Create issue ticket

考えれる118県の原因 igg igg2

結果を表示する: English

  • 家族性高コレステロール血症

    2016年には、LDL受容体分解促進タンパク質であるPCSK9(プロ蛋白転換酵素サブチリシン/ケキシン9型)をターゲットとするヒト型モノクローナル抗体(IgG1、IgG2)のアリロクマブ(プラルエント)、エボロクマブ(レパーサ)の注射製剤が臨床使用されるようになった。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 胆管炎

    1)血清γグロブリンg/dL以上、IgG1800mg/dL以上またはIgG4上昇(135mg/dL以上) )自己抗体陽性率が高い(抗核抗体、リウマチ因子) (4)IgG4関連SCではステロイドが著効する場合が多い。[nanbyou.or.jp] .血液学的に高IgG4血症(135mg/dL以上)を認める。 3.病理組織学的に以下の2つを認める。 a.組織所見:著明なリンパ球、形質細胞の浸潤と線維化を認める。 b.IgG4陽性形質細胞浸潤:IgG4/IgG陽性細胞比40%以上、かつIgG4陽性形質細胞が10/HPFを超える。[nanbyou.or.jp] IgG4 関連硬化性胆管炎 [ 編集 ] 血液学的に高IgG4血症(135mg/dL以上)を認める [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎レンサ球菌

    生後間もない状態は、母親から肺炎球菌に対する特異的な移行抗体(クラスIgG2)が肺炎球菌の感染を防いでいるが、この抗体の濃度は生後数ヶ月で急激に減少してくる。一方クラスIgG2の抗体産生能が成熟するのは4歳頃であり、移行抗体が消失した後から自力で産生できるまでの期間は肺炎球菌の感染に対して無防備な状態である。[ja.wikipedia.org]

  • 原発性免疫不全症

    選択的IgGサブクラス欠損症ではIgG1、2、3、4の1つないし複数のサブクラスが欠損・低下します。 IgG2が低下すると莢膜を持つ細菌(肺炎球菌・肺炎桿菌・インフルエンザ菌・髄膜炎菌)の感染(中耳炎など)を繰り返しやすくなります。 選択的IgM欠損症では自己免疫疾患を合併しやすいと言われています。[heisei.or.jp] 血中IgGは多くの例で00 /dl以下であり、IgA、IgMは欠如します。末梢血中のBリンパ球が著しく減ります。 診断は血清IgG値が00 /dl以下で、他のIgアイソタイプも欠損すること、末梢血中のB細胞数は1%以下であること、乳幼児期から細菌感染を主とする易感染性が認められること、T細胞は正常であることなどで疑われます。[medical.itp.ne.jp] この症候群は、通常IgGの静脈内投与後数時間から2日で始まり、高用量(2g/kg)の静脈内投与IgGではおそらく頻度が高いと考えられます。 「HYQVIA」を含むIgG製剤には血液型抗原が含まれており、これが溶血素として作用し、IgGによる赤血球(RBC)の生体内コーティングを誘発する可能性があります。[baxter.co.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    関連疾患(IgG4関連疾患包括) 8 300-2 IgG4関連疾患(自己免疫性膵炎) 4 300-3 IgG4関連疾患(IgG4関連硬化性胆管炎) 4 300-4 IgG4関連疾患(IgG4 関連涙腺・眼窩および唾液腺病変) 5 300-5 IgG4関連疾患(IgG4関連腎臓病) 4 306 好酸球性副鼻腔炎 6 合計 2967 平成28年[hospital.osaka-med.ac.jp] 1)血清γグロブリンg/dL以上、IgG1800mg/dL以上またはIgG4上昇(135mg/dL以上) )自己抗体陽性率が高い(抗核抗体、リウマチ因子) (4)IgG4関連SCではステロイドが著効する場合が多い。[nanbyou.or.jp] 10 224 紫斑病性腎炎 2 226 間質性膀胱炎(ハンナ型) 1 227 オスラー病 2 236 偽性副甲状腺機能低下症 2 266 家族性地中海熱 8 271 強直性脊椎炎 11 274 骨形成不全症 1 283 後天性赤芽球癆 1 289 クロンカイト・カナダ症候群 1 296 胆道閉鎖症 1 298 遺伝性膵炎 1 300-1 IgG[hospital.osaka-med.ac.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    (4) IgGサブクラス欠損症 病因:IgGには4つのサブクラスがあり、IgG1が60%、IgG2が30%を占める。ウイルスや細胞外毒素などの蛋白に対する抗体は主にIgG1に属し、細菌表面の多糖類に対する抗体は主にIgG2に属する。Cg2遺伝子異常によるIgG2欠損症が1例報告されている。[pidj.rcai.riken.jp] IgGサブクラス欠損症 IgGはIgG1からIgG4までの4つのサブクラスからなるが、そのうち一部のサブクラスが欠損するもの。重症度は様々だが、IgG2欠損症では インフルエンザ菌 や 肺炎球菌 に対して易感染性を示すため、中耳炎や肺炎の反復、 細菌性髄膜炎 の罹患などを呈する。[ja.wikipedia.org] 2) 高IgM症候群 病因:免疫グロブリンのクラススイッチ機構に欠陥があり、IgMを産生できるが、IgG、IgA、IgEを産生できない。多くはX連鎖で男児に発症するが、一部は常染色体劣性遺伝形式である。[pidj.rcai.riken.jp]

