Create issue ticket

考えれる15県の原因 il7r

結果を表示する: English

  • 高血圧症

    HPHマウスに抗IL-1中和抗体を投与しても有意な治療効果は見られませんでしたが、IL-21受容体ノックアウト(IL-21KO)マウスは野生型マウスに比べてHPH病態形成が有意に抑制されました( 図2 )。以上より、IL-6の下流でIL-21がHPHの病態形成に重要であることが分かりました。[jst.go.jp]

  • アトピー

    その結果、これまでに世界で行われたアトピー性皮膚炎のGWASにより発見された7つのゲノム領域の関連の再現性を確認し、新たに8つのゲノム領域2q12( IL1RL1 / IL18R1 / IL18RAP )、3p21.33( GLB1 )、3q13.2( CCDC80 )、6p21.3(MHC領域)、7p22( CARD11 )、10q21.2[riken.jp] その結果、8つのゲノム領域2q12( IL1RL1 / IL18R1 / IL18RAP )、3p21.33( GLB1 )、3q13.2( CCDC80 )、6p21.3(MHC領域)、7p22( CARD11 )、10q21.2( ZNF365 )、11p15.4( OR10A3 / NLRP10 )、20q13( CYP24A1 [riken.jp] 報道担当 Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715 このページのトップへ 図1 アトピー性皮膚炎に関連する8つのゲノム領域 日本人のアトピー性皮膚炎1,472人と非患者7,971人について、ヒトゲノム全体に分布する約60万個のSNPのGWASを行ない、さらに、別に集めたアトピー性皮膚炎1,856人と非患者7,021[riken.jp]

  • グラム陰性敗血症

    疫学 2010年度に施行した全国症例調査によるとIRAK4欠損症の国内の確定診断例は7症例である。 MyD88欠損症の国内の症例報告はなかった。 3. 原因 TLR あるいはインターロイキン1受容体(IL-1R) が病原体関連分子パターンやIL-1刺激により活性化されると、アダプター分子であるMyD88が受容体と結合する。[nanbyou.or.jp]

  • 関節リウマチ

    以上はマウスを用いた実験結果ですが、症状が進行したA患者の関節ではFoxp3とIL-1の両方を発現するT細胞が多く存在することから、RA患者においても制御性T細胞がexFoxp3Th17細胞へ転換する可能性が示されました。[jst.go.jp]

  • 肺高血圧症

    HPHマウスに抗IL-1中和抗体を投与しても有意な治療効果は見られませんでしたが、IL-21受容体ノックアウト(IL-21KO)マウスは野生型マウスに比べてHPH病態形成が有意に抑制されました( 図2 )。以上より、IL-6の下流でIL-21がHPHの病態形成に重要であることが分かりました。[jst.go.jp]

  • グラム陽性敗血症

    疫学 2010年度に施行した全国症例調査によるとIRAK4欠損症の国内の確定診断例は7症例である。 MyD88欠損症の国内の症例報告はなかった。 3. 原因 TLR あるいはインターロイキン1受容体(IL-1R) が病原体関連分子パターンやIL-1刺激により活性化されると、アダプター分子であるMyD88が受容体と結合する。[nanbyou.or.jp]

  • ハラーホルデン・スパッツ症候群

    ニューロトロフィン受容体(p5NTR)、インターロイキン6受容体(IL)、TNF受容体1(TNFR1)、インターロイキン1ベータ(IL1β)、及びカスパーゼ6が含まれる。[ipforce.jp] かかる抗原の例には、制限なく、BACE1、Abeta、EGFR、HER2、タウ、Apo、例えば、ApoE4、アルファ シヌクレイン、CD20、ハンチンチン、PrP、LRRK2、パーキン、プレセニリン1、プレセニリン2、ガンマセクレターゼ、DR6、APP、p5NTR、IL、TNFR1、IL1β、及びカスパーゼ6が含まれる。[ipforce.jp] HER2)、Tau、アポリポタンパク質、例えば、アポリポタンパク質E4(ApoE4)、アルファ シヌクレイン、CD20、ハンチンチン、プリオンタンパク質(PrP)、ロイシンリッチリピートキナーゼ2(LRRK2)、パーキン、プレセニリン1、プレセニリン2、ガンマセクレターゼ、細胞死受容体6(DR6)、アミロイド前駆体タンパク質(APP)、p[ipforce.jp]

  • ブドウ球菌敗血症

    疫学 2010年度に施行した全国症例調査によるとIRAK4欠損症の国内の確定診断例は7症例である。 MyD88欠損症の国内の症例報告はなかった。 3. 原因 TLR あるいはインターロイキン1受容体(IL-1R) が病原体関連分子パターンやIL-1刺激により活性化されると、アダプター分子であるMyD88が受容体と結合する。[nanbyou.or.jp]

  • 肺動脈高血圧症

    HPHマウスに抗IL-1中和抗体を投与しても有意な治療効果は見られませんでしたが、IL-21受容体ノックアウト(IL-21KO)マウスは野生型マウスに比べてHPH病態形成が有意に抑制されました( 図2 )。以上より、IL-6の下流でIL-21がHPHの病態形成に重要であることが分かりました。[jst.go.jp]

  • ロザイ・ドルフマン病

    ある種の実施態様では、RAのF2亜型の治療標的が、ILD、ILC、TIMP3、及びTNFRSF11Bのうちの1又は複数から選択される。[ipforce.jp] 個体におけるヒトIL 34とヒトCSF 1との間の結合を阻害する方法であって、請求項1から6の何れか一項に記載の抗体の有効量を個体に投与することを含む、方法。[ipforce.jp] ある種の実施態様では、RAのM亜型の治療標的が、CLEC5A、CLECA、ALCAM、ILAP、IRAK1、NRP2、TREM1、及びVEGFのうちの1又は複数から選択される。[ipforce.jp]

さらなる症状