Create issue ticket

考えれる908県の原因 il 8

  • ウイルス性下気道感染症

    「慢性気道感染症の気道炎症病態」 慢性気道感染症の病態として,気道のIL-8産生と好中球浸潤の悪循環が存在することを指摘し,14員環マクロライドのエリスロマイシンがIL-8産生誘導を低下させることを報告しました(Oishi K,et al. Infect.[tm.nagasaki-u.ac.jp] 一方,我々はこれまでに14員環マクロライドが慢性気道感染症のIL-8産生を低下させることを報告しましたが,その新たな作用メカニズムとして14員環マクロライドが活性化好中球由来IL-8産生誘導を抑制するが,アポトーシスには影響しないことを報告しました(Tsuchihashi Y, et al. Antimicrob. Agents.[tm.nagasaki-u.ac.jp] Chemother. 43: 794-80, 1999),さらにはPNRのIL-8産生誘導にNF-kBの活性化が必須であることを明らかにしました(Mori N, Infect.Immun. 67: 3872-3878,1999).また,PNRは肺胞マクロファージや肺胞上皮細胞においてIL-8産生のみならずとMCP-1産生を誘導することも報告[tm.nagasaki-u.ac.jp]

  • レンサ球菌感染

    . , 2008) 好中球は,感染の初めに補体成分C5aやインターロイキン(IL)-8の作用で遊走し,微生物を体内で増殖する前に排除する.したがって,GASの組織侵入直後に,好中球によるGAS貪食が阻害されることは,結果として急激な細菌増殖を招くことを示唆している.GASが初期免疫を逃れて増殖すると,宿主免疫系は対処しきれず,各種臓器への菌[web.dent.osaka-u.ac.jp] -8分解酵素SpyCEPを同定し,詳細な機能解析を進めている.[web.dent.osaka-u.ac.jp] 次々と明らかにされている.GASの菌体表層には,C5aを分解するセリンプロテアーゼScpA,およびC5aを捕獲してScpAに提示する分子GAPDHが存在する.我々は,ScpAとGAPDHの両分子は相互に作用することで,効率的にC5a不活化し,好中球の遊走を阻害することが明らかにした( 文献7 ).さらに,イギリスとイスラエルのグループは,IL[web.dent.osaka-u.ac.jp]

  • リーシュマニア

    要約 マクロファージ内で増殖し,抗原提示および免疫誘導が可能で,さらに好中球を活性化しうる原虫生ワクチンを開発する基礎研究として,インターロイキン -8(IL-8)遺伝子導入リーシュマニア原虫を作製した。作製した遺伝子導入リーシュマニア原虫では生物学的活性を保持したイヌのIL-8が発現してい ることが確かめられた。[naro.affrc.go.jp] 活性化されたPMNは ケモカイン (特に IL-8 )を分泌して他の 顆粒球 を呼び寄せその貪食作用を活性化させる。 L. major はPMNのIL-8分泌をさらに増大させる。これは不合理に感じるかもしれないが、この現象は他の 偏性細胞内寄生体 でも観察される。この手の微生物にとって、細胞内で生き残る方法は何通りかある。[ja.wikipedia.org] これらのことから,本研究ではマクロファージ内で増殖し,抗原提示および免疫誘導が可能で,さらに好中球を活性化することができるワクチンとして,インターロイキン-8(IL-8)遺伝子導入リーシュマニア原虫を作製し,主要保虫宿主のイヌを対象に感染の拡大・拡散を防ぐことを目的とした。[naro.affrc.go.jp]

  • フソバクテリウム感染

    さらに、この菌は粘膜から IL-8やTNF-α をはじめとした炎症性サイトカイン産生を引き起こすことも報告されています。[institute.yakult.co.jp]

  • 巣状非表皮剥離型Palmoplantar Keratoderma

    (IL-8) locus.J Hum Genet 44: 169-172 0032 Fukino K, Iida A, Teramoto A, Sakamoto G, Kasumi F, Nakamura Y, Emi M(1999) Frequent allelic loss at theTOClocus on 17q25.1 in primary[astamuse.com] Katsumata H, Souma S, Nakata K, Taguchi K, Ohishi N, Azuma A, Kudoh S (1999) Association of diffuse panbronchiolitis with microsatellite polymorphism at the human interleukin 8[astamuse.com]

