Create issue ticket

考えれる2,171県の原因 ii1

  • 過食

    所在地 251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢18-1 エバーズ第10藤沢ビルII 5階 (旧:リード藤沢ビル) 電話 0466-54-0556 【予約制】お電話にてご予約ください ※受付時間は診療時間終了の30分前までとなります 最寄駅 JR東海道本線、小田急線、江ノ島電鉄 「藤沢駅」徒歩3分 診療時間 【予約制】お電話にてご予約ください[shonan-yoshida-cl.jp]

  • 心不全

    Killip I ポンプ失調 (–)、心不全なし Killip II 背面1/2で湿性ラ音、軽症心不全(ラ音、III音、頸静脈怒張) Killip III 全肺野で湿性ラ音、肺水腫 Killip IV 心原性ショック フォレスター分類 (Forrester Hemodynamic Subsets) は、James S.[ja.wikipedia.org]

  • 急性胃腸炎

    , National Institute of Infectious Diseases, Tokyo, Japan d Infectious Disease Surveillance Center, National Institute of Infectious Diseases, Tokyo, Japan 1 Present address[kobe-u.ac.jp] Tropical Disease, Airlangga University, Surabaya, Indonesia b Center for Infectious Diseases, Kobe University Graduate School of Medicine, Kobe, Japan c Department of Virology II[kobe-u.ac.jp]

  • 尿路疾患

    この断面で観察すべき項目は i) 腎盂の前後径(AP diameter) ii) 腎実質の大きさ、形態 である。 腎盂の前後径(図1-2)は妊娠週数に関わらず10mm以上を腎盂拡大としており、水腎症を疑う。[jaog.or.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    Stage III Stage IV 不明 胃癌 131 19 30 49 – 103 1 7 大腸癌 70 70 92 92 26 168 1 7 乳癌 79 106 43 11 20 62 1 7 肺癌 89 32 88 129 342 218 1 7 肝癌 – 24 29 15 – 126 1 7 ※ 1:UICC TNM分類,2:[aomori-kenbyo.jp] 手術・処置等23あり 15 117.00 73.45 80.00% 0.00 140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 7.29 6.21 21.43% 0.00 初発 再発 病期分類 基準 (※) 版数 Stage I Stage II[aomori-kenbyo.jp]

  • ビタミンD欠乏症

    ビタミンD欠乏症では、よほど重症でない限り正常 ビタミンD依存性I型では、1α水酸化酵素欠損により、その後段階の1,25(OH)2ビタミンD3は低値 ビタミンD依存症II型は、ビタミンD受容体の反応障害なので、1,25(OH)2ビタミンD3は高値 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症 FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症は、 リン[nagasaki-clinic.com] 現在は有害紫外線によって最も敏感に紅斑をもたらす白い肌を持つ人をSPT Iとし、紅斑を生じない黒い肌を持つ人をスキンタイプVIとし、その間をII、III、IV、Vと分類しています。日本人に最も多い肌のタイプは、スキンタイプIIIです( 表 )。 *13 McKenzie, R.[nies.go.jp] 総合的に判断すると、これまでに実施された試験からは、カルシウム併用の有無にかかわらず、ビタミンDのがんリスク軽減への関与を裏づける結果は得られていない[ 1 ]。[ejim.ncgg.go.jp]

  • 膣カンジダ症

    (i),(ii)の場合は不安定な状態ですので,エキノキャンディン系(ミカファンギン100mg/日)かポリエン系(リポソーム型アンホテリシンB3-5mg/kg/日,アンホテリシンB0.5-1mg/kg/日)が選択肢になります。[igaku-shoin.co.jp]

  • インスリン抵抗性

    メタボリック症候群の病態形成において、レニン-アンジオテンシン系(RAS)の関わりが注目されており、アンジオテンシンII(Ang II)産生の増大、特に1型アンジオテンシン受容体(AT1受容体)経路の過剰活性化が関わることが報告されています。[yokohama-cu.ac.jp] 日本人の食事摂取基準(2010年版) はじめに(表紙、構成員等名簿、目次) pI IV( PDF :74KB) I 総論(策定理論、活用理論) p1 42 はじめに p1( PDF :334KB)、策定の基礎理論 p2 16( PDF :443KB)、 活用の基礎理論 p17 42( PDF :547KB) II 各論 .エネルギー・栄養素[mhlw.go.jp] これらのことから、生体での循環Ang IIの増加は、骨格筋組織でのAT1受容体の過剰活性化を引き起こして糖取り込みに影響することで、インスリン抵抗性を引き起こすと考えられました(図)。 (図)カロリー過剰摂取は、主に白色脂肪組織の炎症惹起とAT1受容体経路の過剰活性化により、脂肪組織および骨格筋の糖取り込み障害を引き起こす。[yokohama-cu.ac.jp]

  • 顎関節炎

    付一1:顎関節症の症型分類(2001改訂) 1) 顎関節症I型:咀嚼筋障害 masticatory muscle disorder 咀嚼筋障害を主徴侯としたもの 2) 顎関節症II型:関節包・靱帯障害 capsule-ligament disorders 円板後部組織・関節包・靱帯の慢性外傷性病変を主徴侯としたもの 3) 顎関節症III型:[hotetsu.com] その病態には以下の1 5を含みます。[plaza.umin.ac.jp] 筋肉の障害(I型)、関節包・靭帯の障害(II型)、関節円板の障害(III型)、骨の変形(IV型)の4つです。 図.顎関節の構造 図2.顎関節の動き 顎関節症の基本的診査法と診断 顎関節症の診断は、何か一つだけの診査結果で決めることはできません。いくつかの診査結果を組み合わせて総合的に検討して診断します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 筋骨格腰痛

    II. 筋骨格系障害の職業との関連性 [9]. オランダでは、MSDに起因する病欠(年未満)の職業との関連性は、すべての病欠の約13%と推定されている。作業関連性筋骨格系障害による就労不能(1年以上)の職業との関連性は同様におよそ40%と推定されている。[jniosh.johas.go.jp]

さらなる症状