Create issue ticket

考えれる787県の原因 il2

結果を表示する: English

  • ウイルス性下気道感染症

    (1-13)さらに、TNF-α、乳酸デヒドロゲナーゼ、シアル酸、IL-1β、IL-6およびIL-10からなる炎症マーカー、活性化部分トロンボプラスチン時間、血小板数、フィブリノゲン、DIC診断基準、プロテインC、D-ダイマー、トロンビン・アンチトロンビンIII複合体およびプロトロンビンフラグメントF1 からなる血栓止血関連マーカー、プロカルシトニン[patents.google.com]

  • 重症複合免疫不全症

    Il2r gを標的とするZFNのメッセンジャーRNAをラット受精卵の雄性前核に導入することで、ファウンダーラットの約20%に Il2rg 遺伝子欠失変異/挿入変異を誘導することができた。作製された Il2rg ノックアウトラットは、重症複合免疫不全症の病態を示した。[kyoto-u.ac.jp] このヒト化 SCID-X1 マウスモデルは、 Il2rg -/- マウスの表現型を再現しリンパ系不全である。[crisp-bio.blog.jp] この病型はIL-2受容体の共通 γ 鎖(少なくとも6種類のサイトカイン受容体の成分)に影響を及ぼすため,重度の疾患を引き起こす;表現型はT- B NK-である。IL-2受容体γ遺伝子( IL-2RG )の変異に起因する。[msdmanuals.com]

  • CDK4 に関連した悪性黒色腫

    2 悪性黒色腫の進展におけるIL13Rα2の役割 IL13Rα2を発現していないSK-MEL-28悪性黒色腫細胞(コントロール細胞)とIL13Rα2を発現させた細胞(IL13Rα2発現細胞)を培養し細胞数を計測したところ、IL13Rα2発現細胞の増殖能は低いことが示されたが、マウスに移植して腫瘍体積を測定したところ、IL13Rα2発現細胞[amed.go.jp] [ 8 ] 高用量IL-2 IL-2は、8件の第I相および第II相研究において示された持続的CRに基づき1998年にFDAにより承認された。高用量IL-2と他の治療法を比較し、OSに対する相対的影響を評価する第III相試験は、これまでに実施されていない。[cancerinfo.tri-kobe.org] 正常組織においてIL13Rα2は精巣にしか発現しないことが確認されたため、IL13Rα2は悪性黒色腫においてがん細胞の細胞膜に発現する新規がんマーカーであることが明らかになりました。 図1 悪性黒色腫におけるIL13Rα2の発現 悪性黒色腫組織を用いたIL13Rα2に対する免疫染色(茶色:赤矢印)。[amed.go.jp]

  • アトピー

    その結果、「Th2細胞」という免疫細胞が過剰に増えてしまいます。 さらに、この「Th2細胞」からは、「IL-4」や「IL-13」という、2つのタンパク質が大量に放出されます。 実は、この2つのたんぱく質が、アトピー性皮膚炎の慢性炎症において中心的な役割を果たす、まさに『悪玉』なのです![fnn.jp] その結果、これまでに世界で行われたアトピー性皮膚炎のGWASにより発見された7つのゲノム領域の関連の再現性を確認し、新たに8つのゲノム領域2q12( IL1RL1 / IL18R1 / IL18RAP )、3p21.33( GLB1 )、3q13.2( CCDC80 )、6p21.3(MHC領域)、7p22( CARD11 )、10q21.2[riken.jp] このことは、アトピー性皮膚炎患者さんのIL-31産生もEPAS1に依存していることを示しています。 (図2)EPAS1はIL-31産生の鍵分子である A:DOCK8欠損AND TgマウスのヘルパーT細胞においてEPAS1の発現を抑制すると、IL-31の産生が著減する。[amed.go.jp]

