Create issue ticket

考えれる47県の原因 IgM低-正常

  • 肝炎

    急性B型肝炎の場合には、HBs抗原に加えて、IgM-HBc抗体高力価陽性を確認することで、急性肝炎で早期に陰性化するHBs抗原により見逃すことがなくなる上に、キャリアの急性増悪のIgM-HBc抗体力価陽性と鑑別できる。 無症候キャリア(免疫寛容期)ではHBVは増殖しているが、ALTは正常で、肝臓組織もほぼ正常である。[niid.go.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    B細胞数は正常であるが,時に著減する患者も散見される。クラススイッチ記憶B細胞の減少はCVID全般の傾向とかわらない。IgA,IgM値をとることが多いが,IgA正常,高IgMの場合もあり様々である。[myschedule.jp] 検査成績:血清のIgGやIgM値は正常であるが、IgAのみ値である。 (4) IgGサブクラス欠損症 病因:IgGには4つのサブクラスがあり、IgG1が60%、IgG2が30%を占める。ウイルスや細胞外毒素などの蛋白に対する抗体は主にIgG1に属し、細菌表面の多糖類に対する抗体は主にIgG2に属する。[med.u-toyama.ac.jp] B細胞数は値あるいは正常下限程度であるが,γグロブリン血症(IgG,IgM,IgA)を呈する 27) 。自己免疫疾患を高率に合併する疾患であり,LRBAの機能については今後さらに詳細に検討される必要がある。 7.病因へのアプローチ CVIDでは家族例や遺伝歴を認める症例が少ない。[myschedule.jp]

  • IgE型骨髄腫

    血症を呈する他の疾患が除外されている VI.特異抗体産生不全症 診断方法 1.多糖体ワクチンに対する反応が低下 2.IgG、IgGサブクラス、IgA、IgM、IgEは正常 3.その他の原発性又は二次性原発性免疫不全症が除外されている VII.乳児一過性ガンマグロブリン血症 診断方法 1.血清IgGが年齢相応の正常値の-2SD未満である 2[nanbyou.or.jp] IV.IgGサブクラス欠損症 診断方法 1.反復性の重症感染症を呈する 2.1つ又はそれ以上のIgGサブクラス欠損 3.トータルのIgGは正常か正常に近い濃度である V.選択的IgA欠損症 診断方法 1.血清IgAのみが低下(血清IgG及びIgM正常) 2.4歳以上(4歳以下では血清IgAが正常化するまで経過観察が必要である) 3.ガンマグロブリン[nanbyou.or.jp]

  • 原発性免疫不全症

    血症を呈する他の疾患が除外されている VI.特異抗体産生不全症 診断方法 1.多糖体ワクチンに対する反応が低下 2.IgG、IgGサブクラス、IgA、IgM、IgEは正常 3.その他の原発性又は二次性原発性免疫不全症が除外されている VII.乳児一過性ガンマグロブリン血症 診断方法 1.血清IgGが年齢相応の正常値の-2SD未満である 2[nanbyou.or.jp] IV.IgGサブクラス欠損症 診断方法 1.反復性の重症感染症を呈する 2.1つ又はそれ以上のIgGサブクラス欠損 3.トータルのIgGは正常か正常に近い濃度である V.選択的IgA欠損症 診断方法 1.血清IgAのみが低下(血清IgG及びIgM正常) 2.4歳以上(4歳以下では血清IgAが正常化するまで経過観察が必要である) 3.ガンマグロブリン[nanbyou.or.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    急性B型肝炎の場合には、HBs抗原に加えて、IgM-HBc抗体高力価陽性を確認することで、急性肝炎で早期に陰性化するHBs抗原により見逃すことがなくなる上に、キャリアの急性増悪のIgM-HBc抗体力価陽性と鑑別できる。 無症候キャリア(免疫寛容期)ではHBVは増殖しているが、ALTは正常で、肝臓組織もほぼ正常である。[niid.go.jp]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    血症を呈する他の疾患が除外されている VI.特異抗体産生不全症 診断方法 1.多糖体ワクチンに対する反応が低下 2.IgG、IgGサブクラス、IgA、IgM、IgEは正常 3.その他の原発性又は二次性原発性免疫不全症が除外されている VII.乳児一過性ガンマグロブリン血症 診断方法 1.血清IgGが年齢相応の正常値の-2SD未満である 2[nanbyou.or.jp] IV.IgGサブクラス欠損症 診断方法 1.反復性の重症感染症を呈する 2.1つ又はそれ以上のIgGサブクラス欠損 3.トータルのIgGは正常か正常に近い濃度である V.選択的IgA欠損症 診断方法 1.血清IgAのみが低下(血清IgG及びIgM正常) 2.4歳以上(4歳以下では血清IgAが正常化するまで経過観察が必要である) 3.ガンマグロブリン[nanbyou.or.jp]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    血症を呈する他の疾患が除外されている VI.特異抗体産生不全症 診断方法 1.多糖体ワクチンに対する反応が低下 2.IgG、IgGサブクラス、IgA、IgM、IgEは正常 3.その他の原発性又は二次性原発性免疫不全症が除外されている VII.乳児一過性ガンマグロブリン血症 診断方法 1.血清IgGが年齢相応の正常値の-2SD未満である 2[nanbyou.or.jp] IV.IgGサブクラス欠損症 診断方法 1.反復性の重症感染症を呈する 2.1つ又はそれ以上のIgGサブクラス欠損 3.トータルのIgGは正常か正常に近い濃度である V.選択的IgA欠損症 診断方法 1.血清IgAのみが低下(血清IgG及びIgM正常) 2.4歳以上(4歳以下では血清IgAが正常化するまで経過観察が必要である) 3.ガンマグロブリン[nanbyou.or.jp]

