Create issue ticket

考えれる343県の原因 il 8

結果を表示する: English

  • ウイルス性下気道感染症

    「慢性気道感染症の気道炎症病態」 慢性気道感染症の病態として,気道のIL-8産生と好中球浸潤の悪循環が存在することを指摘し,14員環マクロライドのエリスロマイシンがIL-8産生誘導を低下させることを報告しました(Oishi K,et al. Infect.[tm.nagasaki-u.ac.jp] 一方,我々はこれまでに14員環マクロライドが慢性気道感染症のIL-8産生を低下させることを報告しましたが,その新たな作用メカニズムとして14員環マクロライドが活性化好中球由来IL-8産生誘導を抑制するが,アポトーシスには影響しないことを報告しました(Tsuchihashi Y, et al. Antimicrob. Agents.[tm.nagasaki-u.ac.jp] Chemother. 43: 794-80, 1999),さらにはPNRのIL-8産生誘導にNF-kBの活性化が必須であることを明らかにしました(Mori N, Infect.Immun. 67: 3872-3878,1999).また,PNRは肺胞マクロファージや肺胞上皮細胞においてIL-8産生のみならずとMCP-1産生を誘導することも報告[tm.nagasaki-u.ac.jp]

  • アトピー

    (図1)DOCK8欠損AND Tgマウスは血清IL-31の上昇を伴うアトピー様皮膚炎を自然発症する A:DOCK8欠損AND Tgマウス(写真右)は、掻破行動を伴う重篤な皮膚炎を自然発症する。 B:DOCK8欠損AND Tgマウスでは、血清IL-31が異常高値を示す。[amed.go.jp] 今回発見した8つのゲノム領域 2q12:この領域は、 IL1RL1 、 IL18R1 、 IL18RAP 遺伝子を含みます。IL1RL1は、ぜんそくに関連しているとされるIL-33の受容体として働きます。[riken.jp] 遺伝子操作マウスでは、正常マウスでほとんど見られないIL33の受容体をもつ免疫細胞が増加・活性化しており、皮膚炎を起こしていることが分かった。 (朝日新聞 2013-8-7付けより) -朝日新聞より-[sugimoto-clinic.or.jp]

  • 高血圧症

    IL-21が肺に存在する マクロファージ 注) をM2マクロファージ優位な状態に誘導して、M2マクロファージの肺組織への集積と相関して 肺動脈平滑筋細胞 注9) の増殖が促進されることで肺高血圧症発症に至るメカニズムが初めて明らかになりました。[jst.go.jp]

  • レンサ球菌感染

    . , 2008) 好中球は,感染の初めに補体成分C5aやインターロイキン(IL)-8の作用で遊走し,微生物を体内で増殖する前に排除する.したがって,GASの組織侵入直後に,好中球によるGAS貪食が阻害されることは,結果として急激な細菌増殖を招くことを示唆している.GASが初期免疫を逃れて増殖すると,宿主免疫系は対処しきれず,各種臓器への菌[web.dent.osaka-u.ac.jp] -8分解酵素SpyCEPを同定し,詳細な機能解析を進めている.[web.dent.osaka-u.ac.jp] 次々と明らかにされている.GASの菌体表層には,C5aを分解するセリンプロテアーゼScpA,およびC5aを捕獲してScpAに提示する分子GAPDHが存在する.我々は,ScpAとGAPDHの両分子は相互に作用することで,効率的にC5a不活化し,好中球の遊走を阻害することが明らかにした( 文献7 ).さらに,イギリスとイスラエルのグループは,IL[web.dent.osaka-u.ac.jp]

  • ニューロパチー

    「われわれの研究で得られた最も重要な知見は、神経線維の長さに依存性を示すSFN 患者において前炎症性サイトカインであるインターロイキン(IL)-6 およびIL-8 の遺伝子発現量が、疼痛患部では[非患部 の皮膚ならびに健康人の皮膚に比して]有意に増加したことである」とÜçeyler は述べている。[natureasia.com]

  • 化膿レンサ球菌

    . , 2008) 好中球は,感染の初めに補体成分C5aやインターロイキン(IL)-8の作用で遊走し,微生物を体内で増殖する前に排除する.したがって,GASの組織侵入直後に,好中球によるGAS貪食が阻害されることは,結果として急激な細菌増殖を招くことを示唆している.GASが初期免疫を逃れて増殖すると,宿主免疫系は対処しきれず,各種臓器への菌[web.dent.osaka-u.ac.jp] -8分解酵素SpyCEPを同定し,詳細な機能解析を進めている.[web.dent.osaka-u.ac.jp] 次々と明らかにされている.GASの菌体表層には,C5aを分解するセリンプロテアーゼScpA,およびC5aを捕獲してScpAに提示する分子GAPDHが存在する.我々は,ScpAとGAPDHの両分子は相互に作用することで,効率的にC5a不活化し,好中球の遊走を阻害することが明らかにした( 文献7 ).さらに,イギリスとイスラエルのグループは,IL[web.dent.osaka-u.ac.jp]

  • 胃炎

    -8(interleukin-8;インターロイキン-8)の産生を促し、さらに炎症が増強されることになります。[jacr.or.jp] であるVac A(vacuolating toxin A;細胞空胞化毒素A)を持ち、Vac A自体が胃の粘膜細胞に傷害をもたらすとともに、H. pyloriのゲノムの中にあるCag A遺伝子(cytotoxin-associated gene A;細胞毒関連遺伝子A)により産生されたCag A蛋白が細胞内に注入されて炎症性サイトカインであるIL[jacr.or.jp]

  • 黄色ブドウ球菌

    )-6,ケモカインのIL-8といった分子の分泌を促し,好中球の遊走や活性化を導く (5) 5 ) K.[katosei.jsbba.or.jp] -8に対する受容体にも糖鎖を介して結合し,それらの機能をかく乱する.またSSL5は,血小板の細胞接着分子glycoprotein(GP)Ibα, GPVIおよびインテグリンα IIb β 3 を介して血小板に結合するが 5, 6) ,GPIbαあるいはGPVIとSSL5の結合もシアル酸含有糖鎖依存的である.SSL5以外にSSL2, SSL3[seikagaku.jbsoc.or.jp] […] lipoteichoic acid; LTA),細菌に特徴的な脂質修飾を受けた膜タンパク質群であるリポプロテインが細菌に固有で共通した構造を含有する.これら表層構造物はマクロファージや樹状細胞,マスト細胞といった宿主細胞が有する微生物センサーによりPAMPsとして認識され,一般には炎症性サイトカインの腫瘍壊死因子(TNF)-αやインターロイキン(IL[katosei.jsbba.or.jp]

  • モラクセラ・カタラーリス

    本発明のこの実施の形態に使用するための他の適切なアジュバントとしては、INF、IL-2、IL-4、IL-8IL-12および他の免疫刺激化合物が挙げられる。さらに、TraT(PCT/AU87/00107参照)のような原核細胞起源の完全な膜タンパク質と一緒に免疫原を包含する複合体も有効である。[biosciencedbc.jp]

  • 痛風性関節炎

    A:TNF-α B:IL-1β C:IL-6 D:IL-8 E:TGF-β 問題8 痛風関節炎について正しいのはどれか.1つ選べ. A:発赤は伴わない. B:60%に再発を認める. C:2週間以内に改善する. D:痛風結節は後頭部に多い. E:発症後1週間で関節痛がピークに達する.[igaku-shoin.co.jp]

さらなる症状