  • 急性膀胱炎

    図6に示すように、実施例モデルマウスにおいて、IL-6は、H 投与後3時間をピークに徐々に減少したが、IL-1βおよびTNF-αは、投与後3時間から発現誘導が認められ、7日目でもほぼ持続していた。また、図6に示すように、実施例モデルマウスにおいて、線維化マーカーであるTGF-βは、徐々に発現が増加した。[patents.google.com] 前記炎症マーカーは、例えば、IL-1β、TFN-αおよびIL-6等の炎症性サイトカイン類、ならびに、CCL1、CCL、CXCL1およびCXCL2等のケモカイン類があげられる。前記炎症マーカーは、好ましくは前記ケモカイン類および前記炎症性サイトカイン類であり、より好ましくは前記炎症性サイトカイン類である。[patents.google.com]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    生体に投与した際の免疫原性が低く、またNeo-2/15はヒトのIL-2とは14%, マウスのIL-2とは24%しか相同性がない。CD25は制御性T細胞に高発現することが知られている。Neo-2/15はIL-2Rα(CD25)に結合しないことから、予想通りであるが、IL-2と比較してTregの活性化割合が低いことが示されている。[rh.med.tohoku.ac.jp] フェリチン 、可溶性IL-2受容体は著明に上昇する。 免疫学的検査 - 抗核抗体 、M蛋白を認めることがある。[ja.wikipedia.org] De novo design of pote3nt and selective mimics of IL-2 and IL-15 Silva DA, et al. 担当者コメント IL-2受容体(IL-2R)はα(CD25)、β、γcの3つの分子からなる。[rh.med.tohoku.ac.jp]

  • 高血圧症

    研究グループはHPHマウス肺でのMマクロファージの集積にIL-6とIL1が共に必須であることを見出しました( 図 )。また、肺高血圧症患者では非肺高血圧症患者に比べて有意に肺組織でのIL1の発現とMマクロファージの集積が亢進していました( 図3 )。[jst.go.jp] 次に、研究グループは低酸素条件下で主にTh17細胞から分泌されるIL-17とIL1の役割を検討しました。HPHマウスに抗IL-17中和抗体を投与しても有意な治療効果は見られませんでしたが、IL1受容体ノックアウト(IL1RKO)マウスは野生型マウスに比べてHPH病態形成が有意に抑制されました( 図 )。[jst.go.jp] 図4 IL-6/IL1シグナルの肺高血圧症における役割 低酸素により肺動脈内皮細胞、肺動脈平滑筋細胞などでIL-6が産生された結果、肺にTh17細胞が動員される。IL-6依存的に主にTh17細胞からIL1が産生されて、IL1は肺胞マクロファージをM2マクロファージに誘導する。[jst.go.jp]

  • 筋骨格腰痛

    Elk Grove Village, IL: American College of Occupational and Environmental Medicine. pp. 336, 373, 376-377. ISBN 978-0-615-45227-2.[ja.wikipedia.org]

  • 家族性血球貪食性リンパ組織球症

    2 受容体の著増,血清・尿中β2ミクログロブリンの増加を呈する.サイトカインではIL-1,IL2IL-6,TNFα,IFN-α,IFN-γ,macrophage colony-stimulating factor(M-CSF)などの上昇がみられる. ④髄液・頭部MRI 神経症状を呈する症例では髄液中にリンパ球,マクロファージの増加と血球貪食像[primary-care.sysmex.co.jp] […] sIL2-R(可溶性インターロイキン2受容体) 、 IL-6(インターロイキン6) が上昇、高フェリチン血症も。[nagasaki-clinic.com] このほかに,IFNγ,TNFαといったサイトカインが上昇し,IL-1β,IL-6,IL-10,IL-18,INFR-1,sFas,FasLなども上昇する。 2ページ目以降は、紙版または電子版購入者か有料会員のみご覧いただけます。[jmedj.co.jp]

  • 副鼻腔炎

    気道におけるTh2炎症発症のメカニズムは、気道上皮細胞からTh2型炎症を誘導するサイトカイン (Th2サイトカイン: TSLP、IL-25、IL-33など) が産生され,IL-5の産生亢進を含む何らかの機序 で骨髄において好酸球が産生され,血中に遊走し,その後気道粘膜に浸潤して発症すると考えられます。[twmu.ac.jp]

さらなる症状