Create issue ticket

考えれる33県の原因 IL-18 増加

  • 手掌膿瘍

    転院時は弛張熱と血液検査で白血球増多と血小板の増加、CRP高値がみられた。また、インターロイキン18IL-18)値は20,000 pg/ と著明に高値であった。熱型およびIL-18値の著明高値から全身型特発性関節炎(sJIA)と考え、22病日よりibuprofenでの治療を開始し速やかに解熱した。[jskd.jp]

  • IgE型骨髄腫

    -10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB 12 ( 1500 ng/L)、血漿IL-18( 500 pg/mL)のいずれかの増加 2) 典型的な免疫組織学的所見(経験豊富な血液病理学者による) 3) 自己免疫性血球減少(溶血性貧血、血小板減少又は好中球減少)かつ多クローン性IgGの増加 4) 自己免疫の有無にかかわらず非腫瘍性/[nanbyou.or.jp] している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T細胞の2.5%以上) B.付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL[nanbyou.or.jp]

  • 原発性免疫不全症

    -10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB 12 ( 1500 ng/L)、血漿IL-18( 500 pg/mL)のいずれかの増加 2) 典型的な免疫組織学的所見(経験豊富な血液病理学者による) 3) 自己免疫性血球減少(溶血性貧血、血小板減少又は好中球減少)かつ多クローン性IgGの増加 4) 自己免疫の有無にかかわらず非腫瘍性/[nanbyou.or.jp] している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T細胞の2.5%以上) B.付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL[nanbyou.or.jp]

  • 心嚢液貯留

    転院時は弛張熱と血液検査で白血球増多と血小板の増加、CRP高値がみられた。また、インターロイキン18IL-18)値は20,000 pg/ と著明に高値であった。熱型およびIL-18値の著明高値から全身型特発性関節炎(sJIA)と考え、22病日よりibuprofenでの治療を開始し速やかに解熱した。[jskd.jp]

  • 若年性乾癬性関節炎

    特に全身型ではIL-1・IL-18IL-6など炎症性サイトカインの産生増加が病態の中心と考えられ、過剰形成されたIL-6/IL6 receptor(R)複合体が標的細胞表面のgp130に結合し、種々の生体反応を惹起する。関節局所では炎症細胞の浸潤と炎症性サイトカインの増加が見られ、滑膜増生や関節軟骨や骨組織の破壊を認める。[nanbyou.or.jp]

  • エヴァンズ症候群

    FAS 、 FASLG あるいは CASP10 遺伝子変異を証明 二次項目 1.血漿sFAS( 200pg/ml)、血漿IL-10( 20pg/ml)、血清あるいは血漿ビタミンB 12 ( 1500ng/L)あるいは血漿IL-18( 500pg/ml)の増加 2.熟練した血液病理学者による典型的免疫組織学的所見 3.自己免疫性血球減少症(溶血性貧血[emeneki.com]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    -10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB 12 ( 1500 ng/L)、血漿IL-18( 500 pg/mL)のいずれかの増加 2) 典型的な免疫組織学的所見(経験豊富な血液病理学者による) 3) 自己免疫性血球減少(溶血性貧血、血小板減少又は好中球減少)かつ多クローン性IgGの増加 4) 自己免疫の有無にかかわらず非腫瘍性/[nanbyou.or.jp] している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T細胞の2.5%以上) B.付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL[nanbyou.or.jp]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    -10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB 12 ( 1500 ng/L)、血漿IL-18( 500 pg/mL)のいずれかの増加 2) 典型的な免疫組織学的所見(経験豊富な血液病理学者による) 3) 自己免疫性血球減少(溶血性貧血、血小板減少又は好中球減少)かつ多クローン性IgGの増加 4) 自己免疫の有無にかかわらず非腫瘍性/[nanbyou.or.jp] している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T細胞の2.5%以上) B.付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL[nanbyou.or.jp]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    -10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB 12 ( 1500 ng/L)、血漿IL-18( 500 pg/mL)のいずれかの増加 2) 典型的な免疫組織学的所見(経験豊富な血液病理学者による) 3) 自己免疫性血球減少(溶血性貧血、血小板減少又は好中球減少)かつ多クローン性IgGの増加 4) 自己免疫の有無にかかわらず非腫瘍性/[nanbyou.or.jp] している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T細胞の2.5%以上) B.付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL[nanbyou.or.jp]

  • 単クローン性ガンマグロブリン血症

    -10( 20 pg/mL)、血清又は血漿ビタミンB 12 ( 1500 ng/L)、血漿IL-18( 500 pg/mL)のいずれかの増加 2) 典型的な免疫組織学的所見(経験豊富な血液病理学者による) 3) 自己免疫性血球減少(溶血性貧血、血小板減少又は好中球減少)かつ多クローン性IgGの増加 4) 自己免疫の有無にかかわらず非腫瘍性/[nanbyou.or.jp] している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T細胞の2.5%以上) B.付帯項目 1.一次項目 1) リンパ球のアポトーシスの障害(2回の独立した検索が必要) 2) FAS 、 FASLG 、 CASP10 のいずれかの遺伝子における体細胞又は生殖細胞系列での変異 2.二次項目 1) 血漿sFASL( 200 pg/mL)、血漿IL[nanbyou.or.jp]

さらなる症状