Create issue ticket

考えれる89県の原因 il 8

結果を表示する: English

  • アトピー

    今回発見した8つのゲノム領域 2q12:この領域は、 IL1RL1 、 IL18R1 、 IL18RAP 遺伝子を含みます。IL1RL1は、ぜんそくに関連しているとされるIL-33の受容体として働きます。[riken.jp] 遺伝子操作マウスでは、正常マウスでほとんど見られないIL33の受容体をもつ免疫細胞が増加・活性化しており、皮膚炎を起こしていることが分かった。 (朝日新聞 2013-8-7付けより) -朝日新聞より-[sugimoto-clinic.or.jp] その結果、これまでに世界で行われたアトピー性皮膚炎のGWASにより発見された7つのゲノム領域の関連の再現性を確認し、新たに8つのゲノム領域2q12( IL1RL1 / IL18R1 / IL18RAP )、3p21.33( GLB1 )、3q13.2( CCDC80 )、6p21.3(MHC領域)、7p22( CARD11 )、10q21.2[riken.jp]

  • 高血圧症

    IL-21が肺に存在する マクロファージ 注) をM2マクロファージ優位な状態に誘導して、M2マクロファージの肺組織への集積と相関して 肺動脈平滑筋細胞 注9) の増殖が促進されることで肺高血圧症発症に至るメカニズムが初めて明らかになりました。[jst.go.jp]

  • アトピー性皮膚炎

    DOCK8はEPAS1が核に入る(結果としてIL-31が作られる)のを抑える働きがある 提供:九州大学 新たな創薬ターゲット「EPAS1」 EPAS1を発現させない薬があれば、アトピー性皮膚炎は治るのではないか。そう考えた読者もいるだろう。しかしそれは「ベストな選択ではない」と研究グループの福井さんは言う。[scienceportal.jst.go.jp] DOCK8欠損マウスはアトピー性皮膚炎を発症した 提供:九州大学 その結果、DOCK8欠損マウスのみアトピー性皮膚炎を発症したので、このマウスをモデルマウスとして、その血液を調べると、非常に高い値のIL-31が確認された。また、それに伴ってヘルパーT細胞内に現れたのが「EPAS1(イーパスワン)」というタンパク質だった。[scienceportal.jst.go.jp] その細胞質にあるEPAS1が核の中に入ってSP1と協調し、痒み物質「IL-31」(黄色丸)を作り出す。IL-31が脊髄後根神経節にある受容体にくっつくと、脳が“痒い”と認識する。[scienceportal.jst.go.jp]

  • 乾癬

    近年の膿疱性乾癬(汎発型)の家族内発症例の検討によって、その原因遺伝子として好中球の遊走に重要なIL-8をはじめとする炎症性サイトカイン産生に関与するIL-36の働きを制御するIL-36受容体アンタゴニストをコードする IL36RN 遺伝子の変異が相次いで報告され、さらに孤発例においても尋常性乾癬が先行しない膿疱性乾癬(汎発型)の大半は IL36RN[nanbyou.or.jp] 日本で認可されている乾癬性関節炎の薬は以下のとおりです(2018年8月現在)。[kompas.hosp.keio.ac.jp] TNF阻害薬 インフリキシマブ(商品名レミケード ) アダリムマブ(商品名ヒュミラ ) IL-12/23阻害薬 ウステキヌマブ(商品名ステラーラ ) IL-17阻害薬 セクキヌマブ(商品名コセンティクス ) イキセキズマブ(商品名トルツ ) ブロダルマブ(商品名ルミセフ ) PDE4阻害剤 アプレミラスト(商品名オテズラ ) いずれも従来の[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 慢性疲労症候群

    -1β、IL-6、IL-7、IL-8IL-10など)、インターフェロントランスフォーミング成長因子など) 遺伝子関連の検査異常 遺伝子多型の存在(Single Nucleotide Polymorphism、microsatellite polymorphism) 細菌、ウイルスなどのDNAの検出 DNAマイクロアレイ検査などによる遺伝子発現量[fuksi-kagk-u.ac.jp] マクロファージ、Danger-associated molecular pattern(DAMP)などの異常 獲得免疫の異常 B細胞の異常 B細胞の数・機能異常、免疫グロブリン異常、自己抗体など T細胞の異常 T細胞の数・機能異常など 樹枝状細胞の異常 樹枝状細胞の数・機能異常など サイトカインの異常 血液中、培養上清中の異常(インターロイキン(IL[fuksi-kagk-u.ac.jp]

  • Haddad症候群

    ユニタルクが胸膜癒着を惹起する作用機序は十分に解明されていませんが、タルク投与による胸膜腔内の炎症状態が誘因となり、胸水中にTGF-β、TNF-α、IL-1、IL-8等が分泌され、コラーゲン線維が形成されることにより臓側胸膜と壁側胸膜の癒着が起こると考えられています 1) 。[nobelpark.jp]

  • 乳癌

    免疫の状態を示すサイトカインのIL-12(7.8以上が良好)は7.8 pg/ml以下で、IFNγ(10以上が良好)は11.8 IU/mlとなっており、免疫能力は十分ではない状態でした。[orient-ct.ne.jp] 免疫の状態を示すサイトカインIL-12は11 pg/ml、IFNγは17.8 IU/mlと低下しておりました。 2014年8月(54.5か月後)の腫瘍マーカーCEAは3.1ng/mlで基準値以下でしたが、CA15-3は29.3IU/mlと基準値を上回りました。[orient-ct.ne.jp]

  • 多発性関節炎

    -6 点滴 月1回 皮下注射月2回 アクテムラ トシリズマブ 7 T細胞 点滴 月1回 皮下注射月2回 オレンシア アバタセプト 8 JAK 内服 ゼルヤンツ トファシチニブ 関節リウマチは治療進歩により、治療目標も大きく変わりました。[tmghig.jp] となる分子 投与方法 商品名 一般名 1 TNFα 点滴 2ヶ月1回 レミケード インフリキシマブ 2 TNFα 皮下注射 週1回 エンブレル エタネルセプト 3 TNFα 皮下注射 月2回 ヒュミラ アダリムマブ 4 TNFα 皮下注射 月1回 シンポニー ゴリムマブ 5 TNFα 皮下注射 月1回 シムジア セルトリズマブ ペゴル 6 IL[tmghig.jp]

  • 小児クローン病

    病変内ではIL-8が過剰発現している。約30%の患者では,皮膚に外傷ないし損傷が生じた後に壊疽性膿皮症の潰瘍化がみられ,この現象はパテルギーと呼ばれている。 症状と徴候 ほとんどの場合,壊疽性膿皮症は炎症性の紅色丘疹,膿疱,または結節として始まる。[msdmanuals.com] Cochrane Database Syst Rev (8): CD002913. doi : 10.1002/14651858.CD002913.pub3. PMID 25141071. MacDonald JK, Nguyen TM, Khanna R, Timmer A (November 2016).[ja.wikipedia.org] “Anti-IL-12/23p40 antibodies for induction of remission in Crohn's disease”. Cochrane Database Syst Rev 11 : CD007572. doi : 10.1002/14651858.CD007572.pub3.[ja.wikipedia.org]

  • 偽落屑症候群

    実際の症例では、眼内のVEGF, MCP-1, IL-6, IL-8などの濃度が上がっており、VEGF以外の3者には相関があることがわかっている。硝子体術後4か月ではVEGFとIL-8の濃度は下がっていたが、IL-6とMCP-1に関しては上昇していた。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

さらなる症状