Create issue ticket

考えれる816県の原因 igm

結果を表示する: English

  • 原発性免疫不全症

    血清IgG、 IgA、 IgEの欠損を伴う 2.血清IgMは正常又は高値 ・CD40リガンド(CD154)変異によるX連鎖高IgM症候群が最も多いが、常染色体劣性高IgM症候群として CD40 、 AICDA 又は AID 、 UNG 変異によるものもある。[nanbyou.or.jp] DiGeorge症候群,22q11.2欠失症候群) 小島大英,村松秀城 E 高IgE症候群 峯岸克行 F 先天性角化不全症(DC) 片岡伸介,村松秀城 G 免疫不全を伴う無汗性外胚葉形成異常症 高田英俊 第3章 液性免疫不全を主とする疾患 A X連鎖無ガンマグロブリン血症(XLA) 金兼弘和 B 分類不能型免疫不全症(CVID) 今井耕輔 C 高IgM[shindan.co.jp] 【表:信州大学の原発性免疫不全症候群の患者さん】 病気の種類 人数 主に抗体不全が原因 18名 X連鎖無ガンマグロブリン血症 6名 高IgM症候群 1名 高IgE症候群 2名 IgGサブクラス欠損症 2名 IgA欠損症 3名 分類不能型免疫不全症 4名 主に細胞性免疫不全が原因 3名 重症複合免疫不全症 3名 主に食細胞機能不全が原因 5名[emeneki.com]

  • 伝染性単核球症

    (抗VCA-IgG抗体は既感染パターンでも検出されるが、通常は低値(蛍光抗体法で160倍以下)である) サイトメガロウイルスについては、抗CMV-IgGおよびIgMを調べる(IgM陽性例は急性感染の可能性が高い)ほか、血液中のサイトメガロウイルスDNAを核酸増幅法(PCR)で調べることもある。[ja.wikipedia.org] 精査の結果、EBウイルスのVCA IgM抗体価が高値を示し、EBウイルス感染 による伝染性単核球症と確定診断しました。約1ヶ月後には肝機能は正常化し、溶連菌による 急性糸球体腎炎やリウマチ熱の合併もありませんでした。 EBウイルスは、ヘルペスウイルスの一種です。[miyashita.or.jp] EBVウイルスカプシド抗原(VCA)に対するIgM抗体の存在は,EBVの初感染を意味する(これらの抗体は感染後3カ月以内に消失する)。急性EBV感染症では,その後(おそらくは8週間後)EBV VCA-IgG抗体が出現し,生涯持続する。[msdmanuals.com]

  • IgE型骨髄腫

    それぞれがIgG,IgM、IgA、IgD,IgEを構成している。[myeloma.gr.jp] 後天性 C1 esterase inhibitor 欠損症 (IgG、IgM) II. B細胞の反応性増殖に伴うもの 1. 感染症 2. 感作症 (CH・肝硬変・癌等) IgG、IgM、IgA 3. 膠原病、自己免疫疾患 IgA、IgM、IgG 4. 原発性免疫不全症 III.意義不明のM蛋白血症 (MGUS) 1.[ibaraisikai.or.jp] それから、2月29日にIgG、IgA、IgM、IgEが定量してありますが、IgA、IgMは低く、IgGもむしろ低めです。さてM蛋白はどの免疫グロブリンによって構成されているのか? この患者さんは糖尿病というバックグラウンドがあるらしいが、骨髄腫と関係があるか。[jokoh.com]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    欠損症 D804 N6L4 14 X連鎖高IgM症候群 D805 SUF9 15 高IgM症候群 D805 GHFB 16 特異抗体産生不全症 D806 GJQ8 17 乳児一過性低ガンマグロブリン血症 D807 KTMV 18 カッパ鎖欠乏症 D808 BT84 19 免疫グロブリンH鎖欠損症 D808 S71S 20 体液性免疫不全症[dis.h.u-tokyo.ac.jp] (2) 高IgM症候群 病因:免疫グロブリンのクラススイッチ機構に欠陥があり、IgMを産生できるが、IgG、IgA、IgEを産生できない。多くはX連鎖で男児に発症するが、一部は常染色体劣性遺伝形式である。[med.u-toyama.ac.jp] 成人型原発性無ガンマグロブリン血症 D801 KPMT 7 低ガンマグロブリン血症 D801 BAL5 8 非家族性低ガンマグロブリン血症 D801 EME6 9 無ガンマグロブリン血症 D801 BMJQ 10 IgA欠損症 D802 FDT6 11 線状IgA病 D802 V9HM 12 IgGサブクラス欠損症 D803 FS4H 13 IgM[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 重鎖病