  • 慢性ヒ素中毒

    Jurkat細胞を用いて検討したところ, 化学刺激によるIL-8およびTNF-αの増加に対して, 亜ヒ酸はIL-8産生を上昇させる一方で, TNF-α産生を抑制した.ヒ素汚染地域住民の血液中の27種のサイトカインを測定したところ, ヒ素汚染の状況に伴って多くのサイトカインの上昇が検出された一方で, 減少するサイトカインも検出された. 2014[kaken.nii.ac.jp]

  • ペプトレンサ球菌感染症

    . , 2008) 好中球は,感染の初めに補体成分C5aやインターロイキン(IL)-8の作用で遊走し,微生物を体内で増殖する前に排除する.したがって,GASの組織侵入直後に,好中球によるGAS貪食が阻害されることは,結果として急激な細菌増殖を招くことを示唆している.GASが初期免疫を逃れて増殖すると,宿主免疫系は対処しきれず,各種臓器への菌[web.dent.osaka-u.ac.jp] -8分解酵素SpyCEPを同定し,詳細な機能解析を進めている.[web.dent.osaka-u.ac.jp] 次々と明らかにされている.GASの菌体表層には,C5aを分解するセリンプロテアーゼScpA,およびC5aを捕獲してScpAに提示する分子GAPDHが存在する.我々は,ScpAとGAPDHの両分子は相互に作用することで,効率的にC5a不活化し,好中球の遊走を阻害することが明らかにした( 文献7 ).さらに,イギリスとイスラエルのグループは,IL[web.dent.osaka-u.ac.jp]

  • 常染色体劣性単球および樹状細胞欠乏症

    IL-12p40およびIL-12Rβ1欠損症 FN-γを誘導するサイトカインとして重要であるIL-12 8) およびそのレセプターの欠損症 9 , 10) でもBCGや Salmonella に対して易感染性を呈する。IL-12はIL-12p40とIL-12p35からなるheterodimerであり、マクロファージや好中球から産生される。[emeneki.com] 近年、これらの一部は、IFN-γレセプター(IFN-γR)1欠損症 5 , 6) 、IFN-γR2欠損症 7) 、IL-12欠損症 8) 、IL-12R欠損症 9 , 10) 、STAT1欠損症 11) 等の新たな原発性免疫不全症であることが明らかとなった。[emeneki.com] Picardの報告では13名のIL-12欠損症患者のうち5名が死亡しているが、8名は生存し抗生剤投与も受けていない 23) 。 IV. STAT1欠損症 STAT1はtype I IFN(IFN-α/β)とtype II IFN(IFN-γ)の両方のシグナル伝達に重要な分子である。[emeneki.com]

  • 急性汎発性発疹性膿疱症

    近年の膿疱性乾癬(汎発型)の家族内発症例の検討によって、その原因遺伝子として好中球の遊走に重要なIL-8をはじめとする炎症性サイトカイン産生に関与するIL-36の働きを制御するIL-36受容体アンタゴニストをコードする IL36RN 遺伝子の変異が相次いで報告され、さらに孤発例においても尋常性乾癬が先行しない膿疱性乾癬(汎発型)の大半は IL36RN[nanbyou.or.jp]

  • 日光扁平苔癬

    ILIL-6及びTNF-α遺伝子の発現量は、LightCycler Software Ver.3.5(ロシュ)で解析され、GAPDH遺伝子の発現量で標準化された。 ILの発現量の測定結果 図1にUV-B 20mJ/cm 2 の紫外線照射による表皮角化細胞のILの発現に対するメチオニンの効果を調べた実験の結果を示す。[patents.google.com] 結論 本実施例の実験結果から、D-メチオニンにはILの発現抑制効果が認められたが、IL-6及びTNF-αの発現抑制効果は認められなかった。また、D-メチオニンは、紫外線照射だけでなく、他の因子によって増大されるILの発現を抑制するのにも有効であることが示唆された。[patents.google.com] メチオニンのILIL-6及びTNF-αの発現に対する効果 細胞培養 細胞は、正常ヒト表皮角化細胞(#C-001-5C、Cascade Biologics,Inc)が用いられた。前記細胞は、6ウェルの培養ディッシュ(353046、日本ベクトン株式会社)に1ウェルあたり1.5x10 5 個となるように播種された。[patents.google.com]

さらなる症状