Create issue ticket

考えれる25県の原因 III音ギャロップ

  • うっ血性心不全

    発表日:2016年12月14日 うっ血性心不全患者で摂食嚥下障害併存を予測する -認知機能と栄養状態検査で摂食嚥下障害の早期発見へ- 【研究概要】 東北大学大学院医学系研究科内部障害学分野の大学院生横田 純一(よこたじゅんいち)、小川 佳子(おがわ よしこ)元助教(現 帝京大学)、上月 正博(こうづき まさひろ)教授らのグループは、認知機能障害と低栄養状態が、入院時のうっ血性心不全急性増悪患者における摂食嚥下障害(注1)併存の予測因子であることを科学的に実証しました。[…][nikkei.com]

  • 肺水腫

    Last Update:2014年3月3日 呼吸器の病気一覧へ戻る F-03 肺血管性病変 はいすいしゅ 肺水腫 【概要】 肺は酸素を取り入れ、体内で生じた二酸化炭素を排出するために、肺胞(はいほう)と呼ばれる小さな袋状の構造物に空気を取り入れています。この肺胞の周りには網目状の毛細血管が取り巻き、空気と血液との間で酸素と二酸化炭素が交換されています。肺水腫はこの毛細血管から血液の液体成分が肺胞内へ滲み出した状態です。肺胞の中に液体成分が貯まるため、肺で酸素の取り込みが障害されて重症化すると呼吸不全に陥ることがあります。 【疫学】 様々な原因による疾患のため正確な発症数は不明です。[…][jrs.or.jp]

  • 心筋疾患

    看護師求人TOP ナースフル疾患別シリーズ 循環器疾患 第2章 主な循環器疾患 心筋疾患 心筋症 病態 心機能障害をきたす心筋疾患の総称である。原因不明の「特発性心筋症」と原因疾患や毒性物質が明らかな「 二次性心筋症 」に分ける。 * 二次性心筋症の除外診断が必要である 治療 特発性心筋症は、以下のとおりである。 肥大型心筋症 […][…]治療目標は、突然死の防止である。致死性不整脈があれば、予防内服薬としてβ遮断薬、CA拮抗薬、抗不整脈薬を用いる。 拡張型心筋症[…][nurseful.jp]

  • 左心室の心筋障害

    心臓血管外科の病気:心筋症(拡張型、肥大型) 心筋症とは 拡張型心筋症 拡張型心筋症:生活で気をつけること 閉塞性肥大型心筋症 閉塞性肥大型心筋症:生活で気をつけること 拘束型心筋症 心筋症とは 心筋症とは心臓の筋肉そのものの異常で心機能が低下する病気です。心筋症には拡張型心筋症が代表的で他に肥大型心筋症、拘束型心筋症があります。 拡張型心筋症 正常 拡張型心筋症 拡張型心筋症とは[…][tokushukai.or.jp]

  • 心筋梗塞

    副院長 心臓血管内科 部門長 安田 聡 倒れている人を発見したら... もくじ 心臓のはたらき 冠動脈とは? / 動脈硬化とは? 心筋梗塞は増加している:早朝・冬場にご注意 狭心症と心筋梗塞との違いは? / 狭心症とは? / 心筋梗塞とは? 病院を受診すべきタイミングは? 心筋梗塞では早期の受診が重要です 意識がない場合の応急処置 / 心筋梗塞の治療:再灌流療法 冠動脈疾患用集中治療室(CCU) 天皇陛下が狭心症のため、冠動脈バイパス手術を受けられ、手術は無事終了、公務に復帰されました。この経過を伝える新聞やテレビの報道で、狭心症、心筋梗塞(こうそく)[…][ncvc.go.jp]

  • 急性心筋梗塞

    Q 最近「急性心筋梗塞」とよく耳にしますが、具体的にどのような病気ですか? 心臓は主に全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。この心臓自体へと血液を流すための心臓の動脈 冠動脈が突然詰まる(閉塞してしまう)病気です。 Q 寒い季節は急性心筋梗塞が起こりやすくなるというのは本当ですか? 季節によってそれほど極端な差はありませんが、夏よりも20%ほど冬に多く発症するとの報告があります。やはり気温変化の影響が大きく、血圧や身体活動度の低下、ひいてはコレステロールや中性脂肪の値が、季節によって大きく変動するとされています。また、高齢者ほど寒冷期の影響を受けやすいともいわれています。[…][hospital.pref.ibaraki.jp]

  • 肺塞栓症

    HOME 月刊誌 最新号 次号予告 バックナンバー 新しい診断と治療のABC 最新号 次号予告 バックナンバー 書籍 最新刊 好評発売中 書籍一覧 インターネット販売 最新医学 新しい診断と治療のABC 書籍 目次 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 57 / 血液6 静脈血栓症・肺塞栓症とDIC (齋藤 英彦 編集) 我が国では両疾患とも生活習慣の欧米化などに伴い急速に増加しています。共通の特徴は,血栓症を基盤とすること,外科・内科・救急・産婦人科・整形外科などに横断的であること,そして迅速な対応が求められることです。[…][saishin-igaku.co.jp]

  • 高拍出性心不全

    抄録[…][jstage.jst.go.jp]

  • 拡張型心筋症

    EBPTワークシート 第8回 「拡張型心筋症に対する有酸素運動とレジスタンストレーニングの併用効果」 患者氏名 年齢 75歳 性別 男性 診断名 拡張型心筋症(dilated cardiomyopathy: DCM) 現病歴 労作時呼吸困難感を主訴に急性心不全にて入院加療となる。 薬物治療と並行して入院期より心臓リハビリテーション開始。 徐々に全身状態が安定し、15病日後に自宅退院となる。 自宅退院後も監視型回復期心臓リハビリテーション参加となる。 理学療法評価(回復期心臓リハビリテーション開始時) 身体組成 身長 170cm、体重 59kg、BMI 20.4kg/m2 日常生活動作(ADL)[…][jspt.japanpt.or.jp]

  • 原発性斑状特発性皮膚萎縮症

    「簡潔な記述」「多くの臨床・病理写真」「国際的に通用する疾患分類」など,初版からの編集方針を守り,最新の情報に基づいて全面的に見直した待望の第3版!皮膚科学を学ぶ学生だけでなく,研修医や一般臨床医,皮膚科専門医にも役立つ,これからの時代に必携のテキストです. 1章 皮膚の構造と機能 A.皮膚とは B.表皮 a.表皮の構造と細胞 1.基底層(基底細胞層) 2.有棘層(有棘細胞層) 3.顆粒層(顆粒細胞層) 4.角層(角層細胞層) 5.その他の細胞 b.角化細胞の接着 1.表皮基底膜:表皮と真皮の結合 2.角化細胞間の接着 c.角化 1.ケラチン 2.周辺帯 3.角質細胞間脂質[…][rr2.nakayamashoten.co.jp]

さらなる症状