    IgM型重鎖病 (μ鎖病) IgM型重鎖病はまれであるが,慢性リンパ性白血病または他のリンパ増殖性疾患に類似した臨床像を呈する。 IgM型重鎖病は,50歳以上の成人に最も多くみられる。内臓器官(脾臓,肝臓,腹部リンパ節)への浸潤が多くみられるが,広範な末梢リンパ節腫脹はみられない。病的骨折およびアミロイドーシスを発症することがある。[msdmanuals.com] ミュー重鎖病 (IgM型重鎖病)は、3つの重鎖病で最も少なく、ほとんど場合、50歳を過ぎた人にみられます。腹部のリンパ節腫大のほかに、肝腫大や脾腫を引き起こす場合があります。骨折が起こる場合もあります。通常、診断には骨髄検査が必要です。通常の治療には、化学療法とコルチコステロイドが含まれます。[msdmanuals.com] 形質細胞がH鎖(重鎖)という異常な 抗体 を大量に作り出す、形質細胞の がん 非常にまれな疾患 抗体の構造により、3つに分けられる がん化した形質細胞が腸管壁に浸潤するアルファ H鎖病 (IgA型) がん化した形質細胞が 骨髄 に浸潤するガンマ H鎖病 (IgG型) 腹部の リンパ節 腫大 の他に、肝臓腫大や脾腫を引き起こすミュー H鎖病 (IgM[medley.life]

  • 肺炎

    細菌性肺炎との鑑別はX線像ではまず不可能であり、血液所見 (好中球増加の有無、C反応性蛋白上昇の有無、マイコプラズマIgM迅速検査など) や全身状態、気道症状の程度などが参考となる。[ja.wikipedia.org]

  • 単クローン性ガンマグロブリン血症

    IgMは、抗原刺激により最初に産生される免疫グロブリンです。・感染が成立すると、まずIgMが産生されます。慢性化するに従いIgG、IgAが増加し、IgMは数週間で消失します。[falco.co.jp] (2)ALアミロイド IgM-MGUSはnon-IgM MGUSよりもアミロイドーシスの頻度は高い。 (3)IgM蛋白が出ていてリンパ節主張、肝脾腫、骨髄浸潤がみられるとマクログロブリン血症がより疑いやすく なる。 (4)他のB細胞増殖性疾患:慢性リンパ性白血病や非ホジキンリンパ腫を鑑別する。 (5)IgM 多発性骨髄腫はまれである。[sk-blood.com] 単クローン性免疫グロブリンの存在を疑わせるM蛋白が認められたときは、血清免疫固定電気泳動法(M蛋白同定)と同時に血清IgG、IgA、IgMを測定します。 参照「 多発性骨髄腫の検査 免疫電気泳動によるM蛋白同定について教えてください。[crc-group.co.jp]

  • ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症

    WMの細胞はマクログロブリンといわれる免疫グロブリンM(IgM)を大量に産生する。 ibrutinibは1日1回投与の経口剤。B細胞の生存や増殖に関与するB細胞受容体のシグナル伝達経路において重要なシグナル伝達分子であるBTKを、特異的かつ選択的に阻害する。[medical.nikkeibp.co.jp] 過粘調症候群を認めなかったが, IgM 7003 mg/dLと著明高値で, 初回はDFPPとしたが開始1時間後に血漿入口圧上昇し, 単純血漿交換(PE)に変更した. 2回目はPEを施行し問題なく終了した. IgM 3080 mg/dLに低下し, リツキシマブ併用化学療法を開始した.[myschedule.jp] ただし、作られるM蛋白は多発性骨髄腫のようにIgG型やIgA型ではなく、IgM型です(多発性骨髄腫ではIgM型はまれにしかみられません)。IgM型のM蛋白は抗体が5つつながった形をしているため、IgG型やIgA型に比べて分子量が大きいという特徴があります (図1) 。[kotsuzuishu.jp]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    単クローン性免疫グロブリンの存在を疑わせるM蛋白が認められたときは、血清免疫固定電気泳動法(M蛋白同定)と同時に血清IgG、IgA、IgMを測定します。 参照「 多発性骨髄腫の検査 免疫電気泳動によるM蛋白同定について教えてください。[crc-group.co.jp] M蛋白の種類により、非IgM型MGUS、IgM型MGUS、軽鎖型MGUSに分類する。 3つの予後不良因子( ①IgG型以外のMGUS、②血清M蛋白量が1.5 g/dl以上、③FLC比が0.26未満もしくは1.65より大きい)を用いると、形質細胞腫瘍および類縁疾患へ進行するリスクを層別化できる。[clinicalsup.jp] MGUSのサブタイプIgM型・非IgM型で大きく進行リスクが異なることを確認した。MGUSスクリーニングの意義を検討する臨床試験がアイスランドで行われている。[medicalonline.jp]

  • グランツマン血小板無力症

    型免疫抗体産生細胞であるIgM産生B細胞が腫瘍性に増殖する悪性腫瘍。[ja.wikipedia.org] 病態は、IgMの増加によって血液の粘りが強くなる過粘稠症候群を起こす。症状は、過粘稠症候群による眼底出血、等がある。検査は、血液検査ではIgMが異常高値を示す。治療は、腫瘍細胞に対して化学療法を行い、過粘稠症候群に対して血漿交換療法を行う。治療薬は、少量のメルファランにプレドニゾロンを併用するMP療法を行う。[ja.wikipedia.org] 血症交換療法は、血液のうち細胞成分を除いた液体部分の成分を交換する治療で、大量のIgMを取り除くことで粘度を正常に戻して症状を防ぐ。 ベルナール・スーリエ症候群(Bernard-Soulier症候群、Bernard-Soulier syndrome、BSS) ベルナール・スーリエ症候群は、血小板粘着因子が先天的に欠損した症候群。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状