Create issue ticket

考えれる483県の原因 iib

結果を表示する: Deutsch

  • 肺癌

    IA期 88.3%、IB期 76.5%、IIA期 72.9%、IIB期 55.8%、IIIA期 59.9%、IIIB期 45.8%、IV期 42.8%となっています。今後も肺癌の根治を目指して,治療に取り組んでゆきます。[m.chiba-u.ac.jp] [非小細胞がん] I IIB, IIIA期の一部までが外科手術の適応となります。75歳未満でIB期以上の方には術後に抗がん剤投与を追加することの有用性が最近示されてきています。IIIB、IV期では基本的には手術の適応はなく、抗がん剤治療( 放射線療法)を行うことになります。[med.oita-u.ac.jp] IIA期でも症状が出ないこともありますが、IIB期になりますと咳、痰や胸痛などの症状が出現し始めます。さらにIII期、IV期と進行しますと息切れ、背骨の痛みや、多臓器への転移による様々な症状が出現します。 カルチノイド、腺様嚢胞がん、粘表皮がん、がん肉腫では、肺門部に発生しやすく、ほぼ扁平上皮がんに似た症状が出ます。[jlrc.jp]

  • 肺扁平上皮癌

    日本肺癌学会編「臨床・病理 肺癌取扱い規約 2017年1月(第8版)」(金原出版)より作成 表4 肺がんの病期分類 N0 N1 N2 N3 M1a M1b M1c T1mi IA1 T1a IA1 IIB IIIA IIIB IVA IVA IVB T1b IA2 IIB IIIA IIIB IVA IVA IVB T1c IA3 IIB[ganjoho.jp] 手術をした場合の5年生存率は、病期I期(Ia、Ib期):70%、II期(IIa、IIb期):50%、IIIa期:25%といわれています。手術が適切でないIII期で、放射線療法と化学療法の合併療法を受けた場合、2年生存率は30 40%です。[osaka-med.ac.jp] 結果 年齢は37 84歳(中央値70歳),男性122,女性11.喫煙指数は0 3180(中央値1140).臨床病期はIA/IB/IIA/IIB/IIIA/IIIB 60/32/16/12/12/1.術前CEAは1.3 134.3ng/ml(中央値4.9),高値群64,術前SCCは0.1 13.1ng/ml(中央値1.2),高値群39.術式は[haigan.gr.jp]

  • 子宮頸部異形成

    がんが小骨盤腔を超えて広がるか、膀胱・直腸粘膜をおかすもの IVA期 膀胱や直腸粘膜への浸潤があるもの IVB期 小骨盤腔を超えてがんが広がるもの 表2 臨床進行期と治療 臨床進行期 治療 IA1 子宮頸部円錐切除単純子宮全摘術 IA2、IB 広汎(準広汎)子宮全摘出術 リンパ節廓清術(病理所見によって、術後化学療法・放射線療法) IIA、IIB[tokushukai.or.jp] または臨床的に明らかではないがIAを超えるもの IB1期 病変が4 以内のもの IB2期 病変が4 を超えるもの II期:がんが子宮頸部を超えて広がっているが、骨盤壁または膣壁下1/3には達していないもの IIA期 膣壁浸潤が認められるが、子宮傍組織浸潤は認められないもの IIA1期 病変が4 以内のもの IIA2期 病変が4 を超えるもの IIB[tokushukai.or.jp]

  • 外陰炎

    IbからIIb期 非妊娠時であれば広汎子宮全摘術の適応となる。妊娠21週未満であれば、妊娠子宮ごと広汎子宮全摘術、妊娠22週以降であれば帝王切開と同時に広汎子宮全摘術が原則となる。[www2.nms.ac.jp] 分類 治療方針 妊娠中 非妊娠時 子宮頸部異形成 軽 度 中等度 高 度 経過観察 経過観察 経過観察 円錐切除術 上皮内癌 経過観察 円錐切除術 進行期癌 Ia期 円錐切除術 円錐切除術or単純子宮全摘術 Ib期 IIa期 IIb期 帝王切開、広汎子宮全摘術 広汎子宮全摘術 III期 IV期 帝王切開後 放射線療法、化学療法 放射線療法、[www2.nms.ac.jp]

  • 卵巣の脂質細胞腫瘍

    II期はさらにIIA期、IIB期、IIC期に分けられます。 IIA期 :がんが 子宮 または 卵管 (卵子が 卵巣 から子宮へと移動する際に通る細長い管)もしくはその両方に拡がっている。 IIB期 :がんが 骨盤 内の他の 組織 に拡がっている。[cancerinfo.tri-kobe.org] II期はIIA期、IIB期、IIC期に分かれます: IIA期: がんは子宮および/あるいは卵管(卵子が卵巣から子宮へ通過していく細い管)に拡がっています。 IIB期: がんは骨盤の内部にあるその他の組織に拡がっています。[imic.or.jp] 表4 卵巣癌の進行期分類(FIGO 1985) I期:卵巣に限局 Ia期:片側卵巣に限局 Ib期:両側卵巣に限局 Ic期:卵巣表面に浸潤,皮膜破綻, 腹水または腹腔洗浄細胞診にて陽性 II期:骨盤内に進展 IIa期:子宮,卵管に及ぶ IIb期:他の骨盤内組織に及ぶ IIc期:卵巣表面に浸潤,皮膜破綻, 腹水または腹腔洗浄細胞診にて陽性 III[hospital.japanpost.jp]

