Create issue ticket

考えれる1,768県の原因 il6

  • ウイルス性下気道感染症

    (1-13)さらに、TNF-α、乳酸デヒドロゲナーゼ、シアル酸、IL-1β、ILおよびIL-10からなる炎症マーカー、活性化部分トロンボプラスチン時間、血小板数、フィブリノゲン、DIC診断基準、プロテインC、D-ダイマー、トロンビン・アンチトロンビンIII複合体およびプロトロンビンフラグメントF1 2からなる血栓止血関連マーカー、プロカルシトニン[patents.google.com] -6, TNFα and endotoxin levels early after thermal injury Lüth et al. 2001 Fecal Elastase-1 Determination:?[patents.google.com] […] association of sensitive systemic inflammation markers with bronchial asthma Carsin et al. 1997 Evolution and significance of circulating procalcitonin levels compared with IL[patents.google.com]

  • 骨粗鬆症

    Journal of Oral Biosciences 2010年 52巻 268 274頁 Porphyromonas gingivalis with either Tannerella forsythia or Treponema denticola induces synergistic IL-6 production by murine[ohu-u.ac.jp] 病態生理 1)閉経後骨粗鬆症(postmenopausal osteoporosis) 骨吸収系と骨形成系との間の平衡関係の維持には,性ホルモンとりわけエストロゲンが大きな影響を及ぼす.エストロゲンは骨局所でのインターロイキン(IL)-1,IL-,腫瘍壊死因子(tumor necrosis factor:TNF)などの骨吸収性サイトカイン[kotobank.jp]

  • 伝染性単核球症

    EBV がlytic cycle (増殖サイクル)に入るとviral IL‐10(vIL‐10)が産生されることが、Stewart ら(1992年) 6)、Taga ら(1995年) 7)によって報告されている。IL‐10 はTh1細胞の機能を抑制し、T リンパ球の増殖、IFN‐γ、IL‐2の産生を抑制する。[niid.go.jp]

  • 特発性肺線維症

    ポリミキシンBがHMGB-1,IL-6などのサイトカイン,活性化した白血球を吸着する可能性があり,PMXがIPFの急性増悪に有効であることが示唆されています(文献3)。当科においては,現在その評価のために先進医療による多施設前向き試験に参加して使用しています。[jmedj.co.jp]

  • 髄膜炎

    なおベーチェット病に関しては間欠期でも髄液IL-6が高値であることが判明しており、間欠期も検査異常が今後検出できる可能性はある。 病歴や臨床徴候が慢性髄膜炎の確定診断では非常に重要である。結核の既往や海外渡航歴などは稀な慢性髄膜炎診断の手がかりとなる。慢性髄膜炎患者の局所的脳徴候の存在は脳膿瘍や髄膜近傍の感染症の可能性を示唆する。[ja.wikipedia.org]

  • キャッスルマン病

    IL-6,IL-Iβ,TNFα刺激でSAA1,SAA2,SAA4がmRNAの発現をreal time PCRにて検討したところ、SAA1の発現は、それぞれ単独刺激では発現増強は10倍、5倍、1倍程度であったが、IL-6IL-1βで100倍以上の相乗効果が認められた。しかし、IL-6とTNFαでは増強効果は認められなかった。[kaken.nii.ac.jp] Keywords IL-6, インターロイキン6, 甲状腺眼症, バセドウ病, 橋本病, アミオダロン誘発性甲状腺中毒症 ,多発性骨髄腫, キャッスルマン病, 関節リウマチ ,インターロイキン2 甲状腺眼症 と キャッスルマン病 が合併する症例も報告されており、IL-6 (インターロイキン6) が深く関与すると考えられます。[nagasaki-clinic.com] また、キャッスルマン病で過剰分泌されるIL-6値を測定することにより、診断の補助とすることもあります。 治療について 限局型は腫大しているリンパ節を切除することで完治します。多発型は、副腎皮質ステロイドによって治療されていましたが、現在では、 IL-6の作用を選択的に抑制するアクテムラ による治療が行われるようになりました。[yukawa-clinic.jp]

