Create issue ticket

考えれる104県の原因 Il-6 増加

  • 高血圧症

    HPHマウスの肺ではTh17細胞が増加して、主にTh17細胞の産生する炎症性サイトカインのIL-17やIL-21も増加していましたが、抗IL受容体抗体の投与によりHPHマウス肺でのこれらの増加はいずれも抑制されました( 図1 B)。[jst.go.jp] 炎症を引き起こす代表的なサイトカインのILは、肺高血圧症患者の血清で増加して、その生命予後と相関することが報告されており、また遺伝子改変マウスを用いた研究からもILは肺高血圧症の発症を促進することが報告されていました。しかしながら、IL-6が肺高血圧症の病態を促進するメカニズムは不明でした。[jst.go.jp]

  • インスリン抵抗性

    肥満で糖尿病が増加する機序として, 内臓脂肪の蓄積により脂肪由来生理活性物質であるAdiponectinやTNF-α, IL-6等のいわゆるアディポサイトカインの分泌異常が生じ, インスリン抵抗性が惹起される.[ci.nii.ac.jp]

  • ニューロパチー

    「われわれの研究で得られた最も重要な知見は、神経線維の長さに依存性を示すSFN 患者において前炎症性サイトカインであるインターロイキン(IL)-6 およびIL-8 の遺伝子発現量が、疼痛患部では[非患部 の皮膚ならびに健康人の皮膚に比して]有意に増加したことである」とÜçeyler は述べている。[natureasia.com]

  • 前立腺癌

    高脂肪食投与マウスでは骨髄由来(免疫)抑制細胞(MDSC)が増殖し、マクロファージ ※3 由来のIL-6増加していることが明らかになりました。そのマウスに抗炎症作用を有するセレコキシブ ※4 または抗IL-6受容体抗体を投与すると前立腺癌増殖は抑制され、骨髄由来抑制細胞の増加も抑制されました。[resou.osaka-u.ac.jp] 今回、研究グループは、前立腺癌を発症する遺伝子改変マウスに高脂肪食を投与することにより、前立腺癌の進展が促進され、これらは前立腺癌局所のIL-6 ※1 の増加と骨髄由来抑制細胞 ※2 (MDSC)の増加により生じることを解明しました。[resou.osaka-u.ac.jp] これにより、高脂肪食による肥満が前立腺癌増殖をきたすメカニズムはマクロファージ由来のIL6を介した前立腺癌の増殖促進と癌促進作用のある骨髄由来抑制細胞の増加によるものであることが判明しました。さらにこれらの現象は肥満の前立腺癌患者でも確認されました。[resou.osaka-u.ac.jp]

  • 多発性関節炎

    また、発症した関節ではTNF、IL-6IL-1bなどのサイトカイン遺伝子の発現が10 50倍 増加しており、さらに、血清中にはリウマチ因子、マトリックスメタロプロテアーゼなどが高濃度に認められました。ヒトのリウマチは抗TNF抗体によって緩和されます。[fbs.osaka-u.ac.jp]

  • IgE型骨髄腫

    している細胞:成熟B細胞、形質細胞 多クローン性 IL6増加 IL6が形質細胞への分化を誘導し、VEGFの発現を増加させて血管増生を促し、血小板増加、 発熱、CRP上昇、小球’性貧血をもたらす。[sk-blood.com] 本疾患ではIL-6を産生しているのは、リンパろ胞の庇中心のB細胞である。 4.診断 病理診断が必須 AおよびBを満たすものをCastleman病とする。 A:①腫大した1cm以上のリンパ節を認める。[sk-blood.com] 単中心性 限局型(UCD)組織学的には硝子血管型 (2)多中心性(MCD) HHV-8関連:組織学的には形質細胞型 特発性 組織学的には混合型、形質細胞型 2.発症年齢 UCD30歳代、MCD50歳代 我が国からはMCDの報告が多い HHVも8関連MCDではほとんどがHIV関連 MCDは日本では年間100万人に一人程度 3.病因論 リンパ節で増加[sk-blood.com]

  • 糸球体腎炎

    IL-1,IL-6,TNF-α,MCP-1などの炎症性サイトカインの循環血液中の増加が見られます.[zousantsushin.jp] えられて来ましたが,現在ではNAPlrという菌体内抗原とSpeBという菌体外抗原が腎炎惹起抗原として最も有力視されています.これらの抗原が免疫グロブリンと結合し,免疫複合体が形成され,補体系副経路が活性化され,糸球体の血管内皮・基底膜・上皮細胞障害が起こり,腎炎が発症します.また,細胞性免疫の関与も知られており,ICAM-1などの接着分子の発現増加[zousantsushin.jp]

  • 再発性虫垂炎

    (5)神経型の診断においては、髄液検査における細胞増多、IL-6増加、MRIの画像所見(フレア画像での高信号域や脳幹の萎縮像) を参考とする。 3.参考事項 (1)主症状、副症状とも、非典型例は取り上げない。 (2)皮膚症状の(a) (b) (c) はいずれでも多発すれば1項目でもよく、眼症状も(a) (b)どちらでもよい。[nanbyou.or.jp]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    強皮症モデルマウスでは、IL-6を産生するeffector B cellが炎症を起こした皮膚で増加し、浸潤していた。皮膚と肺の線維化はIL-6産生B cellを特異的に欠損させたマウスでは減少し、Il-10産生B cellを特異的に欠損させたマウスではより重症な線維化を引き起こした。[rh.med.tohoku.ac.jp]

  • 腫瘍随伴症候群

    たとえば、granulocyte colony stimulating factor(G-CSF)産生腫瘍による白血球増加IL-1、IL-6産生腫瘍 による発熱などがあります。 ③自己抗体 腫瘍抗原に対して産生された自己抗体が正常組織と交差反応して種々の症状を引き起こします。 腫瘍随伴性神経症候群は主にこのメカニズムによります。[blogs.yahoo.co.jp]

さらなる症状