Create issue ticket

考えれる407県の原因 igg2

結果を表示する: English

  • 肺炎レンサ球菌

    生後間もない状態は、母親から肺炎球菌に対する特異的な移行抗体(クラスIgG2)が肺炎球菌の感染を防いでいるが、この抗体の濃度は生後数ヶ月で急激に減少してくる。一方クラスIgG2の抗体産生能が成熟するのは4歳頃であり、移行抗体が消失した後から自力で産生できるまでの期間は肺炎球菌の感染に対して無防備な状態である。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性免疫不全症

    選択的IgGサブクラス欠損症ではIgG1、2、3、4の1つないし複数のサブクラスが欠損・低下します。 IgG2が低下すると莢膜を持つ細菌(肺炎球菌・肺炎桿菌・インフルエンザ菌・髄膜炎菌)の感染(中耳炎など)を繰り返しやすくなります。 選択的IgM欠損症では自己免疫疾患を合併しやすいと言われています。[heisei.or.jp] IgGサブクラス欠損症 IgGはIgG1からIgG4までの4つのサブクラスからなるが、そのうち一部のサブクラスが欠損するもの。重症度は様々だが、IgG2欠損症では インフルエンザ菌 や 肺炎球菌 に対して易感染性を示すため、中耳炎や肺炎の反復、 細菌性髄膜炎 の罹患などを呈する。[ja.wikipedia.org] ) 1.主に抗体産生不全によるもの 反復性気道感染症(中耳炎、副鼻腔炎を含む)、 重症細菌感染症(肺炎、髄膜炎、敗血症など)、気管支拡張症、膿皮症、化膿性リンパ節炎、遷延性下痢 2.主に細胞性免疫不全によるもの 遷延性下痢、難治性口腔カンジダ症、ニューモシスチス肺炎、ウイルス感染の遷延・重症化(ことに水痘) 免疫グロブリンにはIgAの他にIgG[heisei.or.jp]

  • 性感染症

    2,100 (税込) パートナーSTI検査 検査項目 検査方法 梅毒(血液) STS定性 TPHA定性 B型及びC型肝炎ウイルス(血液) HBs抗原定性 HCV抗体定性 HIV(血液) 抗原・抗体同時測定 クラミジア抗体検査(血液) IgG抗体(過去の感染歴が分かります) 5,500 (税込) 上記検査料金に 当院初診料 2,800円(税込[murata-ladies-clinic.com]

  • 歯周病

    抄録 歯周疾患罹患者におけるBlack pigmented Bacteroides (Bp B ) と Actinobacillus actinomycetemoomitans ( Aa ) に対する血清及び歯肉溝滲出液 (GCF) のIgG抗体について検索した。[doi.org] 被検者を歯周組織が健康で平均年齢41.4歳のコントロール群1 (Con. 1), 同じく24.2歳のコントロール群2 (Con. 2), 成人性歯周炎罹患者である実験群1 (Exp. 1) 及びその中で歯周初期治療を終えた実験群2 (Exp. 2) の4群に分けた。[doi.org]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    (4) IgGサブクラス欠損症 病因:IgGには4つのサブクラスがあり、IgG1が60%、IgG2が30%を占める。ウイルスや細胞外毒素などの蛋白に対する抗体は主にIgG1に属し、細菌表面の多糖類に対する抗体は主にIgG2に属する。Cg2遺伝子異常によるIgG2欠損症が1例報告されている。[pidj.rcai.riken.jp] 血中IgGは多くの例で00mg/dL以下であり、IgA、IgMは欠如します。末梢血中のBリンパ球が著しく減ります。 診断は血清IgG値が00mg/dL以下で、他のIgアイソタイプも欠損すること、末梢血中のB細胞数は1%以下であること、乳幼児期から細菌感染を主とする易感染性が認められること、T細胞は正常であることなどで疑われます。[qlife.jp] IgGサブクラス欠損症 IgGはIgG1からIgG4までの4つのサブクラスからなるが、そのうち一部のサブクラスが欠損するもの。重症度は様々だが、IgG2欠損症では インフルエンザ菌 や 肺炎球菌 に対して易感染性を示すため、中耳炎や肺炎の反復、 細菌性髄膜炎 の罹患などを呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 花粉症

    B細胞にIgGを産生させ、いわゆる正常の免疫を作ることにも関与する。 これらのことから、アレルギー患者においてはTh2が優位に働いているということがいえるが、なぜTh2が優位になるのかについてはよく判っていない。[ja.wikipedia.org]

  • 高コレステロール血症

    レパーサ は、アステラス・アムジェン・バイオファーマとアステラス製薬との共同開発により発売されたヒトIgG2モノクローナル抗体で、ヒトプロタンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)阻害剤です。[astellas.com]

  • 良性移動性舌炎

    ・初感染:急性期の血清のEIA法でIgM抗体がすでに2.5抗体指数以上の陽性であることが多い。IgG抗体は陰性あるいは弱陽性となる。 ・再感染:IgM抗体陰性あるいは弱陽性で、IgG抗体が25.8EIA値以上の高値という基準がある。 治療: ・特効薬がないため、対症療法で経過観察し、1週間前後で症状は軽快する。[ueda.ne.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    通常、特異的IgGとIgMの抗体価測定により血清学的な診断を行う。 (2) 眼トキソプラズマ症 眼に孤発して発症する。先天性感染の再活性化で生じることが多く、後天性感染で発症することは稀である。症状としては、視力障害、眼痛、羞明などが見られる。[nih.go.jp]

  • 卵管炎

    【女性】 子宮口ぬぐい液による検査(自己採取可) (b)PCR法(翌日 翌々日に結果報告) 【男性】 採尿による検査 【女性】 膣分泌物による検査(自己採取可) ) 血中クラミジア抗体(IgA、IgG)の検出 抗体検査(3 5日後に結果報告) 【男性・女性】 採血による検査 クラミジアの治療 男性でも女性でも、抗生剤の内服による治療となります[y-cn.jp]

さらなる症状