Create issue ticket

考えれる276県の原因 igg2 4

結果を表示する: Deutsch

  • 歯周病

    被検者を歯周組織が健康で平均年齢41.4歳のコントロール群1 (Con. 1), 同じく24.2歳のコントロール群2 (Con. 2), 成人性歯周炎罹患者である実験群1 (Exp. 1) 及びその中で歯周初期治療を終えた実験群2 (Exp. 2) の4群に分けた。[doi.org] 抄録 歯周疾患罹患者におけるBlack pigmented Bacteroides (Bp B ) と Actinobacillus actinomycetemoomitans ( Aa ) に対する血清及び歯肉溝滲出液 (GCF) のIgG抗体について検索した。[doi.org]

  • 胆管炎

    1)血清γグロブリンg/dL以上、IgG1800mg/dL以上またはIgG4上昇(135mg/dL以上) )自己抗体陽性率が高い(抗核抗体、リウマチ因子) (IgG4関連SCではステロイドが著効する場合が多い。[nanbyou.or.jp] IgG4 関連硬化性胆管炎 [ 編集 ] 血液学的に高IgG4血症(135mg/dL以上)を認める [2] 。[ja.wikipedia.org] .血液学的に高IgG4血症(135mg/dL以上)を認める。 3.病理組織学的に以下の2つを認める。 a.組織所見:著明なリンパ球、形質細胞の浸潤と線維化を認める。 b.IgG4陽性形質細胞浸潤:IgG4/IgG陽性細胞比40%以上、かつIgG4陽性形質細胞が10/HPFを超える。[nanbyou.or.jp]

  • 原発性硬化性胆管炎

    検査 [ 編集 ] 血液検査 ビリルビン アルカリフォスファターゼ( Al-p) γ-GTP( GGT) 抗核抗体 ANCA IgG4 ..... IgG4関連硬化性胆管炎 との鑑別のため sIL-2R ...[ja.wikipedia.org] 1)血清γグロブリンg/dL以上、IgG1800mg/dL以上またはIgG4上昇(135mg/dL以上) )自己抗体陽性率が高い(抗核抗体、リウマチ因子) (IgG4関連SCではステロイドが著効する場合が多い。[nanbyou.or.jp] 2 血液生化学検査で胆汁うっ滞型の肝障害を認める。 3 IgG4関連硬化性胆管炎を除外できる。 4 以下の他の原因による二次性の硬化性胆管炎を除外できる。[rctportal.niph.go.jp]

  • 上気道咳嗽症候群

    診断はLAMP法(遺伝子を増幅する)か、4週間以上の間隔で2回採血してペア血清で抗体値の変化をみる。IgGがペア血清で上昇しており、IgM抗体が上昇していれば初感染、上昇していなければ再感染と考える。 ⑪肺結核 ⑫肺癌 血痰がある場合は、全例に胸部CT検査を実施すべきである。[ueda.ne.jp] PT(百日咳毒素)のIgG抗体価が4週間以上の間隔で2回採血したペア血清で4倍以上の抗体価上昇があるか、4週以降で100EU/mL以上であればワンポイントでも百日咳と診断できる。 IgMは2 4週間でピークになる。診断は非常に難しい。 ⑩肺炎クラミジア 飛沫感染で、潜伏期間は2 3週間である。[ueda.ne.jp]

  • 内分泌機能不全

    糖尿病合併妊娠の管理 28 シックデイの糖尿病管理 29 周術期の糖尿病管理 30 高齢者の糖尿病管理 第14章 脂質異常症,高尿酸血症 1 リポ蛋白代謝の基礎知識 2 尿酸代謝の基礎知識 3 内分泌・代謝疾患に伴う脂質異常症 4 脂質代謝と動脈硬化症 5 脂質異常症 6 高尿酸血症,痛風 第15章 その他の内分泌機能異常,病態,トピックス 1 IgG4[shindan.co.jp] 関連内分泌疾患 2 内分泌代謝疾患のトランジション医療 3 妊娠と内分泌疾患 4 薬剤による内分泌異常 5 加齢とホルモン 6 内分泌撹乱物質 7 小児がん経験者と内分泌合併症 8 免疫チェックポイント阻害薬と内分泌代謝障害 9 再生医療 付 録 1 内分泌負荷試験の判定基準一覧 2 内分泌緊急症一覧 3 厚生労働省 指定難病・小児慢性特定疾病制度[shindan.co.jp]