  • 単クローン性ガンマグロブリン血症

    血症を呈する他の疾患が除外されている VI.特異抗体産生不全症 診断方法 1.多糖体ワクチンに対する反応が低下 2.IgG、IgGサブクラス、IgA、IgM、IgEは正常 3.その他の原発性又は二次性原発性免疫不全症が除外されている VII.乳児一過性ガンマグロブリン血症 診断方法 1.血清IgGが年齢相応の正常値の-2SD未満である 2[nanbyou.or.jp] IV.IgGサブクラス欠損症 診断方法 1.反復性の重症感染症を呈する 2.1つ又はそれ以上のIgGサブクラス欠損 3.トータルのIgGは正常か正常に近い濃度である V.選択的IgA欠損症 診断方法 1.血清IgAのみが低下(血清IgG及びIgM正常) 2.4歳以上(4歳以下では血清IgAが正常化するまで経過観察が必要である) 3.ガンマグロブリン[nanbyou.or.jp]

  • 中程度に区別された胸腺神経内分泌癌

    血症を呈する他の疾患が除外されている VI.特異抗体産生不全症 診断方法 1.多糖体ワクチンに対する反応が低下 2.IgG、IgGサブクラス、IgA、IgM、IgEは正常 3.その他の原発性又は二次性原発性免疫不全症が除外されている VII.乳児一過性ガンマグロブリン血症 診断方法 1.血清IgGが年齢相応の正常値の-2SD未満である 2[nanbyou.or.jp] IV.IgGサブクラス欠損症 診断方法 1.反復性の重症感染症を呈する 2.1つ又はそれ以上のIgGサブクラス欠損 3.トータルのIgGは正常か正常に近い濃度である V.選択的IgA欠損症 診断方法 1.血清IgAのみが低下(血清IgG及びIgM正常) 2.4歳以上(4歳以下では血清IgAが正常化するまで経過観察が必要である) 3.ガンマグロブリン[nanbyou.or.jp]

  • トランスコバラミン 1 欠乏

    ]増加を伴う免疫不全症 D80.6 正常又は高免疫グロブリン血症を伴う抗体欠乏症 D80.7 乳児一過性ガンマグロブリン血症 D80.8 主として抗体欠乏を伴うその他の免疫不全症 D80.9 主として抗体欠乏を伴う免疫不全症,詳細不明 D81 複合免疫不全症 D81.0 細網系異形成を伴う重症複合免疫不全症[SCID] D81.1 T細胞及[wikiwand.com] 免疫機構の障害 D80 主として抗体欠乏を伴う免疫不全症 D80.0 遺伝性低ガンマグロブリン血症 D80.1 非家族性低ガンマグロブリン血症 D80.2 選択的免疫グロブリンA[IgA]欠乏症 D80.3 選択的免疫グロブリンG[IgG]サブクラス欠乏症 D80.4 選択的免疫グロブリンM[IgM]欠乏症 D80.5 免疫グロブリンM[IgM[wikiwand.com]

さらなる症状