Create issue ticket

考えれる312県の原因 il2

結果を表示する: English

  • アトピー

    その結果、「Th2細胞」という免疫細胞が過剰に増えてしまいます。 さらに、この「Th2細胞」からは、「IL-4」や「IL-13」という、2つのタンパク質が大量に放出されます。 実は、この2つのたんぱく質が、アトピー性皮膚炎の慢性炎症において中心的な役割を果たす、まさに『悪玉』なのです![fnn.jp] その結果、これまでに世界で行われたアトピー性皮膚炎のGWASにより発見された7つのゲノム領域の関連の再現性を確認し、新たに8つのゲノム領域2q12( IL1RL1 / IL18R1 / IL18RAP )、3p21.33( GLB1 )、3q13.2( CCDC80 )、6p21.3(MHC領域)、7p22( CARD11 )、10q21.2[riken.jp] 白血球が産生するアトピー性の反応を起こすIL-4/IL-13という物質(Th2サイトカイン)を抑制します。ヒト型抗ヒトIL-4/13受容体モノクローナル抗体デュピクセント を初回に600mg、2回目以降は300mgを2週に1回皮下注射します。4ヶ月を目安に治療します。外用治療を併用しながら治療します。[mizutanihifuka.com]

  • 高血圧症

    研究グループはHPHマウス肺でのMマクロファージの集積にIL-6とIL1が共に必須であることを見出しました( 図 )。また、肺高血圧症患者では非肺高血圧症患者に比べて有意に肺組織でのIL1の発現とMマクロファージの集積が亢進していました( 図3 )。[jst.go.jp] 次に、研究グループは低酸素条件下で主にTh17細胞から分泌されるIL-17とIL1の役割を検討しました。HPHマウスに抗IL-17中和抗体を投与しても有意な治療効果は見られませんでしたが、IL1受容体ノックアウト(IL1RKO)マウスは野生型マウスに比べてHPH病態形成が有意に抑制されました( 図 )。[jst.go.jp] 図4 IL-6/IL1シグナルの肺高血圧症における役割 低酸素により肺動脈内皮細胞、肺動脈平滑筋細胞などでIL-6が産生された結果、肺にTh17細胞が動員される。IL-6依存的に主にTh17細胞からIL1が産生されて、IL1は肺胞マクロファージをM2マクロファージに誘導する。[jst.go.jp]

  • 急性膀胱炎

    図6に示すように、実施例モデルマウスにおいて、IL-6は、H 投与後3時間をピークに徐々に減少したが、IL-1βおよびTNF-αは、投与後3時間から発現誘導が認められ、7日目でもほぼ持続していた。また、図6に示すように、実施例モデルマウスにおいて、線維化マーカーであるTGF-βは、徐々に発現が増加した。[patents.google.com] 前記炎症マーカーは、例えば、IL-1β、TFN-αおよびIL-6等の炎症性サイトカイン類、ならびに、CCL1、CCL、CXCL1およびCXCL2等のケモカイン類があげられる。前記炎症マーカーは、好ましくは前記ケモカイン類および前記炎症性サイトカイン類であり、より好ましくは前記炎症性サイトカイン類である。[patents.google.com]

  • ケル同種免疫がある新生児の溶血性疾患

    CD25はIL-2受容体のα鎖です。通常のTリンパ球では、抗原受容体からのシグナルによってCD25( IL-2Rα)の発現が誘導され、細胞の活性化と分裂増殖が始まります(これは講義でも触れました)。[med.kindai.ac.jp] Foxp3の結合する配列はIL-2やGM-CSFなどサイトカイン遺伝子上流のNFAT結合部位にあり、Foxp3を過剰発現させたヒトTリンパ球細胞株では、抗原受容体刺激に対するIL-2産生が低下します。[med.kindai.ac.jp] 実際、 Foxp3 過剰発現マウスのTリンパ球は、抗原刺激を加えてもIL-2を産生しません。[med.kindai.ac.jp]