  • マクロファージ活性化症候群

    )-1β,IL-6IL-18,TNF-αなどである.MASは基盤となる疾患からの進展病態であり,本来は全身型の若年性特発性関節炎(JIA)や成人発症Still病などの自己免疫・炎症疾患を基盤とすると考えられてきたが,一次性(遺伝性)および二次性(感染症,腫瘍性疾患,自己免疫・自己炎症疾患など)血球貪食リンパ組織球症(HLH)と多くの点で類似性[ishiyaku.co.jp] すなわちT細胞由来サイトカイン(IL-2,IFN_γ,M-CF)もマクロファージ由来サイトカイン(IL-1,IL-6,TNF)も著増し、サイトカイン調節が脱制御された状態に至った病態と判断された。[kaken.nii.ac.jp] 原因 原因は解明されていませんが、IL-6を中心とした炎症性サイトカインの過剰産生が病態の中心と考えられています。IL-6の過剰産生はIL-6受容体(R)産生を促し、形成されたIL-6/IL-6R複合体が標的細胞表面の受容体であるgp130に結合する事により、様々な生物学的反応が惹起されると考えられています。 4.[nanbyou.or.jp]

  • 多中心性キャッスルマン病

    しかし病気の主体がIL-6の過剰産生である事が判明し、抗IL-6レセプター抗体であるトシリズマブ(アクテムラ )が2005年に市販され治療に中心的な役割を果たしています。症状の中心となっているIL-6の作用を遮断し、症状のほとんどを軽快や消失させる事ができます。しかしあくまでも対症療法であり、通常は2週間ごとの反復投与が必要です。[nanbyou.or.jp] した.高IL-6値,多発リンパ節腫脹,脾腫などの臨床所見と肺病変部の免疫染色でAnaplastic Lymphoma Kinase(ALK)は陰性であったことから多中心性キャッスルマン病と診断した.巨大腫瘤を呈する多中心性キャッスルマン病は稀と考えられた.[journal.kyorin.co.jp] 多中心性キャッスルマン病はIL-6の分泌過剰によるリンパ増殖性疾患で,ポリクローナルな抗体産生と形質細胞分化が起き,血清IgG4上昇やIgG4陽性の形質細胞浸潤をきたす。治療はIgG4関連疾患がステロイドであるのに対し,多中心性キャッスルマン病はステロイドの効果が限定的でIL-6受容体抗体であるトシリズマブが奏効する。[jmedj.co.jp]

  • 全身型若年性特発性関節炎

    SJIA の発症にはIL-1、IL-6IL-18などの炎症性サイトカインの過剰産生が関与していると考えられており、IL-1βをターゲットとした抗体であるイラリスは、新たな治療選択肢になることが期待されている。[mixonline.jp] 現在、日本国内では、抗インターロイキン(interleukin、IL)-6受容体抗体であるトシリズマブがSJIAに対して承認されていますが、「イラリス」は、トシリズマブとは異なるサイトカインであるIL-1βをターゲットとした抗体であることから、SJIA患者の新たな治療選択肢になることが期待されます。[pulse-beat.com] それらのサイトカインのうち、インターロイキン-1(IL-1)や、インターロイキン-6IL-6)と呼ばれる種類のサイトカインが、SJIAにおける炎症を引き起こしていることが明らかになっています。 SJIAの主な治療法は? SJIAの治療に使われる薬 SJIAの治療には、おもに次のような種類の薬が使用されます。[novartis.co.jp]

  • 骨髄腫随伴性アミロイド症

    AAアミロイドーシスに対するTNF阻害療法やIL-6阻害療法の有効性が報告されている。特にIL-6阻害療法の効果が高く今後AAアミロイドーシスの治療の主流になると考えられている。 Aβ2Mアミロイドーシス [ 編集 ] 長期透析患者では血中で増加しているβ2ミクログロブリン由来のアミロイド(Aβ2M)が靱帯、骨領域に沈着する。[ja.wikipedia.org] SAAの産出亢進はIL-6シグナルによって活性化された転写因子のSTAT3とTNF-αとIL-1などのサイトカインで活性化されたNF-κBp65の活性化によっておこるがSTAT3の活性化が必須であり、NF-κBp65は補助的である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状