  • 原発性免疫不全症

    選択的IgGサブクラス欠損症ではIgG1、2、3、4の1つないし複数のサブクラスが欠損・低下します。 IgG2が低下すると莢膜を持つ細菌(肺炎球菌・肺炎桿菌・インフルエンザ菌・髄膜炎菌)の感染(中耳炎など)を繰り返しやすくなります。 選択的IgM欠損症では自己免疫疾患を合併しやすいと言われています。[heisei.or.jp] また末梢血Tリンパ球の減少と機能低下、血清IgA、IgE、時にIgGIgGの欠如が認められます。 治療の方法 IgGサブクラスの欠乏がある症例では、免疫グロブリン置換療法が行われますが、根治的な治療法はまだありません。早期から継続的な理学療法(運動療法など)と言語療法を行います。[medical.itp.ne.jp] IgGサブクラス欠損症 IgGはIgG1からIgG4までの4つのサブクラスからなるが、そのうち一部のサブクラスが欠損するもの。重症度は様々だが、IgG2欠損症では インフルエンザ菌 や 肺炎球菌 に対して易感染性を示すため、中耳炎や肺炎の反復、 細菌性髄膜炎 の罹患などを呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性関節炎

    0 成人発症ステイル病 1 シェーグレン症候群 1 ベーチェット病 2 IgG4関連疾患 0 乾癬性関節炎 0 再発性多発軟骨炎 1 高安動脈炎 1 (特発性)間質性肺炎 2 その他 33 合計 251 29年度 外来新規患者内訳 疾患名 症例数 関節リウマチ 206 悪性関節リウマチ 4 全身性エリテマトーデス 34 多発性筋炎/皮膚筋炎[kawagoe.saitama-med.ac.jp] 87 結晶性関節炎 *3 36 抗リン脂質抗体症候群 31 サルコイドーシス 18 IgG4関連疾患 22 成人発症スチル病 16 若年性炎症性関節炎 13 再発性多発軟骨炎 9 RS3PE症候群 8 *1 :ANCA関連血管炎76 (顕微鏡的多発血管炎36, 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症16, 多発血管炎性肉芽腫症8) 巨細胞性動脈炎29[fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp] RS3PE症候群 4 IgG4関連疾患 13 乾癬性関節炎 0 再発性多発軟骨炎 0 高安動脈炎 6 (特発性)間質性肺炎 1 変形性関節症 52 その他(検査値異常のみ等) 43 当科的疾患ではない 469 現時点診断未確定 11 合計 1034 医療機関の方へ 医学生・初期・後期研修をお考えの皆様へ 当科の教育目標は、『関節リウマチをはじめとした[kawagoe.saitama-med.ac.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    一方クラスIgG2の抗体産生能が成熟するのは4歳頃であり、移行抗体が消失した後から自力で産生できるまでの期間は肺炎球菌の感染に対して無防備な状態である。そのため、2ヶ月になったら可能な限り早期にワクチンで肺炎球菌に対する免疫を獲得しておくことが、肺炎球菌の全身感染症を予防する唯一の方法である。[ja.wikipedia.org]

  • 乾癬

    2.膿疱性乾癬(汎発型)診断の参考項目 1)重症度判定及び合併症検索に必要な臨床検査所見 (1)白血球増多、核左方移動 ()赤沈亢進、CRP陽性 (3)IgG又はIgA上昇 ()低蛋白血症、低カルシウム血症 (5)扁桃炎、ASLO高値、その他の感染病巣の検査 (6)強直性脊椎炎を含むリウマトイド因子陰性関節炎 (7)眼病変(角結膜炎、ぶどう[nanbyou.or.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    関連疾患(IgG関連疾患包括) 8 300-2 IgG関連疾患(自己免疫性膵炎) 4 300-3 IgG4関連疾患(IgG4関連硬化性胆管炎) 4 300-4 IgG4関連疾患(IgG4 関連涙腺・眼窩および唾液腺病変) 5 300-5 IgG4関連疾患(IgG4関連腎臓病) 4 306 好酸球性副鼻腔炎 6 合計 2967 平成28年[hospital.osaka-med.ac.jp] 1)血清γグロブリンg/dL以上、IgG1800mg/dL以上またはIgG4上昇(135mg/dL以上) )自己抗体陽性率が高い(抗核抗体、リウマチ因子) (IgG4関連SCではステロイドが著効する場合が多い。[nanbyou.or.jp] 10 224 紫斑病性腎炎 2 226 間質性膀胱炎(ハンナ型) 1 227 オスラー病 2 236 偽性副甲状腺機能低下症 2 266 家族性地中海熱 8 271 強直性脊椎炎 11 274 骨形成不全症 1 283 後天性赤芽球癆 1 289 クロンカイト・カナダ症候群 1 296 胆道閉鎖症 1 298 遺伝性膵炎 1 300-1 IgG[hospital.osaka-med.ac.jp]

さらなる症状