Create issue ticket

考えれる163県の原因 ivb

結果を表示する: English

  • 頚管拡張子宮内膜掻爬術

    がんがどの程度拡がっているかによりIVA期とIVB期に分けられます。 IVA期: がんが膀胱または、腸壁まで拡がっています。 IVB期: がんが腹部および/あるいは鼠径部のリンパ節などの骨盤を越えた他の部位に拡がっています。 再発性子宮体がん 再発性子宮体がんとは、いったん治療したあとで再発した(再びがんが出てきた)状態をいいます。[imic.or.jp] IV期は、がんの拡がりの程度に応じてIVA期とIVB期に分けられます。 IVA期 : がん が 膀胱 と 腸 壁のいずれか、または両方に拡がっている。 IVA期子宮内膜がん。膀胱または腸もしくはその両方までがんが拡がっています。 IVB期 : がん が 腹部 や、 鼠径部 の リンパ節 など、 骨盤 外の部位に拡がっている。[cancerinfo.tri-kobe.org] IVB期子宮内膜がん。がんは骨盤を越えて、腹部や鼠径部のリンパ節など、他の部位に拡がっています。 子宮内膜がんは治療上、以下のように分類されます: 低リスク子宮内膜がん グレード 1と2の 腫瘍 は通常、低リスクとされます。これらの腫瘍は、体内の他の部位に拡がらないのが普通です。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 子宮頸部異形成

    期 小骨盤腔を超えてがんが広がるもの 表2 臨床進行期と治療 臨床進行期 治療 IA1 子宮頸部円錐切除単純子宮全摘術 IA2、IB 広汎(準広汎)子宮全摘出術 リンパ節廓清術(病理所見によって、術後化学療法・放射線療法) IIA、IIB 同時化学放射線療法(手術) IIIA、IIIB、IVA 同時化学放射線療法 IVB 化学療法、緩和医療[tokushukai.or.jp] 下方部分の1/3に達するもの IIIA期 がん膣壁浸潤は下方部分1/3に達するが、子宮傍組織浸潤は骨盤壁まで達していないもの IIIB期 子宮傍組織浸潤が骨盤壁にまで達しているもの、または明らかな水腎症や腎臓が無機能になったもの IV期:がんが小骨盤腔を超えて広がるか、膀胱・直腸粘膜をおかすもの IVA期 膀胱や直腸粘膜への浸潤があるもの IVB[tokushukai.or.jp]

  • 甲状腺髄様癌

    IV期: IV期甲状腺髄様がん は、IVA期、IVB期、IVC期に分けられます。[cancerinfo.tri-kobe.org] IV期の甲状腺未分化がんはIVA期、IVB期、IVC期に分けられます。 IVA期ではがんは甲状腺内に認められ、さらにリンパ節まで拡がっていることがあります。 IVB期ではがんは甲状腺の外側に拡がっており、リンパ節まで拡がっていることがあります。[imic.or.jp] IVB期:がんは、脊柱前部の組織または頸動脈周囲、肺の間の領域中の血管まで広がっており、リンパ節まで広がっていることがある。 IVC期:がんの大きさに関わらず、肺、骨など身体の他の部分まで広がっており、リンパ節まで広がっていることがある。[ganchiryo.com]

  • 過敏症

    IVb型 Th2細胞と好酸球による反応であり気管支喘息、アレルギー性鼻炎、蛋白誘発性腸炎が含まれる。 IVc型 CD8 T細胞による反応であり接触性皮膚炎が含まれる。 IVd型 T細胞と好中球による反応でありベーチェット病などが含まれる。[ja.wikipedia.org]

  • 胆管癌

    Stage IVB 癌が離れた別の臓器(胆嚢から離れた部位の肝実質、肺、骨、リンパ節等)に転移を認める状態です。 遠位胆管癌 Stage 0 IA 癌の広がりが胆管内にとどまり、リンパ節や他の臓器への転移、播種などが認められない状態です。[hospital.iwata.shizuoka.jp] があるが、遠隔転移はなく、がんが浸潤している範囲は、IIIA期までと同様 IVA期 領域リンパ節転移の有無に関わらず、遠隔転移がなく、両側肝内胆管の二次分枝まで浸潤している、または門脈の本幹や左右分枝に浸潤がある、または総肝動脈、固有肝動脈、左右肝動脈に浸潤がある、または片側肝内胆管二次分枝まで浸潤があり、対側の門脈や肝動脈に浸潤がある IVB[ganjoho.jp] リンパ節転移や胆嚢以外の臓器への転移の状況によってIVa期とIVb期にさらに分類されています。 全国集計によれば病期ごとの5年生存率はⅠ期87.5%、Ⅱ期68.7%、Ⅲ期41.8%、Ⅳa期22.3%、Ⅳb期6.3%です。 治療 胆嚢癌の治療は、手術が原則です。[kinshukai.or.jp]

