Create issue ticket

考えれる280県の原因 il 6

結果を表示する: English

  • アミロイドーシス

    また、AAアミロイドーシスの病因はアミロイドAですが、その前駆蛋白である血清アミドイドAは炎症性サイトカインのインターロイキン(IL)-6によって主に肝臓で産生されます。このIL-6の働きを抑える薬剤であるトシリズマブ(アクテムラ )という生物学的製剤によって血清アミロイドAの産生が強力に抑えられます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] AAアミロイドーシスに対するTNF阻害療法やIL-6阻害療法の有効性が報告されている。特にIL-6阻害療法の効果が高く今後AAアミロイドーシスの治療の主流になると考えられている。 長期透析患者では血中で増加しているβ2ミクログロブリン由来のアミロイド(Aβ2M)が靱帯、骨領域に沈着する。[ja.wikipedia.org] AAアミロイドーシスに対するTNF阻害療法やIL-6阻害療法の有効性が報告されている。特にIL-6阻害療法の効果が高く今後AAアミロイドーシスの治療の主流になると考えられている。 Aβ2Mアミロイドーシス [ 編集 ] 長期透析患者では血中で増加しているβ2ミクログロブリン由来のアミロイド(Aβ2M)が靱帯、骨領域に沈着する。[ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    生物学的製剤とは、滑膜炎を引き起こす物質(サイトカイン)であるIL-6やTNFαという物質を選択的に阻害する薬剤で、抗体製剤とも呼ばれます。[houjin-kai.or.jp] リウマチの炎症を引き起こすサイトカインとして最も重要なものは、TNF-α(アルファ)、IL-1、IL-6などと呼ばれるものです。 この炎症性サイトカインが悪さをする前に捕獲してしまおうというものが、抗サイトカイン抗体です。 これには現在のところ、抗TNF-α(アルファ)-抗体、抗IL-6抗体があります。[hokuto7.or.jp] これはリウマチの病態の中心となるTNF-aやIL-6を抗体で中和したり、結合蛋白でブロックして、その働きを止めようとするものです。 これまで投与後1〜2週間で症状が劇的に改善することが報告されており、メソトレキセートでもコントロールが困難な難治性のリウマチ患者さんへの朗報といえます。[okayamah.johas.go.jp]

  • 骨髄腫随伴性アミロイド症

    AAアミロイドーシスに対するTNF阻害療法やIL-6阻害療法の有効性が報告されている。特にIL-6阻害療法の効果が高く今後AAアミロイドーシスの治療の主流になると考えられている。 Aβ2Mアミロイドーシス [ 編集 ] 長期透析患者では血中で増加しているβ2ミクログロブリン由来のアミロイド(Aβ2M)が靱帯、骨領域に沈着する。[ja.wikipedia.org] SAAの産出亢進はIL-6シグナルによって活性化された転写因子のSTAT3とTNF-αとIL-1などのサイトカインで活性化されたNF-κBp65の活性化によっておこるがSTAT3の活性化が必須であり、NF-κBp65は補助的である。[ja.wikipedia.org]

  • 全身型若年性特発性関節炎

    SJIA の発症にはIL-1、IL-6IL-18などの炎症性サイトカインの過剰産生が関与していると考えられており、IL-1βをターゲットとした抗体であるイラリスは、新たな治療選択肢になることが期待されている。[mixonline.jp] 現在、日本国内では、抗インターロイキン(interleukin、IL)-6受容体抗体であるトシリズマブがSJIAに対して承認されていますが、「イラリス」は、トシリズマブとは異なるサイトカインであるIL-1βをターゲットとした抗体であることから、SJIA患者の新たな治療選択肢になることが期待されます。[pulse-beat.com] 原因は明らかではありませんが、最近では自己免疫性疾患の一つとして考えられるようになり、炎症性サイトカインであるIL-6IL-1βが関わっていることが判明しました。 治療方法は、関節リウマチと同じくステロイドの投与が中心となります。[et-support.handicap.jp]

  • 脊髄炎

    山村部長らは、抗アクアポリン4抗体産生にIL6が必要なことを研究で発見した。IL6の働きを抑える抗IL6受容体抗体の薬、トシリズマブ(商品名アクテムラ)を使えば、効くのではないかとみて、臨床研究に乗り出した。[scienceportal.jst.go.jp] このリンパ球はILに刺激され、NMOを起こす「抗アクアポリン4抗体」を作っていることを確かめた。 ILを阻害する薬は既にリウマチなどで使われている。この薬を試験管内で加えると、プラズマブラストは減少した。」[arsvi.com] 上席執行役員プロジェクト・ライフサイクルマネジメント共同ユニット長の伊東 康は、「このたびのサトラリズマブの良好な第III相試験成績は、IL-6阻害がNMOSD治療における有効なアプローチであることを示すものです」と述べるとともに、「NMOSDは、症状の進行により失明や運動機能の障害につながり、承認された治療薬もない、アンメットニーズの高い[nikkei.com]

