Create issue ticket

考えれる32県の原因 ind1

つまり: igf1

  • 急性膀胱炎

    具体的には、三環系抗うつ薬であるアミトリプチリン(AMT、mg/kg)、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)であるインドメタシン(IND、3mg/kg)、抗コリン薬であるオキシブチニン(OXY、3mg/kg)、オピオイド鎮痛薬であるモルヒネ(MOR、3mg/kg)を使用した。体重あたりの投与量は、それぞれ、括弧内に示す。[patents.google.com]

  • シュードモナス属

    Ind. Microbiol. Biotechnol., 32:542-547 (2005). 遺伝子組換え技術 Pseudomonas 属細菌を始めとするグラム陰性細菌の広宿主域ベクターが多数構築されている。 P. putida T-57株でもこれらベクターが利用可能である。[home.hiroshima-u.ac.jp] Fig.2 ベンゼン酸化細菌 Rhodococcus opacus B-4株 (1) Inoue, A., Horikoshi, K. Nature, 338:264-266 (1989). (2) Na, et al. J. Biosci. Bioeng., 99:378-382 (2005). (3) Faizal, et al.[home.hiroshima-u.ac.jp]

  • Haddad症候群

    IND患者もしくはIND/HSCR患者におけるいくつかの研究において、既知のヒルシュスプルング病関連遺伝子の同定が試みられているが不成功に終わっている。 L1症候群 ヒルシュスプルング病およびX連鎖性の中脳水道閉塞症を呈し、 L1CAM 遺伝子変異を認める複数の患者例が報告されている。[grj.umin.jp]

  • 急性肝不全

    急性肝障害の臨床症状や臨床検査異常がみられる患者において,感覚器官の異常,4秒を超えるPT延長,またはIND 1.5の所見がみられた場合は,通常,急性肝不全が確認されたと判断する。肝硬変の所見は,肝不全が慢性であることを示唆する。 急性肝不全の患者には,合併症の検査を行うべきである。[msdmanuals.com]

  • 毛巣嚢胞

    ) 小林 弘幸 538 7) 神経節細胞減少症 池田 均 541 8) 腸回転異常症 古河 浩 544 9) S状結腸過長症 中原 朗 547 0) Gardner 症候群 長谷川由佳 551 11) Turcot 症候群 唐澤 秀明 555 12) 腸奇形腫 岡田 忠雄 558 13) 腸迷入膵 古川 滋 563 12.[nippon-rinsho.co.jp] 先天性異常,遺伝性疾患 1) 腸管動静脈奇形 加藤 貴司 518 2) 小腸異所性胃粘膜 石井 太郎 522 3) 先天性内因性腸閉塞(閉鎖・狭窄)症 北川 博昭 524 4) Meckel憩室 小高 哲郎 529 5) Hirschsprung病 佐々木文章 534 6) Intestinal Neuronal Dysplasia(IND[nippon-rinsho.co.jp]

  • 薬物または放射線被爆に関連した間質性肺疾患

    Ind. Med. 1944; 1(3): 159-164 4) Dinman BD Alumina-Related Pulmonary Disease. J.[jpec.gr.jp]

  • ポリ塩化ビニール煙霧吸入

    引用文献 1) Jaeger RJ et al: Thermal decomposition products of PVC plastics: effects on guinea pig lung mechanics and pulmonary mixed function oxidase activity; Am Ind Hyg Assoc[jpec.gr.jp]

  • 鎌状赤血球症

    「今回の受理により、ゲノム編集細胞治療法に関して1年未満で2つめのINDが実現したことになりますが、鎌状赤血球症に対するゲノム編集治療法としては初めてのINDとなります。[bioverativ.co.jp] Sangamoとバイオベラティブ、鎌状赤血球症を治療するゲノム編集細胞治療法で BIVV003のIND申請をFDAが受理したと発表 カテゴリ: 印刷用 2018年6月1日 21:00 本資料は、米バイオベラティブ社が 2018年5月16日(現地時間)に発表したプレスリリースを日本語訳として発表させていただくものです。[bioverativ.co.jp]

  • 後天性機能性巨大結腸

    IND患者もしくはIND/HSCR患者におけるいくつかの研究において、既知のヒルシュスプルング病関連遺伝子の同定が試みられているが不成功に終わっている。 L1症候群 ヒルシュスプルング病およびX連鎖性の中脳水道閉塞症を呈し、 L1CAM 遺伝子変異を認める複数の患者例が報告されている。[grj.umin.jp]

  • ブドウ球菌敗血症

    セファゾリンの場合,術中再投与はeGFR-IND(mL/分) eGFR(mL/分/1.73 m 2 ) (患者体表面積/1.73 m 2 )が,50 mL/分以上であれば3 4 時間毎,20 50mL/分であれば8時間毎,20 mL/分未満であれば16時間などとしています。[blog.goo.ne.jp]

さらなる症状