Create issue ticket

考えれる1県の原因 il17rd

結果を表示する: English

  • 乾癬

    Inflammatory Skin Disease Summit)で発表されたこれらのデータは、インターロイキン(IL)-23標的生物学的製剤(グセルクマブ)をIL-17阻害薬(セクキヌマブ)と直接比較する試験から得られた最初の結果でした。[janssen.com] 二重盲検の第3相直接比較試験によるデータは、グセルクマブで治療を受けた患者さんの84.5%が、48週目にPASI 90(乾癬の面積および重症の指標で90%以上の改善)を達成したのに対し、セクキヌマブで治療を受けた患者さんでは70.0%であったことを示しました(p 12月12 15日にウィーンで開催された第3回炎症性皮膚疾患サミット(the 3rd[janssen.com]

さらなる症状