなど)の追加・増量,免疫グロブリン静注療法(IVIg[jmedj.co.jp] 間質性肺炎合併時や,ステロイドだけでは再燃する例では,タクロリムス(プログラフ ),シクロホスファミド(エンドキサン )といった免疫抑制剤や,大量免疫グロブリン療法(IVIg)を組み合わせて治療します。急速に進行する間質性肺炎に対しては,アフェレシス療法(血漿交換,PMX-DHP)を行うことがあります。[aichi-med-u.ac.jp] 8 PM/DMによる筋力低下とステロイド筋症による筋力低下はどのように鑑別するか CQ 9 免疫抑制薬の併用は,どのような症例で検討すべきか CQ10 免疫抑制薬の併用は,副腎皮質ステロイドの早期減量を可能にするか CQ11 副腎皮質ステロイド以外に用いる免疫抑制薬は何か CQ12 副腎皮質ステロイド抵抗例では大量免疫グロブリン静注療法(IVIg[shindan.co.jp]

  • 皮膚筋炎

    間質性肺炎合併時や,ステロイドだけでは再燃する例では,タクロリムス(プログラフ ),シクロホスファミド(エンドキサン )といった免疫抑制剤や,大量免疫グロブリン療法(IVIg)を組み合わせて治療します。急速に進行する間質性肺炎に対しては,アフェレシス療法(血漿交換,PMX-DHP)を行うことがあります。[aichi-med-u.ac.jp] 8 PM/DMによる筋力低下とステロイド筋症による筋力低下はどのように鑑別するか CQ 9 免疫抑制薬の併用は,どのような症例で検討すべきか CQ10 免疫抑制薬の併用は,副腎皮質ステロイドの早期減量を可能にするか CQ11 副腎皮質ステロイド以外に用いる免疫抑制薬は何か CQ12 副腎皮質ステロイド抵抗例では大量免疫グロブリン静注療法(IVIg[shindan.co.jp] ステロイドで病勢が抑えきれないときには、他の免疫抑制剤を併用して内服したり、免疫グロブリンの大量点滴療法(IVIg)などを行ったりします。 ただし、封入体筋炎ではこれらの治療は効きにくいことが知られています。 病勢が落ち着いたのちは、リハビリを継続的に行うことが重要です。[hospital.japanpost.jp]

  • 川崎病

    概要 川崎病(KD)は年間約10,000から12,000人の小児に発症し、その内約16%で、標準治療である初回超大量ガンマグロブリン(2g/kg/回)静注療法(IVIG)に不応である。このIVIG不応KDの約25%に冠動脈拡大・瘤(CAL)が合併する。[nanbyou.or.jp] 血管の内側には血圧がかかっていますから、血圧を支えきれなくなり、風船のようにふくらんでいき、動脈瘤になるのです」 免疫グロブリン療法(IVIG)で治療後、体重が増え続けると冠動脈に異常が起きやすくなり、重症化する場合も多い(IVIG不応)というが、なぜIVIG不応で重症化するのか?[news.yahoo.co.jp] 川崎病におけるIVIG療法の病態解析はこれまでにも報告がありますが、川崎病患者由来白血球を用いた解析しか存在せず、川崎病患者由来血管内皮細胞を用いた解析はありませんでした。本研究では、IVIG不応およびIVIG反応川崎病患者さんから体細胞を採取し、iPS細胞を作製しました。[f.kpu-m.ac.jp]

さらなる症状