  • 二次性アミロイドーシス

    また、AAアミロイドーシスの病因はアミロイドAですが、その前駆蛋白である血清アミドイドAは炎症性サイトカインのインターロイキン(IL)-6によって主に肝臓で産生されます。このIL-6の働きを抑える薬剤であるトシリズマブ(アクテムラ )という生物学的製剤によって血清アミロイドAの産生が強力に抑えられます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] IL-6受容体抗体製剤等による治療成績の改善により減少傾向が示されています。炎症関連蛋白の代謝産物であるAAアミロイド蛋白は消化管の粘膜固有層と粘膜下層血管周囲に顆粒状に沈着します。慢性下痢、低栄養、粘膜の脆弱化に伴う粘膜出血による貧血等の症状を呈します。[ohashinaika.jp] -6受容体抗体が奏効した消化管AAアミロイドーシスの1例 鎌野 俊彰・他 早期胃癌研究会症例 拡大内視鏡が診断に有用であったceliac病の1例 岸 昌廣・他 症例 拡大観察にて診断しえた低異型度胃癌の1例 若槻 俊之・他 学会印象記 JDDW2013(第21回日本消化器関連学会週間) 郷田 憲一/入口 陽介/佐野村 誠[igaku-shoin.co.jp]

  • 少関節炎

    トシリズマブは日本で開発された薬で、IL-6の機能を阻害する薬です。海外では、炎症性サイトカインであるIL-1を阻害するアナキンラやカナキヌマブというお薬を使用することもあります。[medicalnote.jp] 全身型(上述の1) 関節型(上述の2-4) 症候性慢性関節炎(上述の5-6) 全身型ではインターロイキン(IL)-6IL-1という炎症をつかさどる物質(サイトカイン)が病態の中心をなすと考えられています。また、関節型では腫瘍壊死因子(TNF)、IL-6というサイトカインが重要と考えられています。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 「関節型」では関節滑膜で腫瘍 壊死 因子(tumor necrosis factor:TNF)αやIL-6がたくさん作られて関節局所の炎症や関節破壊を引き起こします。[nanbyou.or.jp]

  • 急性膀胱炎

    これらの結果を図に示す。図は、モデルマウスの膀胱における各炎症性サイトカイン(IL-1β、TNF-αおよびIL)および線維化マーカー(TGF-β)のmRNAの発現量を示すグラフである。[patents.google.com] に示すように、実施例モデルマウスにおいて、ILは、H 2 O 2 投与後3時間をピークに徐々に減少したが、IL-1βおよびTNF-αは、投与後3時間から発現誘導が認められ、7日目でもほぼ持続していた。また、図に示すように、実施例モデルマウスにおいて、線維化マーカーであるTGF-βは、徐々に発現が増加した。[patents.google.com] インターロイキン-IL)、ならびに、線維化マーカーであるトランスフォーミング増殖因子(Transforming Growth Factor(TGF))-βの発現を確認した。[patents.google.com]

  • 高血圧症

    図4 ILIL-21シグナルの肺高血圧症における役割 低酸素により肺動脈内皮細胞、肺動脈平滑筋細胞などでILが産生された結果、肺にTh17細胞が動員される。IL依存的に主にTh17細胞からIL-21が産生されて、IL-21は肺胞マクロファージをM2マクロファージに誘導する。[jst.go.jp] 研究グループはHPHマウスにILの作用を阻害する抗IL受容体抗体を投与すると、コントロール群に比べてHPH病態が有意に抑制されることを見出しました( 図1 A)。 研究グループは、ILがその分化に必要とされるTh17細胞とその産生する炎症性サイトカインに注目して調べました。[jst.go.jp] 近年の研究から肺高血圧症の発症には 炎症 注2) が重要で、特に炎症を誘導する サイトカイン 注3) の1つである インターロイキン(interleukin-IL) 注4) は肺高血圧症の病態の鍵を握ると考えられていましたが、ILが肺高血圧症の発症を促進するメカニズムはこれまで不明でした。[jst.go.jp]

  • 家族性地中海熱

    誘因がIL-6の増加を来たすことに起因する自己免疫性疾患と解されています。発熱に伴う随伴症状は漿膜炎、滑膜炎が多く、胸膜による胸痛、腹膜炎に伴う腹痛や下痢、腹水や腹膜刺激症状を来たします。炎症の主座は漿膜側ですが十二指腸や小腸、結腸の粘膜面にも浮腫や結節状変化、地図状の浅い潰瘍や瘢痕等多彩な病変を呈するとのいくつかの報告もあります。[ohashinaika.jp] 検査所見は、IL-6(炎症に関わるサイトカイン)、CRP、血清アミロイドA(CRPの前駆物質)の著明高値を伴うことが多く、間歇期にこれらは劇的に陰性化します。CRPは10-20 mg/mlほどの高値になります。 家族性地中海熱の原因は、パイリンという物質の異常です。この分子は、好中球に発現しています。[emeneki.com] ぶどう膜、網膜など眼内に炎症を起こすのはIL-1βではなくIL-6とという研究結果を受け「FMF患者でもしぶどう膜炎や眼内の炎症がある場合はベーチェット病を疑う。また眼内炎症を伴う他疾患の可能性を精査する」と なっています。[autoinflammatory-family.org]

さらなる症状