  • 原発性硬化性胆管炎

    検査 [ 編集 ] 血液検査 ビリルビン アルカリフォスファターゼ( Al-p) γ-GTP( GGT) 抗核抗体 ANCA IgG4 ..... IgG4関連硬化性胆管炎 との鑑別のため sIL-2R ...[ja.wikipedia.org] 1)血清γグロブリンg/dL以上、IgG1800mg/dL以上またはIgG4上昇(135mg/dL以上) )自己抗体陽性率が高い(抗核抗体、リウマチ因子) (4)IgG4関連SCではステロイドが著効する場合が多い。[nanbyou.or.jp] IgG4関連硬化性胆管炎 との鑑別のため 画像診断 腹部 エコー 腹部 CT 腹部 MRI ・ MRCP ERCP 治療 [ 編集 ] 内科的治療としては ペニシラミン 、 アザチオプリン 、 ステロイド 、 メトトレキサート などが使用されるが、無効の場合は外科的治療の適応となる。[ja.wikipedia.org]

  • ケル同種免疫がある新生児の溶血性疾患

    ヒト血清中の免疫グロブリンの半減期 は、IgG1, IgG2, IgG4が0日前後、IgG3は一週間程度、IgM, IgAは5 6日とされます。従って、もしも三郎君が新生児溶血性疾患の患児であるとしても、生後2ヶ月になれば母体から移行した抗血液型抗体の濃度は既に1/10以下に低下しているはずです。[med.kindai.ac.jp] ましてや、胎盤による繋がりの切れた出生後に、母体のIgG抗体が子に移行し続けるはずはありません。 出生直後の異常について何らの記載もなく、生後ヶ月から貧血が生じたという三郎君に関する記述は、新生児赤芽球症とは相容れない のです 。学生さんたちは、このことに気付いたでしょうか? そこで事例2です。[med.kindai.ac.jp]

  • 腹膜線維症

    血清IgG量: 上昇を認める 2. 血清IgE量: 上昇を認める 3. 血清IgG4量: 135 mg/dL以上 4. CRP: 正常または微増 5. 補体: 低補体血症を認める 6. 好酸球数: 増多を認める 7. その他対象臓器別の画像検査 病理組織学的検査所見 1. 著明なリンパ球・形質細胞浸潤 2. 花筵状線維化 3.[ivd.mbl.co.jp] 採血上の所見としては、高IgG血症、高IgG4血症、血清IgE高値、可溶性IL-2受容体高値があります。炎症反応を示す血清CRPは多くの症例で陰性です。抗核抗体やリウマトイド因子は、基本的には陰性ですが陽性になることもあります。ただし、ほかの膠原病などに特異的な自己抗体は陰性です。さらに画像検査では、造影CTやMRIで病変を検索します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] .びまん性もしくは限局性に、腫大、腫瘤、結節もしくは肥厚を呈する疾患であること。 (孤発性もしくは多発性) 3.血清IgG4値が高値であること。(135 mg/dL以上) 4.組織にはIgG4陽性の形質細胞とリンパ球の著明な浸潤を認めること。 5.ステロイドに対する反応が非常に良好であること。[ivd.mbl.co.jp]

  • 2次性硬化性胆管炎

    2012年6月号(Vol.33 No.6)月刊誌 毎月15日発行 特集:IgG4関連硬化性胆管炎 定価:本体2,900円 税 ISBNコード:978-4-87151-434-7 サイズ:A4判 [目次] 特集 IgG4関連硬化性胆管炎 IgG4硬化性胆管炎の疾患概念 村木 崇ほか IgG4関連硬化性胆管炎の診断基準 酒井 裕司ほか PSCの[igakutosho.co.jp] 1)血清γグロブリンg/dL以上、IgG1800mg/dL以上またはIgG4上昇(135mg/dL以上) )自己抗体陽性率が高い(抗核抗体、リウマチ因子) (4)IgG4関連SCではステロイドが著効する場合が多い。[nanbyou.or.jp] 血清IgG量: 上昇を認める 2. 血清IgE量: 上昇を認める 3. 血清IgG4量: 135 mg/dL以上 4. CRP: 正常または微増 5. 補体: 低補体血症を認める 6. 好酸球数: 増多を認める 7. その他対象臓器別の画像検査 病理組織学的検査所見 1. 著明なリンパ球・形質細胞浸潤 2. 花筵状線維化 3.[ivd.mbl.co.jp]

さらなる症状