  • 結節性悪性黒色腫

    TNM分類はpT4aN0M0,病期stage IIBの診断で,術後は化学補助療法(DAVferon療法)を行った。術後8ヵ月目に全身へ転移を来し,緩和ケア病院へ転院した。[jstage.jst.go.jp] 表3 悪性黒色腫の病期分類 がんの厚さ 潰瘍なし 潰瘍あり がんは原発巣のみ 0.8mm未満 IA IB 0.8mm以上1mm以下 IB IB 1mmを超えているが2mm以下 IB IIA 2mmを超えているが4mm以下 IIA IIB 4mmを超えている IIB IIC がんの厚さに関わらず、 1個以上のリンパ節転移がある III がんの[ganjoho.jp]

  • 早期胃癌

    進展を伴った体中部小彎後壁の未分化型IIc IIb(M)(65歳,女性) 症例57 腺腫を併存した前庭部小彎の表層拡大型IIa(M)(77歳,女性) 症例58 周囲にIIb様の進展を伴った体下部後壁大彎のIIc(SM1)(71歳,女性) 症例59 存在診断,質的診断ともに難しかった体上部小彎から後壁の 胃型分化型腺癌のIIa IIb(M)([igaku-shoin.co.jp] 内容紹介 筆者が,がん研有明病院にレジデントとして入局したときに,これまで見たことのない胃炎類似型胃癌,微小胃癌,IIb病変が次々と発見されることに大変驚いた.胃癌を発見するコツを質問すると,“病変が光ってみえる"と教わった.多くの病変を経験することにより“目が慣れてくる"と,病変が自然に目に入るようになってきた.これが“病変が光ってみえる[amazon.co.jp] ステージ(進行度) リンパ節転移:N 深達度:T N0:転移なし N1:1-2個 N2:3-6個 N3:7個以上 T1:粘膜、粘膜下層 IA期 IB期 IIA期 IIB期 T2:筋層 IB期 IIA期 IIB期 IIIA期 T3:漿膜下層 IIA期 IIB期 IIIA期 IIIB期 T4a:漿膜(胃の外) IIB期 IIIA期 IIIB期[kindai-geka.jp]

  • うつ病

    シロシビン [ 編集 ] 2018年には アメリカ食品医薬品局 (FDA)が第IIb相の シロシビン 治験を承認し、既存の抗うつ薬による治療に失敗した治療抵抗性のうつ病を対象とし、臨床試験は北米と欧州の様々な国、およそ1年にわたって実施される [168] [169] 。[ja.wikipedia.org]

  • CDK4 に関連した悪性黒色腫

    表3 悪性黒色腫の病期分類 がんの厚さ 潰瘍なし 潰瘍あり がんは原発巣のみ 0.8mm未満 IA IB 0.8mm以上1mm以下 IB IB 1mmを超えているが2mm以下 IB IIA 2mmを超えているが4mm以下 IIA IIB 4mmを超えている IIB IIC がんの厚さに関わらず、 1個以上のリンパ節転移がある III がんの[ganjoho.jp] 補助療法 黒色腫の外科的完全切除を施行したが、再燃リスクが高い(IIB期、IIC期、III期)と考えられる患者に対する補助療法として、高用量 インターフェロン α-2bが1995年に米国食品医薬品局(FDA)により承認された。[cancerinfo.tri-kobe.org] IIB T3b、N0、M0 T3b 2.0mm超 4.0mm/潰瘍を伴う。 N0 所属リンパ節に転移を認めない。 M0 遠隔転移を認めない。 T4a、N0、M0 T4a 4.0mm超/潰瘍を伴わない。 N0 所属リンパ節に転移を認めない。 M0 遠隔転移を認めない。 IIC T4b、N0、M0 T4b 4.0mm超/潰瘍を伴う。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 血小板減少症

    を認識する抗体がすでに発生している場合,などの複数の機序が想定されている 13 ) 16 ) .2)の機序における薬剤依存性抗体は薬剤の化学構造に極めて特異的であり薬剤存在下でなければ反応しないが,長期間にわたり患者血清中に存在しうるため薬剤が再び投与されることがあればまた血小板減少が起こる 17 ) .薬剤が結合する血小板膜蛋白はGP IIb-IIIa[jstage.jst.go.jp] 病態 [ 編集 ] ITPは血小板に対するIIb/IIIaなどで感作された免疫複合体が、 脾臓 ・ 肝臓 などで破壊されて血小板減少をきたす疾患である。血小板破壊が亢進しているため、 骨髄 での血小板産生は盛んになっている。しかしタイプによっては、骨髄中での産生時点で幼弱な形での血小板しか生産されず、奇形的な血小板の場合がある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状