  • アトピー性皮膚炎

    白血球が産生するアトピー性の反応を起こすIL-4/IL-13という物質(Th2サイトカイン)を抑制します。ヒト型抗ヒトIL-4/13受容体モノクローナル抗体デュピクセント を初回に600mg、2回目以降は300mgを2週に1回皮下注射します。4ヶ月を目安に治療します。外用治療を併用しながら治療します。[mizutanihifuka.com] この製剤はアトピーの発症に関わるTh2型炎症を抑止するヒト型抗ヒトIL-4/13受容体抗体製剤であり、従来の治療に効果不十分な症例に対して優れた効果が確認されています。中等症から重症の患者さんの症状にあわせて、積極的に導入しておりまして、2週間隔での通院が必要となります。[h.u-tokyo.ac.jp] 一方、スイッチ2は炎症反応を促進したり、抑制したりする サイトカイン [9] の一種、インターロイキン-4(IL-4)のレベルを上昇させることにより、炎症を悪化させます。[riken.jp]

  • 花粉症

    花粉症では、Th2細胞活性の亢進・ サイトカイン の中のIL-4・IL-5(アレルギー症状を誘発するもの)の産生の増加がみられることがあるが、この薬剤はTh2細胞の活性を低下させIL-4・IL-5の産生を抑制する作用があり効果があるとされる。ただし、即効性はなく、効果が現れるのに数週間ほどの時間がかかるという特徴がある。[ja.wikipedia.org]

  • 変形性関節症

    IL-1β, TNF-αは、変性した軟骨細胞や滑膜から産生されMMPやNOS, COX-2を生成させます。 骨、骨棘 変形性関節症における骨の変化は必発であり、軟骨変性が先か、骨の変化が先か意見が分かれています。軟骨下骨は変形性関節症の進展に呼応して肥厚し、骨のう胞を形成することもあります。[k-24.jp] ビタミンDレセプターの変異、エストロゲンレセプター1の変異、IL-1の多型、matrilin 3, frizzled-related protein 3, asporin, BMP-5なども変形性関節症と関係が示唆されています。[k-24.jp] BMP-2, thrombospondin, collagen receptor, COX-2などは変形性関節症の発生に関与していると考えられ、またosteoprotegerin, tetranectinなどは変形関節症の進行に関与していると考えられています。[k-24.jp]

  • 肺淡明細胞癌

    […] a) サイトカイン療法 サイトカイン療法には、インターフェロンα(IFNα)と、インターロイキン2IL2)があります。IFNαは皮下あるいは筋肉注射で、IL2は点滴 静注にて投与します。[tokushima-u-uro.jp] 従来、標準治療としては、 インターフェロンα (IFNα)、 インターフェロンγ (IFNγ)、IL-2が投与されていた。ただし、腎癌を対象とする新たな分子標的薬の開発が進み、腎癌の薬物療法が大きく様変わりしつつある。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 心因性過換気

    ・ 抗 IL-5 抗体 Anti-IL-5 メポリズマブ(:ヌーカラ ) ヒト化抗IL-5モノクローナル抗体であり、Th2細胞などから産生されるIL-5の生物活性を中和することで、抗炎症薬として作用する。 適応は既存治療によっても喘息症状をコントロールできない難治の患者に限る。[ryumachi.umin.jp]

  • 乾癬

    に時代とともに変遷してきたが,妥当な動物モデルが存在しないため,この病態論の変遷は基礎研究よりも臨床的な治療効果によってもたらされてきたといっても過言ではない.著明な表皮肥厚を特徴とする乾癬は,古くから表皮細胞の異常に起因すると考えられてきたが,シクロスポリンの有効性が示されたことでT細胞へ焦点が当てられ,Th1説(アトピー性皮膚炎 Th2[doi.org] 最近では2015年2月に抗ヒトIL-17Aモノクローナル抗体製剤のセクキヌマブ(コセンティクス )が承認されています。これらにより、重症乾癬における治療の選択肢が増え、皮疹が全く生じなくなる患者さんも出現しました。[lab.toho-u.ac.jp] 対して)が提唱された.さらに近年の研究により,IL-12よりもTh17細胞の増殖維持に必要なIL-23を産生するTNFα and iNOS-producing dendritic cell (Tip-DC)が乾癬の発症に深く関与することが明らかとなり,最近開発されたより特異的な生物学的製剤:抗IL-12/23 p40抗体や現在治験中の抗IL[doi.org]

さらなる症状