  • 子宮内膜間質肉腫

    【成績】平均年齢は55歳(45‐83)、進行期はI期2例(Ia:0例, Ib:2例)、II期3例(IIa:2例, IIb:1例)、III期0例、IV期1例(IVa:0例, IVb:1例)であった。主訴に不正出血を認めた症例が4例、下腹部痛を認めた症例が4例であった。[archive.jsco.or.jp] また、病期がIVB期(遠隔転移がある場合)のような進行がんや、全身状態から前述のような治療法が選択出来ない場合は、緩和治療が治療の主軸となります。 また今後の療養の方針が検討されます。 臨床試験 標準的な治療法が選択出来ない場合、該当する臨床試験があれば、案内します。 基本的には高次医療機関へ紹介させていただきます。[tachikawa-hosp.gr.jp] を超えるもの II期 腫瘍が骨盤腔に及ぶもの IIA期 付属器浸潤があるもの IIB期 その他の骨盤内組織へ浸潤するもの III期 腫瘍が骨盤外へ進展するもの IIIA期 1部位 IIIB期 2部位以上 IIIC期 骨盤リンパ節ならびに・あるいは傍大動脈リンパ節転移のあるもの IVA期 膀胱粘膜ならびに・あるいは直腸粘膜に浸潤のあるもの IVB[ncc.go.jp]

  • 甲状腺濾胞癌

    IV期の甲状腺未分化がんはIVA期、IVB期、IVC期に分けられます。 IVA期ではがんは甲状腺内に認められ、さらにリンパ節まで拡がっていることがあります。 IVB期ではがんは甲状腺の外側に拡がっており、リンパ節まで拡がっていることがあります。[imic.or.jp] (3)未分化がん IVA期、IVB期で手術が可能な場合には、術後に補助療法(放射線治療もしくは化学放射線療法)を行います。そのほかの場合には、集学的治療を行います。 図2は甲状腺がんの種類に応じた主な治療方法を、図3は乳頭がんの治療方法を示したものです。担当医と治療方針について話し合うときの参考にしてください。[ganjoho.jp] IVB期:がんは、脊柱前部の組織または頸動脈周囲、肺の間の領域中の血管まで広がっており、リンパ節まで広がっていることがある。 IVC期:がんの大きさに関わらず、肺、骨など身体の他の部分まで広がっており、リンパ節まで広がっていることがある。[ganchiryo.com]

  • 膵腫瘍

    第5版(日本膵臓学会) M0 M1 N0 N1 N2 N3 Tis 0 T1 I II III IVb T2 II III III T3 III III IVa T4 IVa 膵癌取扱い規約は,腫瘍因子,リンパ節転移の程度,遠隔転移の程度を組み合わせて規定される.以下に膵癌 取扱い規約のそれぞれの因子について説明する.[kuhp.kyoto-u.ac.jp] IVb期 がんが膵臓周囲の血管におよんでおり,第2群のリンパ節転移がある. または第3群のリンパ節転移があるか,離れた臓器に転移がある. 膵癌のUICC分類(第6版) I期 膵癌が膵臓の内部にとどまっており,リンパ節転移はない.[kuhp.kyoto-u.ac.jp] すなわち、Stage IからIIIおよび一部のIVaでは手術療法が第一選択となり、多くのStage IVaでは化学療法あるいは化学放射線療法が、Stage IVbでは患者さんの体力に応じて化学療法を選択しますが、病状が随分進行し体力的に化学療法に耐えられない場合は、症状などの緩和を中心としたbest supportive care (BSC[gifu-hp.jp]

  • 甲状腺腫

    ・乳頭がんまたは濾胞がん(45歳未満) N0, N1 T1, T2, T3, T4 I M1 II ・乳頭がんまたは濾胞がん(45歳以上)および髄様がん N0 N1a N1b T1 I III IVA T2 II III IVA T3 III III IVA T4a IVA IVA IVA T4b IVB IVB IVB M1 IVC IVC[jfcr.or.jp] IVC ・未分化がん N0, N1 T4a IVA T4b IVB M1 IVC 乳頭がんのがん研有明病院式がん死危険度分類 乳頭がんの多くは予後良好ですが、一部に肺や骨への遠隔転移や著しい局所浸潤のため不幸な転帰をたどるものがあります。[jfcr.or.jp]

  • 甲状腺癌

    IV期: IV期甲状腺髄様がん は、IVA期、IVB期、IVC期に分けられます。[cancerinfo.tri-kobe.org] IV期の甲状腺未分化がんはIVA期、IVB期、IVC期に分けられます。 IVA期ではがんは甲状腺内に認められ、さらにリンパ節まで拡がっていることがあります。 IVB期ではがんは甲状腺の外側に拡がっており、リンパ節まで拡がっていることがあります。[imic.or.jp] 根治切除可能な場合(Stage IVAおよびStage IVBの一部)には、手術が第一選択となるが、そのような症例は多くない。根治切除不能でほかに適当と考えられる治療法がない場合、進行性の遠隔転移などに対して分子標的薬投与が考慮される。[jsmo.or.jp]

さらなる症状